ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

O Rappa expressoライブ  


ライブリポートだぞ。
あやしいチケットを握りしめ、地下鉄とタクシーを乗り継ぎ、
サンパウロ東エリアのド田舎会場にやっと到着すると、そこは長蛇の列であった!
P1270804.jpg


列に沿って町中の露天商が集結した様相の店たちをひやかしつつ、飲みつつ並ぶ。
P1270800_20130126233641.jpg

男性と女性とでは入り口がちがう。
その理由は、男性客には男性スタッフ、女性には女性スタッフがボディチェックをやるからである。

P1270844.jpg



会場は、日本的感覚で言えば青果市場のような感じのだだっぴろい掘っ立て小屋的な場所やった。
P1270819.jpg

 どーーーんと広い敷地に、ドーム型のスレート屋根が張られている。
 雨風はしのげるし広々しとるし圧迫感のない開放的な居心地のいい空間やった。


開演時間をだいぶ過ぎておるが、ずーーっと前座の歌が続く。
(レゲエで言ういわゆるラバダブなんやがヘタクソでだらだら)
P1270826.jpg

 あまりにもヘタクソやけん飽きてくる。
 前座の歌い手の合間には、DJがプレイしておった。
 選曲がまあままあで(レゲエをがんがんかけとった)それは結構楽しかった。
 聞いたことのないブラジルレゲエの曲もかかる。お、カッコいい曲やん、とか思ってたら
 客が大合唱を始める。いい感じ。


オレたちは飲みながら食いながらしゃべりながら主役の演奏を待つ。
P1270815.jpg

P1270811.jpg


集客は2000~3000ちゅうとこかな。
P1270810.jpg


どうせオンタイムでは始まらんやろうと開演告知時間の1時間後くらいに会場に入ったんやが
敵はさらにてごわい。

ものすごーーく長い時間待つ・・・



1時間、2時間、3時間、、、、





開演時間は22時っちゅうのに
O Rappaがステージにあがったのは












 なんと、深夜2時すぎであった! 

P1270835.jpg


くそーーー、アホみたく待たせやがって~、と腹がたったが
演奏が抜群にかっこよかったけんそんな思いは吹き飛んだ♪
429166_397645560316510_2142916559_n[1]


どなたかが撮られた当日の動画をば 


で、演奏中に映された映像の中に、なんと
P1270837.jpg

 夫・Welderが敬愛するリー・スクラッチ・ペリーの映像、
映画「ROOTS ROCK REGGAE」のミキシングシーンがフルで流される。

O Rappaがこの70年代ジャマイカ最高の数々のマスターピースを生み出したレゲエ・プロデューサー/エンジニアにリスペクトをしとることがよう解った。

   最高の演出やん! (コアな話ですまんがハイライトの一つやった)

  

飛んだり跳ねたり踊ったり、まんなかへんで観てたんやけど
途中で酸欠状態となり、よれよれになって横っちょのほうへと脱出。
P1270843.jpg


よれよれのまま、ゆらゆら踊り続けて、
ライブ終了時間は4時過ぎであった。
夫に後ろから支えられながら立ったまま眠ること数回。
オレを支えながら夫も眠って共倒れになりそうになること数回。
foto_20130130202714.jpg

友人・マサは酸欠により妙なテンションになったのか終始元気やった。

よれよれのままマサの家になだれ込み、
それでもしっかり朝ごはんにはうどんを食べ、シャワーもせずに会社に出勤。
あやしいテンションで働いた。

素晴らしいライブを一晩中ちからいっぱい楽しんだ、という充足感があり、
体中いいヴァイブスに満たされた。



クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

アレルギーを治したい  

元祖・のらねこクロちゃんは、
たまに室内に入ってくることはあっても
ほとんどの時間をベランダで過ごしておったけん、
オレの動物アレルギーもたいして発症することなかったんよ。

しかし、ちびくろは、最初っから室内で寝せていたから
オレのアレルギーもはげしくなるばかり凹

これは、友人の息子が描いた絵

P1270658.jpg

P1270657.jpg

P1270756.jpg




 捕まえたいのに捕まえられない の絵 と、夫・Welderは解釈し
 よしよししたい の絵 と、娘・Uは解釈した。


 オレにとっては さわりたいのに触れない の絵に見える。
嗚呼、アレルギーを治したい!



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

毒をためるな  


会社の同僚の私語がうるさいことを注意したら
同僚、よっぽどくやしかったのだろう、
くだらんことでイチャモンをつけてきた。 という話を以前書いた。

そんときオレはぐっ、と我慢して、泥仕合になることを避けた。
オレってえらいなぁ、と、そのときは自分をほめたい気持ちだったのだが、、、、


 思い返してみるとオレそのとき、こんなことを感じてグツグツしとった。


「いつもいちばん最初に出勤してきて掃除をしてるのはオレなのだぞ」
「いつもトイレのちん毛を拾って掃除しとるのはオレったい!」




これ、イカンやないかーーー! と、気づいた。目が覚めた。


つまり、オレは、
いつも掃除しとることや、ちんげを拾うとることを
恩にきせとるんやんか。

そんな恩着せがましい感情をもってやる行いなど、クソのようなもんだ。
なんちゅういやらしい腐れ根性。

そんなクソな感情を持ちながらやるのなら
いっそ掃除もちんげ拾いもせんほうがいい。

そして何よりもいやらしいのは
そんな恩着せがましい思いを抱えたまま、
感情を爆発させることもせず我慢しとること!

 頭に血がのぼった勢いで、いっそケンカしたほうがよか!!!


自分のこころの、いやらしさに気づいてよかった。と、今思う。

P1270380_20130123042416.jpg


自然に湧きでてくる感情を押し殺すことによるストレスを抱えとる人間が
どれだけ多いことやろう。

爆発させてしまえば、社会生活が修復不可能になってしまうことにおびえ
毒素をどんどんどんどん心にためる人がどれほど多いことやろう。


もっと腹をわって心情を交しあい、
そしてそのあとには
うらみつらみを残さず笑って水に流してしまう
そんな人間関係をオレは築きたい。

そんな人間が増えれば
接する人もそんな人間に変わってゆくのではなかろうか。

よし。明日は同僚をぶんなぐっちゃろう! と、こぶしを固めとるオレである。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

日本人のサンバダンス  









先日カーニバルの練習会場にて、
ブラジレイラの美女が踊るサンバを肉眼で観ることができた。
P1270743.jpg

ふるいつきたくなるようなセクシーな体で
あの腰振りの動き。
アフリカにルーツのある人間にはかなわないな、と脱帽したのだ。


日本にいるときから、黒人音楽が好きでジャズダンスをやっておったのだが
サンバには全く興味がなく、セクシーな音楽だと感じなかったオレ。
ソウルミュージック、リズム&ブルース、ヒップホップ、そしてレゲエを踊っており
セクシーに踊れていたつもりであった。

しかし、いっしょに踊る仲間も日本人ばかりやったので
日本人のダンスを見慣れておったから、自分のダンスをセクシーと勘違いしとったんかもしれん。

カーニバルの練習場で、非日系のブラジル人のダンスをみてセクシーさに圧倒された。
そして
日本人はセクシーダンスが上手くない ということを思い知った。

★参考動画★ ブラジレイラのサンバダンサー

 




日本人のサンバダンスについて、辛辣にオレの感想を言えば、滑稽なんよ。
薄い尻と短いO脚で、どんなに早く腰を動かすことができても
セクシーからはほど遠い。
上手く踊れば踊るほど、うすら寒い印象をみる者に与える。


★参考動画★ 浅草サンバカーニバル2012


 ※ 細くて薄くて白い体が貧相な卑猥さをかもし出している。なんとも悲しき映像である。

オレにとって、『セクシー』と『卑猥』という言語は対極にある。

むっちりとした太ももは『セクシー』
細いO脚は『卑猥』。

卑猥な女を男は犯したくなりはすれど、奉仕したいとは思わんやろう。
セクシーな女を男は征服したいと望むかもしれんが、
その征服は数々の奉仕のうえで成り立つ。

これはオレの主観であり好みであるから、
O脚でペラペラな薄い体の女にこそ、
女王さまになってほしい、顔のうえに座ってほしい望む男性もおろう。



それにしても、サンバというのは、かくも難しいものよ凹

だがしかし、サンバの現場でも日本人がブラジレイラと同等に美しく輝ける瞬間はある。
それは、笑顔だ。
笑顔で踊る。
能面みたいに貼り付けた笑顔ではいけない。
本心から心の底から楽しんで踊る。

これができれば、日本人のサンバもなかなか捨てたもんじゃないぞ。


もう一点、カーニバルとはこのようなものか、と、解ったことがある。

それは
サンパウロやリオのカーニバルは
ダンスというより団体競技だ
 ということ。

● 列を乱さない
● 歌を大声で歌う
● 笑顔でいる

 この3点が評価される団体競技なのだ。







今まで、ピンでのショーダンスしかしたことないオレにとっては
この3点は難関だ凹
だって、けんか売るような怒った顔でしか踊ったことないもん。
だって、どうしても自分がいちばんめだちたいんやもん。

チームワークを乱して減点になってはいかん!
団体競技に徹するぞオレ。
尻の穴ひきしめて、がんばるけん!



クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

極上のうどん麺を  


サンパウロの名店・ラーメンAに行くと
いつも大将がオレのことを、だれかと勘違いするのだ。

厨房から、自家製手打ちうどん麺 を出してきて、
オレにプレゼントしてくれるんよ。

「あんた、またカーニバルに出るんやろ?」とおっしゃるので
「はい(うそじゃないけんね)。今から練習です。」と答えると
「じゃあ、もう一袋やろう。がんばりなさい。」と
どんどんうどん麺をくださるのだ。

きっとオレのことを、日系人タレントの サブリナ佐藤 と思いようっちゃろうね~♪

dsc_0870[1]





大将がくれる このうどん麺、ものすご美味いんよ! P1270759.jpg


つるつるしこしこもちもちで、
日本でもこげな麺にはめったにお目にかかれんぜ。
いりこと昆布で丁寧に出汁をとって、釜揚げでいただくと最高である。

P1270766.jpg

P1270768.jpg



オレにとってラーメンAに行くことは
ラーメンを食べに行く、っちゅうより
うどん麺をもらうことに重きがあるったい。

どうか大将、いつまでも勘違いしたまんまでおってね。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

あやしいライブチケット  


O Rappa オ・ハッパ(←リンクあり)というバンドが好きだ。
彼らの音楽をジャンルわけしようとするなら、まちがいなくロックなのだが
レゲエの要素が色濃くて色濃くて、圧倒されるほどかっこいいのだ。

20130116205903c8a[1]


オレの印象としては、ロックバンドにレゲエのベースが入っている、といった感じ。
このベースのラインが、ものすごくブラックやけん
オレの腰もぐんぐん動く!

情報によると、もともとレゲエシンガーのサポートとして集まったメンバーが、新たにボーカルを入れて
始まったバンド、と聞いて納得。

ボーカルの個性をなんと表現したらよいか・・・
ビブラートのきかせかたなどが、まるで沖縄の島唄の歌い手のようなのだ!
ブラジル人が彼の歌を聴いたらば、
ブラジル人っぽくなくてエキゾチックに感じるのではなかろうか。

歌詞の傾向は女の子がキャーキャー言うようなものでは全くなく、あくまで硬派。
それでいて裕福層から貧困層まで絶大な支持を誇る。

「望まない平和」という副題が付いた映像シングル。


ライブではすべて大合唱となるが、なかでも爆発的人気曲。


Welderお勧め曲。ベースライン歌ってます。爆音環境でない人はヘッドホンで聞くべし。


気にいった人の為にフルコンサートをば。



ブラジルでもメジャーバンドの彼ら。
去年、CREDICARD HALLという大きなハコでライブがあったのだが
チケットが120ヘアイスと高くてとても行けなかったのだ。

Credicardhall[1] 8071108312_a1afb14527_z[1]


その彼らが、Cクラス向けにサンパウロで来週30ヘアイスでライブを演るとのこと!
(ブラジルでは世帯収入によってA~Eクラスに分類されている)
リオのファベーラ出身でありファベーラで無料ライブを主催するという男気を持つバンドだけのことはある。

こいつぁぜひ行かねば♫


さっそくチケット購入を、と、O Rappaを最初に教えてくれた友人・マサちゃんがチケット売り場を探すのだが
プレイガイドのようなチケット売り場での発売はなく、
サーフショップでの販売であった。

しかも購入は現金のみ、怪しんだマサは領収書を要求したが「出せない」と・・・






  限りなくあやしか・・・


P1270621.jpg


もらったチケットはテレホンカードくらいの大きさのぺらぺらのカードなのだが
表にも裏にも
「O Rappa」とも「○月○日○時」とも、何も記載されとらんぜ!


  ますますあやしか・・・・

疑心暗鬼を抱え、会場までマサは下見に。





ものっすごサンパウロのはずれのばりばりさびれた僻地に会場はあった。

foto2.jpg



  車中からの撮影でわかりにくいのだが、ただのほったて小屋である。




ますますもって あやしすぎろーもん!


ライブは今夜。
誠か偽か。。。



クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

子への愛  


ブラジルの東北部・Natalに暮らす友は、ラクダのほかにもうひとりおる。
belleは、辛口の毒舌を吐くのだが、しゃべるテンポがとてもゆっくりなので
わが夫・Welderは息もぴったりで会話もはずむもんやけん彼女のことが大好きなのだ。
「寒いやろ?」っちゅうて自分の上着を着せてあげたりしてVIP扱いするのだ。くそー。

「安いけん」っちゅうて中国製品もばんばん買うけんオレはbelleをちぃとスカンのだ。
決してVIP待遇を嫉妬しとるんではない

P1270682.jpg


belleは、サンパウロに10日間の日程で研修に来ておった。
人工内耳をつけた子どもと親が参加する研修で、ハードスケジュールだったのだが
オレはせっかくサンパウロにおるbelleたち親子に会いたくてたまらず
しょっちゅう会ってもらった。
かなり無理をさせてしもうてわるかったなあ。

P1270423_20130123220457.jpg

P1270532.jpg

P1270641.jpg

P1270665.jpg

P1270699.jpg
P1270697.jpg


belleの息子Hは、いつもにこにこしとって泣かない。
人工内耳の装着がどれくらい不便で不快なのかは想像するしかないが
Hはまだ小さいのに、こういう機器を体に装着しとって負担があるやろうなぁ、と感じる。

器械がぬれたらいかんけん、雨のなかを走り回ることもできんし、
不快感を感じることも同じ年頃の子どもに比べたらいっぱいあるやろう。
なのに、こんなににこにこしとってえらいなあ。

そんでそんで、母親のbelleがこれまたすごいったい!
Hをばしばし叱るんよ!
いまどきの母親としては厳しすぎる部類に入るのではないか、っちゅうくらいの叱り方。
容赦せん。
人工内耳をつけとることで、Hを特別扱いしてない。

オレがHの親やったら、
「ほかの子より不便なこともたくさんあるけん、すこしくらい甘やかそう」とするやろうばってん
belleはきちんと叱る。
このことから、オレはbelleがHをどれだけ愛しているかが解る。


いつまでも親は子どもを守ってあげられない。
Hは人工内耳をつけたまま大人になり、自立しなければならない。
それを踏まえたうえで、ちいさいうちから厳しくしつけておるのだな、と解る。
Hを叱るときのbelleの心の痛みが、そばにいると深く身に沁みる。
立派な母親やなあ、と、わが友のことを誇らしく思う。


そんなbelleの弱点は・・・・

P1270674.jpg

 小動物が苦手なこと。


すかん、っちゅうより、こわい、に近い感情をもっとるようだ。
ちびくろがひざにピョンと乗ってきたら

  ギャーーーーーーーーッ っと絶叫しよった!

写真は2回目にうちに来たときのやつで、
すこ~し慣れてきたときのものやけん、ひどい顔はしてないばってん
この世のものとは思えんくらいブスな顔でギャーーッと叫びよったぜ。

そんな母とは反対に、息子Hはとてもちびくろを可愛がっておった。
いい子やな~。

おっと、belleは子猫や子犬はすかんくせに
ヘビやトカゲは大好きなのだ。触ったり首に巻いたりもできるんて!
へんなやつやな~。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

カーニバルの練習  

チーム「Barroca Zona Sul」の練習場に行ってきた。
P1270716.jpg

これがチームロゴである。とてもかわいい。

P1270740.jpg


高架下の練習場に到着したのは21時。
練習が始まるまえで、人々はバンドの演奏を聴きながらくつろいでおった。
P1270706.jpg

P1270709.jpg

オレも、うろうろして、あれこれ衣装を観る。

P1270724.jpg

P1270723.jpg

P1270721.jpg

P1270722.jpg

P1270727.jpg

P1270729.jpg

P1270728.jpg


オレたちが着る衣装も完成しておったぞ♪

479709_412128135530798_946064272_n[1]

P1270725.jpg

 わお♪ コシノジュンコ氏が打ち出す和のイメージは、流石ひねりがびりびり在る。
 洗練という言葉では表現できない、ブラジルに土着した匂いも感じられるクールなデザインだ。
 世界を知ったうえでの日本の良さを吟味しつくしとる天才デザイナーにしか生み出せない衣装!
 ゼブラ柄にアフリカの香りを嗅いだオレは、
 このチーム、Barroca Zona Sul エリアの歴史にきざまれている
 『アフリカから連れてこられた奴隷が脱走して住み着いた土地』というものが組み込まれとる、と感じた。
 
 露出が少ないことが、ちぃと残念ばってん、
 いつもビキニだけでおるオレやもん、衣服を着るのはわくわくする。
 サバンナを駆けるゼブラのように、のびのびと着させていただこう。



友だちのKちゃんが衣装製作にたずさわっておったので
衣裳部屋にも入れてもらった。
P1270713.jpg
 ちょうちんに色を塗るなどの作業がはかどっておった。

カーニバルで注目度が高いのは、ダンサーや太鼓隊の面々であるが、
裏方の道具製作・衣装製作がどんなにおおごとかを想像すると、
たくさんのひとびとの力が加わってのイベントだ、ということを実感できる。
P1270715.jpg

 昨年のこの人形も、ばりばりでかいばい!



カーニバルに出場する親といっしょに練習場に来ている子どもたち。
P1270719.jpg
 彼女たちも10年もすれば、美しい踊り手になることやろう。


バイアーナの踊り子さんたち。
P1270714.jpg
 シャイな彼女たちも、いざ音楽が鳴り出すと軽快なステップを踏む♪


そうこうしてるうちに、太鼓隊が音を鳴らし始める。
P1270734.jpg

P1270735.jpg

 かっこいい♪ バンドマンであったわが夫・Welderも大絶賛のリズム!
P1270736.jpg

やがて輪になり列になり、ダンスが始まる。
P1270738.jpg

P1270747.jpg


ひときわ目立っていたダンスクイーンのお姉ちゃん。
P1270743.jpg

写真以上の美しさやった。
ダンスも抜群。圧倒された!!!
P1270741.jpg


終バスの都合により、1時間くらいしか練習に参加できんやったが
たっぷり汗をかいておおいに楽しむことができた。

サンバというダンスについて感じたことは
後日書くとしよう。



クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

iPhoneがーーーーっ!  


日本の友だちのタダシはバスの運転士だ。
サンパウロのバスの運転手にタダシのつめの垢を飲ませたいくらい立派な運転手なのだ。
こわもてなのだがガキにも評判がいい。
ガキというのは、おとなのこころが本物か偽物かを見破ることができるもんね。

さて。そんなことを書きたいのではなかった。

そのタダシが忙しい時間をぬって
オレら家族のために、iPhoneに爆弾を仕込むんじゃなくて
自作機とでもいうのか、ようわからんばってん
とにかくとにかく、使えるiPhoneをこしらえてくれたのだ。

これは製作画像。

image_1358796747582905[1]

こげなちんころこ~~まいメカメカしたやつを、よういじることができるね!


メカメカに弱いオレは、こげな技術をもつ人間にあこがれる。
いまだにFAXという機械のことも不思議でならん低能やけんねオレ。
鏡にうつる自分のすがたをみて、鏡の裏側をみにいく猫の気持ちがようわかるもん。

このiPhoneを船便などで送ってもらえば
必ずやブラジルの税関職員がポケットに入れるやろうけん
ブラジル在住で日本に帰省しとる友人に運び屋をつとめてもらうことにした。

image_1358906597008489[1]
 

届くのが楽しみでならん!
届くまでに、オレのメカメカに弱いあほな頭がよくなりますように・・・
使いこなせるようにならな、タダシにもうしわけがたたん。

SIMの設定などについてご存知のかたは
ぜひオレにやさしくやさしく教えてくれんかいな。
タダシがSIM解除とやらはやっとるらしいばってん。



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

熊たち  

オレと娘は、クマのぬいぐるみが好きだ。

オレはもうおとななので、クマのぬいぐるみを抱いて寝たりはせぬのだが
娘はいつもクマのぬいぐるみといっしょに寝ておる。

ハロッズのクマもクリスマスのたびに集めておったのだが
すべてのクマをブラジルにつれてくることはかなわず、厳選した1匹をつれてきておるのだ。
IMG_0171.jpg



長崎ハウステンボスで「お手玉」として売られておる小さいクマは
ずっとむかしから、どこに行くのも連れて行くほど気に入っておるのだ。
IMG_6194.jpg


先日、NATALの友人・ラクダから土産が届いた。
ラクダは夫の実家のイギリスへ里帰りしとったのだ。


ピンクのクマが3匹♪♪♪

P1270588.jpg
                     クマをはさんだらオレの股間がきわどくなった




夫・Welderはマンチェスター・ユナイテッドFCのファンなのだ。
香川が所属してからはますますファン度が高まっておる。
737349657cbe039528f359a5736922c6[1]



ラクダがくれた土産のクマは
マンチェスターのクマなのだ。38bmurb[1]

P1270575.jpg

したがって、クマをもらっていちばん喜んでおるのは、Welderである。


ところで、Welderはクマが嫌いである。なぜか?
クマに追いかけられる恐怖の夢をしょっちゅうみるんよ。
さんざんうなされたあと、汗びっしょりで飛び起きるのだ。
「クマに追いかけられることがどんだけ恐ろしいかわからんめー」と恨めしそうである。
こんなにかわいいクマなのになあ。



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

宇宙人の目  


夜ごはんのテーブルによく遊びにくるめずらしい虫ちゃん。

背中の黄色い2つの点模様が

P1260846.jpg



まっくらやみのなかではみどりいろに光るのだ。



P1260864.jpg

P1260863.jpg

かっこいいなあ。
宇宙人の目みたいやなあ。
オレ、宇宙人に会ったことはないばってん親近感は持っとるもんね。



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

子どもの教育2  


以前 「子どもの教育・まちがった言葉遣いを直す」(←リンクあり クリック♪)を書いたら
絶大な反響があったのだ!

なので、子どもの教育シリーズ第2弾、いくぞ。

オレが娘・Uをばしばし育ててるのをみて、ひとびとからよく言われるのが
「Uちゃん、えらいね。うちの子は何一つ手伝いせん」という内容。

謙遜してUを褒めてくれよるんやろうけん
ぜんぜんせん、っちゅうことはないのであろうが、
オレがいつも思うのは、
「やらせなきゃ、やれるようにならんぜ」ということ。

包丁をもたせて芋の皮をむかせなければ、生涯イモの皮をむくことはできん。
スポンジを握って皿をあらわせなければ、永遠に皿を洗うことはできん。

幼稚園で子どもが恥をかかんように慮ってか、
あるいは『○○ちゃんのママってすご~い』とほめられたい功名心のために、
キャラ弁づくりに時間を費やすより
子どもと台所に立ち、いっしょに彩りのとぼしい茶色のドカ弁をこしらえたほうが
はるかに良いのではなかろうか。

煮物や焼き魚がおかずの地味な弁当も、自分がいっしょけんめいこしらえたものなら
なによりもおいしく食べることができるやろうし
子ども自身も誇らしいのではなかろうか。

IMG_5410.jpg

IMG_5414.jpg

IMG_5417.jpg



IMG_5419.jpg

IMG_5420.jpg

IMG_5416.jpg

IMG_5400.jpg

IMG_5399.jpg

IMG_5427.jpg


永遠にわが子を守ってあげることはできない。

ならば、わが子が自力で立つことができるような力と知恵と
どんなことがあってもへこたれんような強靭な精神力を培ってやったほうがいい。

劣等感を持たせないためにあるゆる物を買い与える、
あるいはいじめっ子などの障害物から遠ざける、
困難な事柄を排除する、など
それらには限界がある。
やがて子どもは壁にぶつかるときが必ずくる。

劣等感や障害物を克服することこそ
人間にとっていちばんの力となるぜ。

キャラ弁やiPhoneプラス、精神の栄養も子どもに与えちゃろうや。



クリック♪ 


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

オレ、足モデル  


てくてく歩いておると、
でかいカメラを持ったお兄ちゃんに声をかけられたのだ。















「あなたの歩く足を撮影させてください」と!


さっすがオレの足。
小学生のときから誰よりも座高は高かったばってん、
足の美しさは長さではなく、その造形にあるったいね。
わかっとるやないか、テレビ局の兄ちゃんよ。

P1270604.jpg

おおせのままに、歩く。
前から撮ったり、後ろから撮ったりされる。

P1270603.jpg



撮影が終わり、オレが「で、いつどの番組で放映するん?」と聞くと、兄ちゃん困った顔をしとる。









P1270606.jpg

サンパウロのでこぼこ道は
ハイヒールでは歩きにくい


 っちゅう番組で使われるげな凹 ちぇっ。



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

庇をつける  


大切な友人が、遠くから遊びにくるというのに、
雨ばい凹

雨の日に、室内でぎゅうぎゅうで飲食するのは、お客様にもうしわけない。
なので、ベランダにビニールシートで、ひさしをつけることにした!


イメージは、このように・・・
Sem título

いや、ここまで豪華にはできまい。



では、こんな感じで取り付けようではないか♪

lanochico[1]





がんばる夫・Welderと応援団の娘・Uとちびくろ

P1270431_20130115221547.jpg

P1270437.jpg






ようやく完成したぞ、イェ~~イ♪













P1270441.jpg

 びっ、びんぼうくさい凹






「こんなかっこわるいひさしのしたで宴したくな~い」
美意識の高いマダムとギャルは言うであろう。





ということで、室内での宴となりやした凹

お客の面々は、
NATALより、マダムbelle(←ブログへのリンクあり)。
RIOより、ジョアすけ元ギャル(←更新終了したブログへのリンクあり)。
おなじみのマサちゃん。

メニューは

イカ刺身
P1270514.jpg


タコ刺身
P1270522.jpg

タコ唐揚げ

シャケかま炭火焼き
P1270516.jpg

P1270520.jpg


オクラ梅肉あえ

タコのトマトソース煮込み
P1270527.jpg


ジャークチキン
P1270530.jpg

P1270534.jpg

イカめんたいスパゲティ
P1270541.jpg


キムチ鍋
P1270545.jpg

夕方からの宴やったけん、超特急で飲み食い喋る!

P1270526.jpg

生意気ギャルと、おまえ何様なのか!?発言連発のマダムに
飛び蹴りばくらわしたくなったであろうマサちゃん。
たいへん、お疲れ様でございました。

ちよ&ジョア、雨の中はるばる遠くから遊びきてくれてありがとう。
ふたりとも歯に衣きせぬ物言いのハッキリした女たちだが
彼女たちを嫌うひとはめったにおらんのではなかろうか。
ふたりとも毒はあれども、いじわるさが欠片もないからだ。

※ 追記。

 ただいま、専属大工からアドバイスが届いた
P1270441changed.jpg
しかしオレにはできんことであろう凹
 というわけで、専属大工・ラクダが来るまで
 我が家のベランダでは雨露をしのげんのだ。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

えりまき猫  


わが家の床のタイルは、黒っぽい模様だ。
したがって、ちびくろちゃんがうろうろしとるのが見えずに
しょっちゅう踏んづけてしまうのだ。

P1270418.jpg


先日は、ちびくろが寝てるのに気づかず、やわらかいおなかを踏んでしまった凹

ちびくろがつぶれて死んでしもうたらたいへんだ!




なので、目印をつける、っちゅうか
ちびくろをめだたせることにした。







P1270511.jpg

寝とるあいだに襟巻きをつけたのだ。

P1270438.jpg

目覚めても、いやがることもなく、喜んでおる。
P1270452.jpg

これやったら視界のすみっこに黒以外の色が入るけん
踏みつけることもなくなろう!



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

良し悪しを尻に敷く  


世の中には、びっくりぎょうてんするくらいの悪いやつがおる。
「なんてわるいやつなんだ!」とののしることは簡単だが

「情況によっては、オレも同じ悪いことをしたかもしれん」と考えてみるのもよし。




よしあしの葉をひっ敷いて夕涼み
                      白隠さん






よし(良し)の葉 も

ashiL[1]


あし(悪し)の葉 も

3CAW90NNE.jpg


呼び名は人それぞれ違うばってん
おなじ葉なのだ。


オレにとって『悪』に見えるあのひとも
ちがうひとから見ると『善』そのものかもしれん。

相手の『悪』などにとらわれずに、
そげなジャッジなど尻のしたにしいて、こころに気持ちいい風を吹かせよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

カーニバルに出場するぞ♪  


せっかくブラジルにおるんやけん
いつかはカーニバルに参加して踊りたい、とずっと思っていた。

ついに念願かなって、2013年のサンパウロのカーニバルに出場できることになった!!!!!







PhotoFunia-2f9f6a6.jpg



こーーーーんな衣装で、バッテリアの女王役がやりたいのは山々だが、
オレの実力でかなうはずもない。


だがしかし、今回は、この衣装よりも
はるかに名誉ある輝かしい衣装にて
参加できることになったのだ。












なんと、コシノジュンコ氏デザインの衣装 をまとって踊るのだ♪


ニッケイ新聞の記事(←リンクあり)を。
  ↓
ニッケイ新聞 2012年12月19日付け

コシノジュンコさんが山車と衣裳をデザイン
2013年カーニバル
「ずっと憧れだった」=バロッカ・ゾナ・スールで

世界的に有名な日本を代表するファッションデザイナー・コシノジュンコさん(73、大阪)が、
聖市のサンバチーム「バロッカ・ゾナ・スール」の
2月のカーニバル用の衣裳と山車をデザインし、
自らもサンボードロモでカーニバルに出場する。

イベントの準備も兼ね、
NHK BSプレミアムのドキュメンタリー番組「旅のチカラ」の収録で
12日に来伯、14日夜に同チームの練習場を訪れ、
来年のカーニバルのハイーニャ(女王)などを決めるコンテストの審査員を務め、
メンバーと交流した。
大歓迎を受けたコシノさんはステージで
「私の考え方、私自身、私のデザインで憧れのカーニバルに参加できて、とても嬉しい」
 と喜びの声を寄せた。

 「ブラジルは世界的に注目されている、これからの国。とても新鮮で、ドキドキしています」
 と本紙の取材に応じたコシノさんは、
深夜12時半過ぎにバンで撮影チームとともに練習場を訪れ、
メンバーとの挨拶もそこここに、
快く写真撮影に応じたり、ともに踊りだすエネルギッシュな姿を見せた。

 長年カーニバルへの憧れがあったものの、ブラジルを訪れる機会はなかった。
一方、約30年続く日本最大のサンバのパレード「浅草サンバカーニバル」の審査員を
11年務めるなど、日本に居ながらにしてカーニバルへの思いは絶やすことがなかった。
そんな中でNHKから番組の話を受け、「やるなら今しかない」と参加を決意した。

 「カーニバルの衣裳は、長い歴史につかり過ぎているのかクラシック。
  もっとモダンなものに影響されてもいいと思う」と印象を語る。
「バロッカが大変だときいて、私が参加することで、新しい空気が入るんじゃないかと思った」

 同チームは1974年の設立以降、90年代前半までは毎年スペシャル・グループだった名門だ。
一昨年までは格下(アセッソ・グループ)に落ちた年もあったが、
2011年にはついにその下(グループ1)にまで降格した。

実は、移民75年目の1983年、
初めて日本移民をテーマにしてカーニバルに出場したチームでもある。

 来年のテーマは、ホームである「ジャバクアラの歴史」。
17世紀初頭には逃亡奴隷が集住し、
その後はサント・アマーロなどに行く人々の拠点となった同地区の発展の歴史を表現する。

 コシノさんが担当するのは、テーマの要素の一つ、
ジャバクアラで最初に日本人が入った地区ジャルジン・オリエンタルをモチーフとした
山車とデスタッキ(最も目立つ場所に乗る人)、
その周辺で踊る日系人のアーラ(場面ごとのグループ)の衣裳のデザインだ。

 バロッカはグループ1で優勝し、
再び格上のグループ入りを目指したい考えだ。
プレジデンテのジェルソン・サンパイオ・ネットさん(60)は、
「とても感激している。世界中で発揮してきた才能や経験で、
 チームを変えてくれると信じている」と大きな期待を寄せている。



世界のデザイナー・
コシノジュンコ氏の衣装を着て踊れるなんて
ブラジルに暮らす日本人冥利に尽きる!




オレが参加するチームはBarroca Zona Sul(←リンクあり)

着る衣装はコレ♪
735002_304113426357775_262873606_n[1]

ものすごく興奮して、わくわくが止まらない。
必ず優勝して、このチームを昇格させるぞ~!



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

奇跡を守る  


ちびくろちゃん、すくすく育っとる。

みてて感じるのは、「子どもなんやなあ。」っちゅうこと。
よく遊ぶ。

P1260805.jpg
 わっ。なにかがおそってくるぞ。こわいっ。



でもでも、おそってこないなぁ。いったい何なんだろう・・・

P1260812.jpg



 よしっ。やっつけよう♪ えいっ!
P1260817.jpg



   あっ。仕留めたはずなのに、はずした凹


もう一度、えいっ。
P1260814.jpg

 捕まえられんなぁ凹  ぼくも狩りができるようになれるかなぁ。。





すべての生き物が1度しか通らない子ども時代。
赤ん坊として生を受け、この世に生まれることは奇跡だ。

母の胎内で受精しても、
いのちとして誕生するには弱く、生を受けることのない受精卵も多々あるこの世界。
子ども時代に、いのちを落とす不幸も数々あるこの世界。
たくさんの悲しさのうえに成り立っとる生命の誕生の奇跡。

できるかぎり守ってあげよう。と思い、ちびのあいだは、室内で眠らせてやることにしとる。
大きくなったら、元祖・クロちゃんのように狩りをしたネズミを食べるようになれよ。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

ブラジルでインドカレーをつくる  


インド料理が大好物のオレは、ときどき禁断症状があらわれるほどインド料理を欲する。
サンパウロにも、とても美味いインド料理屋があるのだ。

tandoor(←HPあり) 
Av doutor Rafael de Barrps.408 Paraiso
11-3885-9470

P1210031.jpg

P1210037.jpg

美味しいばってん値段も高いけん、めったに行かれん。


なのでスパイスは豊富なブラジルやけん
インドカレーだって自分で作りよる。

o0719053911591525129[1]
o0719053911591534030[1]

いちばん大切なスパイス・クミン。ブラジルでは COMINHOっちゅう名前である。
粉末と
o0719053911591534031[1]

つぶつぶと
P1260437.jpg

 両方必要である。


そのほか、必要なスパイスは

クローブ
cloves[1]

シナモン
P1260438.jpg

つぶの黒コショウや、つぶのマスタードなど
P1260442.jpg


まず、このつぶのスパイスを弱火の油でちりちりと炒めるのだ。
P1260444.jpg

いい匂いがしてきたら、焦げるまえに、ざっとスパイスは取り去る。

たまねぎを投入して、きつね色になるまでゆっくり炒める。
30分くらいかかるぜ。
P1260450.jpg

おろし生姜とおろしにんにくを投入。
焦がさないように、ぼそぼさになったところで、ホールトマト投入。
P1260453.jpg

あらかじめ、ターメリックと塩、ヨーグルトに漬け込んどった鶏肉を投入。
オレは、骨付きの「frango passarinha」っちゅう部位を使う。
frango_a_passarinho[1]

P1270182.jpg


肉に火が通ったところで、
残りの粉末状のスパイスを一気に投入。

クミン(cominho)と
P1260459.jpg

コリアンダー(coentro)と
P1260457.jpg

カルダモン(cardamomo)と
P1260439.jpg


チリパウダー(chilli)
P1260436.jpg

そして、ターメリック(curcuma)
Ginger-turmeric[1]


ざっとまぜあわせて、ココナッツミルクと水を足して30分ほど煮込む。
P1150876[1]
     これは、オレがよく使うココナッツミルクとヨーグルト


これで完成なのだが、
オレんちは仕上げに菌玉秘蔵のミックススパイスをはらりとかけてざっくり混ぜて出来上がり♪

o0670057011591534032[1]

豆もこんなにたくさん種類があるので ダールカレーも作りがいがある。
お節もいいけどカレーもね♪ 
まだまだ正月気分がぬけきらんオレだが、あしたから仕事初めやなあ。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

手土産なんにしよう  


ブログなるもんをやりよると、いろいろなかたがたと現実に知り合う機会に恵まれることがある。
昨年も、ずいぶんと多くの出逢いがあり、縁がつながり今後も深まるであろうと想像でき
たいへんうれしく感じている。
今年もそのような出逢いがあるのでは、とわくわくしておる。

そして新年早々に、そのような出逢いの場が設けられることになった。

オレがいつもバナーを貼っているブラジル情報 
 このぴちこボタンのとこに参加されている
元美容クリニック管理栄養士のラテンなブログ(←リンクあり)を書かれとるみずさんからのお誘いで
みずさんのお友達の マダムYさん(←リンクあり)のお宅に、招いていただいたのだ。
お集まりになる人たちも、多種多様で、興味深いことこのうえない。

さあて。なんをお土産にもっていこっかな。

菌玉印めんたいこ というのが候補にあったのだが
みずさんのお友達のなかには、めんたいこを自作なさるかたがすでにいらっしゃるのだ!
しかも、オレは日本酒に代用してピンガを使うのに、
そのかたは本物の日本酒を使われるくらいの懲りようなのだ。
惨敗やん、菌玉印凹

ジャークチキンを食べてほしいなぁ、とも考えたのだが
まさかジャーク缶を室内に持ち込むこともできず、これも断念。
炭火の焼きたてが美味いので、焼いたものを持っていってあたためなおすプランも却下。

お花にしようかな♪
否、花は好みがあるのでお会いしたことのないかたへの贈り物としてオレはすかん。

では、酒類だ!

だがしかし、サンパウロにおいてのオレらの生活レベルは、
不法住宅(ファベイラ)住人のひとつ上のランクぐらいの、ばりばり貧乏な世帯なのだ。

関東圏でたとえるならば、二子玉川に暮らしとる家庭と
玉川上水脇でホームレスなオレ、っちゅうくらいの差があるのだ。同じ玉でも大違いである。


では、オレのふところ具合での手土産、どうするか。

みずさんやマダムYさんたちは、
オレのブログを介してオレに会いたいと望んでくださっとるかたがたやけん
オレが無理して(きっと盗んで、という手段になるだろう)
ルイーズポメリーを持っていっても
喜ぶよりも、『そげな無茶はするな』と心配してくれるんじゃないかな、と想像する。

なのでもうここは、
美味い食べ物・酒を知りつくしているみずさんたちに、すべてお任せして
オレは、近所の酒屋でいつも立ち飲みしておる
量り売りのピンガ を持っていくことにしよう。
P1160151[1]

値段も、ガソリンスタンドのエタノールアルコールよりも安価というデンジャラスな酒だ!
オレに会いたい、と、おっしゃってくださる方々やけん、
きっと、おもしろがり屋の人たちにちがいない。
サンパウロ一安い量り売りピンガも面白がってくれるやろう。



共存しとる猫にしても、
           みずさんちのセニョと o0308047912315200155[1]

            うちの野良猫ちびくろ 
P1260979.jpg

おなじ『猫』という種族だというのに
たたずまいも、姿かたちも、なんもかもちがっとって愉快だ。


立場がちがう人間同士が
出会え、仲良くなれる。


それが可能なのがブラジルの日本人社会の素晴らしき点やなあ。

みずさんやマダムYさんたちに会えるんが楽しみでならん。




クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

お正月に何をしよるか  


かたっぱしから酒をのみながら、正月に何をしているかというと、

P1270041.jpg








夫・Welderは












P1260981.jpg
 寝正月





オレは












P1270109.jpg

 寝正月にして、食いっぱぐれ正月。 ジャークチキン食べそこねた凹







お雑煮は、モニカとサマーラにも食べさせた。

P1270101.jpg



ときどき、踊り正月となる。




P1270161.jpg

P1270169.jpg

IMG_2017.jpg


そしてオレは

P1270269.jpg

P1270265.jpg


まつしかちょー♪
 などよろこんどる夫と娘を横目に
花札できんけん、ちょっぴりさみしく、テキーラなど飲んでおるのだ。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

あけましておめでとう  


地球の裏側より、あけましておめでとうございます。
P1260388.jpg


今年もどうぞよろしく。



お屠蘇は、イカ徳利でいただきます。
P1260330.jpg


P1260345.jpg

幸おおき1年になりますように。
世界平和♪



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報