ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ドライマティーニの夢  







突如、猛然と噴火するかのごとく、
マティーニが飲みたくなった。
ジンが多めのドライマティーニを、だ。

マティーニは大好きな飲み物で
ときどきこのように猛烈に飲みたくなる。

しかしふつうのそのへんのBARには
マティーニなどありゃしない。


サンパウロに暮らしていたとき
カクテルを何種類か揃えているBARに立ち寄り
メニューにマティーニの字をみつけて狂喜乱舞し
注文したことがある。

でてきたのは、このような代物だった。
P1160789_20170327192053f5f.jpg

 
 日本では死滅したと思われる
 ニセモノさくらんぼが沈んどる!
 氷まで浮かんどる😭





とはいえ、
腐ってもマティーニだ、と、
うれしーーく口にすると、
P1160791_20170327192054c77.jpg

















P1160801_20170327192055a1e.jpg

 歯がいっぺんで虫歯になるほど甘くて、
 地獄に突き落とされるほどまずかった。




そんなわけで、
まともなマティーニをどうしても飲みたかったら
自分で作るしかないのである。


マティーニグラスを購入し、
オリーブを刺す楊枝もかわいいのんを買った。


マティーニは自分自身が飲みたいだけでなく
レストランゑんでもメニューとして提供したいと
目論んどるんよ。




NATAL市にあるスーパーの酒棚を探し歩いて
ようやく見つけたジンとベルモット。
IMG_2060.jpg


タンカレーのジンが欲しいんばってん置いてなかった。
もしあったとしても高額でとても手がでないだろう。
仕方ない、安いジンを買おう。




ベルモットは1種類しかなかった。
IMG_2063.jpg

 仕方あるまい・・・
  ・・・しかし、だ。


ベルモットの瓶を手に取ってよく見ると、
どうも液体の色が赤そうなのだ。
IMG_2065.jpg



ベルモットって透明じゃろうもん!?

と、動揺のあまり何弁かわからん言語で
疑問を脳内に浮遊させるオレ

???



バーテンダーをしよった友だちに
教えを乞うと、
「この赤いベルモットは、
 スイートベルモットであろう」との回答。

「ほかに薬草系のリキュールは売ってないか」
「ティーリキュールを入れるレシピもあるぞ」
 とか、いろいろ教えてもろうたけん
それらを探してみるのだが、皆無!

サンパウロあたりだとあるんやろうけどね。

くーーーっ。




まさかドライベルモットが手に入らないとは
思いもしなかった!




マティーニグラスと
たくさんのオリーブ刺し用楊枝・・・

どうしてくれよう!?
IMG_2093.jpg


 オリジナルカクテルでも創作するか。



ちなみにジントニックを注文しても、
「砂糖ぬきで」とあらかじめ言っとかんと
ぶったおれそうに甘いジントニックが出てくる国・ブラジル。

五つ星レベルの店ではそんなこたぁなかろうばってん
庶民の域ではジントニックは甘いのだ。

ただでさえ甘いトニックウォーターに
どうして砂糖を足そうと思うのか!?
やれやれ・・・




(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ハエを撃退したい人とスパイス好きの人へ  







いっつもいっつもしょうもないことばかり書き散らしよる
拙ブログやが、
今日はほんとうにほんとうの お役立ち情報 を書くぞ。



ハエを撃退したい人に朗報を、だ。


飲食店の敵であるハエ。
オレの暮らすここNATALは
年中暑い土地なので虫には年中悩まされることになる。
とくに雨が増える今時期には、
ハエがものすごく増えて、
テーブルに運んだ料理にも
ブーーーーーーっと大量に寄ってくるのだ。

で。
ここいらへんの飲食店でよくやっているのがコレ。

  ↓




挽いたコーヒー粉に
火をつけて
テーブルに置いたり
足元に置いたりする。





 たったこれだけ。



煙と匂いをいやがり、
ハエが寄ってこなくなる。




飲食店で蚊取り線香のにおいは、
きつすぎるし、
殺虫剤を振りまくわけにもいかん。

ばってん、
コーヒーは口に入れる飲み物なので、
食事中の支障にならないのがヨシ!








コーヒーは出涸らしの粉を乾かしても火がつかない。
なので、それがちょっともったいないのだが。
大さじ一杯のコーヒー粉で、
だいたい30分くらい燃えるかな。




わがレストランは、
これにアレンジを加えて、
料理に使う常備スパイスを香炉の中にくべる。

IMG_1462.jpg

IMG_1465.jpg




1種類ずつスパイスの香りを楽しむのもよし、
ミックスするのもよし。
クローブをくべたら、まさに煙草のガラムに香りがする。
くんくんくんくん匂いを嗅ぎながら酒をのめば、
ふわ〜りいい気分になる。







これから日本もあたたかくなるけん
海や山にキャンプにでかけるかたも多かろう。

キャンプの大敵・蚊にも、
このコーヒー香炉は威力を発する。

ついでに、キャンプといえば、カレーではないか!

屋外でカレーを作りながら、
カレーのスパイス香にいぶされ、
さらに虫も寄ってこない。

最響な作用じゃないか!

これぞ、最強だーーー。




(=ΦωΦ=)


AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

朝の金玉子  







朝ごはんはオレにとって3食のうち最も重要で、
朝メシを抜くくらいなら遅刻したほうがマシ、っちゅうスタンスは
子どものころから変わらない。

いまも毎朝、朝ごはんが楽しみで目がさめるんよ。

DSC_0022_201703051952083d7.jpg




昨今では、
うちの鶏がうむ玉子がものすごく美味くて、
朝食に欠かせない黄金食品となっておる。

そのまま玉子かけごはんにして美味いのだが、
このごろは激しい贅沢をしておるオレ。


獲ってきたウニで丼にするのが、
今まででいちばんの玉子ごはんの贅沢やったのだが、
DSC_0600 のコピー



 昨今では、うに丼を超す
 ぶっ飛んだ玉子かけごはんをいただいておるのだ。










使うのは、お土産にいただいたブツ。


高知県に里帰りした友人がお土産に持ってきてくれたのは、
郷土名物の土佐かつお節がゴロンとかたまりで入っとる瓶。






この瓶に醤油を入れて数週間寝かせると・・・



 くらっとしたあと
 ふわ〜っと頭がゆっくり弧を描いて倒れそうな
 悶絶級の香りのお醤油ができあがったのだ!





かつお節の香りと味を生かすため、
匂いのつよい食べ物、たとえば納豆にかけたりは断じてしてはならぬ。
ぬか漬けにかけるのも、もったいないくらいだ。

山芋のすりおろしにかけたら、どんぷりいっぱいのとろろを
ひとりで食べつくしてしもうた。




で。
このカツオ醤油をいろいろ使ってみて、
いちばん味が活きるのが、うちの鶏の玉子かけごはん。


DSC_0021_20170305011029d13.jpg

DSC_0033_20170305013930ce7.jpg



 黄身だけで作ると特に美味しい!




IMG_0627_20170305013932098.jpg

こがねいろの丸がとろけて、
お茶碗いっぱいに小宇宙が広がる。

これぞ、ゑん、よなぁ◯







土佐の友人には固まりの鰹節もいただいたので、
カンナでごりごり削っていただいた。
securedownload のコピー

securedownload-2_20170305014207d5b.jpeg


くるっと丸まった削り節たちに、
愛おしさを感じる。
これもゑんよなぁぁ。

かつお節・ラブ❤️



今日はこのかつお節でとった出汁で
月見うどんを食べよう。

さぁ、朝ごはん!



(=ΦωΦ=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

灰の水曜日に  






このまえのブログで
「カーニバルは終わった。
 静粛な “灰の水曜日” を迎えておる」と書いたが、
カーニバルはまだ終わってなかったのだ!


ブラジルではカーニバル明けの『灰の水曜日』の午後から
仕事が始まる。
なので、ファビオとニュードが連れ立ってやってきたときには、
働きにきてくれたと思ったのだが、
そうではなかった。

「おまえら、タバチンガ祭りにもゲイパレードにも来んで
 なんしよったんかーーーっ!?」と、文句ゆうたあと、

「うちに遊びにおいで♪
 カーニバルの最後を楽しもう」と
 オレらを誘うのだ。

IMG_0499.jpg


「ヤギをつぶしたけん食べに来い」と。






敬虔なクリスチャンは、灰の水曜日に断食をする。
断食しない者も極力飲食を控え、
肉はぜったいに食べぬ。

そんな静粛な日に、
ヤギを絞めて肉祭り宴会をするとは、
なんちゅう連中だ!





「行くもんか」と断わらずに、
いそいそと出かけていくオレら家族。
なんちゅうやつらだ!!




ヤギの鍋と鶏の鍋が、ぐつぐついい具合に煮えておった。
DSCN9795.jpg





午前中から強い酒がどんどん空いてゆく。
DSCN9781.jpg

DSCN9779.jpg



ヤギの頭もとても美味い!
IMG_0505.jpg

IMG_1069.jpg

IMG_1075.jpg

DSCN9801.jpg




ココナッツやレモンを木からもいで、
つぎつぎにカイピリーニャを作る、飲む。
IMG_0508.jpg

IMG_0510.jpg

DSCN9833.jpg





どんどんと酔っぱらってきて
ブラジル演歌でしっとりと踊る♪



 
 





ファビオのオカンも加わりますますダンス。
DSCN9862.jpg

DSCN9864.jpg

DSCN9885.jpg

DSCN9875.jpg




〆はヤギの炭火焼き。
IMG_0511.jpg

IMG_0016.jpg

IMG_1137.jpg




カーニバルではしゃぎすぎて5針ぬうケガをした友。
DSCN9842.jpg

 ケガするくらいちからいっぱい腹いっぱい楽しんだカーニバル。
 


1日遅れでおわったオレらのカーニバル。
木曜日は南インドの野菜カレーをいただいた。
DSC_0072_20170303021841705.jpg


39日間の肉断ち・・・できるかな。




(=ΦωΦ=)


AD

category: たべもの・のみもの

thread: 海外生活 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

食うニバル…やな  






2017年、カーニバルが始まったぞ🎉

リオやサンパウロの
華やかな山車と衣装と羽飾りサンバダンサーでおなじみのカーニバルやが、
カーニバルとはもともとはCarne Vale (肉よ さらば)、
すなわち、キリスト教の『謝肉祭』のこと。
肉に別れをつげるまえのお祭り騒ぎなのだ。

来週の『灰の水曜日』からイースター(復活祭)までの40日間、
敬虔なクリスチャンは肉を断つけんね。

そこでオレも40日間肉を絶つので、
これが食べ納め、とばかりに肉肉しい食事を繰り広げておる。


3日に1度は朝ごはんに豚カツ定食を食べ、
DSC_0635 のコピー

IMG_9917 のコピー




2日に1度は朝は豚肉たっぷりのキューバサンドをいただく。
IMG_9989.jpg






昼めしは、ハンバーグごろごろ状態のボロネーゼや
DSC_0027 のコピー




脂身肉たっぷりのマルタイ棒ラーメンを昼食とする。
IMG_0401.jpg




もちろん、レストランゑんの主役料理のカレーも欠かさない。




にっぽんのカレーや、
DSC_0618 のコピー




インドのカレーもどっしりいただく。
IMG_0029.jpg




ブラジル庶民の強い味方・ピンガもどっさり箱買いしたし、
IMG_0229.jpg


 カーニバルを楽しむ準備は万端♪

・・・・カーニバルというより食うニバルやな。


こんなに食って飲んでばかりやったら
道に踊りにいけないではないかーーーっ!?




(=ΦωΦ=)




AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0