ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

男の声  




先日フェイスブックの投稿にて、
女友だちと、オレが20年ちかく前に短期間つきあっていた男性との
ツーショットを見た。

彼らは、今回はじめて知り合ったらしく、
投稿内容も、仕事について、だったのだが、
思わぬところで、むかしの恋人の顔写真をみて、
年月の流れに、なんだかしみじみした。

この彼、ラジオDJをしていたのだが、
友人の投稿により今もラジオDJをやっておることが解った。
20年も継続しとるなんて、あっぱれやなぁ。


当時、彼の部屋には、たくさんのレコードやCDがあった。
それを事前に選んでスタジオに運ぶために、
ディレクターだか雑用係だか子分だかわからん男衆が、
呼び鈴も鳴らさずにガチャっと鍵をあけ部屋に入ってくるのだ。
彼らは、オレらがセックスをしている最中でも、
どかどか入ってきて、
きっちりとレコードを選んで抱えてから出てゆく。

ベッドとレコードのある場所にはドアなどの仕切りはなく、
うす布でベッドのまわりを軽く覆っていただけのシースルー状態。
オレの耳にセクシーに囁いたか、と思えば、その直後には
うす布の外側の男と、今日の番組の打ち合わせをするのだ。
じつに器用にして、仕事熱心なことである!


このラジオDJは、たいへんモテておったので、
毎日のように女をとっかえひっかえ連れ込んでおったんやろう。
子分だか子弟だか雑用係だかの男衆は
そんなことには慣れっこになっとったんやろうが、
そっちが慣れとっても、オレは慣れたくない。

愛憎を深めることもなく、数ヶ月で彼とは別れたが、
つき合い始めたきっかけが軽いと、
交際も軽く薄く終わるもんやなぁ、と実感した。

ビーチでひとりラジカセで音楽を聴きながら
ビキニでひなたぼっこしとるときに声をかけられて始まったつきあい。

「何を聴いてるの?」
「ローランドアルフォンソ」とサックス吹きの名を答えるオレ。
「ラジオは聴かないの?」
「聴かん」
「俺、○○局のDJ●●なんやけど、聴いたことない?」
「知らん。
 ラジオはDJのトークがうるさいけんスカンのよ」。



Facebookでみるまで、彼の顔すら忘れてしもとったが、
声だけはありありと思い出せる。

いい声をしとった。
太く通る低音、
しかし、軽めで奥行きのない声。



わが夫・Welderは、ざらっとした低い声をもっておる。
夫の内面が夫の声帯をくぐって空気をふるわすお経は、
聴いているだけで涙がこぼれる素晴らしさだ。
Welderのどこが好きか? と問われれば、
まっさきに「声」と答える。

夫の声には倍音が含まれとる影響が大きいのでは、とオレは踏んでいる。
歌手の古謝美佐子さんの歌声を聴いて心を奪われるのと似た感覚、っちゅうか。

blog_import_4f4b78e05ff85_20150117054535fc0.png


年を経てくると、顔に内面はずいぶんとあらわれるものだが、
顔と同じく、声と話しかたにもその人の中身はあらわれるなあ。
軽薄な声でぐにゃぐにゃ話す人は、
内面もやはりぺらぺらのぐにゃぐにゃだ。





いろいろな人の声を思い浮かべていて気付いた。

『顔はぼんやりとしか思い出せぬ人も
 声ならくっきりと思い出せるぞ!』と。
保育園のときの先生の声もくっきり思い出せる!

聴覚の記憶とは素晴らしいな。


クリック♪ 
 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

オレがたの豚骨ラーメン  




いつでも食べたいとんこつラーメン。
DSC03389_2015011923235901a.jpg
 いつでも食べたいチンポゥも♥





サンパウロですら、美味いとんこつラーメン屋は皆無やったのに、
ここナタルでラーメン屋など望むべくもない凹



ブラジル在住6年間のオレのとんこつラーメン生活といえば。

たまに土産に
マルタイ棒ラーメンやうまかっちゃんをもらったときに、
一点も気をぬかず、精魂こめて作りよったとんこつラーメン。
blog_import_4f4b81855d0dd_201501192317568c1.jpg

blog_import_4f4b818621146_2015011923175207f.jpg

blog_import_4f4b8186c1636_201501192317503c3.jpg

2012051603491912c_20150119231758dd1.jpg

P1170749_20150119231755faa.jpg

P1280128_20150119231819a72.jpg

煮卵も焼き豚も精魂こめて作りよったっちゃけど、
昨今では、マルタイもうまかっちゃんも、とんとごぶさたである凹












ばってん、為せば成る、っちゅうか、
おのれをだまくらかす、っちゅうか、暗示にかける、っちゅうか…


 オレらは今、
 3日とあけずにとんこつラーメンを食べる暮らしをしとるんよ。






日々オレら家族が食べとるとんこつラーメンはこれだ!

P1600350_20150119232539c21.jpg


どうね? 
スープの白濁ぐあいなど、とんこつラーメン以外のなにものでもなかろ?

 視覚的だまし成功〜♪



これ、タイ料理のトムカーガイ、っちゅうスープなんよ。
それに、イタリア産スパゲティ麺のバリラを投入しとるん。

ブタはかけらも入っとらんが、
とんこつスープのように濃厚で美味い。

 っちゅうわけで、味覚的だましも大成功〜♪ 

『とんこつラーメン』っちゅうて、店のメニューに載せよっと。


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

言うは易し  




イスラム国の人質解放について、
交渉も複雑を極めており、どう着地するのか不安だが、
まずは後藤さんの無事な解放を祈るのみだ。

ネット上では、
ISについて、拘束されたおふたかたとその周辺について、
そして、自己責任論について、
さまざまな言葉がとびかっておる。

自己責任、っちゅうのは実に便利な言葉やなぁ。
食べて応援した結果も自己責任、
地震の多い地域に暮らすのも自己責任、
戦争に行かされるのも国にだまされたやつの自己責任、
自己責任。実にやっほーな言葉ではないか!?

そんでからくさ、海外経験のある者ほど、
はりきってネット上で発言しとるな。
しかしオレは、
他国のことを『発展途上国』とか『後進国』とか言う輩の述べる内容には
なにひとつ共感せんぞ。
『発展途上国にボランティアに行っとる』おまえ、
そう自らの行為を評する時点で、なんか違おうが?

いまの自国・日本をみて『先進国やなぁ』と思うとろうが?
『発展』の意味は、人によって違うぞ。
おまえが思う『発展』を、
ひとに、よその国に、押し付けるな。



さて。
社会派の記事を本日は書きなさるのね、と思わせといて、
じつは自分ネタに運ぶ、っちゅうすり替え作戦、
どこぞの総理のように上手くやれたぞ♪

自分のことを書きたいのだ、本日も。

タイトルは『言うは易し』だ。




オレやオレらの周囲に助言してくれるかたがたへ。

 いらん世話だ。


ケイタリングをやればいいじゃん、とか、
デリバリーをやればいいじゃん、とか、
まずはとにかく開店してみれば、とか、
さまざまなアドバイスをもらうが、
オレが、あんたたちに一言でも、
「なにか儲かるいいアイデアないかね?」とか
助言を求めたことがあるか? なかろうが。


NATALに移住して1年。
まだレストランをオープンしてないことを
勝手に気の毒がってくれるな。


おまえらは、
『1年』という時間のみの一点で、ものごとを測っている。

その計測には、
『どれくらいの規模の店を、
 どんな状態からのリフォームのスタートで、
 どれくらいの金銭をかけて、
 どれだけの人数で』、
  が、すっぱりと抜けている。




ケイタリングを・・・などという助言についてオレは、
表面だけをひょいっとのぞいての軽い発言だ、と
受け止めとる。
うんうん、と熱心にきくふりをしながら、実はさらっと聞き流しとる。

なぜなら、ケイタリングをするのに何が必要か、ということまでは、
誰も考え及んでいないから。

まずは、準備をせなならん。
材料を運ぶための容器・出先で使用する調理器具、
食材はどの段階まで調理して運ぶのか、
食器はどうするのか? 
大人数分のスープのストックが必要やな冷凍庫がいるな、などなど。
そして次は宣伝方法。
メニューは? メニューの写真・説明、
たくさんのチラシを作って、コンドミニオなどに置いてもらわなならん。
インターネットでの予約も受け付けるのか。
時間的に拘束されるので、
きよちゃんもわたしも工事に関わることはできんくなる。
工事のスピードはずいぶん落ちる。


したがって、開店は遅れる。




発展途上に見えるオレらかもしれぬが、
それは、あなたから観た方面からだけだ。

いらん世話だ。

オレは、軽いノリで思ったことをぽんぽん口にしたりせんぞ。
言葉には気をつけなならん。
そして発した言葉は、相手にはたとえ届いてなくとも、
あなたの口の外に出ていった時点で、もう収拾がつかない場所まで
広がっておるのだ。




報酬は今日もらう、のが仏道だと思っているので、
オレは今日の苦労を抱えたままベッドで眠ったりせん。
きょうの苦労はもうすでにきょう酬われている。

したがって、オレは発展途上ではない。
精進と発展の違いもわからんやつには、
個別的自衛権と集団的自衛権の違いもわからんやろうしね。

 毒舌おしまい。




また、カメさんをみつけたぞ♪

今度のは、Jabutiっちゅう陸ガメちゃん。
畑の野菜を食い荒らすけん家族にはなれんなぁ・・・チャオチャオ。

P1600847.jpg

『ゆきゑさん、そのカメ、
 日本ではアカアシガメっちゅう名前で3万円で売られてますよ』って
誰も助言してくれんけん、
逃がしてしもたやないか。ちぇっ。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

畑の収穫で  




ちびくろちゃんと畑に行き、
P1600211.jpg
 
 人参を収穫した。



ふさふさとひろがるレタスは、
P1600196.jpg

 ちいと太陽を浴びすぎたようで、苦みがある。
 ほのかな苦みを含めて、力強い美味さがある。
 きちんと主張しとるレタスちゃんが愛おしい。



P1600218.jpg


人参の葉っぱで、ふりかけもこしらえた。
P1600219.jpg


出汁をとったあとのいりこや昆布とともにパラパラに炒めるのだ。
P1600226.jpg




先日は、あそびに来た子どもたちも、みずからの手で野菜を収穫した。
P1600480.jpg


台所の料理長のもとに運ぶ子どもたち。
P1600482.jpg


サラダつくって〜♪ て。
P1600483.jpg


収穫した野菜で食べるサラダ。
P1600238.jpg

P1600498.jpg

美味い!


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

糞壺噺  



夕暮れどきには、
となりに建築中のハイムンドん家にあそびに行くオレら。

ハイムンドん家の大工さんは大人3人と子ども2人。
屋根壁が完成してからは、ぜんいん泊まり込んでいる。
朝は暗いうちから湖で水浴びして仕事開始。
夜も真っ暗になるまで労働しよる働き者たちだ。

その日は、うんこタンクを作成しとる最中やった。

ファビオをつきおとして遊ぶ。
P1600114.jpg

せっせと底の砂をすくうファビオ。


砂を外に出したら、またバケツを投げ入れるオレら。
P1600119.jpg

ここいら集落の糞壺には、底がない。

筒型の輪っかをいくつか重ねて埋め込んで
フタをするのみ、なのだ。

っちゅうことは、

固形物はタンク内に残るが
液体は砂にろ過され
どんどん地中に沁みてゆくのだ。


P1600122_20150112225329500.jpg

わが家のトイレも、これと同じ方式だ。
暮らし始めて1年経つが、
まだ1度も汲み取りを呼んだことがない。

『ゆきゑの小便はいまごろ、
 日本で誰かが寝そべっている芝生に到着しとるぜ♪』
  などと言われながら飲む酒は楽しい。


クリック♪ 


AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 1

なさけないにもほどがある  




犬のボクが、庭に埋め込んだホースを掘って困っている、
番犬としてひとつも役にたたん っちゅう話は以前書いた。


そんでもよ、
すこしは役に立ってもらおうと思い、
日中は、門のまんまえにつないでおる。
外を通る人にむかってワンワンと吠えてくれよ、っちゅうわけたい。


ある朝。
2階のベランダで優雅にごはんを食べておったオレら家族。
P1580911.jpg


にこにこと談笑しとったら、
クンクンゆうて、外から門の下をくぐってよその犬が侵入しようとしとるよ。
グワングワン! と低音で吠えてボクは牽制しとる、と思いきや、
どうやら大歓迎しとったらしく。


 よその犬は門をくぐって、るんるんで侵入してきた。







これは、恋ですね! と、
少しばかりうれしくなるオレら。



あほ犬・ボクも女の子にモテるようになったわけたい。
もう1才やけんね、そんな年頃かぁ、と感慨深い。

番犬としては役に立たずとも、
子孫を残す種犬として活躍したまえ、ボク!


ベランダからは様子は見えぬばってん、
はあはあいう息づかいや、肉のぶつかる躍動の音を聴きつつ
優雅な朝食を進めた。


犬セックスのライブ音声、はあはあ、どったんばったんは、
朝ごはんを食べおわったあとも、
いつまでも鳴り止まぬ。


はげしいですわね、若いって素敵♥ と、
老婆心とエロ心を丸出しにして、
階下に覗き見に行ってみると・・・


























P1590115.jpg

 ボク、カマを掘られていた!





よそものの侵入を許したうえ、カマまで掘られるとは凹凹凹

なさけないにも、ほどがある。


クリック♪ 


AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

おしりエクボ  




いまブラジルで流行っとるんて!

Covinhas de Venusが。


直訳すると、天使のえくぼ。
日本では、なんか呼び名あるかいな、と調べたら、
たぶん『尻えくぼ』やな。
covas.jpg


このふたつの尻のくぼみが、昨今のブラジルでは、
もてはやされとるんて。



 この尻えくぼがあれば、セクシー、という称号を与えられるげな。
 質のいい女の頂点として君臨できるげな。
 すべての男がイチコロげな。
 このえくぼボタンを毎日押せば人類みな兄弟、世界平和げな。
 ・・・これがホントなら
  尻えくぼが欲しい人は100万円、っちゅう商売がなりたちそうやな。



 ばってん尻エクボは、実際に大人気らしく、
 穴ぼこふたつを作りたいがために美容整形する女性が
 続々増えとるげな。

  ふっ、ばかな。 とほくそえむオレ。

  そんで後ろむいて、イェイイェ〜〜イ♪ と喜ぶオレ。














P1130476-1.jpg

 ばんざい三唱だ〜♪♪♪





  万人がうらやむ尻えくぼの持ち主・オレ。
  今後は、ますます尻エクボのめだつファッション、すなわちビキニをつらぬかねば。


 大喜びしとるのは、オレだけではない。


わが娘・うたにも、
この穴ぼこはあるのだ! 


 イェーイィエーイイェーぃ。ばんざいばんざいばんざ〜い♪
 手をとりあい喜びはしゃぐオレら。






・・・で、だからなんだと言うのだ?! とおっしゃるあなた。

     そのとおりだ。




だからどうなんだろう!?

 と探してみたら、こんなんを見つけたぞ。



covinhas.jpg




  “ ウソか? ホントか?

  天使のエクボお尻の女は、
  ベッドではハリケーンのようだぞ! ”





P1600572.jpg


 !!! それは困る!



女に上に股がられて竜巻のようにくるくる動かれたい、と望んどる
なまけもので体力不足の男に目をつけられたら、困る!!


「オレはぜったい回らんぞ(体力不足なのだ)。
 オレはマグロでおるぞ(なまけものなのだ)
 ハリケーンぎらいでマグロ好きの魚食系の男しか受けつけん!」
  と草食のヤギさんに宣言したのだ。


クリック♪ 



AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

納豆  



日々恋しい恋しい食べものナンバーワンは納豆。

NATALの市街地にはちいさな日系食料品店が3つある。
そのうちの1店にはサンパウロから空輸された納豆が売っておるが、
値札をみただけで、目玉がネバネバするので
いつもすごすごと引き上げておる。

こないだサンパウロから来た友人が、
納豆をたくさん買ってきてくれたんよ。

よし。その納豆菌をもとに、納豆を増殖しようではないか!


作り方はものすご簡単なのだ。
大豆を500g、たくさんの水に浸けて一晩ほどおく。

圧力鍋で炊く。
強火で開始して、圧力がかかったら25分間弱火で加熱。
炊きあがった大豆は、ザルにあげて水分をきり、
大きめの容れ物にあつあつのまま移す。

そこに、市販の納豆を半パック投入し、
ぐるぐる混ぜる。
P1590287.jpg


容器に移すぞ。
P1590289.jpg


るんるんる〜ん♪
P1590294.jpg



そんでから、オレの住まいは常夏なので、
そのまま日の当たるとこに置いとけば、半日で発酵が終わる。

ばってん、うちは風が強いので、吹き飛んでいくことがあるけん、
今回は、これを利用した。
P1590646.jpg


トランクに並べて、日の当たるとこに置いたんよ。
P1600252.jpg



朝つくったら、夕方には、納豆菌が増えて、混ぜればネバネバだ。
P1590374.jpg

たぶん、サンパウロにお住まいのかたにも、
トランク方式でなら、2日間くらいかけて発酵させれば
納豆を作れると思う。
かなめは、『日の当たる場所に置く』だ。



朝は、ごはんにかけて、もりもり食べ、
P1600434.jpg


夜は、庭でもいだオクラとあえて、酒の肴に。
P1600416.jpg




きのうは、友人に食べさせたくて納豆巻きを作った。
P1600447.jpg

P1600453.jpg


アガタはとても喜んでくれたけん、ものすごうれしい。
P1600473.jpg


こんなふうに、納豆ちゃんとの暮らしをゆかいに楽しんどるんよ。


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

Black Messiah  




オレの大好きなD'Angeloが、ついについにニューアルバムを出した!


ついに、と強調してもいいのだ。

だって、前作の『Voo Doo』から、14年ぶりなんぜ。
すごかろーが。

こんなにも長い間待たせる罪作りな男・D'Angeloであるが、
14年も前に発売されたアルバム『Voo Doo』は今もオレのお気に入りで
しょっちゅうターンテーブルに載せておる。

ひとっつも古びない。
いつ聴いても新鮮でかっこいい。

だからこそ、彼のファンは待ち続ける。
たった半年で飽きるようなもん、音楽とは呼べんのだ。


さて。
D'Angeloがどんだけかっこいいかは、
このスーツ姿が麗しいライブ映像をみていただくとして、
D'Angelo - Lady ft. Spanky, Saadiq, Ali Shaheed & ?uestlove




D'angelo live Chicken Grease




ずっとD'Angeloと組んどるドラマーの?uestloveがまたかっこいい。
彼の刻むリズムが粋でセクシーなのは演奏を聴いてわかるのだが、
それ以外にも、かっこいい一面がある。

Black Simon and Garfunkel Sing "Uptown Funk"



ブラックサイモン&ガーファンクルだと。
ふざけかたが最高にクール♪




さて、話をD'Angeloに戻すと、
前作は『Voo Doo』で、
ニューアルバムは『Black Messiah』!
angelo_20150118094156ae3.jpg



どこまでもクールだ。

アルバムのなかから1曲!
D'Angelo and The Vanguard - Sugah Daddy



・・・ため息。びりびりしびれあがるかっこよさだ。

すべて精魂こめたアナログ手法で制作された、っちゅう
『Black Messiah』。
ぜひともアナログ盤で聴きたい。
NATALで売りよるかな。


クリック♪ 


AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

信仰をからかってはならない  




フランスのシャルリー・エブド社襲撃事件。
小さな出版社であるが、出版されとる風刺漫画は、辛口なことで有名であった。
宗教に関する辛辣なものも多く、
とくにイスラム教については激しい非難をこめた内容が満載だった。

ムハンマドを蔑む風刺画はたびたび掲載され、
数年前からイスラム教徒の反発を招いて世界各国で抗議デモに発展しており、
フランス国内でも、そのひどい侮辱的表現を批判する向きは強まる一方だった。
ムハンマドの首を切る風刺画や、オールヌードのムハンマドを描くのだ。
2012年には、フランス政府が自粛要請をした。
にもかかわらず、事件当日の発売紙にはさらに過激なイラストが載せられていた。

事件後は世界中にさまざまな波紋が広がっており、
数々の意見がたくさんの場所から、たくさんの人の心から発せられとる。

オレも事件と、その後の世界について、
(各種の茶番も各地で開催されとるようだ)
いろいろもやもやと考えていたのだが、
きのう、オレの気持ちにいちばん添うている考えをおっしゃったかたがいた。
バチカンのフランシスコ法王だ。


パパ・フランシスコは、インタビューに、
「まず、いかなる暴力も認めない」
「自らの宗教の名の下に戦争を起こしたり殺してはならない」としたうえで、
こう答えた。

「もしあなたが私の母のことをののしったら、ぼくがあなたを殴るのは当然のことだ。
 ほかの人の信仰や大切にしていることを侮辱してはならない。
 信仰をからかってはならない」と。

にっこり笑ってインタビュアーを殴るゼスチャーもなさったとのこと。






事件後、世界中で、
出版物の言論や表現についての自由の権利をかかげ、
この出版社に味方する風が強く吹いておる。
しかしオレはそれに味方しない。

この社は、さまざまな宗教風刺をネタにしてきたが、
イエスキリストを嘲笑いのネタにしたことはなく、
ブッダをこてんぱんにやっつけたこともないのだ。
イスラム教に限り
教祖であるムハンマドを槍玉にあげておるのだ。

これは一種の弱いものいじめではないか?!
風刺がかっこいいのは、
強きにむかって、つぶてを投げつけるからだ。
その点においては、
原発事故を解決しとらんくせに
東京オリンピックを誘致した日本に対して
痛烈な皮肉を描いてみせたこの出版社を
オレは痛快に感じた。

ばってん、弱いものいじめはいかん。


このいじめにより、
どれだけイスラム教徒が傷ついてきたかを想うと
オレごときですら胸が痛い。



もう1度、パパ・フランシスコの言葉を載せる。

ほかの人の信仰や大切にしていることを侮辱してはならない。
信仰をからかってはならない。


まったくその通りだとオレは思う。

P1290282_20150117071804cc7.jpg



さぁて。
同胞の代表である総理大臣は、この事件についてどう思うとるかいな・・・

安倍晋三は
「言論の自由、報道の自由に対するテロを断じて許さない」と述べたげな。

ちゃんちゃらおかしくて、ヘソが茶をわかしたあと、
はらわたがぐらぐらしてきた。
美味しんぼは封殺され、
サザンオールスターズは攻撃されたのに、
何を言ようとや! 

おっと、あいつごときに、はらわたを湧かせとる場合じゃなかった。
話をフランスの出版社襲撃事件についてのオレの考えに戻そう。






言論の自由、表現の自由、
あってしかるべき権利だ。
そして、信仰の自由、も、
人が生きるために手放せない権利だ。

なにびとも、
何を表現し、何を信仰してもよい。
われわれは自由だ。

だがしかし、
なにびとも持てない権利がある、とオレは思う。



人の信仰を踏みにじる言動をする権利は、
誰にもない。





再三、パパの言葉を。

ほかの人の信仰や
大切にしていることを侮辱してはならない。

信仰をからかってはならない。



クリック♪ 


AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

蜂の巣カイピリーニャ  



2日間、停電しとったわが家。

サンパウロのグアルーリョス国際空港ですら、
数時間停電するような国・ブラジル。
たかが一般家庭の停電で
ぎゃあぎゃあさわいで、どげんする、っちゅうのだ。


音楽が聴けんかったら、歌えばよいではないか。
インターネットできんなら、手紙を書けばいいのだ。
夜は6時になったら真っ暗。
ろうそくを灯して本を読めばよか♪
P1600258.jpg


ボンバが使えないので井戸から水をくみ上げることができぬ。
したがって水も出らん。
シャワーはできんけど、湖で水浴びすればすむことやし、
水が飲めないなら、ピンガを飲んで
庭の果物と野菜をかじっときゃいいのだ。

 ・・・と、るんるんで余裕しゃくしゃくだったのだが、




停電2日目になると、いらいらぎりぎりしてきた。


うんこしっこを外でするのもよか、
シャワーできんのもよか、
6時に就寝するのもよか、

ばってん、
冷蔵庫・冷凍庫のたべものが腐るんはつまらん!
オレは食べものを粗末にするのが大嫌い。



1日目、たくさんの氷を手に入れて冷蔵庫冷凍庫に突っ込んでいたが、
さすがに常夏のNATALで2日間食材を保たすのは不可能だ。
近隣の友人ちの冷蔵庫もどこも満杯で、
食材の預け先はない。
タイ食材に欠かせない自作ペイスト・ナムプルックパオとか、
丁寧に処理したエビとかイカなどの海鮮、
きれいに巻いて冷凍しとる春巻きとか凹
とても悲しかった。


そんで、
「すぐ行く」「すぐ行く」と安請け合いする電気会社も、
ひとっつも来んでから、いらだたしさは頂点に達する。


2日目の夕刻、
「イライラには甘いものだ」っちゅうことで、蜂の巣を捕った。
P1600274.jpg


はちみつたっぷり。
P1600266.jpg


気をつけんと、まだ巣の中にハチがおる。逃がさねば。
P1600289.jpg


はちみつカイピリーニャをこしらえて飲むうちに、
P1600286.jpg

P1600287.jpg


いらいらぎりぎりしとった気分もだらりと甘〜く落ち着いてくる。
P1600291_20150115054234b89.jpg

甘いもんが苦手なのでめったに食べんけん、
たまに食べる甘いもんは、ぐっと効くようだ。
猫・ちびもうっとりしとる。






そうこうしよるうちに、やっと電気職人がやってきた。
P1600309.jpg

復旧は深夜までかかったが、
作業員が帰るころには、はちみつピンガですっかり酔っぱらって、
気持ちよく眠った。

P1600338.jpg

残った蜂の巣は、ピンガに漬け込んだ。
いらいらぎりぎりしたときは、
薬膳酒・蜂の巣カイピリーニャで解消することにしよう。


クリック♪ 


AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

ダバとグバ  



自称『むかし駿馬・いま駄馬』さんが、
ほか2頭と連なり3頭で、わが家に遊びにきた。

日時を事前に知らせていただけたらば
お迎えするための食材や宿の準備ができるのだが、
ダバさんたち、お馬さんなのに猪突猛進、
どこどこどこどこ、と一直線まっしぐらにいらっしゃったのだ。


到着時刻もわからんやったし、
メールや電話のやりとりが上手く運ばず、
連絡手段は、オレのブログのコメント欄のみ、という
糸電話時代級のアナログさを爆裂させるオレとダバさん。

唯一の連絡帳であり駅前の黒板とも呼べる拙ブログのコメント欄に、
『留守にしとったら、あがって待っててください』と書き残し、
午前中は寿司売りに出かけたオレら。

P1600187.jpg


それでも惹かれ合う者たちは、会えるもんやな♪

わが家の位置もわからんやったダバさんたち、
寿司売りからちょうど帰宅したころに、到着なさった。


食事はもうすまされた、とのことで、
売れ残りの巻き寿司を無理矢理試食していただき、
庭で収穫したカジュのジュースで談話。
P1600190.jpg
 オレの隣がダバ氏。
 不良暴走馬、っちゅう雰囲気がかっこよくオレ好みの男やった。

お連れの2頭も、これまた愉快なご夫婦で、
オレら家族はとっても楽しい時間を過ごさせてもろうた。

来てくださって、本当にうれしかった。
次回はぜひ料理を食べて泊まっていってほしい、とわくわくした。




グダグダの愚馬愚馬であるオレらなので、
プレオープン中とはいえ、急な来客にはあたふたする。

しかし、お寺というものは、いつでも誰にでも門戸を開いとくのがよろしい、と
オレはつねづね思うとる。

「めざしてみようか、24時間OPEN…」とつぶやいたら、
夫は「ノー。 予約制で。」と静かにきっぱり言うた。
娘は「おかあさんやめて! 24時間レースとか…もう若くないんやけん」と。
オレ、愚馬ではなく、愚婆、っちゅうわけか凹


クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

日本人の「お金がない」は通用しない  



サンパウロに暮らしとるときは、
低所得者層が暮らす長屋に住んでいたオレら家族。
住居の裏にはファベイラがびっしり斜面に貼り付いており、
となりの家には、娼婦たちがぎゅうぎゅうで暮らしており
1000円ほどで客を取っておった。
クラック中毒者や、ドラッグの売買で日銭を稼いでおる
ろくでなしどもが多く暮らすゲットーエリアだった。

そのころのオレらは、私有財産がほぼなく、
『日本人=金持ち』という見方をされずにすんだ。
ジャンキーが「100円で買ってくれ」とボロい靴を売りにきたり、
身分証を担保に「1000円貸してくれ」とやってくる者もおったが、
金をたかられることや、ぼられることは一切なかった。




いま現在オレら家族は、
一軒家に暮らし、車も所有しておる。
家も車も自分の持ち物ではないが、
周囲のブラジル人はそうは見なしてくれない。
「今月はお金がない」と言うても、
「冗談だろ。そんなことは信じない」と笑われるのだ。


昨年のワールドカップでは多くの日本人がNATALを訪れた。
「お金がないびんぼう旅行」と申告するかたも多かった。
約4年間、いっしょけんめいお金を貯め、
W杯を中心に暮らしをまわしておるかたがたがいることを知り
オレは心を打たれた。

しかしブラジル人にとっては、そんな彼らも
『お金持ち』なのである。
その通りだ、とオレも思う。
ここいらの集落の人たちは、試合を観にスタジアムにすらめったに行けない。
地球の反対側まで飛行機で移動するなど
大金持ちの行為でしかない、っちゅう認識だ。



ブラジル人と結婚したある女性の言葉。
「夫の家族にたかられる」と。

たかられるのは当たり前だ、とオレは思う。
スマートフォンを所有し日本へ行き来する金を持っている嫁にたかって何が悪い、と
オレの周囲のブラジル人も思うだろう。
「それはアタシのお金じゃなくて
 アタシの親が孫に会いたくて出してくれてるお金なのぉ」だと?
おまえの家族のお金はイコールお前のお金なのだ、とブラジル人はみなす。
そして、金のあるやつが金を出すのが当然だ、と。

出し惜しむということは、
自分のカラーコンタクトは買うくせに
夫の家族の米は買っちゃらん、っちゅうことだ。
ベンツに乗っとるくせに
ママチャリのオレとワリカンで飲もうとしとるようなもんだ。
・・・あ、でも日本って、そういう感じやね。




本当の意味で『お金がない』のなら、
一軒家での暮らしや、車やノートパソコンの所有はできない、と
ブラジル人はみなす。
本当に『金がない』のなら、
一軒家や車を手放してからほざけ、とブラジル人は言うだろう。

したがって、ノートパソコンを持っとるオレが、
『金がない』などと言うても、せせら笑われるだけだ。
ブラジル人にとっては、ちゃんちゃらおかしいのだ。





1年間この地に暮らしてきて、
周囲のブラジル人は「こいつら本当に金をあまり持ってないな」と
ようやく解ってくれるようになってきた。
10540552_907643512602279_1134464842049621024_n_20150111191413867.jpg


ビーチで巻き寿司を売りよる、
着るものはボロ、腕時計などの貴金属は持たぬ、
飲む酒は安ピンガのみ、
サッカーを見に行けば地元の人におごってもらい飲んどるオレ。

けちけちするのはすかんけん、
たまに大量の唐揚げをつくってふるまったりするが、
日ごろのオレらの食卓を目にしたブラジル人たちは、
こいつら貧しいな、とわかってくれる。


さらに願わくば、
『あの日本人とこに強盗に入っても何もないぜ。』
っちゅう評判が、たつといいなぁ。
そしてオレの着とるビキニが高価だ、っちゅうことに
気付かんままでおってほしい。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

転生をねがい  



猫・ちびが産んだ4匹の赤ちゃん。

みなに見守られながら、すくすくと健康に育った。
IMG_0386.jpg

P1570109_20141225234527f69.jpg

P1570074.jpg


だんだんとわんぱくになり、
P1570763_2014122523452725d.jpg


かわいいまっさかりの中、
P1570885.jpg

IMG_0714.jpg


つぎつぎともらわれていったんよ。
P1570985.jpg



最後まで残ったのが、黒猫のめす。
10850921_894814913885139_757093858_n.jpg




この子のことを、オレら家族は『ジョジョ』と呼ぶようになっていた。
P1570944.jpg


理由は、行動がジョジョにそっくりだから。

ジョジョがいつもおった場所に、この子もおる。
P1580570.jpg

P1560861.jpg

P1560867.jpg

P1570904.jpg


ジョジョがいつもいた、オレの足の付け根に、
DSC_0316_20141225234422832.jpg

いつもこの子もおる。
P1570846.jpg

P1550965.jpg


P1550345.jpg

P1580132.jpg



やがて、この子のもらい手も現れた。
集落の仲間で、バイクタクシーの運転手・ボボに連れ帰られた。
P1580792.jpg

 かわいがってもらうんだぞ〜。

  と、一安心したのもつかのま。




ジョジョのようなこの子がおらんくなった直後から、
ちびの様子がおかしくなった。

この子を探しまわる、乳房もかちかちに張っとる。
半分狂ったようになっとる。

友人で動物研究家にして獣医師のニールちゃん(←ニールBlogへのリンク・クリック)に
相談したら、乳房はあたためてあげると治るよ、とのこと。

オレの身勝手により、赤ちゃんから早々に引き離してしまい、
ちびには申し訳ないことをした。
ごめんね、ちび、と言いながら、乳房を暖めつづけると、
だんだんと腫れとしこりは治ってきた。
しかし狂ったような状態はおさまらない。




そんなある夜、ちびがおらんくなった。
みんなで心配して探しまわっとったら、
野良猫がオレらを迎えにきて、
『ここにおるよ』っちゅうて、Ajuruの森に案内してくれた。

このAjuruの森は、ジョジョが亡くなった場所でもある。
枝が密集していて人間は入れない。

ちびがジョジョに呼ばれたかのように感じ、
不安な胸騒ぎがするオレら家族。
恐怖と心配をかかえ、ずっとちびを待った。

明け方ようやくちびは帰ってきた。安堵でへたりこむオレら。

そして、気付いた。

どうやら、ちび、サカリに突入しとる!
また赤ちゃんを妊娠しようとしとるんよ。


通常は授乳がおわって数ヶ月せにゃ次のサカリはこないのだが、
まるで、ジョジョを輪廻転生させようとしとるかのように
やってきたサカリ期。


いま、ちびのおなかに、
ジョジョがおったらいいなぁ、とオレは願っとる。


クリック♪ 


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

夢のどんぶらこ  




現実的な工事とはべつに、四方八方にオレの夢は飛ぶ。

わが家の目の前には、それはそれは美しい湖があるのだ。
『Lagoa de Arituba』は、
NATAL市街からのツアーもようけ訪れる観光名所。
土日ともなれば、2階建てバスがどやどややってきて
対岸は大にぎわいなのだ。
DSC_0321_20150107040639f3d.jpg

DSC_0331_20150107040643480.jpg

P1590007.jpg


ここへは、ガイヤーン巻き寿司を売りながら、
湖の向こう側のわが家を指して、
ただいまリフォーム中、っちゅうてレストランの宣伝もちゃっかりやっておる。
P1590016.jpg

 海の家のようなレストランが数軒立ち並んどる場所だが、
 どこもここも味が似たようなものなので、
 わがタイ料理レストランは珍しがられることだろう。



んで、対岸に当たるわが家の前には、何もない。
地元民が、ビーチパラソルや椅子を持参して遊びにくる場所だ。
DSC_0332.jpg

DSC_0329_20150107040638a35.jpg


 ここに、レストランゑんの出張所を創りたいな、と夢見とる。


どんなレストランにするかといえば、
イメージはこれ。

















img_1-3_201411262333314fb.jpeg


いわゆる、筏だ。
img_1-2_20141126233329d5e.jpeg


この空間をお客さんに提供し、飲みもの食べものを運ぶ。
IMG_2847_20141126233328caa.jpg


フィリピンのMatabungkayのビーチではポピュラーなこの筏。
とても楽しそうではないか。
img_1.jpeg

波のあるビーチでは不可能だが、
穏やかな水面の湖でこそ、できることだ。




6月には、友人の肉体堂々者・良太が、
ふたたびわが家にやってくる。

彼は昨年3ヶ月間わが家に滞在し工事にたずさわった強者なので、
再来はとても頼もしい。
そのころをめざして、埼玉の友も手伝いに来たいと言うとる。

こんときを狙って、いかだ造りもしたいし、
裏のおんぼろ小屋を重機でぶっ壊し、
いずれは民宿の別棟を造りたいとも考えている。

・・・と、このように
オレの夢はどんぶらこどんぶらこ気持ちよく浮遊しとるんよ。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

四十九日に生きる  




新年に「たばこをやめるぞ」と誓い、
すでに挫折しとるかたも多かろう。

かくゆうオレは、27才でたばこをやめてからは嫌煙家として生きていた。
しかし、ここ1、2年は、
吸う人が近くにきたらば、そのたばこをうばって吸う、という
たちの悪い喫煙者になっておった。
夫は嫌煙家なので、ふだんはオレも吸わないのだ。

ところが、ジョジョが死んだ日から
日常的にたばこを吸い始めた。
ジョジョが死んだ直後、近所をさまよい歩き
ふらふら入った商店にて、水を買い求め
(正確には金は持っておらんかったのでツケで買ったのだ)
たばことライターも買ったのだ。


娘・うたが、先日オレに言うた。
「おかあさん、いつまでたばこを吸うつもりなん?」

オレは、胸を張って答えた。
「ジョジョの四十九日までだ」と。

内心、キマッたな、と思ったのだが、
娘は鼻白んだようすで、冷たい視線を投げかけてきた。


そうなのだ。
娘は正しい。
ジョジョの中陰を大義名分にしてオレは、
好きでもないたばこを吸い続けよったんやけん。

たばこを好きな人が、たばこを愛し吸うことには
なんの文句もない。
副流煙による危害を他者に加えねばよいだけだ。

しかしオレは、たばこを「不味い」と思いながら、
時には、ゼイこら気管支をつまらせながら吸っていた。
この行為は、たばこに対する冒涜といえよう。


四十九日までは線香を絶やさぬよう、っちゅう言い訳を胸に抱き、
実際は、
悲しみに占領されそうなわが胸にたばこの煙を充満させ、
気をまぎらわせよっただけだ。




あしたはジョジョの四十九日。
やっとたばこからさらばする。

たばこを好きでもないのに吸っていた、という理由のほかに、
初めて「長生きしたい」という願いが生まれたからだ。

ジョジョが死んでオレは悲しい。
オレが死んだら夫と娘は同じくとても悲しむだろう。
こんな悲しみを夫や娘に味わわせたくない。
喫煙による病気にかかるリスクを高めたくない。
娘より長生きするのは難しいやろうばってん、
願わくば夫より先に死にたくない。




このライターは、ジョジョの死んだ日に買ったライター。
P1600072.jpg

店員さんがこのライターを出してきたときには、
ひっくり返りそうになった。

ジョジョを食べた野良猫にそっくり。
舌なめずりまでしとる。
オレはこの四十八日間このライターで火を灯し、たばこを吸い続けた。


生きろ! しましまの野良猫よ。
ジョジョの命を糧として力一杯生きてほしい。


あしたの四十九日の礼拝のあとは、
紫煙のない胸にジョジョを抱きつづけようと思う。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

終わり良く始まりも良し!  



七草がゆを食べるまえに、
年末年始のことを書かねば。

サンパウロから友人が来てくれたおかげで、
運んでもらって昆布・いりこ・かつおぶし・干し椎茸にて、
極上の出汁をとることができた。


落涙ものの美味さの出汁にてこしらえた、年越し蕎麦。
P1590804.jpg

どこで仕入れてきた知識か、
娘・うたは、
「そばは切れやすいけん、今年の縁をぶちきるために食べるのだ」とのたまう。
「縁ではなくて、災厄だろ?!」とつっこみながら、
おそばをみなでいただいた。


ブラジルの風習にならい、浜辺にて年越しをすることに。
ファビオたちとビーチにゆく。

たくさんの人が集まっとる。
P1590823.jpg


花火もびゅんびゅん上がりよる。
P1590827.jpg


どこからともなくシャンペンも回ってきて、
P1590840.jpg


カウントダウンもなく、やがて年が明けた。
P1590843.jpg


白い服を着て波を7回飛び越える人もおれば、
そこここで、熱い抱擁と乾杯をする人々。


Feliz Ano Novo!
P1590857.jpg


シャンパンの瓶で遊ぶ子ども。かわいいなぁ。
P1590860.jpg



集落の仲間のジューニョん家に移動して、
串焼きや自家製パンをつまみに飲む。
笑い飲みしゃべり、素晴らしい年明けの宴であった。



元旦の朝は、お雑煮と煮しめでスタート。
P1590871.jpg


春菊のかわりにルッコラを浮かべる。
P1590872.jpg


煮しめも上出来な味に仕上がっとる。
P1590873.jpg



さあ、2015年が始まった。
みなぎる力。降り注ぐ光明に感激ひとしおだ。

今年もちからいっぱい生きるぞ。


クリック♪ 


AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

じつわ  




実はわたしって、こうなんですよ。っちゅうことは、
秘め事として隠し持たずに、
特別なときや特別な場所で披露するために保管しておかず、
いつも胸を開いて示したほうがいいように思う。

たった3分しか向き合えない初対面で、
自分をどれくらい表現できるかで、
その相手とのその先の関係が決まってしまうことはようけある。

どうせなら、ばばんと開示して、
これがオレだ、どげんよ、 と。



っちゅうわけで、
2015年最初のブログは、
初の地鶏、じゃなくて、自撮りにして、
お年玉げな目じゃない、落とし巨大玉、
大公開! オレのオールヌードから始める。


















P1380599_20131206230938db3_20140128012908e3d_20150103082904c12.jpg


おっと、まちがえた。
この写真はもう以前載せたことがあったんやった。
まだ、シャワールームもなかったころの野宿状態んときの
庭での水浴び風景であった・・・2014年はこんな感じで幕開けしたのだ。


工事も1年間でこげん進んだんぞ。

ここが、
P1390720.jpg


こげんなって、
P1570927.jpg


この腐りかけの階段も、
DSC_0052_20150103083200dfd.jpg


ヘヴンへの登り口のように見違えて、
P1510750.jpg



ここが、
P1380585_20150103083350620.jpg


こげんなったったい。
P1590932.jpg


と、感慨深くなって、横道にそれとる場合じゃなかった、

 本日のかなめは、オレのオールヌードやった。














P1510964.jpg

じつは、オレ、白いんよ。

けっして腹黒ではなく、雑煮のなかの餅のように白いのだ。

激辛のタイ料理に見えて、
じつは、おでんの中のはんぺんのようにやさしい白なんですよ。






今年も、ばんばんオールヌードでおるつもりばってん、
よろしゅう、くるしゅうなく、どうぞ近うお寄りください。


クリック♪ 



AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4