ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

みのれみの〜れ  




野菜や果物がどんどん実りよるわが庭。
DSC_0301.jpg

DSC_0304.jpg


収獲したトマトとパクチーを添えたパッタイは10時のおやつに。
P1550701_20141031193923f00.jpg


オクラを散らしたヤムウンセンは3時のおやつに。
DSC_0300.jpg

P1550646.jpg


トマトを辛いスープに沈めたカオソーイは夜食に。
P1550912.jpg




もちろん、朝昼晩の3度の食事は、犬のメシを食べておるのだ。


んで、食前酒には、カクテルが良かろう。

『朝の果物は金』というではないか。
今朝は、カシューナッツで有名なカジュの実と
グァバが庭で実っとった。
P1550673.jpg


がらがらがらっ、と氷とピンガとともにミキサーにかけて
フレッシュカクテルのできあがり。
P1550679.jpg



夕暮れにもってこいなのが、ココナッツ。
DSC_0101.jpg


穴をあけて中の水をコップに入れたあとは、ふたつにかち割る。
DSC_0115.jpg


中の果肉をスプーンで刮いで、果肉入りココナッツカクテルも良し♪
DSC_0119_201410311928247ee.jpg


ミキサーでクラッシュすれば、とろ〜りココナッツミルクのカクテルに♪
DSC_0107_20141031192829468.jpg






庭のブーゲンビリアでは、小鳥のヒナも孵った。
P1550762.jpg

 はげちょびんが3匹だ。もう少し太らせてから食べよう。




そして、野良猫の赤ちゃんは、今が食べごろ。
P1550831.jpg

 まるまるとよう太っと〜♪


クリック♪ 
 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

どうすればいいのだろうか  




ジョジョ、羽根もはえかわり、見た目も立派になってきた。
P1550466.jpg
 (水浴びをしたあと羽根を乾かす様子)

大けがをした直後からすれば見違えるように快復した。
毎日毎日たくさんお日様を浴びた成果だろう。



寝る子は育つので、食事のあとはうたた寝する。
DSC_0375_201410192239383af.jpg


くつろぐときの定位置は、オレの足の付け根。
DSC_0316_201410200034313a2.jpg

P1550346.jpg


たまに、こんなあぶない場所にちょこんとおったりもする。
DSC_0287_20141017010031550.jpg




ケガは完治したように見受けられるが、
なかなか上手く飛べない、否、飛ばない、とも言える。

理由は、猫・ちび。

黒くてしっぼが長い、っちゅう共通項は、
「ちびはぼくのおねえちゃん」という勘違いに発展し、
どこに行くにもちびに付いてゆくジョジョ。



ちびがうんちをするときにジャマをして、
DSC_0398_2014102000345520d.jpg

DSC_0400_201410200034565b4.jpg






ばっこーーーーん、と猫パンチでぶんなぐられておったが、

DSC_0401_20141020003458297.jpg

 ちっともめげないジョジョ。



DSC_0363_20141020003432941.jpg


きらわれても、きらわれても、ちびを追う。



DSC_0367.jpg

 落ち武者のような風情の黒い二人・・・かわいいなぁ。





ジョジョについて重大な心配事がある。


 すべての猫を仲間と思い込んどること。


きのうも今日も、野良猫を見かけたらぱたぱたぱたっと飛び降りて
ついて行こうとした。

野良猫はぎんぎらぎんの目でジョジョを狙ったが、
危機一髪でWelderが猫を追っ払ったので事故はふせげたが・・・




遠くを飛ぶ同類の鳥・アヌーを見ても
ちっともぴんとこない様子のジョジョ。
DSC_0175_201410170100303e0.jpg

DSC_0174_20141017010029020.jpg

DSC_0169_201410170100295c9.jpg

このアヌーは大きさからしてジョジョと変わらぬ年頃だろう。
わが庭にジョジョを迎えにきてくれたのだが、
ジョジョは、仲間と認識しておらず、きょとんとしとった凹












ni_p_20141020005127b8d.gif

昨今のオレの脳内はジョジョのことでいっぱいである。


猫に食われず生きるには、
DSC_0391.jpg

ちびから離れて巣立つには、

どげんせばいいっちゃろーーーかーー!? じょっ♪


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

娼婦を並んで買う男  



映画『Bruna Surfistinha』を観た。
日本では劇場公開はされておらず『サンパウロ、世界で最も有名な娼婦』というタイトルで
DVDが発売されとる。

実在するサンパウロの娼婦・ブルーナの自伝小説
(O Doce Veneno do Escorpião — O Diário de uma Garota de Programa)を
原作としている映画。
bruna-surfistinha-movie-poster-2011-1020688887_20141023005603446.jpg


この映画を観たことにより、
いままで自分が抱いていた『女を買う男がきらいだ』っちゅう感情が
ますます増長した。


20代のころ風俗店の受付嬢をやりよったことがある。
バニーガールの格好をしてエントランスで客を迎えるのだ。
次から次にくる客に、待機しとる風俗嬢をマジックミラーで選ばせるという業務。
接客中の女の子は待機室におらんので、写真パネルも用意してある。

女の子を選ぶ男の目を思い出すと今でもジャリッとした感情が生まれる。
ギラギラしとる目もあれば、ひんやりした目もあった。
バニーガール姿のオレをみる目もイヤなもんやった。
風俗店のバニーガールとラスベガスのカジノのバニーガールの違いは
客の目つきにも表れる、っちゅうわけたい。

人気のある女の子を、長時間待ってでも選ぶ客もおった。
ほかの女の子を選んでほしいので、
「あなたのまえに5本入ってます」と
わざと身も蓋もない言い方をするのだが、
それでも待つ、とやつらは言うのだ。
そのことにオレは、強い嫌悪を感じたものだ。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

AD

category: からだ

tb: --   cm: --

お金もらうけん  



日曜日は、ブラジル大統領選挙だ。

選挙権を持たないオレだが、
選挙権を持っとる人に願う。

 ジルマを当選させてくれ。


企業寄りの人間がトップにたつとたいへんなことになるぜ。
設備が整ってない・不潔だ・待ち時間が長い・・・など
みんなが文句たれたれの公共の病院は、
良くなるどころか、病院自体がなくなってしまうかもしれんぞ。

流れを変えたい、という気持ちはようく解る。
ばってん、アエーシオはダメだ。
上流層だけが潤うごとなるぞ。
完全にアメリカに呑まれるぞ。
石油のPETROBRASがアメリカのもんになるぞーー。
無料で医療を受けられんくなるぞーー。
低所得家庭の子が公立大学に入れんくなるぞーー。

しかしこの辺りのことをちっとも解っとらん人間は多く、
ファビオなんかも、
「俺に50へアイスくれた人に投票する」と断言しよる。
「お金ほしいけん」と。
票を売る、っちゅう行為は、
ここいらへんびんぼうエリアでも常なのだ凹
どうかファビオの票を買うのが、ジルマでありますように。



オレの理想は、労働党のジルマが当選し4年勤め上げた次は、
ルーラに返り咲いてほしい。
これが数年単位でみてのブラジル庶民にとってのベストだと思う。
fc2blog_20141025011948206.jpg


きのうライブを観に行ったサンパウロのHIP HOPアーティストのエミシーダも
「Ole ole ole olá,〜 Dilma〜 Dilma〜♪ 」言うとったぞ。



さて。
オレも、お金もらうけん。

このつぎに投稿するブログ記事のみ、
オレさま初の 有料記事 とする。
さわりのとこだけ無料で読めるようにしとくけん、
気に入りそうな内容だ、と思ったかたは買うちゃって。

あることのために小銭が欲しいんよ。

値段も強気に決めた。
たったひとつの記事を読むのに300円もぶんどろう、っちゅう腹黒たい。
あなたからもらった300円を握りしめ
目的実現にむかって走り抜けよう、っちゅう筋肉腹たい。

その目的については記事の最後に書いてある。
『な〜んだ、そんなことか』と、思われるかもしれんが、
記事の内容自体は、『な〜んだ、しょうない』と
思われないものを書いたつもりだ。

誰かが読んでくれるかな、とわくわくするが、
ざんねんなことに、誰が買ったか、っちゅうことは
オレにはわからんしくみになっとる。

DSC_0058 のコピー
 ※ 有料記事にはオレのビキニやヌード写真はござらん、さめざめと悲しんでけろ。



支払いのカード番号を入力したり
購入手続きはいささかわずらわしい。
煩雑な手順を経て読んでくださるかたを
お持ちしとる。

※ なお『有料記事絶対反対』のコメントが100件をこえたら
  いつもどおり無料とする。


クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

精進米のそのあとに  




最近、料理のことを書いとらんな。
友人のなかには、オレの料理の記事しか読まん、っちゅうやつもおるのだ。
それぐらい、オレさまが日々食べよる食事が美味そうだ、っちゅうことやろう。

では、昨今の主食を紹介しよう。
DSC_0603_20141024123402c2b.jpg

 まあ、おいしそう♪ やろ?!


器が美しいと、中身まで素晴らしく見えるものだ。
この器は、サンパウロの『文美』っちゅうブランドの昨シーズンの作品だ。

精進料理ですかっ? 雑穀米ですか? 五穀米でしょうねっ? やろ???


 ちがうのだ。


   じーーーつーーーーはーーーー、コレの正体は・・・































犬用の米 なのだ。

P1550650.jpg

P1550651.jpg


安いんよ。

やけんしばらく食べ続けた。

理由は、節約のため。
なぜ節約なさるの、ゆきゑさん?


 ライブに行くためなのだ。




しかも2日連続で、ぜ。 やあ、うれしいなぁ。



ばってん、この犬用の米、もう買わん。
オレも食べんしボクにも食べさせんことに決めた。

見た目は美味そうに見えるし、食えんこともないのだが、
洗うときに、息をのむほどの光景が繰り広げられるんよ。

カビで米と米が団子状態にくっついとったりするので、
ただの古い米というだけではない謎めいた魅惑の米なのだ。

米のとぎ汁も、息をのむほど美しい。
ガンジス川もこれほどではあるまい、っちゅうくらいの美しさなのだ。
沐浴はおろか、手をつっこむこともはばかられるほど。

それにね、実はたいして安くない。
最安値の人間用のブラジル米と、2へアイス(100円)しか変わらん。
日本米は、これの5倍の値段やけん猛烈に高いのだが。

まあよか。
人生は節約と挑戦の匍匐前進で成り立っとるのだ。





さて。
気持ちを、ガンジス川と節約と挑戦から離そう。



 今日と明日ライブに行くアーティストはこれ。




1日目のメインは、
サンパウロのラッパー・エミシーダ♪

Emicida - Levanta e Anda (clipe oficial) part. Rael






こっちのライブ曲は、Wilson das Nevesというサンバの大御所とのコラボ。
尻軽のかわいこちゃんと別れた話を、ユーモアたっぷりに綴っとる曲で、
オレ大好きなんよ。

Emicida - Trepadeira Feat: Wilson das Neves ( Ao Vivo - Sesc Pinheiros )






で、ネイマールをフューチャーしたこんなPVもある。

Emicida - Zica, Vai Lá...(Official Video)

ステレオタイプなアジアの解釈がまた愉快なMVだ。
ネイマール・ファンへ。ネイマールが出とるのは 1:40からと、4:00あたりから。




そうしてそして、2日目のライブのメインは
リオのラッパー、マルセロD2。

古い作品から、ふたつ。

Marcelo D2 - Gueto



Marcelo D2 "Você Diz Que O Amor Não Dói" (Videoclipe Oficial)




アコースティックライブの一曲。
Marcelo D2 - Vai vendo (Acústico MTV)




 と、まあ、今回は2日ともHip Hopなのだ♪


腕が鳴るわ♪ 腰もぼきぼき鳴るわ♪ 
ガンジス川で溺れよる場合じゃないわ、おっほっほっ♪


思いっきりビッチな格好で行きたいが、
何しろブラジルのライブは、
開始時刻が4時間遅れでメインのアーティストは明け方に登場するのが常凹

最後は地面に座り込むことになるので、
ハイヒールはしんどい。
よし。ジャージ上下で運動靴。ラジオ体操の格好にしよう。


クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

光がいっぱい  




ジョジョは、黒アヌー、っちゅう種類の鳥で、
和名は『オオハシカッコウ』。

ブラジルでは、日本におけるカラスのような存在らしい。
きらわれものなのだ。

白アヌーは幸運を呼び、
黒アヌーは不吉の兆し、などという汚名をきせられとるげな。


しかしわが家のジョジョに限っていえば、その限りではない。

なぜならば、
ジョジョが来てからのわが家は、光をもらいっぱなし。

『光をあたえる(Dar a Luz)』とは、ブラジルでは『出産』を意味する言語。
DSC_0305.jpg

 そう、
 いまわが家・ゑんには光明がふりそそいどるんよ!




ブーゲンビリアでは、小鳥の夫婦が巣をこしらえ、
DSC_0416_201410192240241f5.jpg
 (こんな低いところに巣を作ったのはなぜだろう・・・)


めでたく卵を3つ産んだ。
DSC_0414.jpg


女の子がいっしょけんめいあたためておる。
DSC_0287_20141019224026bd4.jpg




一方、裏庭の朽ちかけた小屋の倉庫は、こういうことになっておる。

P1550641_201410192301231f3.jpg


のら猫が2匹の赤ちゃんを育てておるのだ。
P1550633.jpg


うちはレストランをやるので野良猫に住みつかれては困る。
ばってん、子育て中だけはおおめにみて、エサをあげることにした。
P1550637.jpg

 母猫は、こびるのがとても上手く、Welderにすりすりしてエサをねだる。



そんで、もうひとりの Dar a Luz はどこでしょっ?!








もう何匹かの赤んぼうは、このおなかの中におるんよ。






















DSC_0329_2014102220585282c.jpg

 おーーっほっほっ。どうだまいったか四十四のマルコウ出産たい。




 ・・・誰も信じてくれんでちゅねっ。はい。この腹の中身は脂でちゅよっ。



赤ちゃんを産むおなかはこっちでちゅよっ。
  ↓



















P1550644_2014101923000154a.jpg

乳首もふくらんできて授乳の準備をはじめとるちびの体。
あと10日ほどで産まれるのではないか、とオレは見立てておる。


ちびの赤ちゃん、かわいいやろうな。
産まれるのが楽しみでならん。
そしてもうすでに、里子に出すのがさみしい。


クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

そげな決勝戦オレは認めん!  




われらがチーム・タバティンガは、いくつものリーグに参加しとる。
それぞれ、何度も予選があって、
本大会の出場資格を得て勝ち抜いてゆく方式のリーグだ。


ばってん今回の、このリーグはすごいぞ。

たった1日で勝ち抜き戦をやり優勝まで決めるのだ。
そのチーム数、なんと24。


外野もいっぱい集まっとる。
DSC_0329.jpg

DSC_0359.jpg


人口密度が高いけん、
DSC_0321.jpg


隣町の知り合いと偶然会ったりもする。
DSC_0287 のコピー



音楽もがんがんかかりよる。
DSC_0320.jpg



チーム・タバティンガはゴール裏に陣取って、
DSC_0287_20141014001626496.jpg


わいわいがやがや出番を待つ。
DSC_0284_20141014001647896.jpg


待ち時間も長いが、いろんなチームのプレイが観れて楽しい。
DSC_0288.jpg

DSC_0335.jpg

DSC_0331.jpg



それにしてもいろんなチームがある。
DSC_0357.jpg

プロチームの名前をそのまんま付けたのや、
ユニフォームがそっくりの、とか。

タバティンガのチームメイトである友人・ニュードは、今回、
チーム・ABC(NATALのプロチーム)にて出場した。
対戦相手は、パウメイラス(サンパウロのセリエA)だ。
DSC_0353.jpg


スポンサーもすごいなぁ。 フィアットぜ!
DSC_0325.jpg



タバティンガは実在のスポンサー名で作った地味〜なユニフォーム。
DSC_0363_20141014001405709.jpg

 来シーズンあたり、レストランゑんがスポンサーになれるといいな。



焼き鳥や大鍋のフェイジョアーダを持ってきて
売っている人もおる。
DSC_0330_2014101400143852e.jpg

DSC_0314_2014101400155898a.jpg


打楽器で演奏されるサンバで歌って踊り、
DSC_0309.jpg


セッションに飛び込んでゆく夫・Weder。
DSC_0350.jpg


林のなかでは、ちいさな子どもたちもプレイしておる。
DSC_0313.jpg




チーム・タバティンガは先シーズンの成績が良かったので、
2戦を勝ち抜くと決勝進出が決まった。
DSC_0364_201410140014047bc.jpg

DSC_0368.jpg

DSC_0378.jpg


ばってん、なかなかもめた試合であった。
っちゅうのも相手選手がうちの選手を殴ったんよ。
DSC_0385.jpg


こういうとき審判に必死で抗議する選手も外野たちも、大迫力だ。
DSC_0390_201410140013409f8.jpg




日が暮れてきてだんだん暗くなる。
DSC_0295_20141014001622792.jpg

DSC_0309 2


準決勝は、同点のまま後半終了したのでPK戦で決着をつけた。



そうして、
いよいよ決勝戦でチーム・タバティンガが立ち上がった時には、
日はとっぷりと暮れて、真っ暗になってしもた。
DSC_0326_20141014013026465.jpg




・・・このカンポには、電灯がないのだ。


       さあ、どうやって決勝戦をやるのだ?!












来とる車を全部乗りいれて
車のライトで照らそう
、という案が。



それしかないね、と話してたのだが、


 主催者は こうのたもうた!



















決勝はPKで決めれ。



24ものチームが集まって、何戦も勝ち抜いての決勝を
PK戦だけで決めるだと!?
車のライトが気に入らんなら、
来週に決勝戦は延期、とか、なんか方法を考えようや、

 と、みんなでわいわい言うても、声はとどかなかった。


で、決勝のPK戦。
2014101400153027c_20141021051041113.jpg

DSC_0320 2




 タバティンガは負けてしもたーーー凹 あ゛ーーー凹








17才のデブは、得点王のトロフィーをもろたけど、
DSC_0328 2


準優勝の祝勝会はひとっっつも盛り上がらんかった凹
DSC_0329 のコピー

 つまらんなぁ、こんな決勝。
 
まあね、ブラジルやもん、特にノルデスチやもん、
いつも通りに段取りがわるく、のっこらのっこらとしか進行せん。
24チームもの勝ち抜き戦、っちゅうのに、
試合開始を1時間遅れて始めた、っちゅうのがもういかん。

ブラジルの太陽だけは、
1、2時間くらい遅れてしずんでくれんかなぁ、と心から思ったぞ。


クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

温泉が恋しい  



マウリシオにしろファビオにしろ、
わが家の工事にたずさわっとる友人たちとオレらとは、
美的感覚がずいぶん違う。

彼らが、集落でいちばんかっこいい、と評する家は、
コレやけんね。
P1550508.jpg

こげな汚い色のタイル貼った四角い家など、オレにとってはクソ面白くない。



しかし彼らはオレの好みもよーーく把握してくれとるけん、
オレの好みそうなものをどんどん提案してくれる。

どこそこの門はきれいだぞ、とか
最近できたあそこのコンドミニオはかっこいい、とか、
あの家の屋根こそが理想の屋根だ、とか。


先日マウリシオが
「近所にかっこいい家があるぞ。観に連れてってやる」っちゅうけん、
迎えに行った。
P1530781.jpg


かわいい娘さんが、お犬さまを洗っておるとこやった。
P1530783.jpg


かっこいい家は何処に?




それは、マウリシオんちの裏にあった。
P1530831.jpg


じゃーーーーん!
P1530790.jpg


別荘として使っておるこの家は、ふだんは人が住んでいない。
P1530830.jpg


かっこいいエントランスやなぁ。
P1530829.jpg


内部も、木をふんだんに使い、森林の匂いが香り立つようだ。
P1530825.jpg

P1530823.jpg


山荘のような静謐とした佇まいがオレ好みだ。
P1530806.jpg

P1530800.jpg

P1530802.jpg



プールは、まるで露天風呂のような雰囲気。
P1530817.jpg

 嗚呼。山奥の温泉が恋しい! ひなびた、っちゅう情緒が恋しい!



遠くには、タバティンガのビーチが見える。
P1530808.jpg

 森林と海を同時に味わえる別荘。贅沢やなぁ。


ガラスごしに室内を撮影。
P1530801.jpg

 すてきな家やなぁ、と、わくわくし、
 オレらもがんばるぞ、と、気合いが入る。


よし。
今後の工事の作戦会議をしよう、と、
親方・ファビオんちに裏から向かったらば。





















P1530832.jpg

表札がわりに『ワニ』っちゅうてファビオのあだ名が書いてあった。
潔くてかっこいい家だ!! 見習わねばならぬ。

『ゑん』の壁には、金玉マークをどどーーんと書こう。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

カリスマ女将  



レストランの開店準備は着々と進んどるが、
物質面に限らず、
メンタル面・体重面ともに、女将としての貫禄を増してきとるオレ。

ケガが快復してきて、少し飛べるようになったジョジョも、
オレの片腕として、迫力ある容姿になりつつある。
DSC_0321 のコピー




どやっ? なかな強そうやろうが?
DSC_0298_201410171832381c5.jpg

 そんなオレらがコンビを組むとしたら、
 あこがれるイメージは、このおかた。
    ↓






















artwork_images_113308_518562_robert-coburn.jpg

ジョジョもこげん大きくなるといいなぁ。


オレはでっかくなったジョジョを肩にのせて、
魔女のようにかっこいい女将として君臨するのだ。










わが家には、さいわい、
目つきが悪くいかめしい黒猫までおるもんね。













DSC_0005_20141006035739e3a.jpg


















黒い猫と黒い鳥と黒い女将。
どんな悪をもよせつけぬ
最凶にかっこいいトリオではないか!









どーーーーん!
DSC_0358 のコピー


ででーーん!
DSC_0340 2


ばーーーーーんっ!

DSC_0349 2



















黒猫を従え、黒い鳥を肩に乗せた女将が
がらがら声で「いらっしゃ〜い」っちゅうて あなたを迎え、
キーーーーッガターーーンッ、とドアが閉まるイメージ・・・





あんさんもびっくりするやろ?!
30041415943alfred-hitchcockjpg.jpeg


子どもたちは泣きわめき、近所で評判のおっかない館として
『ゑん』は他の追随をゆるさぬ抜きん出た存在となるであろう。
pajaros-atacando-ninos.jpg




おーーっほっほっほっ。ああ愉快♪

DSC_0364_20141017193241243.jpg





 ・・・と、わくわくしとったら、夫と娘にピシャッとドアを閉められた凹

鳥やら猫やら黒いばあさんやらがうろうろしよるレストランげな言語道断! 
3匹で裏の畑で遊びよけ! と。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

強い体をつくる  


人間の赤ちゃんはとても弱い。
やわらかい体をやわらかい皮膚が覆い、親の庇護なしでは、生きて行けぬ。
親は、やわらかく弱い子を守るために、さまざまな注意をする。

植物もまた、新芽の時分は弱いものだ。
なのでそのつぼみや新芽の部分を害虫や微生物から守るために、
抗菌作用のある物質を弱い部分に送っているのだ。
新芽の部分に限らず、
植物は、けがをすると傷口を守るための樹脂を分泌する。
自分のケガ用の薬を自分自身で作りよるんやね、すごいなぁ。

この抗菌作用のある樹脂を、ミツバチはちょいと拝借している。
それがプロポリスである。
細菌や微生物が増えすぎぬよう、ミツバチは巣の内部にプロポリスを塗っている。

プロポリス(propolis)。
プロポリスとは、ギリシャ語の『Pro』。
『守る』の意。
そして『Polis』は『砦』という意味。

ミツバチの功績のおかげで、
われわれ人間も抗菌作用をもつこの物質の恩恵を受けている。


ブラジル人はプロポリスをよく使う。
製造業者もたくさんある。
日本にもブラジル産のプロポリスはたくさん輸入されとることやろう。
品質がよい、と評判が高いのもブラジル産のプロポリスだ。

天然の抗生物質として、オレもたいそうお世話になっておるプロポリス。
風邪ひきそうやな、のどが痛いなぁ・・・っちゅうときには、
スポイトでのどに直接かける。
propomax-liq_20141012233634559.jpg

オレがいちばん好むのは、これ。
スポイト式のアルコールなし。
いちばん効くように感じる。
スプレー式のは味が甘くやさしい。
カプセルや錠剤タイプもある。
さまざなタイプがあるので自分に合うものを選べるのも良し。



さて。
わが魂の容れ物である肉体を守ってくれる抗菌作用のある物質は、
なにもプロポリスだけに限らない。

いつも申しておるが、『太陽の光』が、
オレにとっては抜群の抗菌作用ある光明である。

 と、つらつらと書きよるオレが、今おる場所はここ。
DSC_0405.jpg



日光浴をして羽根と骨をつくりよるジョジョを見守りながら。
DSC_0381.jpg

DSC_0396.jpg

野良猫とか野良犬とかいっぱいおるけん、守っちゃらなならん。
まだ飛べなくて、すぐ枝から落ちるんよ。



 と、ここで、夫とバトンタッチして、オレは室内へ移動。



プロポリスのついでに、
はちみつの抗菌作用について調べてみた。
旧約聖書には
「心地良い言葉は、蜂蜜のように魂に甘く、身体を健やかにする」
 っちゅうことわざもあるもんね。

医学的にも炎症・潰瘍・ふきでものに効くこうが証明されとる。
まむしに噛まれた際の治療にも使われるげな。

はちみつがどれぐらい強い殺菌力があるか、っちゅうと、
チフス菌は48時間以内に、パラチフス菌は24時間、赤痢菌は10時間で死滅するんて。

プロポリスにしろ蜂蜜にしろ、ミツバチさまさま、である。




さぁて♪

夫はジョジョをちゃんと守っておるであろうか・・・

 ベランダに出てみると・・・





びっくり仰天して下をのぞきこんどる小鳥の夫婦!!

DSC_0363_20141012230943983.jpg




 その視線の先には・・・・・
























DSC_0364.jpg

 太陽を浴びながらヘッドホンで音楽を浴びておる
 ルンルンの夫・Welderが♪






一時は家出した小鳥の奥さん、戻ってきて2羽は仲直りしたんよ♪
DSC_0365_20141012230939713.jpg



この子たちも花の蜜を飲んで、それはそれは美しいうんちをする。
10421222_857849954248302_3938867263918274440_n.jpg

DSC_0362.jpg
素敵やな。

口に蜜あり 腹に剣あり、やったら、こうはいかんやろう。



体に取り入れるもので、体は作られる。

食べものに限られることじゃないやろな。
思想も体の内部を形作る重要な要素だ。

何を食べ、何を思うか。
何を薬とし、何を毒とするか。
 やね。


クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ブラジルvs日本は11-2で  



やあやあ、本日はサッカーブラジル代表と日本代表が
親善試合をやるのだな。
10月14日、日本時間19:45、ブラジル時間7:45キックオフ。

思い返せば、4ヶ月前のワールドカップまっただなか、
日本人サポーターと
昨シーズンのNATALチャンピオン・Tabatinga FCとで、
ビーチサッカーをしたのだった。

輝かしい思い出だ。

      ビーチサッカーの話はココ(←クリック)


主催のタクジが動画をあげてくれとる。
われらがタバティンガ勢が登場するのは5:00あたりから。
オレもちらちら映っとるよ。

日本人サポーター vs チーム・タバティンガ ビーチサッカー♪
@ポンタネグラビーチ




4ヶ月後のいま観てこそ、ぐっ、とくるなぁ。
ほんとに楽しい催しやった。

そして、そんとき土産にもらったコレも、
いまごろ食べてこそ、ぐっ、ときたぞ。
P1520046.jpg

 もう日本では、売っとらんのやろうなぁ。。。


さぁて。
香川は負傷して出場せん今回のゲーム。
こないだのジャマイカ戦も、なんだかなぁ、な内容やったので、
すっきりとしたゲームが観たいもんだ。

対するブラジルは3日前のアルゼンチン戦を完封で勝利しとるけん
ノリノリである。
アルゼンチンにだけは負けるな、と思うとるブラジル人は
かなりの数おるので、勝ったことを評価し、
ドゥンガぎらいのブラジル人たちも、いまんとこ悪口を潜め
あいさつの言葉は、ブラジ〜ル♪ っちゅうてごきげんである。


本日は、集落のみんなとテレビ観戦しようと思う。
平日の朝やけん、
学校が午後の部の子どもたちもいっしょに観よう。
DSC_0312 のコピー


 ダビルイスは出場せんらしいが、
 未来のダビ・ルイスとチアゴ・シルバが生まれそうなわが集落。
sosias3.jpg

zaga.jpg

thiagosilva_davidluiz03_marcioiannacca_15.jpg

 大人も子どもも目を輝かせていっしょに観るのがサッカーだ。








サムライブルー vs
DSC_0295.jpg

DSC_0416.jpg

ブラジルまっきっき♪ 

日本に勝ってほしいなぁ、とは、言わん。

なぜならば、
こないだオレにとってのブラジル代表である
チーム・タバティンガは、
大切な試合で負けてしもたのだ。
負け具合も過激だ。


11 vs 2 げな凹

オレが応援に行かんかったらこのざまだ。
こげなことでは今シーズンのNATALチャンピオンは狙えまい。


なので、本物のセレソンブラジルには、汚名返上として
11 vs 2 で、勝ってもらいたい。


クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

川で遊ぶ  





子どもの日(Dia das crianças)なんよ、10月12日は。
日本以上に盛り上がるブラジルのこの日。
今年は、SMSじゃなくて(SMSやったらSMスナイパーの略になってしまう)
FacebookとかのSNS上で、
自分のアイコンを子どもんときの写真にチェンジする、など、
おとなもおおいに盛り上がっとったブラジル。
子どもっぽい人間性は世界一のお国柄かもしれぬ。



さて、
日本に暮らしとる時分、娘が幼児やったころも、
子どもの日に何ひとつイベントをやらんかったオレ。

5月5日が近まり、娘に何かねだられれば、
「それは端午の節句、っちゅうて男の子の日なんよ」と逃げ、
ひな祭りとなれば
「折り紙つくって流そうや、もともとそういうもんやけん」っちゅうて
はぐらかしよったもんね。


ブラジルの子どもの日の本日、
わが家の前の湖には、大型貸し切りバスがずらーーーり!
すぐ近くのビーチでも、駐車場は満車で道に車がずらーーーーり。
その隣のプールでは、ガキどもが芋洗い状態であった。
おっかないな、子どもパワー。




で、オレらはファビオ一家と、山間部の川に遊びにでかけた。
地元の人しかおらん、しずか〜〜な集落である。
うちから車で30分。

カナブン号もうれしそうなこの集落の名前は・・・忘れた。
DSC_0453_20141013083800348.jpg


おとなたちは、右側のBARで心置きなく飲む。
DSC_0404_20141013083802d1a.jpg


子どもたちは思う存分、川で遊ぶ。
DSC_0425.jpg

 おとなと子どもがべつべつに楽しめる素敵な休日ではないか♪


何度でも飛び降りるビーニョ。
DSC_0428.jpg


飛び降りる妹・フラビアを、下から見守る兄・ビーニョ。
DSC_0432.jpg


大はしゃぎするガールズ。
DSC_0417.jpg


何度でも飛び込むわよっ。
DSC_0440_20141013072301b3c.jpg


1、2の3〜〜♪
DSC_0442_20141013072303e40.jpg




川魚の養殖をしながら、
レストランを営む家族が数組暮らしておる小さなこの集落。
DSC_0458.jpg


土と木のみでこしらえた家も素朴であたたかい。
DSC_0463.jpg


オレらは建築家なので、
これから庭に建築予定の日除け屋根も参考にする。
DSC_0456.jpg


魚を養殖しとる水は、美しく、
DSC_0465.jpg


ピラルクもおった。
DSC_0477.jpg

 水面に雨粒の波紋が美しく、ピラルクは上手く写らなかったのだが。


ピラルクは、淡水魚の王者だ。
南米のアマゾン川流域に分布し、沼地や川の流れのゆるい所に生息する。
先住民にとっては重要な食料源として古来から漁が行われ重宝されておる。
3メートルにも育つらしいぜ。


で、オレらがいただいた魚は、チラピア(Tilapia)。
DSC_0469_20141013072332516.jpg

 川魚のくせに、まるでタイのように美味。
 触感もぶりんとしとって、揚げると抜群やった。


集落の家族がこしらえる料理は奥ゆき深い味わいで美味い。
DSC_0468.jpg


それを近所の集落に暮らすオレらが家族でいただく。
DSC_0473.jpg

 休日の素晴らしいひとときを過ごさせてもろうた。
 この集落に訪れた日本人はオレらが初、であるそうだ。名誉やな。



場所を移し、もう一カ所ちがう川にも遊びにいった。
DSC_0494.jpg

 ここでも魚が養殖されとって、興味津々。

DSC_0516.jpg



ぽつぽつ雨が、
DSC_0499.jpg

DSC_0502.jpg


やがて、はげしくなり、橋の下で雨宿りする子どもたち。
DSC_0509.jpg

 ひゃーー。かわいいなぁ。胸がきゅんとする風景だ。




やがて、ワニも泳いできて、情緒あふれる川の光景は深まる。
DSC_0524_20141013085133d6b.jpg




川遊びに飽きたオレは、敷地内で素晴らしき光を見つけた。
DSC_0538.jpg

 たまごから孵って2日目のひよこ。


 ブラジルでは、出産のことを
 「光をあたえる(Dar a Luz)」っちゅう言語で形容するのだ。
 スペインも似たような言い回しするよね。いずれも素晴らしい。


「本日は、子どもの日、ざます。」

  と、おごそかに述べ、光をわしづかみにした菩薩・オレ。









DSC_0547.jpg





さぁ〜〜〜あ、連れて帰りますわよ、っと、
ビーニョと車に乗ろうとしたら、

DSC_0554.jpg


 「だめだ!」 と、ワニが言い、
 「これ以上扶養家族を増やすことはできん」と、森のクマさんが言うのだ。

子どもの日に、
子ども連れ去りを泣く泣くあきらめたオレである。


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

いい女になるには  




高校時代の友人に、『いい女』がおった。
いまとなっては何語なのかすら不明な死語であるが、
その当時では、アンニュイ、と形容されるのが彼女であった。


『いい女』と評されるために有利な特徴:さらさらな髪。
細くて、ちぃと茶色がかっとったらなお良し。


その当時(30年ばかし昔)は、
この特徴と、細めの体があれば、
80%『いい女』であった。
今現在だと、きれいな歯、なども有利に働くだろう。



で、残りの20%に必要なのは、
やはり動作だ。
がさつにどたどた動いてはいけない。
ゆっくりと動くのだ。

目線の動かし方も大切だ。
顔ごと視線を動かしてはならない。
視線だけを動かす女は、もてる。

話し方も重要だ。
ぺらぺら饒舌だといけない。
早口でもいけない。
話し始めるのにもひと呼吸置く、くらいのテンポこそ
どうしても彼女の話を聞きたい、と欲されるのだ。


同級生のこの彼女、年上・年下問わず、おおいにもてたのだが、
オレの冷静な評価を申せば、
「おてもやんにそっくりのブス」であった。

「女は顔じゃねぇな。
 雰囲気さえ醸し出せばいくらでも男はだませる」
と、
彼女より2段階ほどブスな上、
さらさらじゃない髪を金髪短髪でモヒカンにして
ラバーソールやドクターマーチンでどたどた歩いとった当時のオレは
おおいに溜飲をさげたのだった。


しかし、彼女はとてつもなく楽しいやつであった。
彼女の機知にとんだユーモア、
からからと底抜けな笑い声こそが、彼女が愛された理由だ、と
いまとなっては解っておる。
頭の回転が早く、話題も豊富であった。
彼女はオレにとって、今でも親しく感じる友人である。


雰囲気美人であることは、いい女の入り口にはなり得るが、
継続して『いい女』であるためには、やはり中身が必要。
中身ぎっしりの彼女は、いまも老若男女たくさんにもてておる。





写真は、こないだオレを口説いてきやがった少年。
DSC_0317.jpg


『夜目、遠目、笠の内』とは、
どんな醜女も美人と錯覚させる力のある事柄だが、
真っ昼間・近く・帽子なし日傘なし、のオレでも
たまーーーにもてることがある。

『扁平顔で童顔の日本人はエキゾチックに見えるんやろ?』
『珍獣にみえたんやろ?』
  などと、つっこまんでくれよ。

めったにもてない、っちゅうことは、
もてたときの喜びがひときわ大きい、っちゅうことやけん、
オレは幸せだ。

万人にもてるよりも、
極少数の変わり者に熱烈に愛されたほうがゆかいな人生が歩める、て
オレは思うんよ。

想像してみて。
変わり者の彼は、変わり者ゆえに
少数派で珍しいあなたを愛しているのだ。
これは稀少にして貴重だ。
あなたの代わりは、めったに存在せん、っちゅうことやけん
彼はあなたを大切にするやろう。
 

見た目・雰囲気『いい女』で、男をほいほい寄せ付けたあと、
唯一無二の内面でがっちりとつかむことができたら、
鬼に金棒たい。

 と、いつまで経ってもいい女になれんオレは
 ゴールドじゃなくて菌棒を振り回しながら思うんよ。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

高き・低きの比較  



今夜はどこに飲みにいこうかしら、と飲食店を選ぶ際、
店の客層を思い浮かべて飲み処を決めることがある。

『今夜はゆっくりだらだら気遣いなく酒を飲みたいなぁ、
 同伴するのはヘヴィスモーカーの友人やし。』っちゅうときに、
入った居酒屋の臨席に、幼子連れで酒を飲まない家族がおったら、
だいぶんしょんぼりする。
やけんそういうときは、ガキが決して敷居をまたげないような
硬派な居酒屋を選ぶもんね。

で、ここブラジルNATALでも、
びんぼう人の客が子だくさんで来て
がちゃがちゃうるさく騒がれるのはいやだわ、とか、
わたしくはキラキラに着飾っとるのに
臨席のご夫人はTシャツ短パンビーチサンダルでスッピンだわ、とか、
いろいろと店選びで思うところのあるかたはおる。

そのあたりを差別化してほしい人が選ぶのが、
エアコンがある店、駐車場が広い店、
内装外観の豪華な店、などなど。
ほったて小屋のような外観の店に、お金持ち層は来ない。
NATALはとくにその傾向の強い土地柄といえる。

つまり、よ。
金銭をかけ、ある基準の雰囲気をかもしだせれば、
味は日本のファミリーレストラン並みでも客がつく、
そういう傾向もある、ともいえる。

サンパウロでも、その傾向は定着しておった。
しかし、NATALより食文化が進んでおったサンパウロは、
決してこぎれいではない店でも、味が良ければ客はついておった。
文化としての食は、日本のそれに近くなりつつあったのが
巨大商業都市にして、外国人も多く暮らすサンパウロ。

日本の食文化のすぐれた点は、
たとえみてくれが悪かろうが
テーブルが油でぎとぎとやろうが、美味ければ客が来る、っちゅう点。
少々清潔感に欠けることすらスタイルとなり評価される店も多々ある。
オレ自身も、気取ってて美味くない店よりは、
汚くて飾りっけがなくても人の創り出す味の美味い店を選ぶ。

わが『ゑん』も、そちら寄りの店だ。
熱心に清掃にはげんどるけんテーブルが油でべとべと、っちゅうことはないばってん、
ぴっかぴかのギラギラは、オレ好まんのだ。


田中木叉上人(←リンクありクリック)はこうおっしゃっておる。

 水仙とくらべたら高くても
 杉に比べたらまだまだ低い
 何と比較するか 
 比較対象の高いひとを
 『人格の高い人』という。



比較対象はひとそれぞれちがい、
めざすものは各自ちがう。
高き・低きも、それぞれの見方で変わる。


オレにとっての杉は、五つ星レストランではない。
オレにとっての杉は、
オーナーシェフがじっくり作る自信料理を提供するレストランだ。







DSC_0253_20140930002021e8e.jpg
 新鮮な海老が手に入ったときのみ作ることができるクーンチェンナンプラー。

こういう料理に価値を感じてくれるかたが来てくれるといいな。


家族や友人に胸をはって出せるもんしか、オレらは客に提供しない。
僧侶の料理人がていねいにこしらて
オレら家族がこころから美味いと思う料理。

それをおなじく『美味い』と感じ、
なおかつオレらが醸すこの場を
面白がりくつろいでくれる人が来てくれればいいなあ。


クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ブーゲンビリア物語  



自然は淘汰され適するものが残ってゆくものだ、と理解しとるが、
庭のブーゲンビリアのまわりでは、
ちょいと異変が起こっておる。

秩序を乱しとるのは、ジョジョ。
DSC_0379.jpg


ケガが順調に快復し、羽根も動かせるようになった昨今は、
ベランダからぱたぱたとブーゲンビリアの枝に飛び移ってうろうろしとる。


最初の被害者は、カメレオン(正式名称はイグアナ)。

気の毒なこの草食のやさしい住民は、
ジョジョにつつかれて、びっくりして細い枝の先端まで逃げた。
DSC_0314.jpg

オレはこのとき以来、カメレオンを庭で見ていない。
きっと一家で引っ越していったのだろう凹



カメレオン家族のほかにもう一組、
困った立場に追い込まれたカップルが。

DSC_0476.jpg

このちいさなちいさな小鳥の夫婦、
いっしょけんめいがんばって、巣をこしらえとるのだ。

材料集めにでかけとる間にこっそりのぞかせてもらうと・・・
DSC_0323.jpg

 ほんとに良くできている。立派な巣だ。



ところが、愛の巣の周囲に、
平和な静けさを乱すやかましい鳥がやってくるようになったのだよ。



ややっ。ぼくらの愛の木に闖入者が!
DSC_0430.jpg


あなたっ、気をつけて! 敵はまだ子どもで何もわかっちゃいないのよっ。
DSC_0445_201410051115231a2.jpg


じょっ♪
DSC_0367 2


じょじょじょじょじょっっ♪
DSC_0373.jpg
 ここに3羽の鳥がおる。見っえるっかな〜。



こういう場合、古今東西・人間界・鳥界どこででも、
しっかりしとるのはおおむね女であろう。

オスは、強行突破で巣に住み続けようとしとるが、
メスは、引っ越しを推奨しとる。


いつもあなたにだまって付いてきたわ。
DSC_0422.jpg


でも、今回だけはわたし、ここで卵を産みたくないの。
DSC_0472.jpg

わがまま言うな。ぼくが君と卵を守るけんっ。




DSC_0474.jpg

 ぜったいイヤっ!



あんなぼんくらな黒い鳥のそばで暮らすのはイーーーヤっ。
DSC_0475.jpg

 わたしの言うことがきけないのっ?! ぷりっ。


・・・困ったなぁ、愛しの彼女がへそを曲げてしまった・・・うーーーん・・・
DSC_0478.jpg

いつまでぐずぐす迷ってんのかしら。
よし。離婚しましょ。
家のひとつやふたつ、とっととこしらえるオスを次はみつけるわ、わたし。

さよなら、あなた。わたし出ていくわ。
DSC_0443_201410081859221d4.jpg

 チャオチャオ〜♪



DSC_0327_20141008072110ef2.jpg

それがいいでちゅねっ。 じょっ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

2度もポチを!  




Yahoo!メールの障害により、5日間メールが届かんかった。
メールの送受信が5日間できんくなるという不具合。

オレなんか私用のメールのみやけど、商用メールとしてYahoo!を使いよった人は
困ったやろうな。
送信できないのは仕方ないとして、
受信できん、っちゅうのは困る。

Yahoo!メールユーザーのうち8%が、不具合の対象となったそうだが、
その8%に含まれたオレは、
『ラッキー♪』と受け止め『ツイてる今こそ♪』と宝くじを買った・・・と言いたいが
買う金がなかった、わっはっは。


さて。
宝くじに当たる確率よりもカミナリに打たれる確率よりも、
もっともっと高い確率で当たるのは『ガン』。
日本人の2人に1人が大当たりするげなよ。

世の中、おそろしげな病はたいそうあるけど、ガン、っちゅうたら、
その音声の断定的な響きとともに、字面的に、
おっかないな、おっかないな、おっかないなーー と思う。



ぜ! にくたらしい。


がん、とやさしげなひらがなで書いてもやはりかわいくない。

ならばカタカナでカクカクにして ガン


・・・つまらんっ。

 これも、ガンダム以上の威圧感がある。





なので、オレはこの病の呼び名を変えとるんよ♪


13年前にバンドメンバーがこの病に犯されたときから、




この病のことをオレは『ぽち』 と呼んどるのだ。



尊敬するアーティストのAKIRA氏は、2年前に胃がんにかかり、
手術・独自の闘病・転移・そして克服を経た強者だ。
AKIRAブログの克服の記事はココ(←クリック)。

彼が闘病中に、ガンのことを『ポチョ』と名付けたことを知り
オレの名付けと似とるやないか! と、うれしくなったものだった。



さて、日本人の2人に1人が疾患するといわれているポチ。
このたび、めでたく、オレの友人もポチ役をさずかった。

友人は、オレと高校同級生なので、44才。
しかも彼女は、8年前にもポチ役を1度引き受けたことがある。
当時まだ3才の下の子を抱えて挑んだ役である。
どげん大役やったかは、想像するだけでおっぱいがスイカ級だ。

そんで今回2度め。
大当たりではないか!!
いまこそ彼女に、ロト6を買うことを勧めよう♪

で、彼女、8年前にはポチ役を
やり抜きやり遂げ、さよならポチ、とめでたく引退、
ポチ役は5年以内に再公演される確率が高いにもかかわらず、
8年半もの間、ポチ役のお声はかからず、
彼女はポチ女優を引退しとったのだ。






このたび、わすれた頃にやってきたポチ役。

齢44にして2度目のポチ役。


それをやり遂げたあとに得るものが大きいことは解っとるけど、
もう「そんな役いらんわっ」っちゅうて、投げ返したいのが本音だ。
名誉であることは解るばってん、
「かんにんしてくださいよ〜」と走って逃げ切りたいとこだ。








しかし。
その配役を蹴ることはできん。




ならば。
がしっと受け止め、ふたたび名演ののち引退しよう♪









ところで。
熱弁をふるっとる映画監督のようなオレであるが、
主演女優の2度目のポチについて、すっかり安心しとる。
いい映画になるばい♪ と。




オレは仏教徒だ。
『安心』っちゅう言葉は、仏教用語であり、あんじん、とにごって読む。


「安心」について、
恐怖や不安から解放され心やすらかに生きていける境地、とする宗派もあるが
オレの師・山崎弁栄聖者は
みずからが書かれた書『光明へのすゝみ』にてこうおっしゃられておる。



安心とは
信仰の目的・主義・行法をしかと決めて
それに心を安置て(おきて)動かさぬことをいう。
すなわち
信条がこころにしかと決まったことである。




『安心』については、
なにも信仰に限らんでも良し。とオレは解釈している。


信条を心にばしっと決めたとき、
すでに安心は手中にある。



あいつは治る。
オレの友人は、まだまだ現世にとどまる。
ぱっちぱちの輝く笑顔でオレの目の前に立つ日は遠くない。
そのイメージしかオレには見えんのよ。




写真は、2006年・高校の同窓会んときの彼女。

IMG_5531.jpg

 8年半前。
 1度目のポチ手術の直前。
 入院をまえにして涙目で色っぽかったことよ。


      ※ ともに写っとる同級生は、
        路地裏カレーTiki のカリスマ店主TOSH。滋養に満ちた美味いカレーを作る。




16年前の高校生のときも、
8年前のこの同窓会んときも、
彼女は、同級生のなかでいちばんのぺっぴんやった。





活き活きと、拙ブログを読んでくれとるあなた♪

入院治療ののち、2度目のポチを克服した彼女が、
この後、どげな美女でおるか見たかろ?

「見た〜い!」と念じてくれんね?

彼女の写真をみて、思い浮かべながら。




彼女が2度目ぽちを克服したとき、ぴっかぴかの笑顔をここに載せるけん♪


「げーっ、意外とブスじゃん」などの感想を聞ける日を夢見て、
今日も酒が美味いオレである。ふぉっほっほっ♪


クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

お遊戯会  



まだたったの10才くらいなのに、
ぶりんぶりんに色気づいとる女の子も多いブラジルだが、
体が成熟する速度と、精神の成熟度が反比例しとると感じられる
ブラジルティーン。

先日、娘の学校にダンス祭を観にいった。
各クラスにテーマを与えて、それを生徒たちが踊るという内容。
DSC_0017_201409240013469d3.jpg


やいのやいの仕度をしよる娘のクラス。
P1550127.jpg

P1550130.jpg


発表会が始まる前と、最中の外野の様子をまず。
おもに女の子をねらって撮った。
DSC_0069_201409240012240af.jpg

DSC_0021_201409240013213f4.jpg

DSC_0022.jpg

DSC_0023.jpg

DSC_0020_201409240013225a0.jpg

DSC_0018_20140924001324a2b.jpg

DSC_0029.jpg

DSC_0027.jpg




どんだけクオリティの低い発表会であるか、は
写真ずらずらにて見てくれ。
DSC_0053_2014092400125190c.jpg

DSC_0050_20140924001253c5d.jpg

DSC_0041_2014092400125418e.jpg


Marinheiro。海軍がテーマ。
DSC_0057.jpg


DSC_0063_201409240012260d3.jpg

DSC_0068.jpg


Jaragua。
DSC_0071_201409240012223eb.jpg


bumba de mer boi、っちゅう牛の踊り。
DSC_0076_2014092400060841d.jpg


ビキニダンスもあったぞ。
DSC_0136.jpg



で、娘のクラスの出番。
DSC_0087_20140924000606afa.jpg

DSC_0094_201409240006043e2.jpg

DSC_0097_20140924000604271.jpg

DSC_0098_20140924000602f22.jpg

DSC_0107.jpg

DSC_0112.jpg

DSC_0121_20140924000537e8d.jpg




娘の出番、最初から最後まで動画を撮ったが、
親のオレが見ていてもたいくつする内容なので、よそさまが観る価値はない。

園児のお遊戯会のような幼稚な内容であるのだ。


しかし生徒たちは、終始楽しげな様子やった。
集落からこの発表会を見に来ている人々も、とても楽しそうにしとる。



みんながいちばん楽しみにしとるのは、最後のダンス大会。
DSC_0155.jpg

DSC_0162.jpg

音楽が流れたら踊り出さずにはいられない。
給食室のおばちゃんたちもにっこにっこ踊りよる♪


クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

畑をつくる  



以前、自然農法で野菜をつくる、っちゅう晴れがましいことを書いた。

それと同時に、てめえの勝手な欲望により、
はやくつやつやの野菜が食べたいわ♪ っちゅうことで、
耕して水をやる畑も作ることにした。
農薬をかけぬ豊かな土ですくすく育つ野菜ちゃんを
育てたくなったんよ。

野菜ちゃんに与える肥料は、オレさまのうんちに決まっとる。
うんちを野菜に与えれば、汲み取り料金が節約できるけん一石二鳥ったい。



穴をあけたホースも這わせて水やりがラクチンになるようにした。
DSC_0050.jpg

DSC_0092_201408090341580ff.jpg


ファビオの弟子・良太が日本から運んできた種をついに植えるぞ。
DSC_0094_201408090342519ab.jpg


いろんなかたからいただいた種たちも植えた。
庭にひょいひょい自生しとるトマトの苗も移植した。




数日後。
P1540628.jpg

この土にはみみずも住んどるけん、栄養満点であるだろう。
みみずはジョジョのエサにもなる。
みみずを探して土を掘り返しとると、無心になれる。
太陽と水を吸収した大地は、ふかふかで気持ちいい。
収穫祭が待ち遠しいなあ。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

JOJO 大ケガ  



オレが最近、野鳥保護の家 をはじめたことを知っとるかたは、
このタイトル『JOJO大けが』を読んで、ヒヤッ、としたやもしれん。

ヒヤッとしたまま読み進んでいただき、
寿命をちぢませてもらおうか、と思ったばってん、
こころやさしいゆえにオレは、帰結からさきに述べておこう。


 ジョジョは元気に生きておる。



さて。
タイトルのとおり重傷を負ったオオハシカッコウのひな鳥・ジョジョ。
いきさつはこうだ。


とことこ歩いて猫・ちびについて回り、
ちびの庇護を得ながらベランダから木の枝に飛び移るなどして
飛翔の練習も始めたある朝。

窓から飛びたち、下りたさきにいたのが、犬・ボク。


 ひどい惨事となってしまった。



取り乱し泣き叫ぶ娘・Uの手から受け取ったジョジョは、
ひどいありさまになっていた。

両足両指は、ぐにゃりとあらぬ方向に折れ曲がり、
羽根も動かせず、
鳴き声もあげずにぐったりしとる。

毛布のうえに寝かせると、
ぺちゃんこになって、うつぶせたまま動かぬ。
しぼんだ体の胸だけが鼓動により上下しとる。

一目で、『これはもうダメだ。死んでしまうだろう』と
解ってしまった。

『とんでもないめに合わせてしまった。
 なんてわるいことをしてしまったんだ。』と、
ジョジョの様子と同じように胸がぐちゃぐちゃにつぶれて
息もできんくらい苦しくなったが、
悪いのは、オレだ。

巣から落ちたジョジョを、善行のように連れ帰り、
巣立たせようとした揚げ句、
飼い犬にひどく傷つけられるという、
もっともっと残酷な目に合わせてしもうた。

大ケガを負ったジョジョをみて、
苦しいで苦しいでたまらんやったが、
てめえが傷つくことでジョジョが治るもんでなし。
おろかな自分のせいで、取り返しのつかん目に合わせてしまった。


みずからをぶちのめし立ち上がり、
ひたするお念仏をつづけながら、
見守ること数時間。
くちばしに水をたらすと、口をあけて飲んだ。
さらに数時間後、
捕まえた小さな虫を口元にもっていくと、食べた。
すこし飲み、すこし食べ、
そうするうちに夕日が沈んだ。

ジョジョは日暮れとともに眠る習性だ。
眠る前のジョジョにあいさつをした。
「ごめんね、ジョジョ。
 あしたの朝、ジョジョにとっていちばんいい場所におってね」と。
その場所は、現世ではないかもしれぬ、と覚悟した。
ジョジョにとっていちばんいい場所に在ることだけを願った。
そのくせ、自分の両手両足と交換してでもジョジョを治したいとも願った。

ひとばんジョジョのことを念じながら、迎えた明け方。

おそるおそる開けたジョジョの部屋の引き戸。
黒いまんまるいきらきら光るジョジョの目がオレの顔を見上げていた。
ピーーィッ。



ようし。
生きるつもりなのだな。
それがジョジョの望むベストなのだな!

反省してうちひしがれとる場合じゃないぞ。とみずからを叱咤し、
ジョジョの生命力をまっすぐに信じて力を注ぐ決意をする。

さまざまな思いを胸のなかで去来させつつ、
まずはジョジョが食べたがるのなら何でも食べさせよう、と、
虫をあつめ口に運び見守りつづける。

足も羽根も動かせず、ただ毛布のうえに転がる小鳥をみて想った
いちばん暗い光景は、
映画『ジョニーは戦場に行った』。
次いでしんどいイメージは、これまた映画『海を飛ぶ夢』。

さまざまなことを考えた。
四肢の動かぬ鳥の行く末を。
たとえ命が助かったとしても
その先はジョジョにとって闇なのではないか、と。
四肢が動かせぬまま衰弱し時間をかけて死んでゆくのか、と。


一方、夫の言葉の数々により、
ジョジョの光り輝く未来の風景も見えるようになった。
青空を羽ばたくジョジョ。

夫いわく
「まだジョジョはヒナだ。
 成長過程での骨折は、かたちはいびつになるかもしれんが、
 羽根も足も動かせるようになるかもしれん。
 ジョジョが生きようとしよんやけん、大丈夫だ」と。


 くじけそうな心を鞭打ち、虫をあたえ、水を飲ませ、見守った。


1日1日の快復はめざましく、
数日で、折れ曲がっていた指が数本動くようになり、
その指で、オレの指をにぎりしめるようになり、
やがて全部の指で握るようになり、ぐらぐらしながらも
オレが指を持ち上げると体を支えしっかり掴まるようになった。

さらに数日を経ると、両足をふんばって立とうとするようになり、
よろめきながらも立てるようになった。
ちょんちょんと数歩だけ歩くようになり、
だらりとたれさがったままの羽根は、ほんの少しずつ動くようになり、
やがて、不安定ながらも
おそるおそると伸ばしたりたたんだりできるようになった。
DSC_0188.jpg



いま、ジョジョは、
朝になると、じょじょじょじょじょっとさわがしくさえずり、
「めしをくれーーーっ」と走ってオレにむかって突進してくるほど快復しとる。

昼間はオレの太ももに飛び乗って、メシだメシだメシをくれーーっ、と
ビキニのひもをつつく。

ちびを追いかけ、メシメシメシメシメシメシメシーーっ、と叫ぶ。
DSC_0183 のコピー

ごはんを食べたあとは、日なたに走ってゆき、ぱーっと羽根をひろげて日光浴。
羽根や骨を作っておるのだろう。
あみだ様の力のなんと大ききことよ。


まだ飛べぬ。
だが飛べるようになることを念じ、前に進もう。
羽根をひろげて、はやいスピードで走るさまは、
まるで、黒い袂をひるがえして走る落武者のようだ。
きっと腰には剣を隠し持っとることやろう。
その剣でみずから狩りができるようになることを念じよう。



 最大の名誉は決して倒れぬことではない。
 倒れるたびに起き上がることである。
                    ブッダ





  おっと、忘れとった。
  ばか犬ボクを心配してくれとるかたへ。
  ジョジョを傷つけた犬・ボクは、オレに殴り殺されることなくニコニコ生きとる。
  わが家では、仏の顔は3度どころか永遠たい。ピース。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

バキュンと撃たせて  




今日のオレは峰不二子。
高級レストラン『ゑん』の礼拝堂が仕事の現場だ。
P1540983.jpg




次元〜♪ この鉄砲でネジを撃たせてよ。
P1540988_201409130406103de.jpg

 えっ? だめなん?  次元ってケチね、ぷんっ。


みて〜、五右衛門。オレの斬鉄剣は電動ぜ〜。ギュルギュルギュルっ。
P1540998-1.jpg

 あんまりうらやましくなさそうね凹










ねえ、ルパ〜ン、ちょっとそこオレがやりたいけん、どいて♥
P1540999_201409130406137ee.jpg

 ギュインギュインギュインギュイーーーン・・・聴こえないようだ凹













P1550003_20140913043045043.jpg

誰も相手にしてくれんけん
カメラマンの銭形を相手にひとりポーズをつけるかわいそうな不二子ちゃんであった。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2