ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

美母  







どうも最近、娘・うたがオレのことをなめくさりやがっとるので、
(ホンモノのバカだ、っちゅうことがいよいよバレたんかもしれん)
母親の威厳と貫禄と高貴さを取り戻すべく、
やればできるんだぞ、的な、気高い写真を撮って送りつけてやった。

キャプションは
『美人なお母さんで良かったね❤️』だ。


IMG_4329 のコピー


授業中にこの写真を受け取ったであろううた。
さぞかし度胆を抜かれたことやろう。
母上の崇高さに思わず手を合わせたと思われる。



ふだんは、まゆ毛を描くくらいで、
まったくお化粧せんけん、
口紅をくっきり塗っただけで超かわいくなったオレ!!


そういえば、オレはバブル世代なのだ。
サンローランの19番とかディーオールの475番とか言うて解る女性は、
オレと同時代を生きとるおなごであろう。
ただしあの時代オレは、
どぎついピンクの口紅を塗ってこそいたが、
ワンレングスの髪型じゃなくて
アフロに近いほどのちりちりパーマで、
パンツが見えそうなミニのワンピースではなく
尻が半分以上はみだしとる短パンをぴちぴちに穿いて、
ジュリアナ東京などの港エリアには近寄らず
中央線沿線のヤンチャでパンクでレゲエなクラブに通っていた。
ふわふわの扇を振り回しながらちゃらちゃらせず
腰を落としたどすこいな姿勢でヘヴィーに踊っておったのだ。

その手のクラブに、オレのようなタイプは珍しかったから
とてもモテた。
雑誌・anan系な感じの、男に媚びないスタイルの女の子や、
あるいはもろロックンロールな中性的っぽい女の子が多かったので、
一直線にセクシー街道を走っていたオレはおおいにモテたのだ。
オレのいちばんの黄金期、と呼ぶこともできるだろう。

・・・などと回想にひたっていたら、
うたから返信が来た。

ウキウキして開いて見ると、







IMG_4266.jpg


ひどいじゃないか!!







おまけに、写真を加工して送り返してきやがった。
IMG_4332.jpg


若返らせてみた、だと!


IMG_4282.jpg


なるほど、たしかに、おでこのシワが消えとる!


うたは手先が器用なので、
きのうはプリンターを修理しよったし、
写真加工でボインにしたりウエストシェイプしたりもできるかもしれん。
IMG_4211.jpg



よっぽどオレの口紅写真が衝撃的やったようで、
友だちのイングリッジにも写真を送りつけとるうた。

『お母さんがイングリッジみたいになっちゃった😱』だと。

イングリッジは、
オレら家族の間では『オバQ』のあだ名で呼ばれておる。

母親の威厳を取り戻すはずが、
オバQ呼ばわりされるはめに凹

オバケやんか・・・もはや人間ですらない凹👻




(=ΦωΦ=)



AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

数値に囚われるな!  







電気系統の修理したり忙しくしとるさなか、
なぞの体調不良も発生して寝込んだりもしとったこの1週間。

電気系統は、なんとか直った。
ほっ、と一息やっとつけた。
なぞの体調不良は、どうやらジカ熱やったようだ。
風邪の症状に似ているのだが、
鼻水・鼻づまり・せきなどの症状はでない。
関節や筋肉の痛みだるさと
頭痛・発熱のみ、っちゅうのが、
ジカ熱の特徴だ。
熱も、デング熱ほど高くはならず、
ジカ熱の場合は、せいぜい38度台。
まさにオレの今回の症状そのものだ。

発熱に強いオレにとっては38度くらいどーーもないのだが、
娘の同情を買いたくて、体温計をみせびらかす。
IMG_3925.jpg


「めっちゃ元気いっぱいやん。
 熱が出てうれしそうな子どもみたい」と
軽くあしらわれる。





IMG_3929.jpg



数値だけを見ずに、
患者の様子を観察する能力に長けている、と
いえるかもしれない。
医者になれるといいねぇ、うた。




ところで、よ。
数値、だ。

思うに、オレら人間は数字にしばられる、っちゅうか
意識を数値に支配されがちだ。
「熱が38度あるぞ。お医者にかからなならん」とか
「90才だ、そろそろお迎えがくるぞ」とか
「豆腐一丁1000円だ。さぞかし美味いんやろう」とか
「47才だ。ビキニ着とったら笑われるぞ」とか。

しかし、そんなもんはただの数字、
記号の一種でしかないのだ!




先日、数少ないNATALに暮らす日本人の友だちが
ごはんを食べにきてくれた。
ご予約は、マグロとちゃんぽん。

彼女は80才なのだが、
お肌はオレよりつるつるやし、若々しく活き活きしとるし、
気持ちの元気度もオレ以上だ。

なので、
年齢がネックだ、などと弱気な気持ちでいるおかたよ、
そんな心はかなぐり捨て、
やりたいことにはどんどん手を出して、
行きたい場所にはじゃんじゃん行けばいいのだ!




病み上がりに、
友だちが所望したのとおんなじ、
まぐろとちゃんぽんをいただいたオレ。
IMG_4135.jpg

IMG_3986.jpg


 この滋養に満ちた美味には
 どんな体調も
 快復するに決まっとる!





〆は、別名・命の水である
ココナッツウォーターをたーーぷりと。
IMG_3958.jpg


Welderもうたも忙しくて採ってくれんので、
自分で採って自分で開けて飲む。
熱がある体で鉈をふるうとふわふわして気持ちいい。
うんめ〜〜♪

さぁて。
あしたは土曜日あさっては日曜日!
売上アップめざして、がんばるぞ! 

あっ、数値に囚われとらぁ、わっはっは♪




(=ΦωΦ=)


AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

黒髪ロング  






いま、オレの髪はものすご長い。
っちゅうのも、ナタールに暮らしはじめて3年半のなかで、
2回しか髪を切ってないないのだ。
DSC_0278_20170811223244ed4.jpg




1度目は、
サンパウロのカリスマ美容師・Ryoさまが
3年前に切ってくれた。
(Ryoさまのサロン・Tampopo ← リンクありクリック)
IMG_3856_201708112232460a1.jpg




2度目は、
大阪でサロン『Mae Alegria』(←リンクありクリック)を
経営しとるマダム・Mayu嬢が
1年半前に切ってくれた。
Mae Alegria(←リンクありクリック)
DSCN2806_2017081122251035c.jpg




おふたりとも
プロフェッショナルの美容師であらせられるというのに、
無償でオレの髪をカットしてくれたのだ。
ありがたいことである。
っちゅうか、オレが厚かましいことである凹




で、いま。
切ってくれる人がおらんもんやけん、
そのままぼうぼうに伸び放題にしとるのだが、
いよいよ重たくなってきたので切らねば
肩がこって仕方がない。


ところで、
ブラジル人は長い髪がとても好きなのだ。
女性はオレの髪をみて、必ず褒めてくれる。
こんなに大量でばさばさなのに、
「美しい」とあこがれてくれるのだ。
ストレートヘアは特に憧れのようで、
昨今では
「アニッタのスア・カーラのようだ」と褒められる。

アニッタというのは、ブラジルで大人気の歌手。
歌唱力はないし楽曲も好きではないが、
容姿がとても美しい。

そのアニッタが、
メジャー・レイザーのプロデュース曲『Sua Cara』の
ミュージック・ビデオにて、長い黒髪で歌い踊っている。
ブラジルでは今、この曲が爆発的にヒットしとる。
アニッタとともにフィーチャリングしとるのは、
これまたブラジルで人気のオカマ歌手・パブロ。
両者ともとてもセクシーで美しいことである。


Major Lazer - Sua Cara (feat. Anitta & Pabllo Vittar) (Official Music Video)




というわけで、オレもアニッタを真似て
裏の砂丘で撮影してきた。

DSC_0037_201708112242571fe.jpg





 撮影・夫/編集・娘






本当は、髪をざっくり切る前に記念として
ロン毛写真を撮っとこう、っちゅう目的やったのだが、
撮影したものを見たら、
長い髪もなかなか美しいじゃないか、と気をよくしたオレ。
このまま伸びるままほったらかしとこう。




(=ΦωΦ=)



AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

ブラ尻・和尻比較  







ブラジル人は男も女も、お尻・命、だ。
ジムで鍛えたりシリコンを入れたり、
女性は特にお尻の増量に熱心。
P1430776.jpg


とくに運動もせずシリコンも入れなくとも、
ブラジル人のお尻はたいていモリモリっと丸く大きく
これはもともとの身体の構造からの形状なのだと思う。



8年前に初めてブラジルに来た当初は、
なんてデブで尻ばかり大きいんだ! と
びっくり仰天したブラジル女性の身体も、
いまや『この体こそが美しい』と見惚れるようになった。
臀部については特に!


日本女性のお尻の貧相さについて、
たった数行の記事で言い表しているブログ記事が、
ぷりけつマダムreturns
この記事 ↓

『日本人女性のお尻の平たさをつきつけられたひとこと』


記事のあたまの部分を引用させていただく。


 先日ヒスパニック系の男性と話していた時に
 こんなことを言われました。

 「日本人の女の子がthong(タンガ)をはくと、
 縦の部分の布が見えたままなんだ。
 あの部分の布が埋もれるほどの肉がないから、
 タンガをはく意味がないと思う」







その通りなのだ!

135 のコピー 2

 この状態になるならタンガを着る意味はないのだ!




ちなみに臀部がほとんどヒモ状態のタンガを着ても、
このように見事にT字型が見えてしまう悲しさ。
IMG_8377_20170726043013c9a.jpg


だから日本ではタンガのことを
勝手な和製英語で『Tバック』と呼ぶのだな、と
よーーーく解る。






自虐ネタは避けたいが、
ここに美しいブラ尻と貧相な和尻との
比較写真を載せる。
IMG_6714.jpg


 お尻の盛り上がりかたの美しさを見よ!






IMG_6709_20170725202225053.jpg




かなわんよなぁ、この尻には・・・

日本女性である己の尻の
ぺちゃんこ・四角形が
とても悲しくなる。




ちなみにブラジル在住8年のわが夫・Welderも
すっかりお尻狂に染まってしまい、
お尻をたたくのが大好きな男へと変貌をとげておる。
叩き甲斐・なでなで甲斐があるのは
やはりぷりんっと弾力のある丸い尻なのだ。





(=ΦωΦ=)


AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

ふとっちょでババアで何がわるい!?  







7月だ。
日本にもようやく短い夏がおとずれとることやろう。
日に焼けたくない女性もノースリーブを着てかろやかな薄着になり、
ビーチにはビキニの女性があふれる・・・いい季節やなぁ。

とっころがよぅ、日本という国は、
女性にとてもきびしいように感じる。

体型と年齢 にきびしく意地悪な国・日本。




太っていたり、
オレくらいの年齢だったりすると、
『公害だ』などと言われて、
ビキニを着ることを非難攻撃される国・日本。


こないだスーパーマーケットで計ったら
(ブラジルでは体重計を持ってる家などほとんどない)
ゴロのよい数字で、
「わ〜〜い、Go Goだ〜♬」と喜んだのだが、
50kgという体重は、身長160cmのオレだと
日本だと太めに分類されたよなぁ、と思い出した。

IMG_4121.jpg


ブラジルだとオレの体型は
やせすぎ・うすすぎ・不味そう、と分類される。

まあ昨今では日本でも筋トレが流行っとって、
ただのガリガリじゃかっこわるい風潮となっとるみたいやが。






その点ブラジルは、
女性の体型にも年齢にも寛大だ。

ばばあだろうがデブだろうが、
どうどうとビキニを着る。
4_20170705205308b23.jpg

3_20170705210534337.jpg



ブラジルの男性は、
つかむ肉がない女性はベッドのなかでつまらない、
と、やせた体を評価しないのだ。
胸やおなかやお尻の肉をむんずとつかめる女こそが、
価値ある女性だ、と賞賛してもらえる。

顔も体型もそっくりさんだらけの
日本の若い女の子なんて
オレにはちっとも面白くなく感じる。




若い子を中心に人気のブランド・FARMも、
ふとめのモデルを採用している。
222_20170705205218db9.png

 ぽっちゃり具合をふくめとても可愛いモデルだ。
 体型だってひとつの大切な個性。





FARMのサイトをみていたら、
おもしろい服を見つけたぞ。
2_2017070520522610f.png

1_201707052052216f6.png


 わはは〜。
 もうすぐ七夕やなぁ。




短冊には毎年恒例で『世界平和』と書くのだが、
世界の平和って、女性が笑顔でいることだと思う。
愛する女が笑顔だと男は争いごとを起こさず、
お母さんが笑顔だと子もニコニコするしね。

だから
四十代後半でぺちゃぱい・ずんどう・貧ケツのオレが
ビキニでどすどす逗子海岸やももち浜にいたとしても、
男性たちよ、どうか非難せんといてくれ。
オレを笑顔でいさせておくれ。





(=ΦωΦ=)



AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2