ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ワインの昇格  







口に入れるモノは大切だ。
日ごろの食事も、化学な味がスカンので
極上のブシやいりこにて出汁をとったり、と
贅沢をしておるのだが、
このごろのオレは、
飲むワインの質もレベルアップしたのだ!


栓も、コルクぜ、コルク!
cc_20170925223206a20.jpg



サンパウロ時代には、牛の血、っちゅうひどいネーミングの
4リットル瓶に入った安ワインを日常的に飲んでおったことを考えると
たいした進歩だ。
blog_import_4f4b7be3c4b5b_20170925221438579.jpg



とはいえ、ごくごく最近までは
手でひねって開けるフタのワインを飲んでいたのだ。
なぜコルク栓のワインを買うようになったか。
理由はこうだ。

先月いらしたお客さんが
ワインを持ち込まれたんよ。
どうぞご自分で開栓してください、っちゅうわけにもいかず、
4人のハイセンスなお客様たちに注視されるなか、
高価な赤ワインを開栓したオレ。
失敗は許されないので、もんのすごく緊張した!

本番に強いオレなので、
失敗せずに、スマートに開けることができたのでは、と
自負しとる。
しかし、今後もぶっつけ本番で上手くいくとは限らんので、
日常的にもコルク栓のワインを開ける訓練をしよう、との
目論みからの、ワインレベルアップなんよ。



・・・・とはいえ、
750ml瓶ではなく、1リットル瓶、っちゅうのが
かなしく貧しいサガであるが。





誕生日に自分のためにワインを開けとる図。






まりんこを相手にノリノリで開けてる図。






ビキニでインチキソムリエ、の図。





どれも正式ではなく、我流であるのだが、
まぁ見る人も楽しければよかろう、
っちゅうのがオレ案だ。

というわけで、ビキニのいんちきソムリエが
今日もワインを開栓する。




(=ΦωΦ=)


AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0