ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

半ケツに宿る反骨精神  







怒り、っちゅう大玉花火を抱えてしまっていて、
その花火を爆発させるための着火剤を
いろんなとこからわざわざ探している人がいる。

そういう人は、どんなことにも怒りたくて、
個人のブログやSNSの内容のなかにも
怒りの着火剤になりそうなもんを探しているので、
オレが何をしようと何を言おうと
すべてにおいて攻撃してくる。

それはもう、
話し合う、とか、解り合う、とかを目的としてなくて、
優位に立ってることを示して脅してるだけであり、
攻撃すること自体が目的となっていて、
意見の交換は、もはや出来ない状態になっている。

とくにそういう連中が得意なのは、
自分以外の誰それもあなたを批判・非難している、
と、援護射撃班が背後にいるのよ、と匂わせることだ。
「◯◯ちゃんも、そう言ってるのよ」
なんてガキのケンカじゃあるまいし。

特に日本人は、その場の情勢をみて、
自分の立ち位置をくるくる変えるのがとても上手い人種だ。
自分の心が決めたことではなく、
多勢が決めたことに従うのだ。



誰か、もしくは何かを
好きになる・きらいになる・
あるいは尊敬する・軽蔑する。
そんなことを、他人の意見に流されて決めるような者に、
一喜一憂していては、自分の心が疲弊するだけだ。

だからオレは、そういう輩は自分の内から追放する。


オレは、自分自身で考える。
自分自身で決める!
人にどう思われるか、で、行動や言葉を左右しない。


仏教徒だから、何をゆうてもかまわん、
と思うとる人も数多くいる。
自分には虫歯になるくらい甘いくせに
オレに対しては礫のような乱暴な発言をぶつけてくるのだ。
仏教徒であるから平和主義、イコール、怒らない、と思うとるのだ。

ちなみに書き添えれば、超徳の高い僧侶も、
飼っている小鳥が死ねば心を痛めて涙を流す。
非暴力を貫くチベット教徒も、
たましいを傷つけられれば戦う。
戦うべきときは、戦う。

『仏教徒』であるということは
どんな言動をうけても耐え忍ばねばならぬ、
ということではない。



135 のコピー 2

きょうの深夜が、福岡の祭り『博多祇園山笠』のフィナーレ、
っちゅうことだけで載せた写真。
『博多山笠』は別名・お尻祭り。



ゴミの掃き溜めも、悪意の掃き溜めも
経験したことはあるから、
それなりに強靭な精神は持っているつもりだ。

しかし心に受けた暴力に対しては、
断固オレは戦う。






(=ΦωΦ=)



AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

おめあては、女将のオレ  






化学調味料を使わないアジア料理。
わがレストランの売りはコレだ。

したがって、想像しとる客層は、
美容と健康に関心がありジムに通って鍛えているような女性、
食に好奇心のあるナタール市内の人や、
うちの近所に別荘をもってて週末にやってる中堅層、
コンドミニオにいる退職者・リタイヤ組・・・などなど。

辺鄙な場所にわざわざ行って
誰も食べた事のない料理を食べることに興味がある
マイノリティーがお客さんになってくれるんやろうなぁ、と。


とっころがよ、ここんとこ立て続けに
予想外のお客さんが3組来た。


若い男性グループ。

これは珍事ではないか!?


野郎どもだけで高校生もやってきたんよ。
IMG_6661.jpg

焼きそばも寿司も食べたことがない、というのにだ!



自転車に乗って1時間かけて来てくれた子たちもおる。
IMG_6872.jpg


最初は娘・うた目当てかな、と思っていたのだが、
彼らはうたを知ってはいても
うたに会いにきたわけではなさそうなのだ。
その証拠に、
うたは予備校に行ってて留守なんやもん。




そこで、
ハッ、と思い至ったオレ。




もしかしたら
彼らは
女将のオレに会いたくて
来てるんじゃないか!?


























彼らにとってオレは、
ものすごく魅力的にうつっとるのではなかろか!!


お箸の持ちかたを教えてもらいたがるのも、
オレに手を握ってほしいからじゃなかろうか。
IMG_6909_201706182128120a9.jpg



肩を抱いて記念写真を撮りたがるのも
オレに触りたいからじゃなかろうか!




そういえばオレのかつての夢は、
『小料理屋の女将』やった。

カウンターだけの小さな店をひとりで営んで、
住居は店の2階、というのが理想だ。

気に入りのお客さんがひとりでやってきて、
ほかのお客さんが帰ったらば、
「もう今日は閉めましょう」と、
いそいそと暖簾を入れて
気に入りの客と肩を並べて酒を飲むのだ。
そんで
ほんのり酔っぱらったら、
2階に連れ込んで・・・ふっふっふ。




夢はちがう形で叶った、っちゅうことやな。
ちぃと叶うのが遅すぎではあるが凹

やぁ、まいったなぁ。
もう人妻なのに・・・




いやぁ、どうしようどうしよう、と
ほおをバラ色に染めて
(色黒なので実際にバラ色なのは見えないが)
身もだえていたら、
夫がピシャっと言うのだ。



「ゆきゑちゃん。
 うちはレストランばい。
 男の子たちは、
 俺の料理を食べに来よんに決まっとろうもん!」。



・・・そっかな〜。
ぜったいオレめあてやと思うがなぁ!





(=ΦωΦ=)






AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

思いと距離と伝達手段  







便りがないのはいい便り、を地で行っているので、
何かあったとき以外は
友だちや家族にもメールも電話もほとんどしない。
このブログが近況報告だぜ、
などという厚かましさからの筆無精ではない。
数少ない親しい友人はSNSもやらずブログも読んでない者も多い。

連絡の頻度などは人それぞれであろうけど、
うちら夫婦はメールや電話をほとんどしない。
まあ毎日いっしょにいるからその必要もないのだけど、
オレが2週間日本に里帰りしとるあいだも、
1度も電話もメールもお互いしなかった。
だから夫婦や恋人と2、3日別行動になったからといって、
毎日ビデオ通話で話すカップルがオレには解せない。
解せないけれど、人それぞれでいいじゃないか、と思っている。


ところがそのスタイルをその他の関係、
友人関係などにも適用しようとする人がおる。
『今なんしようと〜?』とか
『今度の日曜日、ひま〜?』とかメールしてくる。
文章なしで食べ物の写真をずらずら送ってくれることもある。

そのような内容のメッセージにオレはほとんど返信しない。
返事をする必要を感じないからだ。
日曜日に何かに誘おうと思うならば、
誘いの内容を書いてくるだろうと想うし、
美味しそうな料理の写真はうれしかったり楽しかったりはするけれど、
だからといっていちいち『おいしそう』と返す必要も感じない。

このようなオレのスタイルを
オレの性質として認めてくれる友人もいるのだが、
どうやら『礼に欠く』と受け止めている人もいるようだ。

実際に友人から
「なんかあったときだけ言うてくるけど、
 その後どうなったかの報告がない!」と叱られたこともある。
もっともだ、と受け止めたので、
そのことは気をつけるようにしている。

しかし、よ。
なんだかんだいうても、
しょっちゅうしょっちゅう電話で長話したり
ましてやビデオ通話なんか! 苦手だし嫌いなのだ。
仕方がないじゃないか。


思い返してみれば、反省することも多々ある。
オレのこのザツさを
『粗末にあつかわれている』と
受け止める人もいると解るからだ。

振り返ってみると、
話は2年前の日本への里帰りに戻るけれど、
福岡の親しい友人と逢瀬の約束をしていた。
ティーンのころからの付き合いで
東京時代も福岡時代もともに過ごしてきた友人だ。

彼女と会う前日、
夜遅くまで別の友人たちと飲んでいたオレは寝坊をして
約束の時間に5分遅れたら、
かんかんに怒った彼女から『もう帰る』っちゅうメールが来た。

『飲み歩いて、寝坊して、ごめ〜ん?
 修行したんならせめて禁酒しろ!
 ブラジル時間だから,〜か?
 こっちは日本時間で動いとんぢゃ!
 他の取り巻きみたいにチヤホヤせんからな〜舐めんなよ〜。
 人を待たすんならせめて店だけでも決めろ!ボケ! 』
・・・いま読み返してみても過激な内容だ凹


しかしまあ、類は友を呼ぶ、で、
オレ自身もこういう融通のきかない
子どもっぽい性質なのだと思う。
こんな感じでがんがん激しい言葉遣いで噛みついてくる友だちが
オレには多い。多かった。
否、オレ自身がそうだった。
日本に暮らしつづけていたら、いまもそういう性質だったと思う。
自分のことは棚に上げて人にとてもきびしい性質。

ずっとずっとむかし、友人に噛みついたことがある。
「ドタキャンするな!」っちゅうて。
理屈としては、
自分は母子家庭で幼子を育てとる身で
子をあずけるなどの前準備をしたうえで
楽しみにしとる飲み会なのに
『気分がのらなくなった』などという理由で急にキャンセルすんな!
と、そんときは真っ当と思える理由で不服を申し立てたのだ。

しかし、いま考えると、
飲みにいく気分ではなくなった友人を
無理矢理ひっぱりだしていっしょに酒を飲んだところで、
その友人はちっとも楽しくないではないか、ということが解る。
そんときのオレは自分のことしか考えてなく、
気分が乗らなくなった友人のことを思いやる心は
かけらもなかったことが解る。
さらにいえば、気分がのらない理由はオレにあったかもしれぬ、とは
その当時はつゆほども思わんかった。

いやはや・・・どうしようもない身勝手野郎はオレだったなぁ。
やれやれ・・・





このようなオレの経験から、いっこ言うとすれば、
あなたが友だちから
距離をおかれようとしてるときは、
よく考えてみてほしい。ということ。

大切なその友だちを
あなたはしあわせであたたかな気持ちに
させることができているかどうかを。

今だから解る。
気分がのらなくなったあの友人は、
オレとともに過ごす時間を
ささくれだった疲弊した時間だ、
と感じていたから
気分がのらなかったのだ。
あの当時オレは、
荒れていて不平不満が多く、
そんな愚痴ばかりを
大切な友だちに垂れていたように思う。





DSCN3185_20170617035704259.jpg
 これは『2年前の写真ですよ』っちゅうて
 Facebookから思い出すように示唆された写真。
 おなじブラジルに住んどるのに広い国やけんなかなか会えん
 数少ない友人のひとり・まりんこ。






ところで、
音沙汰の途絶えとったサンパウロの友人から
きのう3ヶ月ぶりくらいにメールが届いた。

無沙汰はぶじのたより、ではなく、彼は病をわずらっとったげな!
いまは回復した、とのことで、
彼からの音信不通はオレら家族全員とても心配していたので安心した。
1ヶ月ぶりに実家にメールしよう、と、いま思い立った。





(=ΦωΦ=)




AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

立腹ではじまる6月祭り  








6月は、『Festa Junina(6月の祭)』っちゅうて
ブラジルが全国的に盛り上がる月。
キリスト教のビッグ・イベントなのだが、
オレの暮らす東北ブラジルはとくに大フィーバーするのだ。

13日が『聖アントニオ(São Antonio)』の日。
24日が『聖ジョアン(São João)』の日。
ジョアンは、ヨハネ伝のヨハネのこと。
29日は『聖ペドロ(São Pedro)』の日。
いずれもキリスト教の聖人である。

なので、ブラジルにはこの聖人たちに由来し、
ジョアンとかアントニオとかペドロとかいう名は多い。
名が体を表して聖人・偉人に育つか、っちゅうと
それは別の話だが。



さきにのべたように、13日は、
『聖アントニオ(São Antonio)』の日。
アントニオは『愛の聖人』との別名があったので、
彼の命日の前日、
6月12日をブラジルは『恋人の日』と定めた。
祝日ではないけれど、日本のバレンタインデーのように
恋人同士がプレゼントを贈り合ったりする日となっとる。





さて。
きのう、珍事が起こった。

オレが夫・Welderに対して
立腹したのだ。



5本指で足りるほどしか
いままでもWelderに怒ったことはない。
怒ることがひとつもないからだ。

で、
今回のオレのハラはこうやった。




夕刻、家の前の湖から帰ろうとしとる車が
砂にはまって動けんくなっとった。
運転手以外は全員女性であった。

オレら夫婦は店じまいをしたあと、
マティーニを飲んどった。
高みの見物、といかないのがオレの性格だ。
で、
自分では手伝いには行かないのもオレの性格。

Welderに「手伝ってきておあげ♥︎」と、
自分は高みの見物をきめこむ。



鍬をもって出動する疲れ果てとるWelder。
IMG_6617.jpg




見物者2号・たま。
IMG_6619.jpg




見物者3号・ちび。
IMG_6621.jpg



運転手は鍬で砂を掘り、Welderはタイヤの空気を抜いておる。
IMG_6625.jpg



砂地を走るときはタイヤの空気を抜くのが
ここいら辺りの海の町の常識だ。



割と短時間で車ははまった穴から抜け出すことができた。
IMG_6626.jpg

 よかったでちゅね、ままちゃん。と、たま。




で、Welderは帰ってきたのだが、
追うようにして、さっきの車がやってきた。

「空気入れを持っているか?」と門をたたく。

持っとらん。






運転手はものすごーーく機嫌がわるいのだ!


なにさっ、せっかく手伝ってやったのに
何をブスっとしとるんだ、あんぽんたん!
 と、オレも腹がたってきたのだが、
タイヤをみて、「やべぇ」と汗が出た。


空気ぬきすぎとる!

IMG_2097.jpg



「これじゃあとても走れない!」




集落のタイヤ屋を電話で呼んであげている最中、
夫はすでに犬を庭に放ってしもており、
ワンワンワンワン、と3匹で吠えまくり
ドンドンドンドン、と3匹で門に体当たりし、
うるさくて仕方ない。

おまけに猫のちびまで出てきて、
車の女性たちが「まぁかわいい、おいでおいで」と
お愛想をゆうてくれとるのに、
ぷりっ、ブリっ、ツンッ、と
ちびは彼女たちを睨みつけるのだ。


そうこうしとるあいだ、夫は1度も顔を出さんやった。
すべてオレが処理した。






彼らがやっと去っていったあと、
Welderにくってかかる。


「空気ぬきすぎ!」

「だいじょうぶだいじょうぶ、
 あんぐらいならタバチンガまで走れるくさ」。

「じゃあ何でそれを言いに下りてこんのっ!?

 すぐそこはもうアスファルトの道やん、
 ずっと砂を走る必要もないのに
 なんであんなに空気ぬくん?!!

 もう夕方でタイヤ屋も閉まる直前やったんばい!

 地元の人じゃないのに、心細い思いをさせてから!」

・・・ずらずらずらずら・・・・



かなりいらいらして、ずいぶんとWelderに食ってかかった。





まあ、些事といえば些事やけど、
なんだか猛烈に腹がたったのだ。



なんだかんだで、ここんとこ
カリカリイライラすることが多かったなぁ、と
振り返る。
いやな事柄に拘泥して、
いつまでも低き場所に心をぐずぐずと置いていた。

そんな場所からはさっさと立ち去って、
いつものように「バカップル」と言われるほど
いちゃいちゃいちゃいちゃ夫婦なかよく、
家族なかよく、犬も猫も鶏も機嫌よく、
にこにこにこにこを通り越して
げらげらげらげら笑い暮らせばよいのだ!




恋人の日は、ゆっくり海に行こう。
P1390492 のコピー


そして、6月は祭りをちからいっぱい楽しもう。




(=ΦωΦ=)


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

意地悪は大嫌い  







メールにしろ直接会ってにしろ、
誰かに言葉をむけるときは気をつけねばならない。

優位に立とうとして相手を貶めようと作為的な言葉をあえて使ってないかどうか、
よく注意して言葉を発したほうがいい。
もしそのような言葉を意図的に使い攻撃するのであれば、
相手との関係が終焉に向かう覚悟をもつべきだ。

言葉の応酬で関係が改善することは、まずない。
話し合おう、というとる己の心の底をよく見ると解る。
相手に自分の考えを受け入れさせようとしかしていないはずだ。
相手と本当に対話をしたいならば、
優位に立とうとして意地悪な言葉で相手の頭を押さえつけたうえで
自分の意見をねじこもうとしとらんかどうか、ようく己を振り返るのだ。
『自分のほうが賢く正しいんだぞ手法』は、決してうまくいかない。
相手を怒らせ傷つけるだけだ。
その先どこに着地することになるか、よく考えてから
言葉は発せねばならん。

言葉は大事。
自分の発する言葉は、自分にとっていちばん大事なのだ。
なぜなら発した言葉は相手に届いたあと、
相手の気持ちとして自分に戻ってくるのだから。

ただ、ざんねんなことに、攻撃的かつ意地悪な言葉を発した側は、
発した端からすぐに忘れてしまう傾向にある。
極端に鈍感な人間ならば、
自分から関係を断ち切ったくせに、ふと気まぐれを起こして
「いやぁ、あんときは俺も悪かったよ、ごめんごめん」
と軽やかに関係を修復しようとしてくる。

相手は決して忘れはしない、ということを心して、
言葉は発せねばならぬ。
やさしい心でやさしい言葉を心がけたい。
たたきつぶした相手のこころは、
2度と元に戻らんかもしれないのだ。





いま庭のピンク胡椒がびっしり実っている。
DSC_0132_20170605024052fb2.jpg




収穫して、乾燥させたり、ピクルスのように漬けておくと
長持ちして重宝する。
ちっとも辛くないので、おそれずどんどん使える。

ごはんといっしょに炊くと風味がよいし、
カルパッチョや、セビッチェにもなくてはならない。
DSC_0037 のコピー DSC_0320 のコピー





黒こしょうや白こしょうとつぶの大きさはほぼ同じなのだが、
ピンクこしょうは仕組みが少し違う。
赤い表層がとてもやわらかいのだ。

枝から外すときにコツと根気がいる。
IMG_6183_20170605030841b45.jpg


力をほとんど入れずにそうっとつまんで、
小刻みに動かしながら、っちゅうような要領でひとつぶずつ外す。

力を入れすぎると、なかの種だけ残って赤い皮のみが外れてしまう。
IMG_6186.jpg

 こうなると失敗。





とても時間がかかるし、めんどうくさいのだが、
集中してピンク胡椒の作業をしよると、気持ちがしーーんと落ち着いてくる。
IMG_6190.jpg


乱暴に扱うと傷つく繊細なピンク胡椒が愛おしくかわいい。

やさしい心で丁寧に言葉をつむごう、と
改めて感じた。





(=ΦωΦ=)



AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0