ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

恋に落ち.  


いま、3、4人のやつに恋をしておる。
ちゃんと本気なのだ。
3、4人などとあいまいではいかん、と思い、改めて数えてみたらば
7、8人やった。7か8かは、曖昧にしとく。

Snoop Doggへの恋は消えた。
Snoop Lionとして出したReincarnatedっちゅうアルバムを聴いて
幻滅したのだ。
しかしD'AngeloがハードなMプレイが大好きで大好きで、と発覚しても
彼の音楽に恋し続けるやろう。

それらミュージシャンとは関係なく、
今オレが恋しとる相手は
ブラジルやら日本に実在しており、
オレに関係する人たちのことだ。
何度も逢瀬を繰り返しとるやつもいれば
一度もお逢いしていないかたもおる。男も女もおる。


もしかしたら、そんな恋する人たちにキスしたり
裸でくっついたり股がることもあるかもしれん。
そうなったら、ちゃんとした浮気やなぁ。
胸がドキドキする。

だがいくら胸をどきどきさせても
いずれの恋も、片思いであることが玉にきずだ。

P1300941.jpg


恋するひとたちに
いつ見られても恥ずかしくないような生活をしよう、と心がけとる。
どの場面で切り取られて見られてもかっこよくありたい。
酒を片手に夕日を口をあけて眺めとるオレもまた素敵でありたい。

このような
うきうきとはずむような恋心を話す相手は
夫・Welderしかいない。
そんなことを話しながら夫婦だけの週末を過ごしておる。

彼なくしては、誰に対しても心はわくわくしないので
やはりオレが一番に恋してるのはWelderなのだなあ。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

トウザン工場長の別荘へ  


ブラジルでの暮らしに欠かせない調味料や酒、
オレは東山(TOZAN)製を使っている。
           東山のHP ←クリック

ブラジルにおける醤油としてSAKURA醤油もポピュラーだが
オレはTOZANの味が好きだ。
そして日本酒も、TOZANの東麒麟(あずまきりん)は抜群に美味!
11_20130620202429.png

日頃の生活にてお世話になりっぱなしのトウザン社。
縁あってトウザン工場の工場長と知り合うことができ、
工場長の別荘に遊びに行ってきた。
畏れ多いことだ!

めざすはJaguariunaの高原。
P1300879_20130620211919.jpg

P1300882.jpg

P1300880.jpg

P1300847.jpg

P1300841.jpg



広々とした敷地の門にはブーゲンビリアが咲き乱れており、
そこに立つ工場長はハードボイルドそのものであった。
P1300810.jpg

P1300586.jpg

P1300593.jpg

ものすごくかっこいいシュハスケイラにて工場長みずからどんどん肉を焼いてくださる。
P1300582.jpg

P1300583.jpg

酒粕も焼いて食べさせてくださった。
P1300654.jpg
チーズのような芳香ゆたかな美味!

P1300656.jpg


北方謙三かと見まがうほどかっこいい工場長。
P1300606.jpg


この日集った面々は、
博識にして深い見解を持つ魅力多々な人物ばかりで
たった一晩では話が聞き足りなかった。
P1300587.jpg

P1300580.jpg

P1300590.jpg

工場長手製のビナグレッチもほっぺたが落ちそうに美味!
P1300658.jpg

山のうえの空気のきれいな環境で飲む
東麒麟の生酒の美味いこと、美味いこと。
P1300696.jpg
4本の生酒を空け、夜はふけていく・・


あさごはんにも、東麒麟をふんだんに使ったまぐろのヅケをいただいた。
P1300703.jpg



環境とは、本来そこに在るべき自然の姿のことを指す。
今回、工場長の別荘におじゃましてオレが感じたのは
そこに在る人もその環境を作り上げる重要な要素を持つ、ということ。

工場長は、この場にすっきりと融け込み、
この大自然のなかになくてはならないひとつの命として存在していた。
家も物も空気も色彩も
すべて工場長なくしては成り立たないなぁ、と強く感じた。

そんな素晴らしき環境に招いていただき
しかしその環境に融け込むには
あまりにも行儀が悪くて異物であったオレらを
暖かくゆるしていただき、ただただ感謝。


そう。空飛ぶトカーノを初めてみたのも、この朝やった。

Tucano_voando_c_u_azul_TC.jpg


大自然に暮らす、ということが経済的に可能だとしても、
やってはならない者もおる。
まずは、大自然に受け入れてもらえる努力をせねばならぬ。
大自然やそこに在る人に受け入れてもらうためには、
大自然と彼らを畏怖し、耳をすまし、行儀よく、つつしみ深く、
やさしくならねばならん。

工場長の風貌から、フィリップ・マーローをも思い浮かべたオレ。
『タフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きる資格はない』。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

三〇日間休暇・最終週  


休暇も残すところあと数日となった凹
前半にあそびっぱなしやったけん、少々くたびれておる。
したがって今週は、雨と寒さをいいわけに家に閉じこもっておる。

今週オレがしたことといえば、



ちびのノミを20匹つかまえたことと、
毎日昼間っから酒粕をつまみにカイピリーニャお湯割りを飲んだことと、
本を2冊読んで、映画を1本観ただけだ。

a0501052.jpg


酒粕をあぶるとチーズのような濃厚な芳香が美味くて美味くて
どんどん酒が進むったい。

娘・Uは冬休みにはいり、毎日のように編み物をしておる。
P1310130.jpg
 じっ、と見ていたちびも

やがて自分もやりたくて、手がでる。
P1310135.jpg


口もでる。
P1310138.jpg


でもやっぱり、
P1310139.jpg

むずかしくて、できにゃいにゃ〜zzz
さて。酒粕に酔ってきたけん、ちびと昼寝しよう。



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

愛するペットがブスなとき  


ペットを溺愛する人は世に溢れとる。
オレだって例にもれず、ちびのことをごぼこぼ溺れるほど愛しとる。

となりの犬の名前は『おばさん』だ。
へんてこな名前をつけるものだな、と思うが
ほんとにこの犬、おばさん、っぽいのだ。

だがしかし、その名前を聞いたときに
『わっはっはは。ほんとオバサンそのものやね、
 なに? まだ生後半年だと? 
 それなのになんだ、このおばさんくさい動作は。
 モップになりそうな点も掃除するおばさんを彷彿させるのう。
 いゃぁ、まさにおばさんそのものっ。』
  などと言うてはいけない。

オレだってちゃんと、
『ええっ。なんでオバサンなん? 
 こんなにかわいこちゃんなのにぃ』と言うたぞ。

飼い主にとってはどんなブサイクなペットも
世界一かわいい うちの子 なのだ。



さて。
ちびはガラのわるいエリア生まれのガラのわるい顔をしとるばってん
なかなかどうしてかわいいのだ。

P1300498.jpg
猫の好きな動画をじっと見つめとる姿の愛らしいこと。

P1300502.jpg

揺れる花を首をのばしてながめる顔の高貴なこと。


どうね!? ものすごかわいかろうが。
そろそろ“ちび”以外の、横文字の名前に改名しようと思うのだが
なんにしよ。ビットリアとかエリザベッチとかカロリーナとか・・・



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

Death in the Afternoon  


来週、夫・Welderは誕生日を迎える。
なんと 50才 になるのだ!
畏れ多き年齢に達したものだ、と感慨深い。
今まで大きな病気にもかからずに
元気に生きてこれたことに感謝。


シャンペンで乾杯したいなぁ、と思っておる。
しかし、ただのシャンペンじゃ面白くないぞ、とも思っておる。



デス・イン・ジ・アフタヌーン(Death in the Afternoon)で乾杯できたら最高だ!

このカクテルは、別名「ヘミングウェイ・カクテル」とも呼ばれる。
直訳すれば『午後の死』となるが、これは『闘牛』のことを指すのだ。
000_par7563083.jpg
000_par7563076.jpg
000_par7563073.jpg


このカクテル、作り方は簡単。
シャンペン3に対し、リキュールを2加えればよいだけ。


しかし、このカクテルを完成させるための難問がひとつある。

加えるリキュールである アブサン
既に 製造禁止 となっておるのだ。

禁止の理由は、
成分となっておるニガヨモギが
幻覚などの向精神作用が引き起こすとされるから。

The_Absinthe_Drinker_by_Viktor_Oliva.jpg
       ヴィクトル・オリヴァ『アブサンを飲む男』



安価なアルコールだったために
多数の中毒者・犯罪者を出したアブサン。
アブサン中毒で身を滅ぼした有名人としては、
詩人ヴェルレーヌや画家トゥールーズ=ロートレック、
そして、ゴッホがいる。

魅惑的で謎の多い酒であるが、
語源は英語の「absence(アブセンス)」。
「不在」を意味し、
フランス語でも「存在しない」という意味になる。

主成分ニガヨモギの花言葉は「不在」である。
製造禁止になった折には
「まるで名づけられた時から運命が決まっていたようだ」と語られた酒なのだ。
アルコール度数は、最大90度!

img10161272538.jpeg

別名もたくさんある。
『禁断の酒』『魔酒』
『緑の魔酒』『緑の妖精』
『飲むマリファナ』。。。嗚呼、飲みたいなぁ。


とはいえ、製造禁止のものは手に入るまい。
アブサンフリークの世の人は
ペルノーというアニス酒を代用しておるそうな。
yamaichi_61014.jpeg


しかしオレはここブラジルにおいて、
アブサンどころかペルノーも見たことがない。

DSCF2655.jpg

っちゅうことは・・・

Welderの50才をこのカクテルでお祝いすることは不可能なのだ凹
いつもの量り売りピンガで乾杯やな。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

拾ったまぐろで  


料理人・康祐を子分のように従えて
日々魚屋を探索しとったオレである。
テーマソングは『どっかに安い魚おらんっかな〜♫』である。

目をぎらぎらさせ、
安くて美味い魚をさがし歩くオレら。

ちょうどマグロを解体しとる魚屋の前を通りかかった。
P1300205.jpg


解体しとる兄ちゃんは
足下の箱にぽいぽいいらない箇所を放り込んどる。
P1300206.jpg


大トロが投げ込まれたのを目にした瞬間、ダイブ!!
P1300209.jpg

 『これ、もらってくけ〜ん(日本語で)』と、店のビニール袋を奪い
そのなかに、必要な部位をぽいぽい放り込み、ダッシュ!!
逃げ足も速いオレらである。



帰宅して。

拾ったカマに塩をする。
P1300342.jpg


拾ったあばれ骨まわりの肉を刮げる。
P1300218.jpg

P1300219.jpg


 こそいだ肉は、たたいて鉄火に変身。
P1300376.jpg




拾った大トロをさばく。
P1300221_20130614032456.jpg


大トロは、なんと炙りに。 なんて贅沢な!
P1300363.jpg


あぶりあがり。
P1300368.jpg


これまた贅沢にたたいて、
あぶり大トロの軍艦巻き に!
P1300396.jpg


さあ、カマも焼き上がったぞーーー!
P1300387.jpg

ひろったマグロのコース料理のはじまりはじまり〜。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

スナイパーゆきゑ  


このたびブラジルCIAからの任命を受け
スナイパーとして暗躍することになったオレである。


鉄砲といえば、水鉄砲しか握ったこともなく
撃たれた経験も豆鉄砲くらいしかないオレさま。
ぴよぴよの初心者である。

しかし素質がよかったんやろうね。


最初へっぴり腰やったオレも
P1300743.jpg

P1300754.jpg





やがて峰不二子ちゃんもしくはミラ・ジョボビッチとみまがうほどに成長した。
P1300772.jpg


P1300793.jpg




ようく狙いをさだめて・・・

P1300804_20130617202627.jpg






バキューーーン!

P1300803_20130617202619.jpg














仕留めたぜ!


























P1300779_20130617202623.jpg

サウスポー・スナイパーゆきゑ
目標は世界征服!



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

Brasilandiaデモ  


地元のデモに参加してきた。
娘・Uとその友だちのモニカとサマーラが参加したがったんよ。

オレの暮らすエリアは、サンパウロでも悪名高きちんぴらエリア。
裏のファベイラ・イラクでは、しょっちゅう事件が勃発し
ライフル銃をかまえた警官を荷台にごろごろ乗せた戦車のようなトラックが
道を走り抜ける。
このようなエリアであるので、デモにも軍警が介入して危険かもしれんけん
子どもたちを守るべく、オレも行ったったい。
P1300982.jpg

集合場所の教会にはスローガンを掲げた人々が続々と。
P1300989.jpg

Uの描いた紙。
P1300986_20130620193547.jpg

P1300984.jpg

サマーラはこれ。
P1300997.jpg


しゅっぱ〜〜つ♫
P1310009.jpg

P1310015.jpg

P1310026.jpg

P1310031_20130621021255.jpg

5キロほどの道のりを歩いた。

途中、バスの運転手と言い合いになるなど小競り合いはあったものの
バイオレンスに走る者もなく、のどかなデモであった。


ニュースでは煽動的な暴力映像ばかりが流されとるが
おおむねデモは平和に行われておる。
どうやらサンパウロの値上がりしたバス料金がもとに戻るらしいぜ。
やったね。

暴力によって破壊された85台のバスの修理代は
どこから出るんかいな・・・



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

ぶためん  


娘・Uが幼い頃に大好物だったカップラーメンが
5年ぶりにUの目の前にやってきた!
1_20130619020007.jpg

2_20130619020007.jpg

3_20130619020005.jpg

P1300903.jpg

4_20130619020004.jpg

5_20130619015956.jpg

6.jpg

7.jpg













8.jpg
9_20130619015905.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg




























16.jpg
            ま ず い



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

デモに参加  


protesto-sp-onibus-20130607-0009-size-598.jpg

バス料金の値上がり反対が発端となったデモだが、
ワールドカップ観戦料金が高すぎる、とか、
デモに向けた軍警察の過剰な暴力に対する反対、とか、
今や、政治に対する不信へと発展し、
物価上昇を食い止めるや、政府の汚職撲滅まで
幅広い改善を訴える内容となっておる。

デモは全国規模に広がり、参加する人もますます増えておる。

17日、18日のサンパウロのデモでは
政府は軍警察の介入を禁止したため、
暴力沙汰はいっさい起きなかったとのこと。

protesto-sao-paulo.jpg

Protesto-Sao-Paulo-17-06-Avenida-Paulista-size-598.jpg

おおいにやりたまえ、とオレは思う。
若者たちを中心に、市民が行政に不信をもち真剣に考えはじめたことは素晴らしいことだ。
デモにはサンパウロの多くの大学の学生たちも参加している。
オレの友人の娘さんも参加しておる。
週末にはオレも参加する予定だ。
ちがう方向に熱くなりすぎて暴徒化するのはいかんばってん
要求を伝える方法として、デモという手段は有効だ。

amr13061911340006-p2.jpg


本日コンフェデレーションズカップの日本vsイタリア戦が行われるレシフェでは
市民の要求を受け入れ、バス代の値下げを発表したのだ。
ジルマ大統領も
「国民の抗議の声には耳を傾けなければならない」と述べ、
何らかの譲歩をする姿勢を見せた。
サンパウロ市長もバス料金の値下げを検討するなど
市民の要求に応じる姿勢を見せておる。
民衆の声がどんどん反映されるといいな。



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

ゆずが根付きますように  


娘さんを通して知り合いになった、よしこさん。
その娘さんは日本に暮らしておるので
オレもまだ実際にお会いしたことはなく、
このちんぴらブログを通じて知り合ったのだ。

よしこさんは、以前に何度も、
ゆずの実をくださったかたである。
サンパウロ市から離れた土地にお住まいで、
月に1度ほどサンパウロに買い物にいらっしゃるたびに
オレの職場までゆずを運んでくださった。

いただいた柚子でつくったゆず胡椒が
極上の美味に仕上がったことを報告すると
とてもよろこんでくださり
『ゆずの苗木をあげる』と!

よしこさんちのゆずの木から落ちた実が自生して
庭で苗木に育っとるんて。
それを分けてくれるんて。
なんてありがたいことやろう。

だってさ、
桃栗3年 柿8年 ゆずの大バカ18年♫ て いうんよ。
種から植えたら、ゆずは大木になるのに18年もかかる。
しかし苗木になっているならば…ずいぶん早かろう! うっほほ〜


苗木をいただくために、煩雑な駅構内で待ち合わせた。
P1300436.jpg


あらわれたよしこさんをみて驚く。
抱えていらした苗木がものすごく大きいのだ!
P1300439.jpg

小柄なよしこさんが遠路はるばる
こげなでかいもんを抱えてきてくださったことに
大感激だ!

よしこさんのやさしい気持ちごとしっかりと抱えて
オレも帰宅。
P1300461.jpg


 大急ぎでやらねばならぬことは、





























P1300468.jpg

  オレとゆずの苗木ちゃんたちとの記念撮影〜♫



じゃなくて、はよ植えなならんったいーーーーっ!
P1300469.jpg

根の部分が長い。
よしこさんちの庭で、
のびのびと下へ下へと根を張っていたのだなぁ。
立派な苗木たちだ!
P1300470.jpg

土が足りんのではにゃいか? と、野良猫・ちびに言われるが、


とりいそぎ、の植え終わり。
P1300473.jpg



よしこさんは、
苗木のほかにもたくさんのお土産をもってきてくださった。

庭に実ったいちごで作ったジャム
P1300441.jpg


同じく庭で収穫したプチトマト
P1300443.jpg


紫蘇の実は、炊いてくださった。
P1300444.jpg


高菜のように炒めると美味いという葉っぱ
P1300456.jpg


甘納豆も
P1300453.jpg


生姜の砂糖菓子も
P1300452.jpg

 すべてよしこさん手作りなのだ。


ブラジルに根付き、
日本の食をこんなにも大切になさっているよしこさん。
移民の先輩として頭があがらない。
今日もよしこさんは朝4時に起きて、
お豆腐を作ることから1日を始めているだろう。

よしこさんの柚子が、オレんちで根付きますように。
合掌。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

精神疾患に克つ  


先進国と名のる国の国民は全員精神疾患だ、
 っちゅう記事をどこぞで読み
それに近いよなぁ、と、うなずいたオレである。

精神疾患患者はどんどん増えておる。
日本ではニュー鬱病みたいなタイプわけまで進んでいるそうだ。
みんなどこか病んでいる。
サンパウロでは老若男女とわず、爪をかんでいる人が多い。
多忙な暮らしでは、情緒が安定しにくい。


病まずにすむ方法は、先進をやめることだ。

どこのだれに、
なにに対して 先進 なのだ!?

なにが 発展途上 なのだ?

ことあるごとに、
『法律を変えよう』や
『規制を強めよう』とする時点でおかしい。

個人の自己権利尊重ばかりを強調し
じつは、個人個人ご近所ご近所での
ちょっとした気遣いや思いやりで
うまいごと平和に暮らせる環境をぶちこわしとる。


なんでもかんでも『訴訟をおこす』などと
他人任せにしてしてしまう。
なぜこんなにも
話し合いや歩み寄りができなくなったのか。


白黒はっきり などと、思うんがいかん。
そんなことは不可能なのだ。
白と黒にくっきりわけることはできんのだ。
白も黒もどっちもよか。

いい香りのきれいな花も、犬のフンもどっちも良い。
犬のフンだけを排除しようとするなかれ。
自分の周囲に香りのいい花のみを求める者がおる限り
世界は平和になりはせず、
精神疾患は増えるばかりやろう。


P1300438.jpg

写真は最近よく見かけるサンパウロ警察官の乗り物。
こげなんに乗っとったら足腰弱りそうやなぁ。


オレの考える精神疾患を避ける方法は
朝日を浴び、昼も太陽を浴び、
自分の足でよく歩くこと。
よく笑い、酒をたしなみ・・・・これぐらいにしとこう。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 7

ひらめの薄造り  


前回に引き続き、さかなのさばき方ば載せるぞ。

ヒラメはわりと多く目にするサンパウロ。
オレもたまに買う。
魚屋で下処理してもらい、皮もはいでもらうんばってん
どうかしたら、
えんがわを捨てられとったりするけん魚屋は信用できん。

今回は、まるのまま買ってさばいてみたぞ!
P1300224.jpg


あたまを落としたら、まず背骨にそって包丁を入れる。
P1300234.jpg


次に、背骨のひし形の◇平面に沿って包丁を入れ、
P1300236.jpg


身をはずすのだ。
P1300241.jpg


じわじわとエンガワまで。
P1300243.jpg


反対側も同じように。
P1300249.jpg

P1300250.jpg

裏側も同じく。すなわち同じ作業を4度せなならん。
P1300256.jpg
根気と集中力のいる作業だ!


身が骨からすべて外れたぞ。
P1300258.jpg


包丁でそぐように皮をはいで。
P1300296.jpg



薄造り開始・・・
P1300300.jpg


完成した ひらめの薄造り。
P1300379.jpg


芸術品だ!
P1300378.jpg


さて。こんなに大量のえんがわは。
P1300315.jpg


えんがわのにぎり。
P1300395.jpg


えんがわのあぶり寿司。
P1300419.jpg

極悪ひらめづくしコース料理 完了。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

うなぎのかば焼き@ブラジル  


びっくりしたぜ、
ブラジルにうなぎがおるとは!
魚屋に、ちんと並んでおったのだ。名をenguiaという。

サンパウロの和食屋の品書きにある“うな丼”や“うな重”は
日本からの冷凍空輸の真空パック、うなぎの蒲焼きなのだ。



しろうとのオレには
どげんしてさばくのか見当もつかんけど
いまオレの隣りには
無敵の料理人・康ちゃんがおる。

『やる?』
『やる!』で、購入決定。


おどろきの安価!
2本で4へアイス(200円)!!

P1300261.jpg


さあ、さばき始めるぞ!

まずは、目打ちから。
P1300265.jpg

まな板にうなぎの頭を打ちつけて動かんごとする。




えらから刃を差し込み、
P1300274.jpg

しっぽに向かっての長い道のりに包丁を入れる。
P1300276.jpg


ぬめるし、ものすごい力を必要とす作業だ。
P1300280.jpg


次は中骨を外す。
P1300283.jpg


こんなヘンテコな箇所に骨が入っとんやなぁ、、、
P1300284.jpg
 康ちゃんはヘンテコな箇所に自分の名字じゃない入れ墨が入っとるなぁ。


ほらっ、見慣れた蒲焼きの姿になってきたぞ。
P1300270_20130614015841.jpg


さばき終わり〜。
P1300287.jpg



次は、うなぎに串をさして焼き始める。
P1300316.jpg


となりの鍋では、蒲焼きのタレがくつくつと出来上がっておる。
このタレ、さきほど外した中骨が出汁となっておる。

このタレをたっぷり刷毛で塗りながら焼く。










おおっ♪
P1300326.jpg












おおっ♪
P1300335.jpg


うおおおおーーーーーっ♫
P1300336.jpg


室内は、昇天しそうな匂いにもくもくと包まれる。

やがて本当に昇天する時間がやってきた。













P1300406.jpg

うな丼のあとは、
ひつまぶしのようにだし汁をかけていただいた。


オレが日本を恋しく思う内容のなかに
確実に存在する『うなぎを食べたい』が、
ブラジルでかなった。しかも日本の店を超えるレベルの味で。

このような安価でうなぎが手に入ることを知り、
料理人の友人にさばきかたを習えたけん
今後は自分たちで調理するじぇ。

ベランダうなぎ屋・きん玉屋 まもなくオープン♫
※ 門の下までやってきて
  白ごはんだけがつがつ食べるんはご遠慮ください。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

散髪だ  


ブラジルにおいてのオレの最初の美容室は
となりの住人・クリスティーナだった。
20120312212410d91_20130613030633.jpg


安くて楽しくて好きだったのだが
クリスティーナが手抜きしはじめてからは
知人の美容師さんのお店に鞍替えした。
P1150759_20130613030314.jpg




・・・・のだが、
ストレートパーマ液に入っているホルマリンが体にあわないようで
地肌がただれて、全身にじんましんができたったい2ヶ月間も。

それからというもの、1年半ほど
髪の毛をあつかうことから、遠ざかっとったのだが
ばさばさの髪が腰あたりまで伸びてきたけん
重い腰をあげて散髪にいってきた。

友人の男娼が副業として勤めよる美容院に。

お店はひろびろしとって清潔でわくわくする。
DSCF4106.jpg


こんなかわいい子にシャンプーもしてもろたぞ。
DSCF4112.jpg


飲みものは? とマネージャーが気遣ってくださるので
遠慮なく『レモンのカイピリーニャを』と申したら、
出てきた〜!
DSCF4114.jpg



ますますくつろぎながら
しゃべり、遊んどる間に
DSCF4117.jpg

オレの頭はぴっかぴかになったぞーー。





























DSCF4125_20130613031345.jpg

どや?
ものすごかわいかろうが。

お店の女の子も『かわいいね』っちゅうてくれたもんね〜。
DSCF4131_20130613031723.jpg

こげんかわいくなったんやもん、
このまま帰宅してはもったいない。

よし、
ひきつづき家に帰らんで遊びに行くじぇ。



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

ひとのうわさ  


どこの国でも同じだと思うが
サンパウロの日系社会および日本人社会では
うわさがうわさを呼び、さまざまなうわさが交錯している。

オレが2、3回会っただけで好感を持っている人についての
悪評なども、ほかの人から多く耳にする。
反対に、オレが好感をもってるひとについて話せば
『その人ものすっごく評判悪いよ』っちゅう言葉をきくこともある。

P1300146.jpg


自分で判断しよう、と、こころに決めている。
人間とはあいまいなもので
好感を持っているひとについても、
大好きな人が反対の評価をすると
なんとなくそっち側に流されてしまうことがある。

おっかないのは、
うわさだけを耳にしただけなのに
まるで自分が感じたかのように錯覚することだ。

サンパウロ日本人・日系人社会にはそれがとても多い。
ものすごく悪評をたてられとる人もおる。
めだてばめだつほど悪評をたてられやすいのは世の常だが。

最初っから、くもりまなこで人をみると自分も損する。
なぜなら、その人の美点を見逃してしまうかもしれん。
美点ばかりが見えるように
心は柔軟で清くいたいものだ。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

行ってきます  


30日間の休暇に入ったとたんに
家を空け、あそび惚けておるオレである。
きのう、ひさしぶりに自宅に帰った。

ボロ家には、問題が勃発しておった。
P1290846.jpg

となりのマリリアんちが水漏れ。
しかも電球からぽたぽたと水がしたたり落ちてくるという
深刻な状態。
いつものごとく大家はなかなか動いてくれん。
よし。マリリアにはうちに泊まってもらおう。


ちびはオレの留守中に友だちができたごとある。

P1300141_20130610220552.jpg

P1300128_20130610220554.jpg

P1300129_20130610220556.jpg

モニカんちがうさぎをいっぱい飼っておって
産まれた子を道で20ヘアイスで売っとるんよ。
うさぎは、雑草だけで育つ。すなわちお金がかからん。
よし。買おう。うさぎ肉料理はオレ好きやもんね。
オレが食べるまえに、ちびが食べるかなあ。

さて。また家事を放棄して放蕩しにいこ〜っと♫



クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

別れはさみしいばってんが  


福岡出身のカップルが、
永住をめざして半年前にブラジルにやってきた。
知人の友人だったこともあり
楽しみにしてたのだ。

彼らはサンパウロからは遠い親戚の家に居を構えたため
めったに会うことができないが
ブラジルの大地で同郷の友が根を張っている ことは
とてもうれしいものだ。

ところがこいつら、お騒がせカップルなのだ。
『別れた』『別れるのをやめた』などと
家出してきたり、もう片方が追いかけてきたり、
共通の友人を紹介したらば、
また喧嘩の最中で、片方だけしか会いに行かなかったり、と
人付き合いも、やりかたも
ぶきっちょで、へたくそなカップルなんよ。

こうちゃんは生っ粋のそしてプロの料理人で、
美和ちゃんはタイ古式マッサージ師、ヨガもやる。
ふたりとも言葉は少ないながら、意志的な目をしている。
双方の夢への思いは強く、
ふたりがそろって幸せになる道がなかなかみつからない。

右往左往たくさんの模索をしたにちがいないのだが
ふたりとも、一旦日本に引き上げることを決意した。
6ヶ月間どんな思いで過ごしたかを想像すると
胸がいっぱいになる。


いま美和ちゃんは日本にむかう飛行機のなかだ。
大きな目で、言葉少なに話してくれたことの数々。
『よくわからんやつらやなぁ。』っちゅう、
雲がたれこめとるような印象を持ったこともあったが、
帰国前のこの数日で、いっぺんに雲が晴れた。


要領よくちゃきちゃきとものごとを進めることのできる者もいれば
不器用で不器用で思いを形にすることに時間を要する人もおる。


彼らはそろいもそろって後者やけん
これから日本に戻っても、苦も多かろうと思う。
しかしその熱い思いを通して、
その目で物事を選び取り
夢を実現させてほしいものだ。


  写真は、こうちゃんがこしらえてくれた料理の数々。

P1300150.jpg
  薄造りは、カワハギなのだ。


P1300167.jpg
  鶏むね肉マスタード巻き・トマトソース添え


P1300157.jpg

P1300161.jpg
  あぶり鮭の刺身と、カワハギのなめろう

 “なめろう”とは、
 三枚おろしにした魚を包丁で
 ねばりけがでるぐらい細かくたたいて
 ネギやらショウガやら薬味と醤油でいただく料理。

 刺身そのものでいけんならば
 いろんなふうに変わればいい。



P1300163.jpg
  お見事・ブラジルかぼちゃを上手く炊いとる


DSCF4079.jpg
  イカそうめんとアジのなめろう

DSCF4080.jpg
  揚げ出し豆腐!





いまオレ胸がいっぱい。
おさわがせカップルに、ぼっこしハートに穴ば空けられたごとある。
なんかすかんな〜、っちゅう印象は一掃され
がつんと闘牛にどつかれたかのような
恋のような思いすら彼らに抱いてる。

やつらがオレらカップルに託してくれた
タイシルクのクッションカバーの数々と
おそろしいほど美しい包丁。
P1300106_20130610071829.jpg


いただいた物、としてではなく、
大切なあずかり物、として、大事に使うけん
はやくブラジルに戻ってこい。
あるいはブラジルなんか吹き飛ぶくらいの
縁にみちびかれてほしい。

そう。
時を同じくして、5年間の任期を終えた駐在員が
今月末日本に帰国する。

彼を形容するにも『不器用』という言葉は必須だ。
彼とも、最近きちんと対面し話す機会をもてた。
初対面の印象をどわんとくつがえされた。
魅力あふれる人物やった。
政治や社会情勢の話をぎらきらとやりあい
楽しかったなあ。

彼はみずからもおっしゃるように
『ブラジルが好き』だ。
きっとブラジルにて縁が続くぞ〜。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

ゲイパレード2013夜の部  


牛7頭を焼く、っちゅうでかい祭りに参加したオレ。

なので
3年連続で観に行きたかったパウリスタ大通りの
サンパウロ・ゲイパレードをあきらめざるを得なかった。

132425850_21n.jpg


パウリスタ通りを走る神輿車には
各州のミス・ゲイが華やかな艶姿を魅せてくれるが、
今年喝采をあびたのは
最近女性と結婚した歌手のDaniela Mercuryの言葉
『みんなタンスから出よう(カミングアウトすること)
 時代は変わったんだ。タンスなんか吹き飛ばせ」。

para8-1.jpg

daniela-2.jpg

0725105050a9ff1a3490c1f24ea37488.jpg

火事場の馬鹿力などださぬとも
この兄ちゃんたちはタンスくらい投げ飛ばすんやろう。

嗚呼。オレも行きたかったなぁ、ゲイパレード。
と、しょんぼりするオレに、悪のささやきが聴こえてきた・・・

神輿車のゴール地点・セントロの夜の
ラストパレードに行けばいいやんヶ♪





よし。ゲイパレードも3年目であるのだから
ここはディープなエリアをめざそうではないか!

イカれた連中と
ガラのわるい連中しかおらん
へ、いざ行かん!


ここで腰がひけとっては、女がすたる。



っちゅうわけで
Largo do Paiçanduという
つねひごろからバイセクシャルがたむろする広場へ行ってきた。
DSCF4066_20130604074845.jpg
  ※ 売れっこ男娼の友人。あっ旋・紹介してほしい人はご連絡を。






ここは、このようなひとたちでいつも溢れとるんよ。
22_20130604074848.jpg



この日はいつもの10倍増しのカップルたちが。
DSCF4072.jpg


夫・Welderといっしょに来てないオレは
いちゃつく愛棒がおらんけん、ちいとつまらん。

ディープキスをかわす2カップルを、いじわるくジャマしたら・・・
DSCF4069.jpg

 ギロっと不機嫌ににらまれたが、話すうちに


フレンドリーになってきた。
DSCF4071.jpg

こいつら4人とも、い〜い男なのに
よりによって男が好きだとは! くそぅ。


男性同士・女性同士のディープキスを目にしすぎて
酔っぱらった。
濃厚すぎるったい。

視覚で酔うより、味覚で酔いたい、と
最後は道ばたの串焼き肉に吸い寄せられ
ぐでんぐでんになる。

P1300043_20130604025543.jpg

P1300042.jpg


がっ、
ここでぐでんぐでんに酔いつぶれてはいかんのだ!
DSCF4068.jpg

こげなぷよぷよお肉ちゃんと
いちゃついとる場合ではないのだ!!


ここは毎年パレード終了後に
ゲイたちが集って朝までぶちゅぶちゅしよるもんやけん

同性愛者をすかん連中が
殺意をこめて花火を打ち込む危険な広場 なのだ。
もたもたしとったら死傷者になってしまうぜ。

よし、とっととずらかろう。
撤収〜 ぴゅ〜〜ん。



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

赤飯だ!  


学校の懇談会に行ってきた。
P1290826.jpg

P1290825.jpg

成績についての話などを聞く。
親も学校側への要望などを遠慮なく言う。
オレは一言も発すことなくにやにや笑っている。


なぜならば、
またまた成績優秀賞を娘・Uがもらったからだ。
P1290831.jpg

P1290830.jpg


『勉強が好き』らしいけん、
おおいにうれしい。
だってオレ勉強すかんもん。

しかし、
各教科10段階評価で好成績をおさめておるのはいいばってん
P1290827.jpg


5 っちゅうのがあるぜ!
いったい何の教科かというと・・・
P1290829_20130606230135.jpg









  体育 げな!

『わたし運動は苦手』なんて。
サッカーもバレーボールもひとっつも楽しくないんて。

ボールは自分の予測のつかない方向に飛んでいくのだそうな。
・・・だいじょぶやか、オレの娘。


ところで娘・Uはごく最近初潮をむかえた。
14歳やけんね、遅いっちゃあ遅い。
オレも初潮は遅かった。
そんで、遅いことが、恥ずかしかったことを覚えておる。

ふたつ年下の妹のほうがオレより先に初潮がきたんやけど
そのことで、母親からいじわるを言われたことを
今も苦い思いで覚えておる。

日本では、っちゅうか、オレの印象では
初潮を迎える イコール 成熟した女性の体になった、と捉えとったが、
ブラジルでは
『男の子のことばっかり考えるようになったらやってくる』
と捉えてるんて。

なるほどね。
オレの妹はガリガリに痩せてておっぱいなんかペタンコなのに
早く初潮をむかえた、っちゅうことは
男の子のことばっかり考えよったったい。

オレの中学時代は
男の子のことより、部活と音楽のことで頭いっぱいやった。


さて。
ここブラジルでは初潮についても、あっけらかんとしとる。
近所の人も
『Uはもうmoçaなの?』などと、訊いてくる。
moçaとは、娘さん、っちゅうくらいの意味で
この場合は、『もう生理はきたの?』っちゅう質問。

日本では赤飯を炊いてお祝いするが
ここブラジルでは、なにも祝わないそうな。


生理がきた感想は『うっとおしい』という娘・U。
しかし『赤ちゃんが産めることがうれしい』そうだ。

オレは孫よりも、
運動神経活発なUの姿をもっと見たいなぁ。
よし。オレが体育を特訓しちゃろう♪



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

三〇日間休暇突入  


ブラジルは素晴らしい国だ。
なぜなら、1年間働いたら、30日間の休みがもらえるのだ。

昨年は12月に30日間の休暇をとったオレ。
今年は、会社側が勝手に決めやがったので、
6月に休むことになった。
したがって今オレは、休暇に入ったばかり

9987_381599235295064_1649824413_n_20130605003425.jpg

休暇突入の前夜祭では
愛すべきギャルたちと焼き肉も食べた。

 よし。これでぴちぴちで休暇を過ごせるぞ〜♪






 とはいえ、やりたいことはひとつしかない。硬派なオレのやりたいことは…























ちびと四六時中いちゃいちゃすること。


今朝も洗濯しようとすると
ちびがオレを応援してくれとった♪
P1300045.jpg


午後本を読んでいたら、飲みものを持ってきてくれた。
P1300050.jpg


ヤクルトを買ったことないオレのために、
わざわざ手に入れてきてくれたんやね、ちび。
ちびはオレが日本人って解ってくれとるんやん。
国際恋愛だ。
(だっこして、ちゅっちゅっちゅっ)

さあ、愛をふかめよう♪



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 9

牛の丸焼き  


色気より食い気だ。

っちゅうわけで、ゲイパレードでかわいこちゃんの舌を吸うよりも
牛の丸焼きを思う存分食べるぞ、っちゅう選択をして
いざむかうは、福祉施設・希望の家の祭り『Fasta Junina』へ。


P1290959.jpg

P1300041_20130604023323.jpg

広大な敷地内に、午前中から
こんなたくさんの車が集まっておった。
P1300040_20130604023326.jpg

バスをチャーターして遠方から
この祭りに参加する人々も毎年多くおられるそうな。
昨年の入場者は3000人おったとか。

希望の家は、1970年から政府の公認をえて
重度心身障害者療護教育施設としてスタートしとる。
『六月祭り』の収益は、園の維持費として役立てられる。

P1300004.jpg

P1300014.jpg




あいにくの雨天で、心配したのだが
会場は雨天にも万全な態勢であった。
P1300013.jpg

P1300007.jpg

屋根がしつらえてあって

P1300008_20130604032131.jpg


ステージにも屋根がある!
P1290988.jpg

したがって、オレらもぬれずに踊ることができたのだ。


そう。
オレは牛の7頭丸焼きを食べるだけでなく、
カーニバル衣装を着て踊るために来たんやった。


ダンサー様のオレたちご一行の控え室には
ずら〜りとごちそうが並べられとった。優遇されとるなぁ。

P1290982.jpg


やっほ〜♪
午前中からしっかりと腹ごしらえして
ビールもたらふく飲んで、、、
  腹ごしらえの時間とビールの時間とリハーサルの時間がそれぞれどれくらいずつかはトップシークレットだ。


DSCF4052.jpg

出番にむけてのりのりでステージへ〜♪











P1290993-1.jpg
前列手前のみどり色がオレだ。
総領事のおとなりで踊らせてもろたぞ♫




わっしょい、わっしょいと踊ったあとは
ようやく目当ての丸焼きの牛肉だー。
P1300001.jpg


このように、食べ放題であるのだが
P1300003.jpg


どうせなら、焼きたてをワイルドに食べたいやんか。

なのでカイピリーニャを買ったあと
牛7頭の焼き場に潜入。
P1300006.jpg









P1290966.jpg





わわわっ。こいつぁすげ〜や!

P1300026_20130604054613.jpg




P1300021.jpg

すげえ熱気だ。


P1300017.jpg

いくらでも食べていいぜ、と気前のいい兄ちゃん。
骨のとこを食べさせてもろた。

P1300019.jpg

はじめ人間ギャートルズもびっくり♫

P1300027_20130604023229.jpg

P1300028_20130604023226.jpg

でかい。
そして、部位によって味がそれぞれ楽しめる。

あばら骨をしゃぶり尽くしたときには
体の芯からぐらぐらと肉に酔いしれた。
肉で踊り、肉で酔い、肉づくしの祭りやったなあ。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

回らない寿司屋へ  


いぇいいぇ〜〜い♪
お友だちと寿司屋に行くのだ!
サンパウロでいちばん美味い、っちゅう前評判も耳にし
オレの心臓は朝からぼわんぼわん。

はりきって昼飯ぬきで挑もうとするオレを諌める夫・Welder。
寿司屋に行くまえに、そこらへんのちんぴらBARに引きずっていかれ
ジャンクフードのコシーニャと
ヘヴィーな酒・カイピリーニャを与えられるオレ凹
カイピリーニャにいたっては
『濃くつくってね』と店員にオーダーするほどの念のいれようだ。

くそー。オレに日本酒と寿司をぎょうさん頼ませんためだな。
P1290693.jpg

 負けるもんか〜!


到着した寿司屋は
カウンターがあって、板さんがずらりと並んどった。
P1290764_20130520070441.jpg

P1290763.jpg

カウンターには、非日系人がずら〜りと並ぶ。
カップルが多い。

しかしどのカップルも飲むんとしゃべるんに夢中で
目の前に何もなくなってもぜんぜん注文せんもんやけん
板さんたち手持ち無沙汰な様子。

板さんたちを悲しませてはならない。
よしっ。オレがじゃんじゃか頼んじゃろう〜♫
さあ、読んでるひとよ、うらやましがりやがれ。

刺し盛り
P1290698.jpg


ゆかいな友だち
P1290695.jpg


焼きなす
P1290701.jpg


牡蠣フライ
P1290706.jpg


揚げしんじょ
P1290704.jpg


特上寿司
P1290712_20130520070445.jpg


バッテラ!
P1290714_20130520070444.jpg



どんどんほおばる。
P1290745.jpg

P1290734_20130530080802.jpg


ウニが多くて醤油つけるんに横にたおせん軍艦巻き!
P1290720.jpg

P1290762_20130520070436.jpg



















P1290739.jpg

最後はぐんにゃぐにゃ〜に昇天。
ごちそうさまでした。

新寿司
Rua Afonso de Freitas,169 Paraiso
tel 3889-8700



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

かたつむりどこへ行ってもわが家かな  


わが家のまえの道を挟んだむかいがわは
違法に建てた住宅だ。
P1290529.jpg

P1290530.jpg

P1290527.jpg

securedownload_20130514071903.jpeg

この土地に病院を建てるらしく
警察官がやってきて住民に、たちのきを宣告した。

securedownload[1]

P1290490[1]


せっかく建てたのに壊さないで、とみんなで嘆願するも
聞き届けられそうにない。

雨露をしのげるだけの
質素でつつましやかなたたずまいの小屋たち。
崩されるのはしのびなく、大変やろうが
彼らは本当に少ない物で暮らしているので
きっとまた新たな小屋をこしらえ
たくましく生きてゆくやろう。



先日、会社経営者の為に経営哲学セミナーを行う日本のS会なるものの研修が
ブラジルで行われた。
研修に参加したのは会社経営者たち。
ひとたび会社を興した経営者の人々は
会社を維持してゆくために夜も眠れんらしい。


「貧となく富となく、共に銭財を憂うること有無同じく然り」(無量寿経)

「七珍万宝を倉の内にみてたれども…
 眼を閉じぬる後はみな人のものなり」(法然上人)


本当に価値あることへと
依りどころを転換することを
「転依」(てんね)といい、
 転依することを
 浄土教では往生(おうじょう)という。
「往生」は
「場所の移動」でなく
「状態の変化」である。




状態が変われば

かたつむり どこへ行っても 我が家かな

        田中木叉上人


となる。

本当に価値あることは自分のなかにある。



クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2