ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

晴耕雨遊  








こないだの土日は、友人家族が泊まりで遊びにきてくれた。

土曜日の午前、
わが家に大量の食材と飲み物をおろしてくれたあと、
みんな一旦ビーチにあそびに出かけてしまったので、
オレはさみしい。

魚を焼きよる写真を送りつけ、
はよ帰ってきて、をアピールする。
IMG_1176.jpg

17270195_10206516796839270_1067817425_n_201703151823412ae.jpg

IMG_1224_20170315182351995.jpg


 シュラスコでどんどん肉を焼き、
 延々と飲み続けたしあわせな土曜日。



延々と飲み続けるだけでなく、
もう酔っぱらった深夜なのに勉強を教えてくれる人や、
IMG_1230_20170315183918cc6.jpg





写仏する人もおったようやが、
17238561_1480889808610977_1279484188_n_2017031518233869f_2017031518391580e.jpg





 オレはただただ飲んで食べて笑って踊って歌ってただけであった。
IMG_1229.jpg






日曜日は、
朝からとんかつ定食をなかば強制的にみなに食べさせた。

ナゴヤーナのbelleには味噌ダレを。
IMG_1208_20170315182346cd1.jpg

IMG_1209_201703151823485b4.jpg





食後、ビーチに全員ででかけたのだが、豪雨にやられる。
IMG_1213_20170315182349b7d.jpg

17238903_10206516831440135_1126608150_n_201703151823394f7.jpg




びしょぬれで帰る人々を眺めながら、
IMG_1217.jpg




焼きそばやレッドカレーをばくばく食べて宴会を繰り広げる。
IMG_1191.jpg

IMG_1197.jpg

IMG_1220_20170315182351cf6.jpg




ウーゴはタイのカレーをとても気に入ってくれた。
IMG_1194.jpg

IMG_1218.jpg


 料理人・Welderはどんどん腕をあげてゆく。



「美味しい」という耳に心地いい感想だけでなく、
もっとこうしたほうが好みだ、っちゅう意見もしてくれる彼ら。


辛い感想も言うてくれる友は、
オレらにとって、とてもありがたい存在。

その意見をオレらが取り入れるかどうかは別として、
よそで悪口をばらまかれるよりは、
面と向かっての意見は、貴重な宝だ。




いつもどおり、パトリシアとふさげて、どんどん酒を飲む。
17321643_10206516855280731_1295219059_n.jpg




楽しい家族を連れて来てくれてありがとう、belle
17328032_10206516874761218_2065921092_n_201703151823429e3.jpg

IMG_1223.jpg


17321690_1480890088610949_695393552_n_20170315183200625.jpg

 エイトの描いたブッダは宝にするけん。



あ。庭でつかまえたおみやげのタランチュラ、
17270539_10206516830400109_550119254_n.jpg


 わすれて帰っとうばい。今度もっていくけんね。




(=ΦωΦ=)


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

Fim de Carnaval  






カーニバルが終わった。
でたらめなどんちゃん騒ぎでものすごやかましかった近隣も
灰の水曜日の朝は、シーーーーンとしとる。
敬虔なクリスチャンは、カーニバル(謝肉祭)がおわれば、
キリスト復活のイースターの日まで
肉を絶ち、ひたすらおとなしく過ごさねばならぬのだ。

えんえんと繰り返されるズンドコ節(Forroっちゅうジャンルの歌謡曲)から
ようやく解放されてホッとしとるオレら。

空耳アワーネタで、ポルトガル語の歌詞なのに
ばっちり日本語に聴こえるフレーズがあって、
『シャワーが出ないと ナンチャラカンチャラ』って聴こえるんよ。

シャマーガレイラ(Chama a galera)っちゅうて
仲間を呼べ、っていう歌詞だというのに。




今年のカーニバルは、集落の仲間たちと遊ばず、
日本人仲間たちと楽しく過ごした。
みんなカーニバルのお祭り騒ぎは体験済みで飽き飽きしとったけん
ゆっくり過ごすのは最高の贅沢やった。
DSC_0019 のコピー


IMG_0479_2017030119314681d_20170304215930679.jpg

IMG_0466_20170304215928419.jpg

20170301191519b27_20170304215927cf9.jpg






カーニバルがおわった灰の水曜日の今朝。
静かな湖が、
IMG_0478.jpg




海からのスコールでどしゃぶりになり、
IMG_0482.jpg



やがて大きな虹がかかった。
IMG_0487.jpg




さあ。
きょうからまた力一杯がんばりましょうねっ!
IMG_0489.jpg

 でちゅねっ。





(=ΦωΦ=)



AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

フォースと共にあれ  








娘・うたの予備校えらびに奔走しとる。

いままでにNATAL近郊の予備校4校を訪れ、
下見と説明を聞いてきた。

日本でも、
スンドメ予備校とか、よれよれゼミナールとか
有名な合格率も高いかもしれない予備校は多々あるが、
ナタールにも有名予備校があるのだ。


有名なだけに、そこいら中の道に立ててある
巨大看板がすごい。
IMG_9125.jpg


 合格の夏☀️ とデカデカ書いてあるのはいいが、

 写っとるのは全員その予備校の教師なのだ。




とくに、ビックショットのハゲが、
ビックマンの名物教師。
imagem_release_794657.jpg




学校の正面玄関にもこのとおり。
IMG_8704.jpg

IMG_8699.jpg


スターウォーズかぶれの強烈な学校なのである。


国公立大学の医学部への合格者を去年は95人出しとるげな。




さっそく中に入って説明を聞く。
IMG_8706.jpg

職員・スタッフのわざとらしいノリに
かるく吐き気を催すオレとWelder。



授業料の月額をきいて、ひっくり返った。

1000ヘアイス!!


どんぐらいの額かというと、
オレがサンパウロでOLをやりよったときの月収が
だいたいこれと同額やった。
ブラジルの法で定められている1ヶ月間の最低賃金が、
いま880ヘアイスくらい。

つまり、だいたい1ヶ月分の給料すべてが予備校の授業料となる。


くーーーっ。
なんちゅう高さ!!



 おどろいて、ひっくり返りそうになった。

ひっくり返ったあとは笑いがでてきた。

金さえ出せば医学部に入れるんやなぁ、と。




学校にたむろする生徒たちも、
iPhoneをいじってなよなよ白っちい
よわよわしいガキか、ぶよぶよ太ったガキばかりやった。

ちなみにiPhoneをブラジルで持とうとすると、
すさまじい金額が必要だ。
ブラジルは携帯電話の契約システムが日本とちがい、
機種を借りる、という形式ではなく、
各自で購入せねばならんのよ。

iPhone 6sで、3000ヘアイス。
つまりオレの月収の3倍。
iPhone 7 Plusで、4000ヘアイス。
OLだったオレの月収の4倍!
Samsung · アンドロイドでも、1000ヘアイスする。

そんな高価なスマートフォンを親の金で買ってもらい、
親の金で授業料が月に1000ヘアイスの予備校に
送り迎えつきで通わせてもらう。

女の子はぴかぴかな爪をしていて、
こいつら一枚も皿など洗ったこともないやろうな、と
想像できたし、
男どもも整えられた屋根付きのフィールドでしか
サッカーしたことないんやろうな、っちゅう
なよなさしさやった。

そういう金持ちの家庭に生まれたガキどもを見ていて、
こんな学校にうたを入れて医学部に合格したとしても
ひとつも誇らしくないな、と思った。


IMG_8709.jpg

うたも、この学校の授業料はもとより
雰囲気になじめず、入学したい、とは思わなかったのだが、
ひとつだけこの学校への未練が残ったのが、
教科書がすばらしかったこと。


「いいなぁ、あの教科書…」と、ずーーっと言いよった。







フォースとともにあれハゲ校のほかの学校でも、
うたは真っ先に教科書と教室を見せてもらった。
IMG_8698.jpg

IMG_8695.jpg

IMG_8691.jpg

IMG_8683.jpg


金額的に妥当な学校もあったのだが、
どうも教科書が気に入らんうた。

インターネットの通信教育のみで来年の受験に挑もうか、とも
考えたが、
やはりこの1年間に身をおく環境は大切だ、と思い、
オレとWelderもできることなら予備校に通わせてやりたい。


そうこう悩んでいたらば、
もう1校よさそうな学校をうたが探し出してきた。


説明会にさっそく出かける。


わざとらしいノリは少なからずあったが、
説明会に来ている学生たちもわりとまとも。
キラキラチャラチャラ度がかなり低い。
授業料も納得のいく範囲。
IMG_9097.jpg

IMG_9098.jpg

そして何よりもうたが喜んだのは、
教科書が、ハゲの学校と同じものだったこと!

この学校に入れてやろう、と
Wederと決めた。

うたの新生活がまもなく始まる。

IMG_8592.jpg

IMG_8596.jpg

ねばりねばりねばりにねばる1年間。
この初心をわすれるずに、がんばれよ!





(=ΦωΦ=)


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

ド田舎なだけじゃない  







このブログをみてくださっとるかたのなかには
「ド田舎すぎてたいくつしそうだ」と、
ナタールに遊びにくることを躊躇なさっとる人もおられよう。

しかし心配なかれ。

わが家はナタールからさらに1時間ほど南下した郡部にあるので、
本当に静かな田舎なのだが、
市街地は観光客でにぎわい華やぎもある。

NATALでいちばんの観光地はなんといっても
ポンタネグラ(Ponta negra)。
15943450_1716651261997919_704886554_o_20170116001033220.jpg




2年半前のワールドカップんときは
日本人サポーターとオレの集落のタバチンガチームとで
ビーチサッカーをした麗しきビーチ。
P1510039_201701142226039ca.jpg

 ブラジル屈指のビーチリゾートなのだ。





Morro do Careca っちゅうハゲ山がチャームポイントの
観光名所・ポンタネグラ。
DSC_0393_2017011422250436f.jpg






海を愛するたくさんの人であふれとる。
DSC_0411_201701142225052ce.jpg

IMG_6607.jpg

IMG_6643.jpg

DSC_0414_20170114222523f77.jpg





カクテル売りの屋台や、
DSC_0388.jpg





海老をその場で料理してくれる屋台もある。
IMG_6633.jpg




この日は伊勢エビ(ラゴスタ)をいただいたオレら。
IMG_6640.jpg




鶏の唐揚げやポテトフライの店もある。
IMG_6662.jpg


サーフボードの貸し出しもあり、
波乗りもできる。

にぎやかなビーチを楽しみたいかたにも
充分楽しめて満足していただける。

NATALはさまざまな顔をもった都市。
みーーんなみんなあそびにおいで♪





(=ΦωΦ=)


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

ブラジルの刑務所で暴動  







今年に入ってから
ブラジル各地の刑務所で暴動がおきておる。

しょっぱなは、マナウスで。
受刑者同士の争いで
56人が死亡して144人が脱走しとる。


つぎはロマイラ。
受刑者たちが暴動を起こし、31人が死亡。


マナウスの件が、麻薬組織の抗争が原因で勃発し、
ロマイラは、その報復、とみられる。
残虐な殺しかたをしとるげな。


そんで一昨日からは、
うちから30分くらいの場所の砂丘地・アルカッサス(Alcaçuz)にある
Rio Grande do Norte州のなかで1番大きな刑務所で
大暴動が起こり26人が死亡。
死者の多くは首を切られとった。
生首を投げ合って大暴れしたげな。





preso21.jpg
 刑務所の屋根に隠れとる囚人たち。





presos-tnok.jpg
 脱走が失敗におわり捕まった囚人たち。






この刑務所は、ほんっっとにしょっちゅう暴動が起きたり
脱走したり、が起こる。

脱走されても仕方がない立地なんよ。
ナタールは砂丘地が多いのだが、
その砂丘地に刑務所を建てとるんよ。
穴が掘りやすい。脱走しやすい。
 (過去記事『近所の刑務所で暴動げな』←リンクありクリック)



1_201701161814380b7.png

画像をみても解るとおり、
海沿いの別荘地にもとても近い場所にある刑務所。





ブラジルの刑務所事情は、
全国的に悪くて、
過剰収容がいつも問題とされている。
刑務所の数が足りんもんやけん、
収容定員の倍以上の囚人をぎゅうぎゅうに詰め込んどる状態。
監視の目もゆきとどかなくて当然だ。


なぜ刑務所で、首を切ったり内臓を取り出したりするほどの
殺戮が起こるのか!?
と、疑問に思うだろう。
囚人が武器を所持しとるわけがないではないか、と。

しかしブラジルの刑務所に暮らす囚人は、
スマートフォンも持っとれば、
刑務所内で麻薬の売買もしとるのだ。

外からの差し入れで。

過去には、
猫の体に携帯電話をぐるぐる巻きにして刑務所内に
潜入させる、っちゅう方法もあった。
gato_apreendido_presidio_patos_paraiba1_2017011618281667c.jpg

gato_apreendido_presidio_patos_paraiba_1_201701161828147cf.jpg

 ※ 大役をつとめたニャンコは無事解放されたので猫好き諸君ご安心を。





今回の暴動に使われた武器は、
刑務所横に乗り付けられた車から、
放り込まれたんて!

まったく、どんだけ警備が甘いのか!!


バカなっ!!





(=ΦωΦ=)


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2