ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

肉を食え  






恐竜のようなゴジラのような、イグアナ。
DSC_0150_2017050101061588b.jpg


すんごい強くておそろしげに見えるのだが、
イグアナは、殺生はしない。
完全なるベジタリアンだ。


うちの犬たちは、イグアナのうんちを食べる。
イグアナのうんちどころか、
レンガとか石ころも糞のなかに混ざっているので、
うちの犬は、正真正銘の雑食、といえるだろう。




さきの写真では、
たまがイグアナをじぃっと見ているのだが、
たまは、野生の本能のまま、狩りを日々楽しんでいる。
イグアナやトカゲやねずみを相手に、
狩猟と殺戮を繰り広げているのだ。




しかし、たまの母親であるちびは、
決して殺生しない。
IMG_4144_20170425005801c07.jpg


こないだも、迷い込んできた小鳥を
たまから守った。
ちびはずっと前から小鳥のことはいつだって庇護する。

同じ猫で、しかも親子なのに、
この違いはどこからくるのだろうか。




これはもう、親子だから似ている、とか
人間だから、とか、猫だから、というのではなく、
唯識の問題なのでは、と昨今のオレは考えている。

たまにとって小鳥は『獲物』で、
ちびにとっての小鳥は『守ってあげるべき弱い者』。

オレにとっての鶏肉は『食べ物』で、
うたにとっては『どうぶつの死体』なのだ。



うたは未だに肉を食べられずにいる。
鶏肉や牛肉・豚肉を食べる行為を、
「ちびやたまを食べるのと同じようなもの」
と、説明づけている。

これはもう生理的なものなので、
どうにもならんことだとは解る。



しかしどうにも解せぬ点もある。

死体を食べることに抵抗がある、というが、
うたは鶏の卵は食べる。
鶏は、草だけでなく、オレの食べ残しの動物の肉や骨を
ばりばり食べて、それを養分として生きている。

仮に、うたが卵も魚も食べない完全菜食者だったとする。
しかし、うたが食べている野菜が、
動物の屍や骨や糞を養分としていないと
どうして言えるのだ。





こないだ、でっかいハンバーグをお昼に焼いた。
うたが鼻をぴくぴくさせて
「おいしそーーーう!」と言う。
「食べてみらんね」と、薦めたのだが、
一口食べて、ダウンしやがった。

「ねえ、豆腐ハンバーグを作ってよお」
 と、半泣きでうったえるうたに
 飛び蹴りをくらわしてやった。





うなぎの味をまねて植物性のみで疑似うなぎ蒲焼きもどきを作るとか
鶏肉を使わずに植物性のみで鶏唐揚げもどきを作るとか、
そのような精進料理をオレはバカにしている。

そんなんしてまで鶏の唐揚げが食べたいなら、
鶏の唐揚げそのものを食いやがれ、ばかっ!
ハンバーグが食べたいから豆腐で作ってくれだと!!
おまえには2度とハンバーグを食べさせん、ボケっ!




お外を散歩しとる馬を眺めながら、
オレが300gのハンバーグを2つ平らげたのだ。
DSC_0085_20170501013210645.jpg


そういえばブラジルは馬を食べんなぁ、
馬刺しを食べたいなぁ、
あぶらっこいタテガミとか最高だよなぁ、
などと思いながら。




DSC_0104_20170501013208f11.jpg


仏教では動物も穀物も植物も石ころもぜんぶが命。
仏性をもっている、と考える。

牛や豚だけが『いのち』を持っていて、死ねば屍となる、
といううたの考え方がオレにはしっくりこないのだ。


土は養分として摂取されて植物となり
植物は動物に摂取されて動物となる。
草食動物は肉食動物に摂取されて、肉食動物となり、
糞尿は、土とともに養分となる・・・
すべては連鎖しとる。

すべての命は切れ目なくつながっている。
命を自分の命として頂く=それが『いただきます』。

そして、
命をいただくことに手をつくした人々、
育てたひと・捌いたひと・
小売りしたひと・料理したひとたちへの
感謝のことばが『ごちそうさま』。

いただいた命をみずからの命の糧として
無駄にしない生き方をするのが本当の不殺生戒。





(=ΦωΦ=)


関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 3

コメント

以前にもゆきゑさんが不殺生戒について書いてたのをよく覚えています.
すっごく感銘をうけたし,肉食についてもやもやしてた事がすっきりしたのです.

「全部が命を持っている.
すべては連鎖している.
命を自分の命としていただく」

幸せがわくわくとこみ上げてくる言葉です(*^^*)

ヒヨコを見て可愛いなぁ♡と思って
フライドチキンが大好きで
でも私は馬や犬は食べたくない.
ウサギもとっても可愛いけど,どんだけ美味しいのかちょっと食べてみたい.
羊はふわふわでめっちゃ可愛いくて,ラムはすっごく美味しい.

そんな矛盾だらけのわたしです…

そして,いただいた命を無駄にしない生き方ってどんな生き方だろう.と考えます.
考えて立ち止まってるだけじゃなくて
どんどん生きよう,と思ったりもします.

私の尊敬する熊狩りの猟師さんは
自分が立ち去る時がきたと思ったら鉄砲を持って山に入り
自分のカラダを山に返すつもりだ,と話してくれたことがあります.
20年以上も前の話ですが今も鮮明に覚えています.
(てことは私その頃からずっとコンナ話題に関心持ってたのですね…! 自分の変わらない部分にちょっとびっくり^o^)

ともあれ
この瞬間にわたしの命が長らえて生きてあるというのは
本当にありがたく美しいことだなぁと思います(*^^*)
みんなみんなの命が美しい♡

URL | るまめぐ #xSc2rjgw
2017/05/07 04:15 | edit

るまめぐちゃんへ

尊敬する弁栄聖者は、『物にも仏性がある』とお説きになったんよ。
お弟子さんが砂浜に転がる流木を蹴っ飛ばしたらそうおっしゃった。
『物にも仏性があるので大切に扱ったほうがよいです』と。
みな土に還りふたたび何かになって蘇り、の輪廻を想うと、そのとおりやな、と。
で、うたは食器などをガチャガチャ乱暴に扱う。
しょっちゅうコップも割る。野菜も放り投げたりする。
まだまだやな、と、がっかりします 苦笑

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2017/05/11 18:49 | edit

ゆきゑさん,

その通りですね…!
物にも仏性がある.
なるほどーー.

前に子どもたちと話していて
葉っぱ一枚の中にも神さまがいるんだって.
虫一匹の中にも神さまがいるんだって.
じゃぁ紙は? 紙は木からできるよ?
じゃあプラスチックは? プラスチックの原料の石油は大昔の植物.
そんな会話になったことがあります.

宇宙にあるものは全部神さまが作ったものだから,それらを使って
世界を傷つけるようなものは作っちゃダメだな!
武器とか毒物とか.
って思いました(^^)

URL | るまめぐ #xSc2rjgw
2017/05/12 20:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1607-0d61e401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)