ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ゑんへご案内←  







以前、廃材屋にて、
ただ同然で手に入れた、アンテナ11枚。
DSC_0270_2017032501371099b.jpg

道路の要所要所に立てる案内看板を作るために
買ったもの。



うちの屋号・ゑんのロゴマークは、
コレ。
en-card-omote-2 のコピー




下地をまっ黄っきに塗ったのはオレだ。
1_20170325013708083.png



ロゴもペンキで描こうかと思ったが、
探してみると下町の町工場っちゅう雰囲気の
おっちゃんと兄ちゃんがふたりでやってる
小さなお店をみつけた。

安く印刷をしてくれるのでお願いする。



ペンドライブを持ち込んで、
1枚1枚に、あと◯km と書く位置などを決めた。
IMG_1209_2017032501371924c.jpg





そして、数週間後。
いよいよ印刷しあがって、
もちこんだ丸看板にシールを貼る日が来た。
IMG_2002.jpg
IMG_2004.jpg
IMG_2007_20170325013718987.jpg
IMG_2009_2017032501371911f.jpg
IMG_2016.jpg
IMG_2030.jpg







IMG_2046.jpg

 ゑんの文字にもう少し赤みが欲しいが、
 そのへんは帰ってから自分で色を足して修正しよう。

 るんるんで帰宅♪







ちび〜〜、たま〜〜♪
看板ができたよ〜〜〜♬
と、さっそく報告する。

IMG_2067.jpg


路地への入口に立てる看板をみて、
ちびくろちゃんが言う。



・・・ママちゃん、
これ、まちがってまちゅよっ!



 



えっ!? そっかな???






レストラン、のつづりは間違ってないし、
問題なさそうやが・・・




あっ!




左に200km、って!!!





右に200km離れたとこに
看板たてに
行かなならんなぁ😭




(=ΦωΦ=)


AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 1

塗装工 “ゆ”  







気が滅入りそうなほど、金がない!
レストランのオープン日を決めたので、
八手でも、否、四十八手でも・・・・ちがーーーーう!

這ってでも、だ。


・・・否、這わんでも
レストランゑんはココやんか・・・嗚呼!



ちょっとパニックになってしまったが、
レストランは釈尊生誕の日・4月8日に開ける。

あっ。やっぱり48手だ。


33.jpeg

Shijuhatte_201703220316080c8.jpg

 もちろん、こっちね。





で、話をレストラン開店に戻して、
どうしても必要な、
ほんっっとうに最低限のもののみ揃えたら、
オープン直前までがまんしていた簡単な修理やペンキ塗りなどに
材料費がまわらんくなっとるのだ。

アンプは壊れた。
音楽なしのレストランとなる。
装飾品はいっさい買えない。
殺風景なレストランとなる。
芝生のぬけた箇所を補えん。
ブスな庭のレストランとなる。
しかしそのことはそれでも良い。
主役は料理なのだから。



それにしても、
絶対に必要な水漏れ工事をほどこした後の
セメントをぬりかためた箇所などに
ある程度の塗装は必要だ。
IMG_1629.jpg

IMG_1649.jpg





床も階段もぼろぼろで、
なんとか修繕と塗装をほどこしたい。

そこで苦肉の策として思いついたのが、
古くて固まりかけた死にかけのペンキを薄めること。

ほとんどカチカチ状態やったので、
薄めても薄まらずに、
まぜる棒がつぎつぎに折れる・曲がる。
腕がだるくなるまでまぜてもまざらん。

そこで考えたのが、
電動ドリルに泡立て器を突き刺すこと。


実際には、ペンキ塗りローラの芯の部分を使った。
919621369351bbc6a9a488516ad57b86-e1435649793665.jpg








オレの働きを30秒動画にまとめてみた。








3_201703220246240d2.jpg

2_2017032202462543f.png



ペンキが完成したあとは、どんどん塗る。


オレを応援するちび。
IMG_1690.jpg




素晴らしき仕上がりに感心しとるボク。
IMG_1764.jpg

IMG_1765.jpg





まだまだ塗るとこはいっぱいあるけど、
きょうの仕事はこれにて終了。

塗装アートの仕上げとして、
アーティスト名をマークでペイントする。





IMG_1685_201703220257072bc.jpg

   ゆ♨️

おつかれさんオレ。
きょうもメシが美味いはず!





(=ΦωΦ=)


AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

猫の手も借りたい  






4月8日のレストラン開店にむけて、フルで動いておる。
『本格オープン』と書いたが、
3段階のファースト・ステップでのオープンなので、
大々的なオープング・パーティなど開かんし、
プレオープンとして人を招待したりもしない。

静かにひっそりと開店する。



それでも開店準備に追われる毎日は忙しく、
絶対的に必要な工事を急ピッチで進めている。

猫の手も借りたいところなのだが、
猫どもはあいかわらずマイペースをつらぬいている。
IMG_1231.jpg

IMG_1105.jpg





いまオレは
庭のヤシ葺き屋根をふきかえているまっ最中なのだが、
蚊の大群が襲ってきたので、室内に逃げ帰ってきたのだ。
IMG_0920.jpg

IMG_0932.jpg

IMG_0923.jpg

IMG_0939 のコピー

IMG_0947.jpg



痒い!
もうれつに痒い!
蚊が去るまでデスクワークをやることにする。




カーニバルが終わり、どっと蒸し暑くなり、
雨もものすごく多くなったので、
虫天国の季節にシフトしたようだ。
また虫との闘い&共存の日々がはじまるなぁ…
ますますいそがしくなるぞーーー。



 と、ふと見ると、猫たちもそれなりの働きは
 してくれとるごとある!


IMG_0896.jpg


ありがとう。ちび&たまーー❤️






(=ΦωΦ=)



AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

礼拝堂でお食事を  








庭には、日々お念仏をする礼拝堂がある。
漆喰を塗り床板をはり、すべて手作りした麗しく神聖な場所だ。

その礼拝堂を、われわれ家族だけで独占しとってはもったいないので、
レストランの個室としても運営しようと考えていた。


仏教やインド・タイ、そして日本の文化に興味をお持ちのお客さんに
靴をぬいで板の間にあがってもらって、
座布団に座って食事をしていただく。
喜んでもらえるやろうなぁ・・・






板の間に必要なのは、座卓だ。

欲しい座卓はあるのだが、
もうお金をかけることはできない。
なので、廃材を使って、それをこしらえることにしたオレら。



好き放題・言いたい放題のアイデア係はオレだ。

こうしたい・ああしたい、と、
それが簡単なことなのか難しいことなのか
可か不可かも考えずに、次から次へと言うてみる。
IMG_7581.jpg





オレのアイデアでは、テーブル面は2段にして、
上はガラス、下は廃材の板を使う。
IMG_7577.jpg


下の段は飾りとして、本を置いたり季節の花を置いたり、
物販するお念珠を置いたりして使いたい。





夫・Welderとファビオが、
できる、とか、できん、とか判断して、作業をすすめる。
IMG_7585.jpg

IMG_7584.jpg






興が乗ってきたオレらは、
ベランダの長椅子用のサイドテーブルも作ったんに!
IMG_7545.jpg

IMG_7540 2


 えへへ、えへへ、うれしいなぁ♪






最後に、完成品をジャジャーーーンと載せたいのだが、
載せることはできん。

理由は、
この座卓のテーブル面は8ミリ厚のガラス板を置くつもりで
それをまだ購入できてないからだ。
ガラスを買うお金はいま捻出できない。

はよガラスを置いて使いたいなあ。
いつかガラスを買えたら、
礼拝堂の座卓の晴れ姿をお見せする。





(=ΦωΦ=)



AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

こわれたらマタ直す  






屋根裏に設置しとる水タンクから
また水漏れがし始めたんよ。

部屋は水びたしである。

IMG_8297_20170207000843ac7.jpg

 ↑
前回の水漏れんときは、
このような特殊なボンドを使って修理をほどこした。



今回も知恵に知恵をしぼり、
お金はかけずに修繕する方法を練った。



で。
使う材料は、ねばねば特殊シール。

1_20170204015017202.jpg

2_201702040150198eb.jpg

6_201702040207170f5.jpg




丁寧に空気をぬいて、ぴったり貼りつける。
7_20170204015027946.jpg

 


ようやく貼り終えて、ブッシャを取り付けて、
11_20170204015029412.jpg




じょじょじょーーーーーっ、と水をあげる。
12_20170204015028f96.jpg





 ストーーーップッッ!





 まーーた水がもれてきたぞーーーーっ凹








せまい天井裏で、腕を組んでみなで考える。


・・・原因は外側じゃないか??





仕切り直しで、外側にも同じ加工をする。
15_2017020401502962e.jpg




念をいれて、ねばねばをオレのファイヤー砲で焼いて、
さらなる粘着度を期待する。
20160530234002a55_20170206233355581.jpg

16_20170204015031861.jpg

17_20170204015046ab1.jpg

18_20170204015048bde.jpg


今度こそ、もれんかった! 
ばんざーーいばんざーーいばんざーーーい!




さて。
一応、、、そう、一応このように水漏れは収まったのだが、
しろうとのオレにだってよく解る。


こんなのはただの一時しのぎであろう。



一難去ってまた一難、を地でゆくオレらのブラジルど田舎暮らし。


下水タンクあふれ問題、
井戸水汲みあげ装置故障問題、
つぎつぎと発生する問題を
かたっぱしからやっつけなならん!

わーーーっはっはっ、ふぉーーっほっほっ、
ふぁっくふぁっく!


しかし、だ。
ブラジル生活はオレにとって楽しい。
強がりではなく、つぎつぎ発生する問題ごと楽しもうと思う。


だって、たかが道具。
こわれたら直すことができるんやもん。
直らんやったらまた造ればいい。
こわれたのがオレや家族の心身やったら
そう簡単には直らんかもしれんし、替えもきかない。

それが解るからこそ、
ふぁっくふぁっく言いながらも
ニコニコがんばれる。ピース。




(=ΦωΦ=)



AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0