ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

吾輩は猫である  


娘の学校の図書館に、すばらしい蔵書があったぞ。
P1220981.jpg


夏目漱石 『吾輩は猫である』!
P1220982.jpg

オレはこの本の一行目がとても好きだ。

吾輩は猫である。名はまだ、ない。


わっはっはっは。
これを読むたびに楽しい気持ちにいつでもなる。
名は、まだ、ない、んよ!
いつかは名づけてもらう気どりなのが楽しいではないか。



さて、ポルトガル語訳も、ちゃんと、名は、まだ、ない、 となっておって一安心。
P1220983.jpg


何箇所か、これを外国語に訳すときにどう訳すのか気になった箇所についてお知らせしよう。

吾輩が、たくわんを食べるシーンがあるのだが、
『たくわん』は、TAKUWAN であった。

吾輩ちゃんは、雑煮を食べるのが夢なのであるが、
『雑煮』は ZONIであり、餅は、MOCHI、であった。

この本のなかには、猫のクロも登場するのだ。

クロは、ポルトガル語の黒色を示す『PRETO』ではなく
KURO、であった。

このクロ、ちんぴらで乱暴者やけん吾輩も一目おいておる。
P1230004.jpg


盗みをはたらき行儀が悪い、っちゅう点でも
うちにおる野良猫クロちゃんと似ている。
P1230001.jpg

P1230002.jpg


さて。娘・Uは、まだ5分の1程度しか読んでないので、
恋人の三毛子が死んで吾輩が悲しんだり、
吾輩がネズミを取り逃がしたり、
吾輩が女湯をのぞき見したりすることを知らないのだ。

吾輩の最後のシーンを読んだ娘が
どんな感想をいだくのか、と~~~っても楽しみ。

『最後どうなるか教えちゃろっか、ねえ、知りたかろ?』と
毎夜毎夜酔っ払ってからむオレにうんざりして、
娘は読書のスピードをあげておる。

さ。今夜も酒を飲んで機嫌よく娘にからもう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

チーズ  


チーズがたいそう好きだ。
市場に行くとついついいろんなチーズに手が伸びる。

P1190229.jpg

P1190227.jpg

P1190228.jpg

青かびチーズは、そのまま酒のつまみに。
あるいはメロンと食べても美味い。

P1150883[1]


パルメザンはブロックで買う。
P1190225_20120709015300.jpg

うちはこのメーカーのんを買う。
P1190226.jpg



イタリアントマトを焼いて、パルメザンチーズをごりごりおろして雪のようにかける。
P1190640.jpg

赤ワインがどんどんすすむ。

アンチョビとにんにくだけのシンプルなスパゲティも
パルメザンチーズをごりごり散らすと美味!
P1190276.jpg


P1190307.jpg

イカ墨とトマトソースにもパルメザンをごりごりごりごり。

蒸し野菜にもゴリゴリ。
かるくあぶったパンにもゴリゴリ。今夜は何にゴリゴリしよっかね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

席がえ  


ここがオレの席。
P1220973.jpg


この窓からは、このような素晴らしい景色が観えるのだ。



556104_409585989074703_1874686485_n[1]


素晴らしいやろ♪


ところが、来月から部署を移動せなならんことに凹
とっても悲しい。


次の席からはどんな風景を眺められるかな・・・と、わくわくしとったら



新しい席は、壁に向かっての席 やった凹

とっても暗い部屋で、しかも同室の同僚は
全員オレと体感温度が違うけんクーラーをがんがん入れておるのだ凹(まだ冬ぜ~)
寒いのと暗いのと窓とブラインドが閉め切っとるのは大の苦手なのになあ。



人間というものは、
いまの環境から、わるい環境に移ることについて
なかなか慣れることができない習癖がある。

便利な日本から不便なブラジルに来た当初は
オレもこの悪癖の発揮に精魂を費やし
悪態ばかりついておった。

シャワーが冷たい・水圧が低い・カビだらけだ・雨漏りがひどい・床下から雨水がもれてくる・しょっちゅう停電する・物がすぐ壊れる・水が4日もでらんぞ・修理屋が2ヶ月もこんぞ・猫を捨てていきおったぞ・借金をふみたおしていきおったぞ・服を借りっぱなしでいきおったぞ・椅子をぬすんでいきおったぞ・などなどなど。


しかし、変わらないその場所に居るしかない、とハラが決まったときには
自分を変えるといい。
環境が変わらないのなら
それを受け止める自分が変わるしかない。


いつまでも、イヤイヤの感情ばかり持って、ぶすくれとったら楽しくない。
自分をしあわせにするために、自分が変わればいい。




P1220974.jpg
ぶすーーーーっ凹




1週間くらいは毎日ブログにて悪態をつこうっと。読んでくださる?

しかし次の席は仕事がはかどることやろうなあ。
だって、いつまででも飽くことなく眺め続けよった景色がみえんのやもん。

 ※ これを読んで『壁際族→左遷→馘首』と心配してくださったやさしいあなたへ。
   大丈夫、左遷じゃないけん。かといって栄転でもないのであるが。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

日焼けのあと  


日焼けのあとが好きだ。
ビキニの細い線の形に日焼けすると最高にセクシーだと思う。

こんなふうなプレイボーイの表紙をみて、
日焼けってアクセサリー効果ありやなあ、ってうれしくなる。
nicole-bahls-capa-mundo-de-playboy-yahoo[1]

Adriana_BBB_Capa_SET_2011[1]


日本では、日焼けがくっきりは『ださい』とされる。
くっきりとついた日焼けより、自然なグラデーションで小麦色、っちゅうのが好まれる。
かつてヌードモデルをしとったとき
くっきりビキニ跡で日焼けしてしまい、撮影を延期されたことがある。
『こんなにくっきりじゃあダメだよ。もうちょっとぼやけてきて落ち着いてきてから』って。
ちぇっ。

オレは、『どかた焼け』といわれる、半袖Tシャツのあとがくっきりの日焼けも
ものすごく好きだ。
あれもださいとされとるようやが、オレはセクシーと感じる。

夫・Welderの頭皮が田んぼの旱魃のような状態になったことも最高なアートやった。
刹那的なアートを楽しむべく皮はぎに没頭した。
皮をぺりぺりはぐ行為にぞくぞく興奮した。
P1220827.jpg

はいだ皮は、財布に入れておる。
きっと大金持ちになるに違いない。


『日焼け』は、最強な芸術なのだ!

P1220970.jpg

ほら。オレもこんなにくっきりと焼けとるぞ。
色っぽかろう?!



日系人タレントのサブリナ・サトウちゃんも、こんなんぜ。(これは8年ほど前の写真だが)
Sem título


9月の声が聴こえると日本では、
いちはやく秋の気配をまとったほうが粋、っちゅう大衆文化的風潮が漂いはじめる。

汗ひとつかかずブーツをさっそうと履いて歩く
日焼けなどみじんもない陶器のように白い肌の女性が
最高に美しいとされる。

その女たちの、かっこいいことかっこいいこと!
くそー、くやしいなあ。にくたらしいなあ。
オレみたいにテラテラと黒光りしとる女はゴキブリのようでダサいのだ。
日本の秋はオレにとって高レベルだなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ


AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

近しい人の死について  


目の前で息子を強盗に銃殺された日系ブラジル人一家がサンパウロにいる。
殺された息子さんの父と母と兄、という3人家族なのだが、
この家族からは、ほかの家族からは決して感じられない何かが感じられる。

暖かくやさしい人たちで、しかし決して消えない深い悲しみを内面に抱えていることが解る。
その悲しみの芯は、とても冷たくてしんしんと冷えている。
特に母親は、時々とてつもなく暗い目をする。
まっくろな闇のような目。

この家族の絆はものすごく強い。

わが子を目前で殺される、という恐るべきできごと。
想像するだけで心がガチガチの氷みたいになる。
この悲しみは、癒されることはなく、
時間の経過ですら、この重しを取り除くことは生涯できないのだと思う。



先日、中学校の同級生が我が子を亡くした。
交通事故。
かけつけて肩を抱いて、悲しみに添うこともできん遠い場所に暮らすオレ。
友の悲しみを想うだけで苦しくなる。
当人の苦しみは測り知れない。



子をなくした親の苦しみ、ということで思うのは
平安時代の女流歌人・和泉式部(いずみ しきぶ)の事。

式部には子式部(こしきぶ)という娘がいた。
この子式部は流石に式部の娘だけあって、幼いながらも歌の才能を発揮し、
式部はそれこそ目に入れても痛くないほど可愛がっておったが、
その子式部は式部が関西に出張している間に病であっけなく死んでしまった。

幼い娘が亡くなった、と聞き、動転して式部はこう詠んだ。


子は死にて 
 たどり行くらん死出の旅
  道知れぬとて帰りこよかし
 

オレ解釈。

 どうか、あの世に行く途中の道で迷子になって、帰ってきておくれ。

昔のことであって、出張から帰るのも時間がかかる。
帰って娘の墓に辿りついた時には墓にうっすらと苔まで生えていた。

その娘の墓石を抱えて、こう詠んだ。

 もろともに
  苔の下にはくちずして
   一人憂き眼を見るぞかなしき
 

オレ解釈。

  娘は死んでしまいわたしは生きていている。
 苦しくてたまらない。いっそ娘とともに苔の下に朽ちてしまっとけばましだった。


和泉式部はどうしようもない苦しみを抱え、
当代の高僧・性空上人(しょうくうしょうにん)のところに転がり込み胸の内の苦しみを吐露した。

性空上人はお仏像を与えてくださってこう言われた。
このお仏像をご本尊としてお念仏せよ。自分がお念仏できると思った時間の二倍せよ。
その二倍というのは一つは貴方の為、もう一つは娘の為だ。
死ぬ気で努めよ。




お念仏の修行を努めた後、それまでとは生まれ変わった心となって式部はこう詠んだ。





  夢の世に
   あだにはかなき身を知れと
    教えて帰る子は知識なり



オレ解釈。

 娘は身をもってわたしに教えてくれた。
「お母さん、この生は必ずいつか終わるのよ。
 この体は、必ず死ぬのよ
  それまでに本当に大事なものを見つけてね。』
 そう教えてくれた娘はブッダであった。



和泉式部は絶望に直面し、仏道に入った。
そして
苦しみの末、
娘は自分を仏縁に目覚めさせてくれたのだ、と合掌するに至った。



生涯おろすことのできない重い石を持たされてしまったとき
いったいどうしたらいいんやろうか。

どうせずっと抱えていかねばならぬ石ならば、
家族のきずな深め、力強くこの生を生きる力の詰まった宝石にできはしまいか。

さきに述べたサンパウロの家族たちは、この宝石を抱えている。
とても重い石であるが、とてつもなく美しい宝石だ。
平安時代の女流歌人・和泉式部も娘を亡くした悲しみが消えることはないが、
その死に意味を見いだし、重しを信仰という宝石と変えた。



さて。
はげしい二日酔いでベッドのなかにて午前中を台無しにしとる母のもとに
娘がやったきた。
慈しみに満ちた顔で
二日酔いの母を見下ろしておるではいないか! わっはっは。
P1220967.jpg

大量に買ってきた安魚の処理をしてくれたんて!
うろこもぜいごもあるわずらわしい魚やったのに、よくがんばったぞ、娘。
P1220969.jpg


娘が家事を引き受けたので、
午後からのオレはゆっくりとじっくりと
同級生の友のことを思いながら過ごすことができた。



亡くなったひとのことを思い、
南無阿弥陀仏とお祈りをすると、
祈る人も祈られる人もブッダの光明に包まれる。

ブッダの光明に包まれた死者は、闇にまよわず、より良き場所へと導かれる。

いつの日か、オレの友人がこの深い悲しみを、宝石に変えられるように祈る。

南無阿弥陀仏。合掌


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

執着なきところに幸あり  


NATALに旅行に行って本当によかった。
この土地を好きになり、この土地に移住しようと思えた。
この土地に暮らしておる、ふたりの友人とも、精魂が合うと感じ
真の友だちになれた。

このふたり、対極の暮らし方であり考え方もちがうのだが仲が良い。
共通点は「がつがつしてない・ぎらぎらしてない」ところ。
ふたりは、オレが見上げたら首が痛くなるぐらい経済レベルの高い暮らしをしているけれど、
必死にそれにすがりついてなく、ゆったりと身をまかせていた。
そのような精神的に豊かな在りようと執着のなさを
ちんぴらなオレは彼女たちから学んだ。


NATALのさまざまな場所で海風に吹かれて干しあがったからすみは
格別に極上な味に仕上がったぞ。
belleんちで試食。
P1220715.jpg

P1220717.jpg

                 こら、えみんは(←まじめリンクあり)、行儀よく切ったやつを食え。
P1220725.jpg


さて。そんなにも気に入ったNATALであるが、
移住にむかっての最初の一歩として


『ぜったいにNATALで暮らすぞ』
 という執着を捨てたばい♪



都会にあるヤシの木と
海辺にあるヤシの木
どっちがしあわせかは誰にもわからない。ヤシの木自身にもわからんかもしれん。
のらねこクロちゃんだって、
海辺に暮らすと魚がいっぱいおっていいにゃ~、とか
飼い猫は狩りをせんでもエサがもらえていいにゃ~、とか
思いつきもしないはず。

オレら人間はありがたいことに、動くことのできるヤシの木のようなもの。
海辺NATALに行き、ここに根付きたい、と感じたオレら家族。
目標ができたので、貯蓄をしなければならないが、
経済的にイバラの道になったり、こころがかさかさの暮らしになることは避けたい。


どうせなら、イバラの道やサボテンの道を楽しみながら
目的に到着したい。
P1220410.jpg

P1220407.jpg

P1220406.jpg

執着を捨てれば、
いばらの道も、愉快な楽しい道に感じられるだろう。
サンパウロのゲットー道を歩んでこそ到着できる場所がある。
いまの暮らしもオレら家族にとって、愛おしく大切なものなのだ。



いつかNatalに移住しよう。
3人で。
笑顔のまんまで。

何年かかるかわからん長い道のりになろうばってん、一歩は踏み出した。

P1220242.jpg

P1220531_20120822032820.jpg

NATAL旅行記・完っ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

ジェニパブ砂丘  


ようやく快晴だぞ! ばんざ~~い!
P1220247.jpg

P1220258_20120818215544.jpg

P1220240.jpg

オレの顔がジャマ? では、



P1220246.jpg
なんて美しいんだ! やっほ~~♪


さあ、砂丘をのぼるばい♪
P1220281.jpg

P1220297.jpg

5分とたたぬうちにバテて水分補給したがるのはラクダ・eminha(←記事リンクあり)
P1220341.jpg


さあ、どんどん歩いて、砂丘の湖を探しに行くのだ。
P1220354.jpg

あれっ、eminha、人を乗せてどこへ行く? そっちは反対方向ぜ。
P1220325.jpg


P1220361.jpg


とおくに小さくみえるビル群たちのあるところが、
belle(←記事リンクあり)の暮らすNATAL市内。
P1220359.jpg

広いなぁ、素晴らしいなあ。
P1220355.jpg


のぼって、くだって
P1220373.jpg

のぼって、また下りて
1時間以上砂丘を歩く。



ようやく見つけた! 湖だーーー!!!
P1220375.jpg

絶景に絶句。
神聖なたたずまいに息をのむ。
P1220386.jpg


帰路は、近道をして帰ろうや~♪
P1220388.jpg

P1220400.jpg

P1220403.jpg

ま、迷子になる。

はるか遠くを歩いておる地元の人が『ワニが出るぞー』と警告の雄たけびをあげておる。
ワニ! おっかないなあ。

P1220400.jpg


くそー。急がば回れ、というではないか。
近道などしようとした愚かな、オレ、じゃなくて、eminhaめーーーー。
ビールおごれよ。

ようやく出発地点に到着。

P1220466.jpg

eminhaも疲れ果てて横になってしもうたばい。よし。いまのうちに、こそ~っと置いて帰ろう。



のんびりと砂丘を下りておったら









  どどどどどどどどーーーーーーっっ









P1220518.jpg

もうれつな勢いで追いかけてきたーーーーーーーっ!  逃げろーーーっ!!!


だめだ凹 しまらん凹

NATAL旅行記、eminhaが登場する限り〆められんやないかーーっ。
次は必ず、しばきあげて吊るし上げてでも〆るけん、
あと1回だけNATAL読んでくださる?

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

馬フンむらさきウニ  


NATALの北部・ジェニパブビーチは
潮が引くとちょいとした岩場があらわれる。
P1220258.jpg

P1220150.jpg


その岩にほげとる穴のなかにウニがおるのだ!
P1220103.jpg

P1220127.jpg

P1220136.jpg

素晴らしい!!! Welderは何でもできてかっこいいなあ 惚

手のひらのうえでもごもご動くけん、くすぐったい。
P1220132.jpg

P1220164 (2)


えみんは、お前にはやらん。どけ。
P1220119.jpg

P1220117.jpg

P1220146.jpg

P1220145.jpg

ばりばり美味いっ!


このウニ、eminhaは『むらさきウニ』と言うておったが
オレは『馬糞ウニ』ではないかとにらんでおる。
むらさきウニは、なんちゅうか、もうちょっとトゲの長い箇所がいっぱいあって
トゲも細いんじゃなかったかいな。
味もばつぐんで、下級のむらさきウニとは思えん。
オレには上質の馬ふんウニの味に感じられた。

P1220154.jpg

P1220177.jpg

ウニだけの丼だ~い。わ~いわ~いわ~い!
P1220206.jpg

P1220220.jpg


オレらがウニと戯れておるあいだにeminhaの飼い犬・SAKURAには

からすみの番を頼んどったのに
P1220201.jpg


番をなまけておるではないか!
P1220200.jpg



からすみのにおいをいやがって離れていくのだ。
海のそばにおるくせに、海のもんがすかんのか。
ウニをやっても食べんやったけどウニくさいオレの唇はなめよったぞ。
やっぱりへんな犬だ。

ガキの夏休み絵日記ふうにだらだら書いとるNATAL旅行記、
次回で最終章としよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

魚市場調査  


NATALにも魚市場が存在した。
灯台もと暗し、で、なんとbelleんちから5分の場所にあったのだ!

P1220602.jpg


クーラーのなかの氷をひっかきまわし、魚をつぎつぎ引っ張りだす。
P1220558.jpg

身がぶりんとしとって感激した。
P1220562.jpg

P1220588.jpg

P1220583.jpg

えらをめくって鮮度を確かめる。どいつもなかなか上等だ。
P1220568.jpg

P1220567.jpg

市場の目の前は、船着場。
ちっこい漁船がたくさんおった。
P1220601.jpg

P1220600.jpg


この日、市場にオレたちが行った時間は夕方やったので閉店間近やったんよ。
そやけど、朝はやく来れば、ここから上がった近海の魚たちが並んどることやろう。
P1220598.jpg


暑い海辺の街にも、年中お魚がおることが解り、とてもうれしかった。

オレは将来、
この地に移り住み、ちいさい飲食店の経営をなりわいとしながら仏教の布教をすることを夢見ている。
飲食店で提供する品書きはインド・タイ料理なので、魚は必要ないし、
生活するうえで、魚がなくても生きていける。
しかしオレにとって魚なしの人生は、いささか生気に欠ける気がするのだ。

なので、きれいで美味そうな魚たちに会えて、
白黒の世界から色彩あざやかな世界にやってきたようにすら感じてウキウキしたったい!
P1220594.jpg

ますますNATALが好きになった現金なオレ。


この日は、まぐろと伊勢えびを買って、belleんち宴をした。
市場のにいちゃんが上手に3枚におろしてくれた。
P1220577.jpg

P1220637_20120818224526.jpg

マグロは、ちぃと鮮度に問題があったので、刺身にせずカルパッチョにした。極上の美味!
P1220651_20120818225050.jpg

串刺しにしてあぶった伊勢えびも身の密度も旨みも抜群で、ほっぺたが落ちる。
P1220658.jpg


NATALの郷土料理・みどりの豆煮込みは
塩と大量のパクチーで味付けただけのシンプルさ。いたく気に入ったぞ。
P1220647_20120818225050.jpg


eminhaがシェイカーを振ったカクテルも美味かった。
後ろで応援しとるのはチアガール・belle。

しかしこのコンビネーションは1度きりで解散となった。
1杯しか作らないバーテンと、1回しか応援しないチアガール。ろくでなしコンビである。
P1220641_20120818225051.jpg


 そうしてそうして、最後に酒をこしらえたり台所に立つのは、夫・Welder。

どうもNATALくんだりまで来とるのに、オチはこれ、なのである。

P1220681.jpg

やさしい妻のオレは、台所で働く夫に差し入れを持っていった。
決してエビをみせびらかしたうえ、酒の催促に行ったわけではない。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

オレしょんぼり  


豪雨の音を聴きながら目覚めた朝。
天気がわるいぞう。

eminha(←リンクあり)が迎えにくるんを、お盆やけん盆踊りをしながら待つ。
P1210837.jpg


夫と娘は、雨のなかプールで遊びよら。
P1210881.jpg


本日は、えみんはが北部のいろんなビーチを案内してくれるのだ。いえ~い♪ 


マングローブのおいしげる湿原もある北部は
オレの愛する八重山の島に似た風景が広がっている。
P1210891.jpg

P1210892.jpg

P1210914.jpg

P1210922.jpg

P1210913.jpg

P1210906.jpg

P1210903.jpg

P1210942.jpg

P1210940.jpg

P1210935.jpg

P1210933.jpg

P1220010.jpg

P1210947.jpg

P1210969.jpg

P1210980.jpg

しかし行けども行けどもどこもここも閉まっておって
道はべちゃべちゃやし、eminhaが怒るのである。
P1210962.jpg


「きさんこの~!
 おまえが来たけん、嵐になったった~い!
 このマクンバ(ブラジルの呪術教)女め! ゴラムめ!」


   しゅん凹 eminhaさんって下品だわ。こわいよう、しょんぼり凹凹




オレが悲しくてしょんぼりすると、空がなぜか晴れ始めて、
お店も開いたのだ。
P1210925.jpg

P1210987.jpg

P1210988.jpg

P1210995.jpg

P1210997.jpg

P1220006.jpg

P1220007.jpg


しかし、カイピリーニャと海老で元気いっぱいになったら
ふたたび、外は豪雨となるのだ凹


なので、車を渡し船にのっけて、すごすごと引き上げた。
P1220029.jpg

えみんはに突き落とされんごと、必死に車にしがみつくオレ
P1220041.jpg


別荘の近くで
P1220059.jpg


鶏をひっとらえて、ジャークチキンをこしらえたらeminhaの機嫌も直った、、、
P1220077.jpg

 と思いきや、眉間にしわよせとら。こわいよう。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

郡部へ  


P1210628.jpg

朝。からすみをもってbelleんちを出発。
belleが暮らす洗練された市内中心地のマンションから
enimhaの暮らす北のほうの郡部まで移動する。
P1210638.jpg


海沿いを通り、大きな橋を渡る。
P1210641.jpg

P1210642.jpg


だんだんと、どんどんと、田舎の景色に変わっていくぞー。
P1210649.jpg

P1210651.jpg


えみんはの家は、ジェニパブ(genipabu)ビーチまで徒歩100歩ぐらいの素晴らしい場所にあった!
P1210676.jpg

よう、SAKURA。オレがゆきゑちゃんだぞ。ぶちゅう。
つばをちゅるちゅる舐めあった。へんな犬だ。
P1210656.jpg

P1210664.jpg

住み心地のよさそうないい家やなあ。と、オレが敷地内・室内をうろうろしとるあいだに
Welderは・・・











P1210652.jpg

さっそく、こきつかわれておった!
NATALくんだりまできて、『ジャークチキン作れ』 だと!
鬼のような連中やなあ。

Welderががんばりよるあいだに、オレは庭を探索。
P1210675.jpg

P1210671.jpg

この赤い花は、グラゼーリャ(groselha)と言って、塩漬けにしたら梅干しそっくりの味になるのだ!
えみんはが漬けたのんを食べてみると、なるほど本当に梅干しやんか。
これさえあればオレもう梅干し作らんでいいやんね★
サンパウロ近郊に暮らすキキちゃん(←リンクあり)がeminhaに種を送ってくれたんて。
これ欲しい、と熱望!
よしっ、ひっこぬいて持って帰ろう。

青じそもシワシワやったけど、なんとか育っておった。
常夏の潮風に吹かれる環境なのに、いっしょけんめい生きておる紫蘇子ちゃんたちは健気やなあ。
P1210674.jpg


ジャークチキンの仕込みが終わったら
えみんはが管理しとる別荘に移動。

eminhaは、夫婦でへんてこな商売をしとる。
ひとことでいえば不動産屋なのだが
詳細は本人のこのブログあたりを見るとわかるかなぁ。わからんかなぁ。リンクは→ ココ ← クリック♪

ここに宿泊したいかたはご連絡を。料金はちからいっぱい勉強させていただきます!
P1210684.jpg

P1210683.jpg


この別荘、たいそう美しくて、目がまわるぐらい素敵で、腰がぬけたオレ
P1210681.jpg

ばた~り。

P1210680.jpg

この釜でジャークチキンを焼くわけだな。
P1210678.jpg

ギョーザをこしらえる子どもたちを横目に
P1210699.jpg

オレらレイディは、えみんは手製のキムチを食べながら飲みしゃべる。
P1210695_20120818040528.jpg


からすみといっしょに昼寝したり
P1210692.jpg

P1210691_20120818040529.jpg
P1210715.jpg

プールで遊びよるあいだに
P1210728.jpg


Welderが明太子スパゲティをこしらえてP1210703.jpg

eminhaがヴーヴクリコのヴィンテージをどっかから盗んできて
P1210710_20120818234341.jpg

お昼ごはんとなったのである。

であるが、ひるごはんとよるごはんとおやつの切れ目のない1日やったなあ。
P1210765.jpg

えんえんと飲み食べしゃべりつづけよったったい。
P1210799.jpg


極上ジャークチキン。
P1210779.jpg

P1210777.jpg

P1210782.jpg

P1210783.jpg

P1210784.jpg

P1210772.jpg

P1210801.jpg

ジャークチキン製作者へのリスペクトなどかけらもなく
寝たら電流でたたき起こされる気の毒なWelderなのであった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ


AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

カシューの果実  


酒の友であり、お菓子の友であるカシューナッツ。
castanha-de-caju[1]

こいつの形状はこんなんなんであるぞ。
caju3bf5[1]

かわいいなあ。


NATALには、カシューナッツの樹のでかいのんがあって有名なのだそうだ。
2157381507_759c24298e[1]



さて。NATALに到着してすぐに友人・belleが連れてってくれたんは
ポンタネグラ(PontaNegra)、っちゅうビーチ。
P1210512.jpg

P1210560.jpg

西日に照らされてきらきら輝く海面と砂山は美しい。
P1210516.jpg



やってきたくだもの売りの人から
サンパウロで見かけない果実を2種類買った。

P1210514_20120818033432.jpg

P1210525.jpg

これがカシューナッツの下のCAJU。
P1210532[1]

甘いで渋いで酸味もたくさん!!
P1210540.jpg

好みの味であった。

糖度の濃厚さと、果実の皮の灰汁かなぁ、
粘着度も高くて自己主張の強い果物である。

サンパウロでもバールにいけば、カジュ(CAJU)のジュースは一般的だが
どれもペーストを冷凍してあって、なおかつ砂糖入りやもんね。
フレッシュを体験できてうれしかった。

P1210551.jpg

果実をかじったあとのヘタ部分のカシューナッツは
P1210555.jpg

地元民のbelleの指示に従い、砂に埋めたぞ。



P1210616.jpg

もうひとつの果実は、『カジャ(CAJA)』という。
大きさも香りもキンカンを思い浮かべた。
姿が似れば味も似るのか、ちょいとキンカンに似た風味もあった。
酸味が強くて、すっぱいもん好きのオレにはたまらん味。

カクテルにして最高。
友人・belleも、カジャのカイピリーニャがいちばん好き♪ と言い
深夜まで宴はつづいたのだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

海しっこ砂浜しっこ  


本日のブログの内容はフィクションである(っちゅうことにしとこう)


海に行って飲む酒はかくべつに美味い。
P1210455.jpg

P1210557.jpg


P1210490_20120817231345.jpg

美味いのでどんどんごくごく進む。

        (※ 写真がちいさいのは写っている貴婦人がビキニ姿を載せると怒るからである)


生理現象の要求をかなえるために海に入って戻ってきた淑女・2名
P1210605.jpg

  寒さをこらえてまで夜の海に入っていった理由は何だろうか、ワトスンくん。




もうひとりのあばずれレイディも
P1210761.jpg


やはり酒をどんどん飲んで

やんごとなき事情にて、砂浜に走る。




Jahhhhhhhh
P1210811_20120817224330.jpg



お酒は飲みすぎると
P1220739.jpg

P1220742.jpg

P1220745.jpg


翌日おなかがゆるくなるのである。


だから、

P1210966_20120817225442.jpg

こんなこともするのである。



NATALでは、このふたりとずいぶんたくさん酒を飲み、
たくさんのことを語った。
P1210712.jpg



えみんはのウンチのように太いきずなが、彼女たちとのあいだに生まれた。

海でおしっこをするあんたのことも
大量の小便と糞をお外にたれるあんたのことも
大切な友だちだと思っとるけんね。
心配するな、これからも仲良くしちゃるけん。みずからを恥じるなよ。ほこりを持て。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

お盆休みおしまい  


5日間の休日がおわり、元気いっぱいに出勤しておる。
ブラジル東北部の常夏の町・NATALに遊びに行ったことにより
身心ともに栄養満点で充足されとる。

おなかいっぱいにさまざまな景色や思いがぎゅうぎゅう!
消化できた順に、ぼちぼちブログにも書~こおっと♪

P1210501_20120816214145.jpg


P1210476.jpg

サンパウロのうちがたで漬けて、乾く前に土産としてたずさえたカラスミは
NATALに到着してすぐ空港から直行で海水浴に持っていった。
海風に干したのである。

砂浜をあるく物乞いの親子に
『これは何?』と注目をあびるほどめだっておったカラスミ♪
『魚のたまごよ、欲しい?』っちゅうたら、オエーーーーッ、っちゅう感じで去ってったばい。
栄養価も味も満点なのになあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 初めてのNATAL旅行

thread: ブラジル - janre: 海外情報

近所のグラフィティ  


Uの友だちのモニカ宅の隣に
近所の青年たちが描いたぞ。
P1210089.jpg


とってもきれい。
きたないらくがきだらけの壁が見違えたなあ。
P1210160.jpg



と、通るたびに楽しかったのもほんの数日・・・









P1210413.jpg

あーーあ凹 塗られとら。
グラフィティのチームの派閥があるらしいんよね。

やけん、っちゅうてライバルチームの絵を汚すという姑息な方法をとりやがって。


そういえば、クラブのダンスイベントのフライヤーも
貼りにきたら、必ずその周囲のほかのイベントのフライヤーをびりびりに破いていく。
flying-link[1]

soulshake0818[1]

good-t-0901[1]



このフライヤーたちは九州に暮らしてる友人・SANA(←リンクあり)の作品だが
こんなかっこいいフライヤーを
びりびり破くことなんかとてもできんよなあ。

イベントによって行く客層も違うやろうけん
そげん敵対せんでもよかろうに。

グラフィティだって、いろんなのんがあるなかで
比較してもろて、『この作品が好きだ!』って強く思われたほうがうれしいではないか。
オンリーワンよりナンバーワンをめざせ。
否、アートは競争ではないけん、
誰かにとっての唯一無二をめざせ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

SANTISTA  


オリンピックサッカーが終わった。さみしいなあ。
今後はオレの好きなネイマールが所属するチーム・SANTOSを応援しよう。
neymar-sorri-apos-balancar-as-redes-durante-o-jogo-do-santos-contra-o-guaratingueta-1333070262253_1920x1080[1]


サントスのユニフォームを模したビキニで応援したいと思うのだが
サントスのホームのユニフォームは白。
それやったらいっつもオレ着とるやんね。応援しとる感が高まらん。

アフェイのユニフォームは汚い水色になった凹
13409951[1]

この色はすかんけん却下。


でも、しましま模様はどうもなあ、、、 santos1[1]



なんちゅうか、シマウマを思い浮かべはしないか?!
zebra-herd[1]




もしくは、横断歩道を思い浮かべはしないか!?
Abby_Road[1]


あるいは、囚人が思い浮かばんね!?
normal_o_brother_where_art_thou_006[1]


 オレは思い浮かぶので、白黒ストライプは敬遠しておる。


こんなにスタイル抜群やったらストライプ着ても
シマウマにも横断歩道にも囚人にも見えないのだけどなあ。。。
santos2_f_001[1]



やはりストライプはあきらめて、シロにしようかな。
Sereias_do_Peixe[1]

いつもと変わらん白ビキニで、いつもと変わらずだらだらと応援しよっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

公衆便所  


公衆便所は世界中にあふれている。
banheiro_cinema1[1]

Banheiro_publico[1]

banheiro_publico_br[1]

fotos_404_Banheiros20Engracados20-20Imagem201[1]

ブラジルの簡易トイレには糞尿があふれていることもある。

世界の公衆便所・汚さランキングでは上位に入るであろうブラジルのトイレ。


公衆トイレに入ってまずティッシュペーパーがあるかどうか確かめるのは必須である。
あればラッキー♪

次は、便座がついているかどうかを確かめよう。
付いてればラッキー。付いてなかったら尻を浮かせて排尿もしくは排便せなならん。

便座がついていても、すぐにすとんと腰掛けてはいけない。
なぜならば、べちゃべちゃにぬれてることが多々あるからだ。

便器のよこのゴミ箱を凝視してはいけない。
ブラジルはトイレットペーパーを便器のなかに流せないから
このゴミ箱のなかには、股や尻をふいたティッシュが捨てられておる。
拭いた面を隠さずにそのまま放り込まれてることが多々あるので
決して顔を近づけてじーーーっと見てはならない。



さて。ここはクラブの男子トイレ

 ドアはなくカーテンがぶらさがっているだけ。

P1160023.jpg


カーテンをめくってみると、



P1160121[1]

ステンレスの横長の流しがどーん とあるだけ。

ちょうど学校の手洗い場のような感じ。
まちがってオシッコで手を洗わないように気をつけねばならぬ。

うんちをしたくなったらどうすればいいんやか・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

サンパウロからの土産  


サンパウロはブラジル一の商業都市。
そしてブラジルで最大規模の東洋人街のある都市。

NATALというブラジルの上~のほうに旅行にいくことになった。
そこには日本人の友人が暮らしている。
土産に日本食材を、と思い、連日東洋人街・リベルダーヂをうろうろしとるが
税関の関係上なのか、どこの店も日本食材が乏しい凹
高い菓子などはあるけど、なんだか魅力を感じない。

ならばもう、オレ手作りのいつもの食品たちを持っていくしかなかろう。

まずは、明太子(←作り方あり)
友人・belleは、ぬかどこを2週間で腐らせた前科がある。
混ぜるんがめんどくさいんやろう。
なので明太子もわざわざ皮をはいでから持ってっちゃろう。
料理がめんどくさいわ、などと言うのなら明太子スパゲティを作っちゃろう。
P1210404.jpg

あれっ? 娘・Uよ。ラベルが反対ではないか凹
コンドームの仕返しに、eminhaには皮付きをやるのだぞ。
P1210402.jpg


そして、去年の春、手塩にかけてこしらえて、
底をつきそうになっとる梅干(←つくりかたリンクあり)をかき集めて持っていこう。
blog_import_4f4b7cc48ec7a[1]

P1210416.jpg




さらに、高級珍味・からすみ(←つくりかたリンクあり)!
いつも行く市場には勤務時間の都合上いくことができんやった。
なので、中央市場に買いに行ったのだが・・・・

ボラの卵を欲しがる東洋人がよほど多いのだろう。
値段がべらぼうに高い!
オレがいつも行く魚屋の10倍ぜ~!!!! くそ~あしもと見やがって~~。
しかし、今回だけは、えいっ、と購入したぞ。

しかもこんなに太いぞーーーー。オレの腕ぐらいある。
P1210381.jpg


血管もぶっといのんが走っとるけん
針でぷちぷち刺して血抜きした。
P1210387.jpg

P1210390.jpg


塩をまぶして冷蔵庫で一晩。
P1210394.jpg

ピンガで洗って、ピンガに漬けて塩抜き一晩。。。。。

 そして干す! 

あんれまっっっ。干すひま、ないやんけーーーー!

仕方ない。NATALで干そう♪ そしてオレが食べよう。

サンパウロの光化学スモッグだらけの外気で干すよりも
NATALの海風と太陽の下に干すほうが、美味いに決まっとる。

 日本酒を用意して待っておれよNATALの者ども。


★ お土産・断念編

旅先の友・eminhaが桜の木を植えたいとずーと言うとるのだ。
飼い犬にSAKURAっちゅう名前つけるぐらい好きなんて。

通勤路にある墓地に立派な桜がある。
しかもこの桜は、『カンヒ桜』っちゅうて沖縄の桜なんよ。
やけん気候の暑いナタウでも育つかもしれんやん。
P1190710_20120724084417[1]



ともだち思いのやさしいオレさまは
この桜の木を折ろうと極悪非道の計画をしとったけど
オレが通る時間は墓地の門が閉まっとるけん断念したばい凹
P1210379.jpg

走れメロスも、深夜の墓地にしのびこみはせんやろう。
P1210395.jpg さ。支度しよ。


みなさま、よいお盆休みを。
お墓参りに行って、木の枝を折ってはいけませんよ。
日本以外にお住まいのかたは良い普通の週末を。

ブログは留守中、タイマー仕掛けて投稿するけん
時間あるかたは、読みきてね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

ピメンタ  


きのうのなでしこ戦は、辛かった。
つらかった、と読まずに からかった、と読んでくれ。
勝てるゲームやっただけに負けたけん辛かった。

主審がアメリカチームの反則・ハンドを見逃した、とか騒いどるが、
佐々木監督のコメント
「主審が何を見ていたかは分かりませんが、私は主審の判定を尊重します」に
さっぱりしたさわやかさを感じた。かっこいい。
ブラジル女子の監督は日本に負けたくせに
なでしこの悪口ばっかり言いよって、ちっとも素敵じゃなかったもんね。



さて。オレは唐辛子が大好きだ。
ブラジルには数種類の唐辛子(ピメンタ)がある。

P1190237.jpg

大きいのや小さいのや
P1190238.jpg

P1190230.jpg

へんてこな形のや
P1190232.jpg

P1190233.jpg

香りがいいのや
P1190235.jpg

ちっとも辛くないのんや
P1190236.jpg


どの唐辛子もそれぞれ風味があって美味いのだが
オレがいちばん気に入ってるのは、ものすご辛いコレ ↓
P1190234.jpg

ヘタをとってよく洗って乾かすと保存もきく。
P1190642.jpg

これをオリーブオイルに漬けといて、
辛味のたりない料理にオイルを一滴たらすと、ばりばり美味くなる。



20090218 152

こんなふうにさまざまな種類の唐辛子オイルも売られていて、とってもきれい。
オレも次回は全種類漬け込んでみよう。
風味がでて美味いやろうな。

本日は日本vs韓国の3位争い。
風味豊かなゲームが観たいなあ。わくわくどきどき。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

母の指紋を守れ  


オレの会社は、指紋認証でドアが開くシステムになっている。

P1180202.jpg



大量のイワシを買ったのだが
ブラジルのイワシ、なかなか骨がじょうぶなので
たくさん手開きすると手は傷だらけになり、指紋がなくなるもんね~凹

「指紋がなくなったら会社に入れんごとなるね~。
 会社に入れんやったら仕事ができんね~。
 困ったなあ~~」
とぐずぐず言うてみると


娘がイワシの手開きを引き受けてくれた!

しかもとっても上手である★

P1170940.jpg

P1170943.jpg


半分くらいは、いわし団子にすることに。
豆乳クリームと生姜汁と玉ねぎでまろやかな団子を作るのだ。
P1180890.jpg


このあと、いわし団子を母娘二人なかよく作った。











P1180899.jpg


 というのはウソで、娘と友だちのモニカが団子も作ったのだ。

指紋がなくならんやったけん会社に入れたべ。
今夜はつみれ鍋で祝杯をあげよう。
なんのお祝いかというと、なでしこがオリンピックに優勝したお祝い。
ああ、8月9日15時45分からだぞ。
日本時間だと夜中の3時45分! 
本日は長崎原爆の日の日。なでしこが勝つといいなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

お盆休み  


オレの仕事の取引先は日本企業がほとんどなので
日本のカレンダーどおりに休みがもらえることがある。
今週末から来週15日までの5日間は、お盆休みがもらえるのだ。わ~いわ~い♪

以前、オレの壮大な夢(←リンクあり)について書いた。

常夏の海辺に移住し
真の仏教の布教がやりたい
 という内容であるが
おまんまを食べていかにゃならんので、商売もしたいと思っている。

いま目標としとるのは
インドやタイの料理を提供するちいさなレストランと
ポウザーダ(小規模の民宿)経営。
宿泊施設をかねておれば、将来、お念仏道場をひらくときに役立つ。


どこの都市にするかも漠然と決めていて
NATALというブラジルの東北にあたる位置にある街である。

488609-17563-1280[1]
1308571182_15782737_11-Empreendimento-futurista-na-melhor-localizacao-de-Natal-Ponta-Negra-Natal-[1]
1308571218_15782032_19-Excelente-empreendimento-em-Ponta-Negra-Precos-de-lancamento-Natal-[1]
前の仕事をクビになってからのどん底をなんとか這い上がり
いま、うちら3人は、人並みに食べ、屋根のある暮らしをしておる。
しかしながら貯金はない。
はやくお金を貯めたいのだが
それより先にまず、
『3人がそろって、この土地に絶対住むぞ、という意志を固める』べきなのではないか、と
きゅうに思い立った。
そう。ほんの数日前に急に思い立ったのだ。

だぁっってさぁ~~~、

ただ漠然と、
将来ナタウに引っ越そうねえ、ってなもんやったら
のらりくらりしとるオレら家族のことやけん
いつま~でも移動できんかもしれんやん。

そんなふうなおぼろげな目標ではなく、
実際にその土地を見て、
その土地で手に入る食材を調査して
こんな料理を提供する店ならやれそうだ、などと具体的にイメージしたほうがいいやんか。
『ぜったいにここに住むぞ』っちゅう
ベクトルを定めたほうが
はやく夢に近づけるかもしれん。



さいわいNATALには日本人の友だちがふたりも暮らしとるのだ!

tv_002[1] ←belle と bph2eev6rpjwzkjsua4mroeld[1] ←eminha


なので、お盆休みにはNATALに行ってくる。
belleからのプレゼントの赤ビキニで海で遊び P1170588[1]
 
P1190284[1] eminhaのくれたスケスケTシャツでNATAL人を悩殺しちゃろう。

このふたりと知り合ったことに強い『縁』を感じとるし
NATALという土地にも縁があればいいな、と思っとる。
なによりも半年ぶりの海なのだ。わくわく。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

がんばれ日本のぴちこたち  


本日は重要だぞ、オリンピック男子サッカー。
13時(日本時間だと夜中の1時やね)から 日本vsメキシコ
15時45分(日本時間・夜中の3時45分!)からは、ブラジルvs韓国やんけ。

日本が勝ってブラジルが勝ったら
土曜日は日本vsブラジルという夢のような決勝戦になるやないか!!!


日本男子で、オレが『ぴちこ』と名づけとる選手は
宮市 亮。
188140hp2[1]

顔がぴち子に似ているので、みやぴち と呼んでかわいがっている。


しかし、元祖ぴち子である、ネイマールがやはりいちばんかわいい。
Neymar-Olympics[1]

5651007449_82e49f0f92_z[1]

  ぴち子の話をもっと知りたいひとは、クリック → ぴちこ① ぴちこ② ぴちこ③
neymar_chuteiras_div_60[1]


がんばれ~、日本のぴちことブラジルのぴちこ。
日本のあなたは、夜更かしがんばってね。
ブラジル在住できのう、なでしこ戦がテレビ見られなかったそこのあなた。
本日の日本戦もインターネットで観ることができるぞ。ココ←クリック

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

しらみ  


オリンピック期間中であるが
ちらほら差別発言の問題も発生しとるようだ。
男子サッカーで韓国に負けたスイスの選手が
「韓国人は精神的におかしい」とツイートしたり
ギリシャの女子選手がアフリカルーツをもつ移民を侮辱して
出場停止処分されとる。

ここブラジルでも、女子柔道57キロ級で負けた選手に対して
中傷のツイートが多数書き込まれて
そのなかに「黒人だから劣っている」という発言もあり問題になっておる。

ちなみにブラジルでは、アフリカ系のひとに「黒」と蔑称を言うと警察に捕まる。
ブラジルは混血ミックスの多民族国家。
人種のるつぼであるので
見た目だけで、ルーツに何がまざっているのかぜんぜんわからんことが多い。
金髪碧眼のどこからみてもヨーロッパの白人に見える近所の子のお父さんは
黒い肌でちぢれた髪をしとる。

先日、娘・Uの友だちとその母親から
ちょいと日本人に対する偏見と受け取られる言葉を言われた。

その子の頭にシラミがおったのを母親が発見。
母親はその子がUと仲がいいことから、Uから移ったのではないか、と想像した。
翌日その子がUの頭を見たら、たくさんのシラミの卵があった!
その子は帰宅して母親にそのことを報告。
『日本人はシラミがつきやすいから』と母親は言うたそうな。
『日本には今もシラミがたくさんおる』と思うてるそうな。

なので、丁重に伝えたばい。

いまUの頭をほじくってみたがシラミは1匹もおらんぞ。
仮にシラミがおったとしても、それを移されたからというて文句いわれることはないのではないか。
日本のあたまじらみはほぼ絶滅しておる。(その根拠は→ココ←クリック)
子どもの頭にときどきおるシラミは、陰毛に暮らす毛じらみというタイプのもので
それは風俗営業に行った父親が店のおねえちゃんから移され、それを愛する我が子の頭に移すのである。

日本からやってきて4年になるが、Uは4年間もシラミを飼っていたのだろうか。
ついでにゆうならオレの夫は聖職者なので金で女を買ったりしないのだ。
そんでオレはチン毛ないし、夫はスキンヘッドやもんね~。
・・・と、どんどん話はそれていきそうになったが

今から行くよ。
会って話したほうが誤解がなくていいやん♪

 と、提案したら、母子ともども「ごめんね」とあやまってくれた。


なんだかよくわからないけど、まあよかった。

いや、まあよくない、のである。
何がわるいか、っちゅうたら、Uがビッタレやけんわるいったい。
髪の毛を3日に1度くらいしか洗わんけん、フケがいっぱいあたまについとることがあるのだ。
それを友だちがみて「あ、しらみの卵だ」って思われたわけやんね。
すべての元凶はUにある! 
おまえが汚いのがいかんったい!
 ボカーーーン! (殴る音)

差別といえば、
日系ブラジル人で
「犬も猫も、黒いやつは体臭がくさい」と、のたもうたヤツがおったぞ。
P1210290.jpg

P1210291.jpg


魚よりも肉のほうが好きなクロちゃんだけど、ちっともくさくないぞ。
黒いけん太陽の光をいっぱい吸収するもんやけん、いつも日なたの草のようないい匂いがする。
よしみのカメラも黒いけんくさいかもしれんね。

さ。ロンドン五輪サッカーは、なでしこVSフランス!
にっぽんの忍者と芸者とサムライたちよ、なでしこを応援しようや。
フランス人って1ヵ月も2ヶ月も風呂に入らんけん、くさいんやったっけ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

六根清浄  


ふつか酔いだ。
ビキニのうえにブラジルユニフォーム着て、靴はいたまま寝たごとある。

オリンピックサッカーの日本男子の快勝に気をよくして
その後のブラジルも勝ったしネイマールのPKもかっこよかったもんなぁ、飲みすぎたったい。

P1210295.jpg

ベッドから這い出るのにも、
朝ごはんをつくるのにも、「どっこらしょ」言いよる。

しかしこの『どっこらしょ』、良い言葉なのだ。



『六根清浄』

  ろっこんしょうじょう、と読む。

六根とは、
眼・耳・鼻・舌・身の五官に
意( こころ ) を加えた6つの器官の働きのこと 


         身も心もキレイになろうという祈りをこめた言葉が
           「六根清浄」であり、

    それがなまって
            「どっこいしょ」「どっこらしょ」になったんて。



やけん
『どっこらしょ』っと言うて椅子から立ち上がったからといって
年寄りくさいなどと嘆かんでよい


よごれ・にごりのない心身をねがってのかけ声なんやけん素晴らしいものなんばい♪


さて、汚れ・濁りとは何だろう。
人によってさまざまやろう。

 この泥が あればこそ咲け 蓮の花
               田中木叉上人

P1210280.jpg



 泥のよな 二日酔いあればこそ 夜の美酒
               ゆきゑ


さあ、ゲエゲエいいながら弁当の仕込みと掃除と洗濯と明太子漬けるをがんばらなならん。
どっこらしょっ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ




AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

南米の魚を愛する  


魚が大好きなオレである。
生で食べようとしたり、いりこもどきをつくったり、からすみを作ったり
なかなかどうしてがんばって、魚を調理しておる。
blog_import_4f4b7b27259f3[1]

ブラジルで手に入る限られた種類の魚の鮮度を見極め、どう調理するかは
日々の課題でもある。
孤独な戦いを続けておったのだが、昨今ようやく救世主を発見した!

南米はアルゼンチンに暮らすつわもの・とんちゃん(←ブログへのリンクあり) という日本女性。

彼女はすごいぞ。
包丁捌きにも日々努力しており、探究熱心。
荒くれ料理をこしらえるオレなんか、とんちゃんのまえではひよっこである。

登場する魚も、お隣アルゼンチンであるからして、ブラジルで目にする魚と
同じ姿かたちなのである。
なのでたいへん参考になる。
魚だけでなく、肉や内臓なども、ブラジルに売ってるやつと変わらないので
とんちゃんの調理法はおおいに役立つのだ。やっほ~♪


先日は、とんちゃんのこの記事(←リンクあり。天然鯛をたいへん上手に調理しとる)を読んで
鯛の湯引きにチャレンジしたのだ。

P1210196.jpg
まず3枚におろして


P1210201.jpg
布巾をかけて熱湯をかける。


P1210208.jpg
氷水にとって身をしめる。
水気をぬぐって切る。


でっ、できあがり凹凹凹  

P1210214.jpg    がたがたぼろぼろやないか~~~~~凹


 ↓ これは、とんちゃんがこしらえた鯛のお刺身・2種である。なんと美味そうな♪
060_20120728042154[1]





ま、オレのガタガタも、遠めに見れば美味そうに見えなくもない。
この日は、湯豆腐と鯛の刺身という献立なのだ。 
P1210212.jpg

P1210217.jpg


だがしかし・・・あまりにも刺身がぼろっちいので、魚ということに気づかないのか、
猫もしら~っとしらけた顔をして手もださぬ。
夫・Welderがさばいた刺身には目の色を変えるくせに、のらねこの分際の畜生どもめ。

Welderは食卓に運ばれてきたこのガタガタ鯛を目にして、がっくりと肩を落とした。

『ゆきゑちゃん。おれに湯引きをさせてほしかった』と。

 そやね! オレもう魚担当は降りよ~っと♪ 


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

おばさん  


『おばさん』 と称される年齢になってきた。
しかし、みずからのことを、「おばちゃんはねぇ~」と言う一人称で名乗る気はない。

ガキを相手にしてでも、おばさん、などと呼ばれようものなら、
お前の叔母ではない、と、呼び名を変更させる。

命がけで「おねえちゃん」の称号を勝ち取ったこともあるのだ。
その話については→ココ←(リンクあり)をごらんあれ。

三十台や四十台の分際で、
みずからのことを「おばさん」と形容する女性が嫌いだ。
「もうすっかりおばさんになっちゃったわ」とかなんとか言う女性。
なぜきらいかというと、
裏をぷんぷん感じる からだ。

本当はこんなに若々しいやろアタシ。けどさあもう年齢は四十なんよね。
びっくりするやろ。とても四十には見えんやろ。

 ってな、着色料たっぷりな毒々しい意図。

いいとしをしとるくせに、精神が成熟してないと感じる。
自意識過剰がたっぷりたぷたぷしとって
いやらしいなぁ、と感じる。
そんなもんをたっぷりたぷたぷぶらさげとるぐらいなら
腹の肉を蓄えたほうがよっぽど豊かであろう。

五十台六十台七十台の人生の先輩を差し置いて
「もう、よれよれやもんねわたし。ばあさんなんよ」とか
「わたし、棺おけに片足をつっこんでんのよ」などという
無神経な女の脳みそは、
本当に棺おけに片足、死後硬直が始まっとるのではなかろうか。


さて。おばさん=ずうずうしい、というイメージは大きい。

典型的な行為としてあげられるのは

レジに割り込む ことではなかろうか。

ひとの迷惑を考えずに自分さえよければ、とずるい気持ちで割り込んで
なんてわるいやつなんだ、と思っていたが、
ある出来事を機に考え方を変えた。

ある出来事とは、

 オレの母親が列に並ばず、レジのまん前に突進したのを目撃したのだ!


びっくりした。

しかし母親の意図としては、割り込んだつもりは毛頭なく
ならんでいる人々の列が目にはいらなくて
がらあきのレジに直進したのだとか。

年をとる、ということは、
自分以外の人が目に入らなくなることでもあるんやなあ、と悲しくなった。
子ども返りする、ともいえるなあ。
思いやりに欠く、ともいえるね。


自意識過剰をぬけだすことが成熟の一歩だと思うが
自意識過剰とともに恥じらいまで捨ててしもうてはいかん。
誰も自分に注目してない=何やってもいいじゃん、となると
厚かましいおばさんになってしまう。

年齢うんぬんより個人差・各自の考え方によるのかもしれんね。


さあ。ロンドン五輪は女子サッカー日本vsブラジルだ。

前回の試合では日本はブラジルに勝ったけれど
そのときに出場していなかった強豪・マルタ選手が今回はでるぞ。

マルタがどんなに素晴らしいプレイヤーかは、この編集ビデオをみてほしい。


marta.1128210335[1]

marta-comemora-gol-da-selecao-brasileira-no-mundial-feminino-1309725845025_956x500[1]

ブラジルセレソンたちも陽気でかわいい女の子たちばかりやなあ。


前回の女子ワールドカップサッカーをみて感心したのは
なでしこジャパンメンバーたちの精神の成熟度。
プレッシャーに負けることなく、見事に勝ち抜いたと思う。
そのプレイには甘えや逃げの要素はまったくなかった。

今回のオリンピックもがんばっとるなでしこジャパン。
オリンピックは男子については年齢制限があるのだが
なぜか女子には年齢制限なしである。
なので33歳のベテラン・澤ちゃんも出場できておる。

オレは就労中なので試合が観れんのだ。
しょんぼり。
なでしこちゃんたちよ、がんばってくれ~。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 9

あかあかやぬくぬくや  


今朝の月は素晴らしかったぞ。
日本との時差はマイナス12時間のサンパウロ。
朝の7時に日本にむけて、月は沈んでいきおった。
いまごろ日本をこうこうと照らしておろう。
月についての歌を詠まれる偉人・聖人は多々いらっしゃるが
オレがぬきんでて好きな、月に関する詩を紹介する。


明恵上人(みょうえしょうにん)という僧侶が鎌倉時代に詠まれた詩だ。

P1210187.jpg









あかあかや
 あかあかあかやあかあかや
  あかあかあかやあかあかや月







わっはっはっは。
最高の詩ではないか!


川端康成がノーベル賞を取った時のスピーチにこの詩を紹介したことから
有名になったのだが
これほどまえに、月の光からの感動をすっきりまっすぐに表した歌をオレはしらん。

あかあか、とは、明るい明るい、っちゅうことである。


川端康成はこの歌について

「月を見る我が月になり
 我に見られる月が我になり
 自然に没入、自然と合一してゐます」

                    とおっしゃった。

これは、法然上人の詠んだ

  月影のいたらぬ里はなけれど 眺むる人の心にぞすむ

         と通ずるのではないか、とオレは解釈しとる。


この歌の意味は

月の光はどこに住んでいる人にも降り注いでおるが
「おお。お月さんが出とるぞ。きれいやぞ」
 と お空をあおぎ見らんことには
こころには届かない 
            っちゅうこと。



そして 月 を ブッダ と解釈すると

ブッダは宇宙のすべてに平等に存在する。
やけんが ブッダの存在に気づけば 
じぶんの内側に すむ
          ゆきゑ訳



すむ は 住む であり 澄む であり 済む である。

住む = 仏さまがこころのなかに宿ってくださる
澄む = こころが清らかになる
済む = 完成する


天台宗の僧侶であった明恵上人は、天台を出た法然上人と敵対しておった。
しかしどちらのこころにも月はすんでいたんやね。


P1210163.jpg

そしし日本から送られてきた太陽が
今オレのあんよを暖めてくれよる。冬の太陽ってありがたいなあ。
日本を照らしたあとの太陽がオレのこころにすむ。合掌。

ぬくぬくや
ぬくぬくぬくやぬくぬくや
ぬくぬくぬくやぬくぬくぬく日っ♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4