ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

年越しスパゲティ  


蕎麦が食べたかったのだ。
ばってん、そばちゃんはうちがたにはおらん。
では、せめてうどんを、と切望したが、
うどんちゃんもうちがたにはおらん凹

しかしイタリアの麺がおったぞ。ひょこっと出てきた。隠れとったんやろうね。
よし。おまえを食べちゃろう。
1日早いけど年越しスパゲティたい。


具は、極上だぞ。
P1390919.jpg

うねうねととげを動かす宇宙人のようなウニちゃんだ。


ちびも謎の生物としてウニに畏怖の念を抱いとる。
P1390930.jpg


下ごしらえは、娘・Uが、
P1390944.jpg

P1400184.jpg


調理は、夫・Welderが担う。
P1390951.jpg


見ため麗しき年越しスパゲティの完成だ。
P1390963.jpg


今年もたくさんの命をいただいて生きてきたなぁ。
P1390974.jpg


このウニのように濃厚やった2013年。
2014年もたくさんの命の糧にて六根清浄、生きていこう。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

ビーチに売りに  


まもなく2013年が終わる。
世界は1年の終わりと始まりにむけて
活き活きと息づいとる。

オレらは、日々海に収獲に行ったり木の実をもいだり
食いつなぐのがやっと、の、のっこらのっこら生活をしとる。

こんな消極的なことでは、いかんのではなかろうか、と
ふと思いつくオレら家族。

ここは一発、稼がねばならぬのではなかろうか!

台所もまだ出来ておらずガレージで調理しとるし、
庭のホースでの炊事は不便だが、
美味しいものをつくることはできる。


っちゅうわけで、商売を始めることを思いつく♪

売るのは、オレの体、じゃなくて、巻き寿司。

しかしただの巻き寿司じゃあ面白くないやんね。
タイ料理レストランを今後いとなむオレらやけん、
タイにゆかりのある巻き寿司にしたいなぁ。



熟考した結果、具はタイ料理のガイヤーンに決定。
P1360074.jpg




試作に試作をかさねて、
P1390982.jpg

P1390845.jpg

P1390983.jpg


おいしく巻けるんじぇ〜♪ っと念じながらどんどん巻いて・・・
P1400005.jpg

P1390888.jpg


どうにかこうにか完成。
P1390858.jpg

P1400001.jpg

P1400064.jpg

P1400027.jpg

P1400033.jpg




さぁ、看板ば作るばい。
P1390911.jpg

アリンコちゃんも応援してくれとるもんね。
為せば成る♪

さて。巻き寿司を、ビーチで売り歩きに出発〜♪
これぞ托鉢ぜ。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

娘は15才になったのだった  


すっかり忘れとったばってん、
3週間前に、娘・Uは15才になったのだ。


娘の誕生日恒例の
オレ中心の写真をずらずら並べようかとも思うが、
1枚だけにしとこう。

 ※ Uとオレの成長記録写真を見たいかたは、ココ(←クリック)


blog_import_4f4b7f630a66a_20131209022324d37_201312202259590ce.jpg


 生後6ヶ月の娘を初めて海に連れていった日の写真だ。

こわがって泣きよる。こんなに海好きになるとはなぁ。




娘はこのとき、ばつぐんにかわいいけど、
オレは、15年前より、今の自分のほうがかわいいと思う。
たくさんの経験が刻印され栄養となって成長したように自負しとる。
 


この写真を撮影した、娘・Uの血縁上の父親とは離婚してしもたが、
いまのオトンがWelderであることを
15才になったUがとても気に入っているのではないか、と思う写真を
どこどこ並べよう。

P1390499.jpg

P1390502.jpg

P1390504.jpg

P1390492_2013120823442830c.jpg


両親がべったべた仲良くしとる写真をこんなに撮れるなんて、
娘のハートが澄んどる証拠ではないか、とオレは感じるのだ。







P1390514.jpg

オレみたいなやつが母親であるがために、
ぐるんぐるん振り回され、おおごとな思いも多々しとるUへ。

 ありがとう。たくさん感謝しとるよ。


ブラジルでは、15才の誕生祝いは、とくべつ盛大にやるんだそうな。
うちは、なにひとつ特別なことはせんかった。

いつだって誰の誕生日もたいしたことはやらず、
静かににこにこ過ごすのがオレら家族のやりかたやけど、
18才の成人祝いは、いままでのぶん全部まとめて祝っちゃりたいなぁ♪



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

学校はいったい…  


娘が入学する高校を探しつづけとる。
ブラジルは、12月で学年が終わり、2月あたりから新学年が始まるんよ。
したがって、娘・Uは、来年から高校生になるのだ。

公立(無料なのだ)で良い学校・そして通うことのできる距離、っちゅうくくりになると
選択は限られてくる。

「ここならば」と、選んだのは、
近所のひとにも評判がよい学校。
となりの集落にある。

下見と説明をきくために隣りの集落を訪れたのだが、
道に迷う。

途中、道をたずねたら教えてくれたその学校に通う娘さん。かわいいなぁ。
P1390196.jpg


娘さんの教えに従って、目印である大きな大きな木を探す。
P1390203.jpg
ほんとにでかいなぁ。

この木の前にあった学校は、
学内もひろびろとして、生徒たちは太陽のように明るい。
P1390205.jpg

P1390204.jpg


この集落でも、日本人はとても珍しいらしく子どもたちは興味しんしん。
P1390198.jpg



バスで50分くらいかけて通わなければならぬが、通えぬことはない。
P1390202.jpg

P1390200.jpg


よし。ここに決めよう、と手続きに進みたいのだが・・・

サンパウロにて通っていたろくでなし学校が
必要書類を作ってくれんのよ凹

その書類を学校が作ってくれさえすれば、
取りに行ってくれて郵送してくれる信頼のおける友人はサンパウロにおる。
なのに、学校がまだ書類を作ってくれんったい凹

「年内にその書類が届かねば入学できない」と校長先生にいわれた。

もう年末年始の休暇に入っとる職員もおることやろうし、
たいへんな危機ではないか!

娘・U、はやくも浪人か!? と、暗雲たれこめるオレら家族凹

まぁよか。ここはブラジル。
1年くらい留年してもなんちゅうこともなかろう。
・・・ばってんやっぱり入学させちゃりたいなぁ。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

ラクダを焼く  


友人・ラクダと諍いをおこして、へそを曲げとったオレ。


ふんっ。おまえなんかとは距離を置いた付き合いしかもうせん!

 と、しばらくのあいだ、ぐつぐつしとった。


ばってん、文句を言う、っちゅうことは、
好いとう、っちゅうことやんね。
すかん、と本気で思ったらば、静かに立ち去ればいいだけのことだ。

やけん、っちゅうて、やっぱり仲良くしたいねぇ、と
自分から歩み寄るのも照れくさいやんか。

そんなとき救世主になってくれたのは、われらの車・カナブン号♪

クラッチが壊れて動かんごとなってしもた。
修理工場に入院げな。
P1400266.jpg



「車がこわれてきょう家に帰れんけん、泊まらせて〜」ゆうて
助けを求めたんよ、ラクダに。
P1400286.jpg

夜遅くまでお酒を飲んで語り合って、
腹の中すっきりした。


オレは、言葉を額面通りに受けとめる単細胞だ。
社交辞令がよくわからんのよ。
「OK」と言われればそのとおりにずんずん進んでいくし、
「NO」と言われれば、引く。
そしてオレ自身も一切の無理なく、そのように人に接しとる。

そしてラクダもおそらく、その点はオレと同じ。
やけんオレも歯に衣きせずにつきあいやすいんよ、あいつとは。

そやけど、人間というのは、当本人すらそのつもりがないのに
いっぱいいっぱいになってしまって、許容量をオーバーしてしまうことがある。
オレはラクダがそうなっとることに気づかんやった。
思いやり不足やったったい。
わるかったなぁ。

かたくななこころが解けてよかった。
心はいつも、水のようにさらさらと流れるようでありたい。
そうすると固まっても石のようにはならずに、たかだか氷。
いつかは解けるやんね。




というわけで、今年のクリスマスは、
去年・おととしと続いた子豚の丸焼きもせず、
四つ足動物どころか鶏すら焼かんで、
ラクダとともに潮風にふかれ太陽に焼かれてすごす。
IMG_0088_201312250845034c1.jpg


海の幸・サーモンのマリネで乾杯だ。
IMG_0122.jpg

西の聖者よ。たんじょうびおめでとう。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

西の聖者の誕生日  


去年も、おととしも、
P1260568-1.jpg

クリスマスには子豚を焼いたオレら家族。
P1260695_20131224022211312.jpg


今年は何を焼こうかなぁ♪ と、わくわく肉屋に出かけた。

この肉屋、新鮮な肉がうようよおるのだ!
























1400324_20131224192057a1a.jpg.jpg

おなじみの鶏ちゃんたちや、
P1400336.jpg


ほろほろ鳥もこんなにわんさかおる。
P1400334.jpg


ひょうきんな佇まいのガチョウたち。
P1400338_201312241936132cd.jpg


ヤギもこげんおるばい!
P1400332.jpg



西洋社会では
人間は特別で ほかの動物たちは人間のたべものとして
神がお創りになった。(と肉食者は聖書を拡大解釈している)
なので動物を食べることに抵抗がない。

東洋人はあんまり肉食をしてこなかったが
仏教でいう「殺生をするな」とは
動物に限ったことではない。

仏教では動物も穀物も植物も石ころもぜんぶが命。
新陳代謝。
無機物は有機体となる。

土は養分として摂取されて植物となり
植物は動物に摂取されて動物となる。
草食動物は肉食動物に摂取されて・・・・
食物連鎖。

すべての命は切れ目なくつながっている。
命を自分の命として頂く=それが『いただきます』。

いただいた命をみずからの命の糧として
ムダにしない生き方をするのが本当の不殺生戒。


さぁて。
今年の西の聖者の誕生日には、何を焼こうかなぁ♪



クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

Natalのフェイラ  


友人・belleに連れられて、フェイラ(青空市場)に行ってきたぞ。
P1390735.jpg


オレらがタイ料理に使うスパイスもちゃんとある。
P1390732.jpg

P1390733.jpg


P1390734.jpg
一見じゃがいもに見えるこれ、
さわるとぶにょぶにょしててとても気色わるい。
おなかの薬に使うんだとか。



ここ、ノルデスチでは、Carne de Solっちゅうて、
干し肉の料理が盛んだ。

フェイラでも、たくさんの干し肉が売っていた。
P1390738.jpg


めずらしいな、と思ったのは、
牛肉だけでなく、鶏肉や豚、そして内臓も干して売ってあること。
P1390736.jpg

P1390737.jpg

P1390739.jpg

椎茸や切り干し大根と同様、
お肉も干すと栄養価が増すのかなぁ。


魚もあったぞ。
P1390741.jpg

P1390740.jpg


Natalに越してきて初めての買う魚は、
このシオウバっちゅう鯛科の魚に決定。
P1390742.jpg


丁寧に塩をして、夫・Welderが炭火焼きにした。
P1390760.jpg

P1390770.jpg

P1390772.jpg

ボクにはくれないでちゅか? 
ちびには骨だけをあげまちゅねっ。

干し肉に旨味が増すように、
炭火で焼くと、なんでも美味くなるなぁ。
シオウバ、いつかは釣ってみたいもんだ。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

漁へ  


猛スピードで家の工事ば進めよったらば、
おさいふがまっかっかになってしもたばい、わっはっは。

切り詰められる箇所は切りつめらなならん。

 それは、飯代だ〜!


さいわい、オレがたのまわりには素晴らしき海がある。
やけん漁へ行けばいいったい♪



いちばん近いビーチの地形はとても面白い。
P1390480.jpg

天然の岩が防波堤の役をして、波がないんよ。
潮が引いたときには、この岩の上にのぼることができる。

しかしここは、なかなか危険な場所なのだ。
P1390562_20131208234606809.jpg


岩の向こうの外海は、断崖絶壁。
オレが愛する沖縄の環礁のように、荒波が容赦なく打ちつけてくる。

ここでたくさんの死者をみてきた、っちゅう地元の人の話も聞いたけんビビるよなぁ・・・
P1390539_20131208234559bc3.jpg


きたーーーーーっ!
P1390528_2013120900244705c.jpg

にっ、逃げろーーーーーっ。


ぎゃ〜っっ!!
P1390541_2013120900270769c.jpg


ざっぱ〜ん!











こわいよ〜、ぶるぶるぶるぶる・・・


P1390565_20131209003117125.jpg

  へっぴり腰で逃げるオレ凹



くそ〜、こげなことで負けてたまるか。と再び岩にしがみつく。
P1390550_201312090031167d0.jpg

本日は手ぶらでは帰らんぞ! 
 と気合いを入れ直し、岩の上をうろいた結果。





娘・Uは、カニと塩を収穫した。
P1390633.jpg

P1390638.jpg





そして、オレの収穫物は・・・


























P1390635.jpg

 ウニ〜!

P1390622.jpg

P1390644.jpg





帰ってさっそく、Uがウニを解体。
P1390659.jpg





オレは、カニの汁を作る。
P1390648.jpg

P1390665.jpg


生きたカニを鍋に入れ、火をつける時は石川五右衛門を想う。
P1390666.jpg


合掌したあと、鍋を開けると、まっかっかになったカニが。
P1390667.jpg


カニの命がびっしり詰まっとる美味!
P1390699.jpg



そして、ウニは・・・





















軍艦巻きに。
P1400206.jpg

 絶佳!


たっぷりのせたけん、海苔がぐにゃぐにゃになってしもたばい。
P1400199.jpg


自分たちで獲って、自分たちで命を調理し、いただく。
そうすると、満たされるのが腹だけではないことに気づく。

漁で獲った命の栄養は、
オレらの肉体のみならず、こころのすみずみまで行き渡る。



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

KAYA!  


オレらが暮らし始めるまで、
この家は5年間無人だった。

オレらはできるだけ目立たぬように
ひっそりと静かに暮らしておるのだが、
日本人が珍しい、あるいは、オレがかぐわしい芳香をただよわせているためか、
あっ、ちゅう間にオレらの存在は、
やつらの連絡網をかけめぐってしもうたごとある凹

ついに、見つかってしまった。
見つかったからには、襲撃は避けられぬ。Oh Noooooo!!!!!!!!!














発見され狙われ始めたオレら。
やつらは毎夜毎夜やってくる。

うずまき型のけむり反撃も、
スプレー噴射も、
やつらには効果がないのだ。

ゆいいつ効果があるのは、オレの痛烈な平手打ちなのだが、
こころやさしいオレは、
やつらにビンタをくらわすのをためらってしまうのだ。
なぜならビンタをくらわしてしまうと、
やつらはぺっちゃんこにつぶれて息絶えてしまうけんね。
仏教徒のオレは、殺生はできるだけしたくないのだ。











 っちゅうのは建前で、
やつらがすばしっこすぎて、オレの平手のほうが劣勢、っちゅうのが真実凹


やつらのおかげで、
毎夜毎夜、眠る事ができない、っちゅう苦行を強いられ、
かるくノイローゼ気味だ凹


というわけで、いま欲しいのは、蚊帳!
images-1_20131218200425e68.jpeg



おっと、『カヤ』で思い出したぞ。

日本時間の12月22日夜は、小川榎也のライブではないか♪

〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固2-19-9 百田ビル B1F
TOBIUO (←リンクあり クリック)にて、
カヤとPONZIのバンド『Mission from God』が
7年ぶりに帰ってくるのだ。

861885_618278588233956_1284392225_n-1_20131218200708349.jpg

1421337_618278578233957_1756578488_n_201312182007254d2.jpg

1457501_233659983468489_840410109_n.jpg

こいつらは本当にかっこいいぜ。

KAYAのギターは聴く者の聴覚をつきやぶり、
PONZIのライブペイントは視覚では捉えきれない。
やつらの全身全霊のライブを体感できる人は
本当に幸福だ。

嗚呼。行きたい!
やっぱりカヤを切望しとるなぁ、今日のオレは。



クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

しっくいで真っ白  


家中、どんがらがっしゃん、と 工事の真っ最中だ。
P1390424.jpg


天井をしっくいで塗る作業も佳境に入っとる。

P1380407_20131208230131361.jpg


粉のしっくいを水で溶いて、このように塗っていくのだが、
P1390176.jpg


家中、こなこなで真っ白けっけったい。
P1390175.jpg


黒猫であるちびも、毛が白くなってねずみ色のネコになっとる。

肉球に至っては、
真っ白けっけなのだ。
P1390701.jpg

P1390443_20131209200332b8e.jpg


したがって、どこでもここでもちびのスタンプだらけになっとる。
P1390352_201312090104250e6.jpg

P1390705.jpg

P1390719.jpg


ちびの行動をたどれて、オレら家族はとっても愉快。
そして、ちびもスタンプ押すのんが楽しそうやん♪
P1390716.jpg


今日はちび、どこに足跡つけるっちゃろうか・・・
と、わくわくして目覚めたら、オレの顔みて娘がげらげら笑いよる。
P1390899.jpg

オレ、顔にスタンプ押されとるげな凹



クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

ナイロンタオルvs砂  


女優を職業としとる黒木瞳さんは、
体は、手か絹の布で洗うのだそうな。
なるほど、彼女は繊細で傷つきやすそうな姿体をしとる。

オレの肌は、見てのとおり、とても頑丈だ。
日焼けもへっちゃら、化粧水もいらぬ。
愚鈍な皮膚、と言い換えてもいいぐらいったい。

今まで生きてきた42年間、体はナイロンタオルでこすっておった。
日本からブラジルに移住したときにも、ナイロンタオル持参である。
あれに石鹸をつけて、ごしごしと体をこすると、とても気持ちいいんよ。
オレの必需品のなかの大切な一品である。

それなのに、だ。
そのナイロンタオルを紛失してしもうたったい凹

庭のホースで水浴びするのは楽しい。
ばってん、ただの布タオルで体をごしごししても、手応えがなくて
びしっ、と体も気持ちも引き締まらんったい。

苦肉の策として、っちゅうか、ホースの水浴びにも飽きてきたことやし、
入浴は、うちから歩いて20歩の湖・Lagoa de Aritubaに飛び込むことにする。
P1380751_2013120718252783e.jpg


土日ともなると、近所の人々の憩いの場所となる
美しい湖なのだ。
P1380750_20131207175526658.jpg


環境ば壊したらいかんけん、石鹸など使わんぞ。

ここの砂は、粒子が細かくて、さらさらしとる。
手ですくって、体中にぬって、こすったらば・・・つるっつるになった!
1476312_694760587223907_567923594_n.jpg

ナイロンタオルどころか、石鹸すらもういらんやもしれぬ。



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

ゆず到着  


サンパウロからの引っ越し荷物がようやく届いた。

運転手さんからの電話が鳴る。
「いま、近くまで着いとるばってん、
 トラックが道にはまって到着できんのよ」げな!

わが家の前の道は、舗装されておらず、
さらさらの赤土でできておる。
なので、四輪駆動以外の車にとっては、試練の道なのだ。



どれどれ・・・と様子を見に行ってみると、
P1390309.jpg

 わぁお。ばっちりはまっとるね。




さっそく、助けに向かうオレらのTOYOTAハイラックス。
P1390190.jpg



しかし、いくら引っ張れど、びくともせず凹
P1390317.jpg

P1390310.jpg


結局、近所の大型トラックにて引っ張ってもらうことになった。
しかし家のまんまえに引っ越しトラックを乗り入れることはかなわず、
家のはるか手前の道に停めて、荷物を運び入れることに。

P1390322.jpg


引っ越し業者さんにとっては、
「これまでで一番過酷な仕事だった」と。

夫・Welderもこの作業を手伝ったのだが、
よれよれのずたぼろになっとった凹
ブラックベルトの搬入・搬出よりもはるかに過酷だった模様。



深夜におよぶ荷物運び入れのすえ、
最後に運び込まれた積み荷は、植木たち。
















P1390328.jpg

ゆずの葉が、枯れずにあおあおと茂っとったことに感動!

30日間、日光も水もない灼熱のトラック荷台にて、
3000kmを移動してきたゆずの苗木。

よくぞがんばってくれた!
あしたは朝一で、きみたちを大地に植えるぞ。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

万年生きなかった亀  


『鶴は千年、亀は万年』。

亡くなった祖母の名前は『ツル子』やった。
親戚のばあちゃんの名前は『亀寿(かめじゅ)』。


ツル子ばあちゃんは、千年生きんやったし、
かめじゅばあちゃんも、万年生きんやったばってん、
今もむかしも、子の長寿をねがう親の思いは変わらない。

かめじゅばあちゃんは、
息子さんが起業し大成功したことによりお金持ちになり、
経済的にとても豊かな暮らしをしていた。

彼女が亡くなったとき、遺品の整理を手伝ったらば、
部屋のさまざまな箇所から、万札がいっぱい出てきた。
隠しとったんやね。

靴下の中からもざくざく出てきたときには、
とても悲しい気持ちになった。
こんなに豊かな暮らしをしとるのに、
金銭的に安心することができんかったんやなぁ。



かくゆうオレも、長生きしたい、無病息災でいたいなぁ、って常々願っとるし、
大金持ちになりたい夢も、少なからずある。
しかし、それがかなわんやったときに備えて、
精神を鍛錬することを、第一に考えておる。

どんなぬかるみや、とげとげだらけの険しい道も
力強く歩んでいく、それが仏教の教えだ。















ウミガメの屍を浜で見つけた。

P1390298_20131208233208896.jpg


何年生きたのかな。
なんで死んでしまったんやろう。

親ガメが、涙を流しながら産んだ卵から孵って、
一所懸命海にむかって歩いた日から、
ずっとずっと力強く海で生きぬいてきたのだろう。
えらかったなぁ。

長寿はかなわんかもしれんし、
重い病気になるかもしれん。
富も築けんかもしれんばってん、
いっしょけんめい生きよう、と感じた。
合掌。



クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

みどり豆  


ブラジルにおいて、日本でいうところのみそ汁にあたるのが
煮豆なのだ。

定食屋にいっても、ごはんとおかずのほかに、
必ず豆(フェイジョン)が出てくる。

サンパウロは、茶色い豆、
リオ・デ・ジャネイロは、黒い豆が一般的。
そしてこれらは、どっかりとボリュームがあるので、
朝ごはんや夜ごはんに食べるには、少々もたれるけん、
ブラジル人も、フェイジョンは昼ごはんのときのみ、っちゅう人が多いんよ。


オレが暮らし始めた、ここノルデスチ地方では、
みどりの豆がポピュラー。

このみどり色の豆、非常にあっさりしとる。

まるで、夏の日本における晩酌の際の枝豆のよう♪
さっぱりとして旨味も深いので、
オレら家族は『えだまめ』と名づけて気に入っとるんよ。






もぎたてのみどり豆をサヤから出したてで売ってくれる路上のお店。
P1390259.jpg

P1390246.jpg


娘さんといっしょに、さやから外す作業をやらせてもろた。
P1390255.jpg

ぴちぴちした豆をさやからするするっと外すのはとても楽しい。

今夜ももぎたてのみどり豆で、一杯いきまひょか、ねっ♪



クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

車を手に入れる  


地下鉄もなく、
バスも著しく本数の少ないのがオレらが暮らす集落だ。

食材の仕入れや、そのさきに必要になるお客さんの送迎なども考慮にいれ、
車ははやい時期に必要だと、ずっと探しつづけていたオレら。

こんな金色のバギーをほしがったり、
P1380062.jpg


まっきっきのかっこいいジープを欲しがるオレを
1458429_690311144335518_545363248_n.jpg



軽く諌めつつ、堅実に車選びをがんばってきた夫・Welder。







そんな彼が、
足回りの強い車の必要性を感じたうえで、
(レンタカーで移動しとるときに色々感じたそうな)
この町ではエンジニアが当てにならない、っちゅうことも考慮にいれ、
アジアやアフリカの僻地で今も長く活躍しておるハイラックスとかランクルを中心に
パジェロ、フロンティアやらを含め選択した結果、
この99年製のハイラックスに到着!
P1380135.jpg

P1380137.jpg

P1380140.jpg



すべての部品は、日本製らしく、
ディーラーのおっさんも、
「この車は日本製のオリジナルだから(会うたびに再三強調するんよ)
 もし問題が起きて他の店で変な部品をつけられたらつまらんけん必ずウチに来い」
  っちゅうような車なんよ。
P1380437_20131209015559187.jpg




オレららしい、っちゅうか、
Welderらしいなぁ、って感じる。
縁があったんやろうね。
日本でもTOYOTAの大きいのんに乗りよったWelder。
これからも、このハイラックスを可愛がりながら乗りこなしていくんやろうな。



ところで、この車にニックネームばつけよう、っちゅうことになって
娘・Uがつけた名前は・・・『カナブン』!

色が似とるげな。



P1380399_20131209015213654.jpg
キャンペーンガールのオレは、さしずめゴキブリか!?



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

全裸で水浴び  


シャワー・トイレを設置するバスルームは、
ただいま工事の真っ最中なのだ。
P1390179.jpg


本日ようやくタイルを貼り始めのだが、
P1390210.jpg


さっそくタイルが足りなくなり、丸1日をかけてタイルを買った凹


なぜ、そんなに丸1日かかるほどのろまな動きしかできんか、っちゅうと、

 タイル屋に行く
  ↓
 タイルの在庫は、はるか遠くの倉庫にある
  ↓
 そこまで自分で取りにいくしかない。

   っちゅう手順となるからなのだ。



このように、遅々としてシャワー室の工事は進まんけん、
唯一水のでる庭のホースにて、体を洗っておるオレら。







































P1380599_20131206230938db3.jpg

ワイルドにして開放感ばつぐん!

いつ敵におそわれるかわからんけん、
つねに緊張もしとかなならん。
いい男が通りかかったら、オレのほうが襲いかからなならんけん、
目も光らせとかなならん。

スリル満点の毎朝毎晩の水浴びであるのだ。



クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

日々の食事  


夫・Welderが厳選して、ガス台を選んだ。
P1380330.jpg


火力も強く、ちからの微調整も効く優れもの。
いい買い物をしたなぁ。

いまの食生活のかなめは、このガス台にかかっとる。
こまかな調理器具もなく、冷蔵庫もないけん、
一食一食を時間をかけてつくらなならんったい。

皮むき器や、おろし金に対して、こんなに感謝する日がくるとは、
思いもよらんやった!

道具のない不便ななかで、こしらえる料理。
P1380446.jpg

P1380521_2013120702110232d.jpg

P1380540_20131207021106da1.jpg


じゃがいもは節約生活の主要食になりそうだ。
揚げて高カロリーにして食べなならん。
P1380612.jpg


インドカレーだって作るのだ。
P1380534.jpg


湖を眺めながらの立ち食いは素晴らしい♪
P1380865.jpg


カップラーメンを1度だけ食べた。
P1380512_20131205184256f52.jpg

 化学びりびりで、おどろくほどの不味さやったぜ凹

食べたあとの容器をどんぶりとして使っとるけど・・・

・・・やっぱり気に入った器で食べたいなぁ・・・






















P1390286_20131205182822df9.jpg

っちゅうわけで、
皿洗いならぬ、皿拾い 始めました。


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

慎勿放逸  


家の入り口の、
階段を登りきった海の見えるこの場所に、
いつかは魚板をつるしたいのだ。
P1390216.jpg


魚板とは、このような物である。
20110620224008f63.jpg


ブラジルの木で創りたいなぁ。
h071111_1.jpg


カンカンカンカンカンッ、っちゅう音で毎朝めざめて一日を始めたい。
Dsc_0663.jpg




朝、この魚板を叩いて、偈文を申す。



  警悟偈(きょうがくげ)

 謹白大衆 つつしんで大衆に申す
 生死事大 しょうじじだい
 無常迅速 むじょうじんそく
 各宜覚醒 おのおのよろしく覚醒すべし
 慎勿放逸 つつしんで放逸(ほういつ)なかれ



簡単に、ゆきゑ解釈を述べさせてもらうと、こうだ。


生き死にの問題を解決することは大事だ。
時間はあっというまに過ぎる。
それぞれしかと目をさませ。
くだらんことにうつつをぬかしとるひまはないぞ!


朝めざめたら今日1日を与えられておるではないか。
しょうもないことに時間を使うな。

 っちゅうわけたい。



キリスト教では、
『死をつねにわすれるな』と説く。

オレらの仏教では、
『念死念仏』だ。 つまり、 死を思い仏を思う。

さあ、あたえられた今日を思いっきり生きるぞ。



クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

キャンプ生活開始  


家の入り口のドアノブをようやく取り替えたぞ。
錆びとって、つかいもんにならんかったんよ。

NATALに到着して、はや2週間。

なぜドアノブごときに、こんなに日数を要したかというと、
取り替えるにしても古い型やけん、同じのを探すのに手間取ったんよ。

さぴたドアノブを取りはずして持ち歩き、同じものを探しまわった。
ブラジルでは、工事に使う物品はすべて自分で探して
「これば取り付けておくれ」と工事屋さんに頼まなならん。

P1380422.jpg
取り付けてくれたのは、近所に住むファビオ。
彼に工事主任になってもらうことにした。
彼は前住人の庭師やったんよ。
庭師だけでなく、この家の工事にも携わっとったけん
この家のことをいろいろ知っているので、今後もたくさんお世話になるだろう。

敷地を囲う網もやぶれかぶれやけん、塀をつくる必要がある。
防犯的にはかなり問題がある状態にあるばってん、
ここらで、家に暮らし始めることにした。
友人のラクダやbelleにいつまでもお世話になっとるわけにはいかんけん。







オレらより前に、すでにここに住みついとるやつらもおったばい。




おっかなくでかい蜂たち。
P1380403.jpg

仲良くできるかなぁ・・・


蜂さんたちと仲良くできるかどうかのほかにも、
問題は山積みだ。

水は、庭のホースのみしか出らんのよ。
野菜や皿や体を洗うのもここだ。
P1380618.jpg


トイレはこげな状態やけん、シャワーはできんけんね。
P1380585.jpg

おしっこもうんちも外やん、やっほ〜♪
DSC_0310.jpg



冷蔵庫は買ったけどいつまでも届かんばい。
『さすがブラジル!』っちゅう、のろまさは、サンパウロでも多々感じてきたが、
ここノルデスチでは、もっともっとのんびり時間が進行しとるごとある。
いつ届くことやら。

そけど、ガス台は買って運んできたけん、調理はできる!


P1380592.jpg

Gesso(しっくい)の粉にまみれながらでも、
ぐっすり眠れるのは、ここちよい疲れのおかげ。
独身時代に石垣島にてバックパックかかえてキャンプしよった暮らしを思い出す。

一晩目の感想。
「楽しいでたまらん。」



クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

木の注文  


木材屋に行った話は以前書いたが、
ほかの店にも行って、値段や品質を比較検討しとるんよ。

で、ようやく注文する店が決まった。
P1380339.jpg


オレ好みのマシンも揃っとる。
P1380341.jpg

P1380342.jpg


オレが特に力を入れたいのは、
ドリンクカウンターに使う木だ。
そのカウンターの内側には、
店のマスコットガールであるオレが常に立つっちゃけんね。大切やん。

P1380344.jpg



いろいろ選んだ結果、この板に決めた。
P1380338.jpg

イペ っちゅう、強くて美しい木だ。
節目の模様などがとても気に入ったったい。

素晴らしいカウンターに仕上がることやろう。


オレが木材にのぼって遊びよるあいだに、
娘・UとWelderは、引き戸やドア、窓枠の見積書をばっちり取った。
P1380356.jpg


P1380350.jpg

ラクダは待ちくたびれて、寝てしもた。
よし。日ごろのうらみを晴らすために、ぶっとい木で殴り起こそう。



クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

モテたぞ♪  


地元の人でにぎわうBARで飲んでいたら、
P1380235.jpg

店員さんがオレに、折り畳んだ紙ナプキンを持ってきた。

「ほかのお客さんから、渡すようにことずかった」と。

開いてみると・・・

























P1380221_20131127231029dfa.jpg

わお♪ これは、ラブレターではないか!
ブサイクな友人といっしょにおったので、
オレのかわいさが引き立ったっちゃろうね。


オレらが日本語でしゃべりよったけん、
英語で書いてくれたんやろう。
やさしい紳士なんやろうなぁ。
うれしくなって、お返事を書くオレ。
P1380222_201311272310271e7.jpg

This is a pen 以外の英語を書けるとは自分でも驚きだ!


店員さんが、オレの返事を運んでいった先には・・・




 ばりばりオレ好みの男性が!




いてもたってもいられずに、彼のほうにふらふら吸い寄せられるオレ。
恋が始まりそうだ♪








しかしオレは『人妻』。

このまま、彼とモーテルに休憩しにいくわけにはいかんのだ凹










しかたなしに、夫・Welderに紹介する。
P1380230.jpg

ぶーぶー文句を言うWelder。
WelderにあやまるMario。


彼・Marioは、アフリカからやってきて10年ブラジルに暮らしておるげな。
容姿も声もどんぴしゃなオレ好み。

いい愛人ができたなぁ、やっほ〜♪
週に1回は彼とデートしよっと。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6