ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

レストランゑんの前菜メニュー  






人間の体は食べ物で出来ている。

もともとの体質や運動、心のありようなど、
さまざまな要素が複合して、人間の肉体を形成しているのだが、
そのなかでも、口に入れるものの重要性は高いだろう。



レストランゑんでは、化学調味料を使わない料理を提供する。
体を思いやる、という観点からはもちろんのこと、
ケミカルを使わないほうがより美味い料理が完成することを知ったからだ。


一週間の仕事を終え、さあ今から晩餐だぞ、っちゅうときに
食前酒のすぐあとにわくわくを高めてくれる前菜メニューをば。





ヤムウンセン。
ヤムウンセン のコピー 3



トートマンプラー。
トートマンプラー1 のコピー




タコのセビッチェ。
タコのセビッチェ のコピー




揚げ春巻き。
揚げ春巻き のコピー 2



生春巻き。
DSC_0027 (3) のコピー




ソムタム(ゑんファームで実った青パパイヤのサラダ)。
そむ



牛のたたき。
うし


さあ。今夜は何から始めようかな。

一週間おつかれさまでした、と、
よくがんばってくれた体をよろこばせよう。




(=ΦωΦ=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: レストランゑんのメニュー

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

うちの料理が掲載されとる  






わがレストランゑんの一品が、
BuzzFeedっちゅうニュースサイトに、紹介されとる!
まだ本格オープンもしてないのに、すごいじゃないか!?


 ・・・と思いきや、


うちの料理が美味い、っちゅうネタではなく、


記事タイトルは、










『20代のころ、なぜかオシャレだと思ってた料理12選』

  で、あった凹



ちぇーーーっ。





まあよか。
幸先が良い、っちゅうことにしとこう。
インスタグラム・アカウントの引用で載せてもろうとるので、
この写真をみてレストランゑんに来訪してくれるかたが・・・
万にひとりくらいおるかもしれん。

だってこのサイトにうちの料理が載っとることを教えてくれたんは、
ブログを読んでくださっとるアメリカ在住のかたなのだ。






しかし、
自分でインスタグラムに載せておいてこう言うたら何やが、
この掲載写真のタコのセビッチェ、
あんまり気に入った写真ではない。




やはり、いつ何時だれに見られても良いように、
満足する写真を掲載せなならんなぁ。

 と、反省。






きょうは新メニューに追加しようと思う
『豆カレー』の写真撮影をした。



庭で、花を摘んで、ココナッツの殻ににさす。






ささやかなことなのだが、
ひよこや猫も応援してくれとるようで、とてもうれしい。






ダールカレーの豆には、
ここノルデスチ地方の名産のみどり豆(Feijão Verde)を使った。
P1390259_201610132350021ee.jpg

P1390246_20161013235000459.jpg



定食屋では、かならず付け合わせに付いてくるみどり豆(Feijão Verde)。
P1470559 のコピー





摘んだお花を差したココナッツ花瓶は、
料理よりめだってしまうかわいらしさ。
DSC_0296.jpg




メニュー写真には、花瓶を寝かせて使おう。
DSC_0311 のコピー 2


写真からも実際の皿やココナッツ殻からも
よい匂いがただよっとる。




(=ΦωΦ=)



AD

category: レストランゑんのメニュー

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

水商売  






日本はゴールデンウィークで10連休になっとる人も
ようけおるようだ。
今時期は気候も最高、新緑まぶしくかぐわしい芳香漂い、
たくさん遊べるよなぁ。

そんななか、ひとさまが休みのときはわたしの稼ぎ時、と、
ばっちり就労しとるかたがたも多かろう。
サービス業に携わるひとびとだ。

かくゆううちらも、水商売の人間。
『水商売』っちゅう言葉をオレは好きだ。

水のように形を同じにとどまらず、
流れつづけてゆくようで、
とらわれない自由な気分がこの言葉にはある。

儲けるぞ儲けるぞ、とあくせくしてないようにも感じられる。
ゆるゆると身をまかせ流れてゆけばよし、という
潔さもうかがえて、とても好きだ。



本日の試食はチキンティッカマサラカレー。

この料理は、とても贅沢だ。
なぜなら中にはいっとるチキンは、タンドリーチキン、なのだ。
正確には釜焼き(タンドリー)ではないので、チキンティッカと呼ぶのだが、
漬け込む段階まではタンドリーチキンと同じだ。
すなわち、ふたつの料理が融合しとるのだ。

インド人はイギリス人がタンドリーチキンをカレーに放り込むんをみて、
さぞかし不快やったやろうな。。。と思ったら、
そうではなかった。

タンドリーチキンにソースをぶっかけて食べるイギリス人をみたインド人が、
その発想を取り入れて、カレーにタンドリーチキンを入れたのが
インド料理・チキンティッカマサラカレーの始まりだとか。


侵略され支配され、っちゅう歴史は忌むが、
食文化が混ざり合うことは味覚の楽しみを産む。

水がすんなりと混ざるように、
さまざまな食が、世界中いたるところで作られ食べられるようになった。

自由にすいすい泳ぎ続ける職業。
やっぱり水商売はいいな。



チキンティッカマサラカレー、
どっちの写真をメニューに載せようかしら。
チキンティッカマサラ のコピー 2

チキンティッカマサラ2 のコピー 2

画像はクリックしたら大きくなるので、
ぜひでっかい写真で見てほしい。

どっちも美味しそうやろ!?
どっちが運ばれてきたら、お客さんは、よりうれしいやか!?



(=ΦωΦ=)


AD

category: レストランゑんのメニュー

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

ゑんの麺  






タイ・インド料理レストラン『ゑん』のオーナーシェフ・Welderは
スパゲティ料理もとても上手い!


ナスとベーコンの自家製トマトソース。
ナスとベーコンのフレッシュトマトソーススパゲティ のコピー



豚ばら肉で、濃厚クリームソース。
豚バラ肉のクリームソーススパゲティ のコピー



ペスカトーレ。
ペスカトーレ のコピー


ペペロンチーノ。
ペペロンチーノ差し替え のコピー



ナポリ。
ナポリ のコピー



ジェノベーゼ。
201512170338582d0_20151227005148d1e.jpg



カルボナーラ。
カルボナーラ のコピー



飼ってる地鶏の卵で作るともっと濃厚・カルボナーラ。
カルボナーラ2 のコピー



ぶっとい平麺で、野菜たっぷり。
野菜たっぷりフェットチーネ のコピー



牡蠣のフェットチーネも抜群。
牡蠣のフェトチーネ のコピー



獲ってきたウニのスパゲティも捨てがたい。
P1390976.jpg



日本の麺料理を代表するやきそばもものすご美味いのだ。
焼きそば のコピー



いま滞在しとるお客さんは、家族全員スパゲティの好みが違う。
長女ちゃんはカルボナーラが好きで、マダムはトマトソースがお好き。
そして旦那さんはチーズが苦手ときておる。

さあて、何スパゲティを作ろうかいな・・・とWelderはとてもうれしそう。


(=ΦωΦ=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: レストランゑんのメニュー

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2