ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                   半裸で暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

友がみることについて・友をみることについて  






ブッダがオレをつねにみていてくださっとる、っちゅうことに
深く気づくことのできた今回の日本帰省。


7年間、会うことがかなわなかったが今まで、
オレは ずっと日本におる友人たちをみていた、つもりだった。

そして今回、7年ぶりの実際の逢瀬でわかったことは、
彼らもオレをずっとみていてくれたこと、だ。



今回の帰省にて、
誰から何をもらって、だれからどんな施しをうけて、どんな言葉をかけてもらって、などは、
いちいち述べんばって、
会った友みなから、ぶっといブツをいただいた。
会えぬとも、実家への郵送でいただいた佛もある。

そんなブツたちをしっかり抱え持って、ブラジルに帰宅した。



そんななか、いらんブツも、あった。
修行中にほったらかしにしとったブログのコメントに、いらぬ仏心ならぬブツがたくさん入っとった。
下山したあとそれらのコメントは消したのだが、
そのコメントを読んで不穏で不快な思いをなさったかたには申し訳なく思う。

  ばってん、オレ本人は、そのコメントについてなにひとつ心を引っ掻かれることなく、
  こころは晴れ渡りくもることなかった。
  心がさだまっとると、こんなにラクやな、
  安心(あんじん)やな、と、しみじみ感謝もした。





釈尊がこんな言葉をおっしゃっとる。


勝たば恨みを受くつべし 負けなば心安からん 
勝ちと負けとを捨つる身の 夜半の眠りぞ円(まど)かなれ 
無怒の仏を恥ずかしめ 無垢の聖を罵(ののしる)も 
風に逆らう塵(ちり)のごと 却(かえ)りて己が身を汚す




 これは、安らかな心である最善の方法だ。

 
いらんもんは受け取るな、受け取らんやったらそのブツは送り主に戻ってゆく。
 あるいは破棄される。


悪意は受け取るな。欲しい栄養だけ、受け取れ。
欲しい佛以外は受け取るな。

   


オレが参加した修行の導師・K先生は、
西洋哲学・東洋哲学の学者であり僧侶である。
新しく明るい視点で、仏教・キリスト教をみていらっしゃる。
ドイツの哲学者であるニコラウス・クザーヌス(Nicolaus Cusanus)の書に
『神をみることについて』という著作がある。ドイツ語で、De visione dei

『神が(わたしたちを)みることについて』とも訳せる、と
K導師はおっしゃった。

DSCN6862_20150903214548d7b.jpg


   ブッダがわれわれをみてくださっている、
   そして、
   われわれもブッダをお慕いし、いつもいつも念じている。


 オレが友を見ている
 そして、友がオレを見ている


  いつでも真っ正面におること、の真意は、友もブッダも神も同じだ。






さて。
話がとびとびになったが、
横浜で会った友人1号は、レゲエ仲間のあゆみ。
securedownload-2_20150904081424855.jpeg

DSCN6698.jpg


あゆみは敬虔なクリスチャン。
スイートな八方美人で、アホにみせかけてその中身、ものすご賢く博識。
ずいぶんともてなしてくれたので、帰宅後お礼のメールを送ったら
こう返ってきた。


『旅人はもてなせ♪
 今日会う人々が、あなたに会って良かったと思うように振る舞いなさい。
 って、キリスト教の教えだから~☆笑』




DSCN6704.jpg

securedownload-3_20150904050830513.jpeg


もうひとりのキレのあるこの美女は、
ブログにたまに珍妙なコメントをくれるクリバ。
共通の友人を介してネット上ですっかり親しくなってはや10年以上。
ばってん、初めての逢瀬だったのだ。
ものすごく会いたかった、っちゅう期待は10倍になって返ってきた。
よかった、直接知り合えて友人になれて。この絆はずーと離さんぞ。



もう一人、
オレの隣のこのオッサンは、
レゲエ界だけでなく、とある世界でも高名で高尚な御仁! ひっひっひ。
重鎮であるがゆえに、こげなちんぴらブログに載せられるのは
さぞかし不本意であろうが、これも縁っちゅうもんたい。
DSCN6712 2


ブログに載せるなよ、と全員から言われたばってん、
ここはもう地球の反対側。
殴られるおそれもないわい、勝手に載せちまえ。

とはいえ、横浜・福生・京都あたりからミサイルが飛んできそうやな。
よろこんで全身で受け止めよう。



クリック♪ 


スポンサーサイト

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0