ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

うれしい  







先日ドミトリーゑんに宿泊してくれたお客さんが、
Facebookにこんな投稿をしてくれとった。

1_20170111054703dfa.png


お友だちたちのコメントごと
ものすごうれしい!




ブラジルはナタールの田舎町タバチンガ。
そんな秘境で日本人家族が営む民宿がある。
手付かずの自然と美味しい海の幸、
そしてなんとも居心地のよい雰囲気にしてくれるご家族の心遣いに癒される。
民宿「ゑん」はそんな場所。
ナタールへお越しの際はぜひ訪れてみてはいかが。


 っちゅうて紹介もしてくれとる。

15934038_1716754881987557_1779144662_o_20170113031551c31.jpg




うれしいなーー。




オレは功名心をもたんが、
喜んでもらいたい、っちゅう気持ちは強く持っている。
自分の言動によってもたらされた云々に関わらず
にっこにこ笑っとる人の顔をみるのがものすご好きなのだ。

ゑんの食事を「美味い」っちゅうて笑ってほしいし、
オレの気に入っとるド田舎を「かっこいい」っちゅうて喜んでほしい。

そのうえ、
このブログを通じて、オレに会いたい、と思ってくださるかたが
実際に、ここに訪れてくださるなんて、
なんてしあわせなことやろうか!?

ありがたくてありがたくて。





そんなわけで、前記事に続いて、
たいせつなお客さんを「美味しい」っちゅうて
笑顔にさせたくて。

ちゃんぽん試作第2弾。
DSC_0529_20170113215147acc.jpg


ますます美味くできたばい。




(=ΦωΦ=)


AD

category: 民宿・ゑん

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

海とお客さんからいただく滋養  







2017年、最初のお客さんは、
サンパウロに暮らす友人の友だち、っちゅうことなので、
来訪をとても楽しみにしとったオレら夫婦。

いつもは来客時には猫は別室に閉じ込めておるのだが、
不思議なほど彼になついてしまったちびも
晩ごはんに同席させてもらえた。
DSC_0265_20170108210205152.jpg

IMG_6466.jpg

IMG_6471.jpg

写真撮影したうたも、楽しくって笑いがとまらんようだ。




翌朝は、まだ暗いうちからウニ獲りに行った。
1_201701082058073a4.jpg




澄んだ空気のなか、日の出が最高に美しい。
2_20170108205809992.jpg




さーーぁ、がしがし獲るぞ!
3_20170108205811a4f.jpg

7_20170108205835727.jpg

5_20170108205814a41.jpg

6_20170108205834ce1.jpg




大漁なので、猫にも分けてあげる。
4_20170108205813f93.jpg




朝食のあとは、
サーファーの彼と、近場のサーフポイントにでかけた。
12_20170108205839264_20170108212621bf5.jpg

11_20170108212428c2e.jpg



ちょうどサーフィンの大会をやっていて、人がたくさんおった。
13_2017010820590476e.jpg



ひとしきり海であそんだあとは、家でかき氷。
14_2017010820590568a.jpg


となりのハイムンドんちに遊びに行ったりしてのんびり過ごす。
16_20170108205907180.jpg




湖を眺めながらのウニスパゲティ。
15_20170108205915a3b.jpg

10_20170108205838426.jpg

磯の香りと滋養が体に沁みいる。
どこで何を食べるか、も大切ばってん、
誰と食べるか、も、大切なんよなぁ。




DSC_0311 のコピー


この大自然を好いてくれるかたの来訪を
オレら家族はこころから待っている。
ゑん○



(=ΦωΦ=)



AD

category: 民宿・ゑん

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

藝人仙人聖人  






いま民宿ゑんに滞在しとるおふたかたの客人は、
海千山千の人々うずまくサンパウロのブラジル肉刑社会、
じゃなくて、日系社会にて、
ひときわタフにして輝きを発しておる重鎮。
重鎮なのに、ひとつもえらそうじゃなく、
鬼神、じゃなくて、奇人でもある。
それぞれ、藝の道をひたすら突き進む怪人たち。

わが夫・Welderが、ここに加わると、
この3人の日本男児、藝人仙人聖人っちゅうおもむきであるが、
その迫力のほど、すさまじすぎて、
まるで魑魅魍魎のよう。
ビキニのオレが、可憐な天使のように見えるではないか!?

22_20161104184209005.png

DSC_0692 2





伝統芸能の指導者であり油絵の画伯である怪人とは
お会いするのは2度目やったのだが、
陶芸家の仙人とは今回初めてお目にかかった。

あたたかい人柄にぐにゃぐにゃにとろけるオレ。
DSC_0700.jpg




DSCN9151 のコピー

 さぁ今日も、おんもしろい話をいっぱい聴かせてもらおう。
 



(=ΦωΦ=)



AD

category: 民宿・ゑん

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ラーメン職人と料理談議  






いまドミトリーゑんに滞在しとるのは、ラーメン職人のSHIN。
数年ぶりに再会できたこの友人は、
サンパウロのラーメン屋の立ち上げに携わり、
麺やスープの開発におおいに貢献したのちフラジル全国を旅しとる最中。
ベレンからマナウスまで船で4日間の旅ののち、ナタールのオレがたを訪ねてくれた。

サンパウロでジャークチキンを食べてもらってからはや5年。
blog_import_4f4b8221bdcf9_20160525182849c75.jpg



うたもMinicaも大きくなったなぁ。
201204180334389e3_20160525182845fe7.jpg



前回はブラジル貧民街ファベイラのベランダにて、
557701_433720559994579_1767678636_n_20140807004602f78_20160525193353bdb.jpg

blog_import_4f4b7fb7aa147_20160525182846b5f.jpg



今回は、絶景のベランダにて、料理談義に花を咲かす。
DSCN6848.jpg

DSCN6842_201605251855431f3.jpg



レストランメニューであるタンドリーチキンを食べたもらった。
21.png

DSCN7120.jpg

絶賛してもろうた。



Welderと台所にこもって、料理人談義を繰り広げるSHIN。
DSCN6834.jpg



ラーメンのたれであるカエシをこしらえてもろてほくほくのオレら。
DSCN6857.jpg



ビーチでも、
DSCN6925.jpg



湖でも、料理の話が止まらん。
13282125_995109030566424_1008993360_n_20160525193142e14.jpg


さいわいなことに、オレらのまわりには料理にたずさわる友人が
ようけおる。
料理人である友の意見のすべてが勉強になり
これまでもたくさんの助けとなってきた。

そして今回は、料理に対する志が同じ友・SHINと、
意見を交換しアイデアをもらい、自信をつけてもらった。

『商業的になればなるほど味の本質からは遠ざかる』。
このジレンマも、乗り越えることができそうなくらいの、
勇気と知恵をさずけてもろうた。



(=ΦωΦ=)

AD

category: 民宿・ゑん

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

Carne de Panela  






今夜のごはんは滞在中のファミリア総長が、腕によりをかけてくれることに!

こしらえてくれるのは、Carne de Panela っちゅう煮込み料理。
料理長みずからが、近所をあるきまわって手に入れてきた肉は、
牛肉のピカーニャっちゅう最高級の部位。
とても高額なはずなのだが、闇個人取引にてゆずってもろうたブツだったため、
破格の安価。 すげーー!



さっそく料理教室を開いてもらうのだったが、
DSC_0046_20160110214052f2a.jpg



料理長の背後には裏番長がひかえておって、
やーややーややかましいのだ。


















DSC_0047_20160110214048a2e.jpg

DSC_0053_20160110214047b08.jpg



くそーーー、と包丁に力が入る料理長。
DSC_0050_201601102140556c8.jpg



3日に1度、大げんかしとるこの夫婦。
DSC_0058_20160110214052914.jpg

 きっと勝者は毎回マダムであろう。



まずは、付け合わせのマカシェイラ(ブラジルの長芋)フライをこしらえる。
DSC_0072.jpg



最初、下茹でしてから、
DSC_0085_201601102141274ad.jpg



カラリと揚げる。
DSC_0095_201601102141268d6.jpg

 揚がったアツアツをつまみ食いしつつ飲みながら料理を教わるWelder。




やがて、メインの肉が圧力鍋のなかでいい音をたてはじめる。
DSC_0108_2016011021561777d.jpg



じっくり炊いた肉からは、耳の裏がキュッとわくわくする美味そうな匂いが。
DSC_0114_2016011021412798b.jpg



完成!
DSC_0118_20160110214133f81.jpg

DSC_0129.jpg

DSC_0124_20160110214157563.jpg



裏番長もごきげんである。
DSC_0132_20160110220317a14.jpg


 極上の美味料理をどんどこ平らげながら、
 しゃべりつづける大人たち。
 うたと長女ちゃんも毎晩おしゃべりに花を咲かせとる。
 そして、ちびちびちゃんたちも朝から晩まで日々元気いっぱい。
 にぎやかな時間を過ごさせてもろうとる。


(=ΦωΦ=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: 民宿・ゑん

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0