ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

だばレター  





半年前にわが家をどこどこどこっと襲撃してくれた
むかし駿馬・いま駄馬、こと、だばちゃん。
たばちゃん来訪について書いたブログは ココ ←クリック



はじめてで、しかも短時間の逢瀬やったばってん、
彼の姿かたちと人がらにおおいに惚れて、
その後もメールのやりとりを続けておる。

あたまが切れており(キレてもおり)文章も冴え冴えとキレとるので、
やりとりはとっても楽しく、
たまのメールを楽しみにしとるんよ。

そんなだばちゃんが、オレらがリクエストした本を
NATALの駄馬仲間のおうちに送ってくださり、
その本たちを受け取るために、だば仲間と先日逢瀬会食したのだ。
DSCN2100.jpg

だばちゃんの仲間の2頭も、
こんなお馬さんほかにおらんぞ、っちゅう珍馬名馬!
話していてめちゃくちゃ楽しいんよ。
短時間でも、このような銘馬さんたちと草をはめるとは
なんというしあわせ!

一点のかげり曇りもない楽しい時間を過ごさせてもろうた。



帰宅して、段ボールを開いて本を手に取り、思い出す。

リクエストした岩波文庫の仏教書を買いにいってくれただばちゃんからのメールには
こんなふうに書かれてあった。


ヤク「岩波」は
文庫本の末尾にある岩波茂雄氏の「読書子に寄す」の言葉に
情熱と信念、男児たるものの本懐と勇姿を見て敬服している
私としては、絶対に外せない純度の高い「ブツ」です。

懐かしい、久しぶりに見た「LSD、メスカリン」の文字。
遥か遠い昔のむかし、半世紀も前のあの紅顔の(ブ)少年も
今じゃ厚顔のジィ様です。

伊勢丹デパートの向かいの新宿文化劇場は寺山、その地下の
蠍座は三島、花園神社は唐十郎のテント小屋。
「毛皮のマリー」「三原色」「腰巻お仙」などなど。



このように愉快ぎっしりの高密度なこと書いてくれるけん、
『花園神社』の文字に記憶を触発されたオレは、
花園神社の向かいの巨大キャバレーでホステスをしよったときの話、などを
ついうっかり書いて返信してしまうのだ。

とても彼のレベルには到達できんが、
デキのいい男を相手にぴーちくぱーちく好き勝手にさえずらせてもらえる
この関係がとても楽しい。



箱のなかには手紙も入っていて、
直筆の文字は、だばちゃんそのものがぺったんこになってそこにおるようで、
水につけたら、あるいは炙り出したら、
当人がにょろにょろ、あるいはもくもくと登場するのでは、っちゅう気配。



そういえばオレの好いとる人は、オレの好む文字を書く。
文字だけではなく、紙から漂う気配が上品で美しい。

直筆の私信は独り占めするばってん、
以前、好きな人からもらった便せんをちょこっと載せてしまおう。
P1290230_2015053007582154f.jpg

 やさしいよなぁ、あたたかいよなぁ、この便せん。

どーれ。
オレもだばちゃんにお礼状を書こっかなぁ。
いや駄目だ。
駄馬ちゃんは手紙をむしゃむしゃ食ってしまうけんやっぱメールにしよう。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

固定種のたね  




日本に暮らす友人が、オレさまに贈り物をしてくれる、っちゅうのだ。
何が欲しいか尋ねられたので、
すなおに欲しいものを伝えてみることにした。




野菜の種がほしい♥︎
固定種のたね!





なぜ固定種にこだわるかというと、
交配種(F1)の種で育った野菜から収穫した種では、
もう芽がでらんけん、野菜をつくりつづけることができないからだ。


日本では種を売るのに、在来種・F1の表記が義務づけられてないので、
販売者であるお店のおっちゃんも自分が売りよる種がどっちかわからんかもしれん。
したがって、昨年、大工・良太が持ってきてくれた種が
F1か固定種かは不明。
10952245_926228464077117_965421469_n_201505290634132d6.jpg

10959230_926228460743784_1667113098_n_201505290634142df.jpg



良太の種から収穫した野菜の種は、
DSCN2071.jpg

 このように乾燥させ次世代に備えとるが、
 芽が出るかどうかは蒔いてみるまでわからん。


固定種の種は、はやいうちに、
通信販売で手に入れとったほうがいいかもしれんぞ、みなの衆。
 野口の種オンラインショップ(←リンクあり)
 固定種・在来種の種 髙木農園オンラインショップ(←リンクあり)









あぶないあぶないあーあぶない。

遺伝子組み換え作物を世界で一番食べているのは日本人だ。
( ↑ リンクあり・クリック)
 っちゅう記事を読み、なげきを深めておる。


やっぱ、TPPはやばいよなぁ。
野菜だけでなく、医療もひどいことになるぞ。
保険制度がアメリカのようになったらどげんなるか。
お金のある人しか医療を享受できんくなってしまうぞ。

アメリカのホームセンターではセルフ抜歯セットが売りよんぞ。
歯医者はバカ高いけん行かれん人は
自分で自分の歯を麻酔なしでひっこ抜くんぞー。

盲腸の手術なんか、200万円も出さな受けれんとぞ。
なんとか200万円かきあつめて無事手術を受けられたとしても、
そのほかの重篤な病の治療や手術はどげんすればいいっちゃろか。
びんぼう人はだまって苦しんで死ね、いうことかいな。

・・・おっと、話が『種』からずいぶんそれてしもたな、

やはり、得体のしれん不気味なものは食べたくない。
ねずみも食わんような種無し野菜なぞ欲しくもない。

11042091_943679685665328_144870056_n.jpg

レストランゑんで提供する野菜は、
畑で有機栽培にてオレが作るのだ!


・・・と、意欲を燃やしつつ朝、畑に行ったら、




犬のボクが、柵をのりこえて畑で夜あそんだらしく、
たくさんの野菜がひどいことになっとったーーーーーー凹


せっかく芽をだしたばかりの大根の苗も全滅。
DSCN1995_20150529043745743.jpg

 ラボ、と名付けとる発泡スチロールの小部屋ですくすく育っておったけん、
 今日にでもうねに植え替えちゃろうと思いよったのに、かわいそうな大根ちゃん。

この大根が芽を出すまでに幾度の挑戦があったことか。
土を替え、環境を替え、何度も何度もためしてようやく芽が出たというのに
がっくりだ。



DSCN1141.jpg

 オレさまが頭から湯気をだしとることには気づいとるようだが、
 その理由がさっぱりわからんアホ犬・ボク。

 さあ、また1からやり直しだ。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

牢屋はイヤよ  





ブラジルの家々の窓のほとんどには、
鉄格子がはめられておる。
P1600545.jpg



防犯のために、施しとるのだが、
実質、鉄格子の内側に暮らす身としては、
なんだか牢屋に閉じ込められとるようで楽しくはない。


df-ladrao-entalado.jpg
   (柵にはまって御用となるどろぼうはブラジルには多いけん役には立っとるのだが)




ばってん、わが家はレストランを営業せなならんし、
日本人が暮らしとる、っちゅう点で、かなりめだっておるので、
防犯はばっちりせなならん。

なので、窓に格子を取り付けることにした。


牢屋みたいな鉄格子はイヤやけん、家族3人でデザインすることに。
P1620727.jpg



芸術魂を炸裂させるのだ、夫と娘よ!
P1620733_201505090131092f5.jpg

 オレは、ドラえもんもサザエさんも描ききらんぐらい絵がヘタなので、
 横からやあやあ言うて、それを娘・うたが描いていく。



着想の参考にしたのは、岡本太郎師の太陽の塔と、
88fb9cb3b34af6903c03754dbdbddba5_20150509013039001.jpg



ブッダアイ。
o-BUDDHA-EYES-facebook_201505090131081c3.jpg



 うちらのデザインは名付けて『ゑんブッダ』





集落の職人・ピンドゥッカに注文をする。
P1630210.jpg



細かい打ち合わせのために、何度も訪ねてゆく。
P1630203.jpg



思い描いたとおりに出来上がりつつあり、とてもうれしくなる!
P1630207.jpg

P1630208.jpg

 ピンドゥッカは奥さんがほかの人と恋に落ちて出て行ったので、
 3人の子どもをひとりで育てている。
 朴訥とした性格なので、いい仕事をするのにいつも買い叩かれるばかり。
 集落のみんなは、ピンドゥッカがだまされないようにいつも気を配っている。
 なのでオレもピンドゥッカを安く買い叩くことはできない。
 



2カ所目の柵は、観音開きにデザインしたんよ。
P1630494.jpg



そして、いよいよ完成した柵をむかえに行ってきた。
DSCN1130_20150509013041af0.jpg



ようこそいらっしゃい、わが家へ♪
DSCN1136_20150509013743b78.jpg



まずはバーカウンターの窓に、取り付ける。
DSCN1158.jpg

DSCN1159_20150509013042e3a.jpg




別の日には、大窓に取りかかる。

仮どめしながら、
DSCN1259.jpg



微調整をすすめる。
DSCN1174_2015050901310621d.jpg

DSCN1171_201505090130448f9.jpg



位置を確認したあとは、降ろしてペンキ塗りだ。
DSCN1179.jpg
 腕のいいピンドゥッカだが、塗装はものすごヘタッピなんよ。




 やさしいまなざしで大宇宙を見守っとる、ゑんブッダ。


友人曰く『すんごい防御力放っとるやん!!』。
そうやろ、そうやろ、そうやろーーーーっ!? と、うれしさが増す。

娘・うたは、こう言うた。
「ぎろっ、て睨んでお母さんみたい!
 夜中に起きて見たら、こわいで眠れんくなりそう」と。

わっはっは。
偉大なるゑんブッダ。大成功だ。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

言葉は大切  




歯に衣着せぬ、といえば聞こえはいいが、
ただ単にオレは口がわるい。
娘・うたに向かってしょっちゅう「ブス」だの「ばか」だの罵っておる。
そうすると、口達者になったうたはこう返す。
「おかあさん、言葉は大事なんよ。
 バカ、っち言われたら、もっともっとバカになるけん言わんで」と。
そのとおりだな、と解っちゃおるけど、
娘に賛同するのはしゃくなので知らん顔しとる。

そう。
言葉は大切だ。
娘には言いたい放題しよるオレだが、ほかの人にむけては歯に衣着せとる。
相手にとって不愉快な言葉は決して言わないよう心がけとる。
楽しくうれしくなることを言う。
相手の心に添うて相手を励まし喜ばせる言葉を言えば、
それがその人にとっての力となり自信となり、
よき作用となると思うからだ。

だが、どうしても相手が不快に感じることを伝えざるを得ないこともある。
そういうときには、どうすればいいか。
ワシントン大学の名誉教授で、人間関係の研究家であるジョン・ゴッドマン博士による、
人間関係がこわれないために守るべき言葉の比率は、

 親子    ポジティブな言葉3:ネガティブな言葉1

 上司と部下 ポジティブな言葉4:ネガティブな言葉1

 夫婦・恋人 ポジティブな言葉5:ネガティブな言葉1

 友人    ポジティブな言葉8:ネガティブな言葉1


なるほど、オレがうたに乱暴な言葉を投げつけても
関係がこわれないのは、親子であるから、だな。
これが友人だったら、とっくの昔に去られておるわけだ。


オレ自身のことを申せば、
ほめられて伸びるタイプです、などと厚かましいことは言わないが、
がんがん「もっとがんばれ」と言われると体が固まって動けなくなってしまう。

叱咤激励、という言葉があるが、オレには叱咤は効かん。
叱咤されたら「オレががんばってないとでもいうのか!?」と
自分のがんばりを認めてもろてないようでいじけた気持ちになるので、
激励だけしてくれればいい。


目と目を合わせて話せる場合ならまだしも、
インターネットを通しての活字で話す場合はなおさらだ。
相手にとってほんの少しでも負の要素をふくむ事柄は書くべきではない。

オレに限らず、人間誰しもあまのじゃくな箇所をもっているので、
びゅうびゅう吹き付けられると、
イソップ寓話の『北風と太陽』のように、
決してマントを脱がんぞ、と かたくなになってしまうこともあろう。

正論で人を追いつめてはならんし、
強い人のやりかたを弱い人に適応してはならん。
ひとりひとりみな違う考えを持っておりやりかたを持っておるので
それを尊重せなならん。


夫・Welderはオレに対して否定的な言葉を言うたことがない。
文句ひとつ言われたことがないし、
「がんばれ」とか「もっと」とかも一切言わない。
ただにこにこといつだってオレの心に添うてくれとる。
これはものすごーくありがたいことやなあ。

P1590005 のコピー



ところで、さきほど挙げたゴッドマン比率、
店員と客の守るべき比率は、

 店員と客  ポジティブな言葉20:ネガティブな言葉1

DSCN1214.jpg


なるほどね。
よし、オレも客をほめ殺して売り上げをあげるぞ。

否、それより良い方法があるぞ。
言葉が必要ないくらい品質を上げればいいのだ。
品質が上がれば、うそ・いつわりをいう必要がないので、
きれいな言葉のみが口から出る。

客と店員に限らず、どんな関係でも、
こころの中身は、言葉のはしばしににじみでてしまう。
邪念や私欲のない相手を思いやる澄んだ心をもっていれば、
とげのある言葉など飛び出しはせぬ。


心を浄化し、きれいな言葉を口にし、美味い料理を相手の口に届ける。
それをゑんのポリシーとしよう。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

畑のたまとイグアナ  




畑が大好きな子猫のたま。
いつも元気いっぱいに、ひとり畑遊びを楽しんでおる。
11265806_1155571197801839_688701062_o.jpg

11242768_1155570941135198_1256977316_o.jpg




そんなある日、オレのケールをむしゃむしゃ食べよる侵入者を畑で発見!
DSCN0717.jpg



ものっすごい勢いで、葉を食い尽くしておるぞ。
DSCN0729.jpg



よしっ。期待のホープ・たま! イグアナちゃんを追っ払えーー!
DSCN0739.jpg



がんばれ、がんばれ、たま♪
DSCN0738.jpg




さあ、行けーーー、たま!!




















 バシーーーーっ と
 イグアナにしっぽで殴られて、
 ふっとばされたたま。



みんなに大笑いされて、たいそう傷ついた様子。



DSCN0742.jpg

おうちに引き上げて、
いつまでもしょんぼりとしとった。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

おわったぞ、内視鏡検査  








金のちからは、偉大やなぁ。
私立の病院に行ったら、あっ、というまに、検査予約ができ、
数日後に内視鏡検査を受けられることに決まった。

前日からの食事制限や、飲む下剤など、
日本の検査とほとんど変わらないのだが、
日本だと看護婦さんが、うんちがちゃんと水状になっとるかどうか
便器の中をのぞきにくるのだが、
ここブラジルでは「うんちは水状になったか?」とすら聞かれないのだ。
自己管理のできる大人として扱われとる、っちゅうわけたい。

びんぼっちゃま系の背中とお尻まる出しの衣装に着替えて、
DSCN1276.jpg



麻酔を入れるための点滴をさして、検査室に移動。
DSCN1281.jpg



検査医師は明るくかわいい女性で、
「ナマステ」とか「ニイハオ」とか言うたあと、
インド人でも中国人でもないと解ると、
オレがいくつかの日本語を教えると、
ひとしきり「ありがとう」とか「こんにちわ」とか繰り返しておもしろがっていた。


まずは胃カメラ。
麻酔をされるとき時計を確認しとったのだが、
目がさめたら、たった20分後やった。

大腸スコープをするための準備をしとる15分の間、
また「ありがとう」とか「こんにちわ」とか大騒ぎをする。
恋人がどんなに素晴らしいか、をのろけるスタッフもいて、
笑顔あふれる検査室に明るい気持ちになる。

再び麻酔。
次に目がさめたときは、30分ほど経過しとった。
DSCN1293.jpg

 夫の顔をみて安心する。


検査結果は2週間後。
心配してくださったかたに心から感謝しとる。合掌。


クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

おうちに還ろう  




DSC_0625_201505221907558ef.jpg

 寿司売りにでかけた夕暮れの帰り道。



おなかすいたなぁ。
晩ごはんは売れ残った美味しい巻き寿司だぞ。
おみおつけもつくりたいなぁ、と歩いていたら、


みそ汁のだしになりそうなやつを発見。
DSCN1343_2015051900081119b.jpg



やあやあカニさん、こんにちわ。
DSCN1345_20150519002505ee3.jpg



引っ捕らえようとしたけど、
DSCN1336_20150519000811e07.jpg



つぶらな瞳が愛らしくて、ぼおっと見惚れとるうちに、
DSCN1328 のコピー 2

 ささささっ、と穴の中に逃げられてしもた。

カニさんもおうちに帰ったのだな。
オレも帰ろっと。あたたかい明かりと匂いに満ちとるわが家へ。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

太陽も月も陰と陽も。  






日の出・日の入りは、1日のなかで最も陰陽が交ざり合う時刻だ。
体も心も開くので、良いものも悪いものも内側に入りやすい。

日の入り、すなわち夕刻に自殺が多い理由もそこにあるんやなかろうか。
DSC_0529_2015040819322051e.jpg

 日の入りには、言いも言われぬ寂寥を感じる。
 ああ、太陽が行ってしまう。いまから闇に閉ざされる、と。
 長い長い夜をむかえるためには心が弱っていてはしんどい。

DSC_0552_20150408193219500.jpg
 夕日をみていて、にぎりつぶされるぐらい胸が苦しくなることは誰しもあろう。




陰陽、といえば、
陽が良くて、陰が悪、というむきに捉えられがちだが、
どちらも必要、大切だ。


1日のなかにも陰と陽があるように、
人のなかにも陰と陽がある。


活動的な人は、陽、
内向的な人は、陰、と選り分けることはできない。
どんな人も、どちらも持っている。

どちらか一方に偏りすぎるのはいけない。
陰は、根。
陽は、枝葉。
根のない葉がないように、
太陽の力を得てくれるくれる葉がないと根も枯れゆく。


それと同じく、生死についても、
生は良くて、死は悪い、と決めてはならない。
仏教うんぬんをもちださずとも、
生も死も、とても大切なことだ。

現世での終焉である死も、おしまいではないのだ。



キリスト教では、
『死をつねにわすれるな』と説く。

オレらの仏教では、
『念死念仏』。 
死を思い仏を思う、だ。

『仏』というと、死者を想うかたも多かろうが、
仏とは『宇宙の真理』のことで、死者だけを指さない。



『有限』という時の流れで消滅する世界で得たいのは、
『無限』という、絶対を知ることだ。





朝の偈文を申す。

  警悟偈(きょうがくげ)

 謹白大衆 つつしんで大衆に申す
 生死事大 しょうじじだい
 無常迅速 むじょうじんそく
 各宜覚醒 おのおのよろしく覚醒すべし
 慎勿放逸 つつしんで放逸(ほういつ)なかれ





簡単なオレ解釈を述べるなら、こうだ。


生き死には大切な問題であるぞ。
時間はあっというまに過ぎる。
それぞれしかと目をさませ。
くだらんことにうつつをぬかしとるひまはないぞ!




朝めざめたら今日1日を与えらとる。
しょうもないことにかまけとる時間はないぞ。


 っちゅうわけたい。

DSCN1124 のコピー

さあ、あたえられた今日を思いっきり生きよう。

沈みゆく太陽に胸をひきしぼられ、曇り空にめざめたとしても、
今日、生きとるっちゅうことは素晴らしい。



クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

うたの釣果  





じいちゃんからゆずりうけた釣り竿にて。
娘・うたがブラジルにて初めて釣りをした。

ビーチで投げ釣りしよったうたの、
「釣れたーーーっ!!」っちゅう明るい声が聞こえてきたぞ。
DSC_0180_20150316003027f52.jpg




息をきらせて駆け上がってきた。
DSC_0184.jpg

 ばってん初心者にありがちな、糸、巻きすぎ!
 竿のさきっちょが折れるけん気をつけな。



そんぐらいうれしかった、っちゅうことやろ。
DSC_0187_2015031600283911d.jpg

DSC_0189_20150316002839b76.jpg



家に持ち帰ってから、
DSC_0413_20150519232810ad0.jpg

DSC_0407_201505192328097be.jpg



おままごとにようにかわいく捌いて、美味しく刺身でいただいた。
DSC_0430_20150319024220515.jpg

 釣り竿をくれたじいちゃんにおすそわけしたいけど、
 スープが腐る距離に暮らしとるもんなぁ、わっはっは。


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

また真っ赤な♪  






前回は、誕生日の朝に、
今回は、母の日の朝に、


股股、うんちとともに鮮血がお尻から出てきたのだ!


 どうもオレがうきうきすると尻から血がでるげなよ。



前回の血便は、1年半前。
サンパウロに暮らしていて、会社が保険に入ってくれていたので、
すんなり内視鏡の検査予約ができた。
胃潰瘍と大腸下部のほうにいくつかポリープが見つかった。
生検の結果は良性。
ポリープは除去してもらえた。


今回もきっとポリープがあるのだろう。
半年以上前から、胃痛と下腹部痛があったけん、
はやくに公立の病院を受診しとったんよ。



ブラジルには日本における社会保険や国民健康保険がない。
保険は個人や企業で契約せなならん。
オレの保険代として300ヘアイスくらいを会社は払ってくれよった。
これに個人で入ろうとするととても高額なので、
うちらのまわりの日雇い労働のブラジル人たちは保険をもたず、
公立の無料の病院にかかっておるのが一般的だ。



そんでオレは半年前に、
胃カメラと大腸スコープの検査予約指示書をもらっとったけん、
検査機関に予約しにいった。
しかし予約しに行くたびに、
「今月はもういっぱいだ。来月○日に来い」などと追い返され、
翌月に行けば「担当者が休みだ」とか、
そういうことを繰り返すうちに、予約すらとれずに、はや半年!
DSCN1243_201505130242195d5.jpg

まったくもって、ブラジルのこの、公立の医療制度の悪さには
がっくりくる。
病院と検査施設が別の機関、っちゅうがわざわいするのだ。


そうこうしよるうちに、
腹痛もひどくなってきて血便やけん、ますますがっくりする。



で、あらためて公立病院にかかった。
待ち時間は7時間。 
やっと医師に対面できたと思うたら、
「鮮血は直腸がんの疑いがあるけん、私立の病院で早く検査してもらえ。
 公立では順番待ちで何ヶ月も先になるぞ」と。

7時間のあいだはほとんど立ちっぱなしで(椅子が少なく患者が多い)、
点滴を片手に「薬がもらえんかったー」と泣きよるおばちゃんや、
「神を信じるか?」とオレに説教をたれる新興宗教信者のおっさんやら、
気の滅入るようなことだらけで、がくーーっとうなだれて帰ってきたのだ。


ばってん七転び八起き、前進あるのみ、だ。
翌日は検査機関に鬼の形相で乗り込んでいって、
オラオラオラオラ恫喝して、検査にこぎつけようとした。

しかし公立の職員は脅しには屈せず、泣きにも落ちなかった。
マイペースをつらぬき、
「検査予約するには来月また来い」と言われた。


打ちのめされたが、もう一度立ち上がり決意するオレ。


 私立の機関で検査を受けよう。
 ポリープはでかくなったら癌になる。
 でかくなったら開腹手術せなならんごとなる。
 そしたらもっと高いお金がかかるもん。


DSCN0702_2015051405062418c.jpg

写真は、Dobradinha っちゅう内臓の煮込み料理。
自分の大腸について思いをぐるぐる小腸のように巡らせとったら、食べたくなった。
ぐつぐつぐつぐつ土鍋に熱々で出てくる極上の美味。


オレの育った筑豊という土地は、
丸腸のことを、筑豊リボン、と呼ぶなど、ホルモンをこよなく愛する土地だ。
ブラジルの庶民の料理・ドブラジーニャは、故郷の味・もつ鍋に通ずるものがある。



ひゃぁ、そんなこんな書きよって、
すっかり里心がついてしもとったら、
ぽちで闘病中の友・アユミから、写メールが届いた。

11303430_431083920403298_801703540_n.jpg

 写っているのは懐かしい顔ばかり。ぜんいん高校の同級生たちだ。

名古屋に暮らす2人を訪ねて飛行機乗って大冒険に行ったげな!

おてんばアユミのうれしそうなやんちゃ顔と、
いっしょにおる友人たちのやさしい顔をみてたら、涙がこぼれた。

たかが血便でへこたれとる場合じゃねぇなオレ。


クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

SAMURAI STREET  






もう20年前の作品であるが、
『クール・ランニング』という映画が大好きだ。




常夏の国・ジャマイカのボブスレーのチームが、
カナダの冬期オリンピックに出場する、というコメディなのだが、
レゲエにのせて、過酷な真冬の競技・ボブスレーを戦う
コミカルでありながらほろりとくる素晴らしい作品なんよ。


なぜ20年も前の映画をきゅうに思い出したかというと、
先日、さむいさむい土地・アラスカに暮らす友人・KAZUKIから
珍妙なメールが届いたからだ。



 とある競技にて、
 6月の世界大会に日本人初出場するぞ!


   げな。



彼はアスリートである。
去年はワールドカップのためブラジルに来たぐらいのサッカーきちがいである。
本人もサッカーをやる。

日本人サポーター vs タバチンガ集落ブラジル人との
ビーチサッカー大会では、
タバチンガチームで戦った同志だ。
P1510031_201505130013372e0.jpg



劣悪なグラウンドで、ともに練習試合をした強者でもある。
P1510268_20150513001339c51.jpg

10346181_910376068979583_1833649654862013161_n_20150513011950c53.jpg





で、そんなKAZUKIが世界大会に日本人初出場するのは
ストリートリュージュ、っちゅう競技なのだ。

オレが初めて耳にしたこの競技。

なんとも知名度の低い、っちゅうか地味な、っちゅうか…
ばってんこれ、
ボブスレーを彷彿とさせるスピード感あふれる競技なんよ。
20150414_r7FNGG5k_2015051300421347a.jpg






舗装された坂道を時速60~130km/hで下るアメリカ発祥のスポーツげな。

アラスカの凍った海で、毎日サーモンを捕ったり
トナカイの肉食ったりして暮らしよるかと思いきや、
KAZUKI、そんな偉大なる挑戦をしよったんか!



2015年度の目標は、ワールドカップでの予選突破げな。
20150420_XsA4L9GT_20150513005019e79.jpg

 最終目標は世界王者だと!!


 志が高く、たいへんよか!


チーム名は、サムライストリート♪
20150508_nd45b6yP_201505130048183b9.jpg

ファン登録は、ココ ←(乞うクリック)
ばしっとKAZUKIを応援しちゃってください。


クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

優勝パーティ  





ビーチサッカーリーグ、
9ª Copa de Beach Soccer Litoral Sul にて
優勝をきめた、チーム・ユニオン・タバチンガ。



集落に、凱旋帰村だぞーーーー。
DSC_0907.jpg



ぷっぷぷぷっぷーーー♪ と、パレードする。
DSC_0908.jpg

DSC_0915.jpg



拍手で送られながら、
DSC_0942.jpg



パーティ会場のDDの家に向かう。
DSC_0949.jpg



集落にやってきたトロフィーを、
DSC_0049_2_20150508212239060.jpg



どどーーーん、と飾って、
DSC_0056_2.jpg

DSC_0383_2.jpg




あとは、飲めや食えやのどんちゃん騒ぎを開始する。
DSC_0085_2.jpg



シュハスコもじゃんじゃか焼く。
DSC_0120_2.jpg

DSC_0122_2.jpg



試合の名シーンを語りながら飲む酒は美味い。
DSC_0031_2.jpg



続々と人々が祝いにやってきて、
DSC_0045_2.jpg



生演奏隊もやってきた。
DSC_0146_2.jpg

DSC_0134_2.jpg



そこかしこで喋り飲む輪が広がり、
DSC_0211_2.jpg



スピーカーからも音楽が流れる。
DSC_0235_2.jpg



集落のチームが優勝して、女衆も誇らしい。
DSC_0297_2.jpg

DSC_0300_2.jpg



優勝賞金はすべて酒に化けたんよ。
DSC_0385_2.jpg




やがて日も落ちて、
DSC_0412_2.jpg



夜がふけるとますます盛り上がる。
DSC_0416_2.jpg



子供たちが大人に、スプレーや粉をふりかけて回る。
DSC_0417_2.jpg

DSC_0435_2.jpg

DSC_0441_2.jpg

DSC_0456_2.jpg

DSC_0471_2.jpg

ばけもの軍団と化す、集落の人々。



夫・Welderはスピーカーの前に座り込んでしまった。
DSC_0460_2.jpg

この後、泥酔して道で寝る者が続出するなか、
祝いの宴は朝まで続いた。
来年も祝いの美酒に酔いしれたいなぁ。


クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

まいっちんぐまちこ先生  





NATALの友人・belleファミリーが遊びにきた。
DSC_0472_20150512225532f2b.jpg



初対面のウーゴの弟も来てくれたんに。
DSCN1224.jpg

DSC_0493.jpg



いつまでもビキニおばさんに慣れんエイトも、シュハスコを楽しく食べた。
DSC_0473_2015051222553492c.jpg




belleの夫のウーゴも、ウーゴのお父さんも、
あいかわらずポルトガル語がろくに話せんオレらと
よくいっしょに遊んでくれるけん、とてもうれしい。
DSC_0476_20150512230823a14.jpg



ウーゴのお父さんはいつも最高に楽しくて、会うたびに好きになる。
DSC_0485.jpg

 西日にバキーーーンと照らされとるパパ、かわいいなぁ。


DSC_0006_201505130137417d7.jpg




belleに会うと、もやもやした気持ちや不安を
ぽつぽつと吐露してしまうオレ。
自分で解明できてないその不安の中身を、
belleは的確にそして辛辣に、ばしっと言葉にしてくれる。
おかげでオレはいつもすっきりと心を晴らすことができるんよ。

不良生徒の気持ちにも添うてくれる
彼女はオレのよき先生だ。
ほんものの教師時代も、さぞかし生徒に好かれる先生やったろうな。

DSC_0498_20150512231616794.jpg

その気になれば1時間で会いにいける場所に
先生が暮らしとることは、とても心強い。






ところでNATALにはもう1人、ラクダという友人がおるのだが、
1ヶ月前にまぐろの解体を強制的に手伝わされて以来ずっと会ってない。
P1630277.jpg

ラクダが昨今、なにをやってるのかというと、
ベロ・オリゾンテ、っちゅう遠くの都市にて、
殴り込み営業をやりよるらしい。

ねずみ講ならぬ、暴力団・ラクダ講をこしらえよるんかもしれん。
玄関にラクダが現れても決してドアを開けたらつまらんぞ。
恫喝されて暴力をふるわれて、押し売りされるぞ。
くわばら、くわばら♪


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

鏡よりも  





オレは顔に何もつけない。
化粧水もつけない。乳液もつけん。
日焼け止めもめったにつけん。
ただ石けんで洗うだけ。

もしこれで、肌がつるつるのぴかぴかやったら
自慢話になるのだが、
シミ・シワ・ソバカスっちゅう
女性が敵視しとるそれらのモノはすべて、
オレの顔には、いーーーっぱいある。

大笑いしとる自身の顔をたまたま鏡で発見しようもんなら、
想像以上のシワとシミの多さに、ぎょぎょっ、とする。

わーっ、いまものすごびっくりしたー! っちゅうて、
鏡から目をそらすのだ。


写真はまだマシだ。
DSC_0028_201505090335477e3.jpg

撮られることを意識しとるけん、シワは少しだけ写らんごとなる。
それに今のデジカメ時代、写真は、撮り直すことができるもんね。



そんでから、こないだ腰をぬかすほどびっくりしたんよ!

Appleストアに行ったんよね。
新しいiPhoneを手に取ってみたら、
カメラ機能状態になっとったらしく、
自分の顔が大写しになったんよ。


その写真の美しさに、息をのんだ!



 オレってこんなに美しかったのかぁ・・・











   ではなくて、画像の美しさに、ぶっ倒れそうになった。






鏡では見えないような、
シワやシミや、うぶ毛まで
くっきり写っとるったい!!



「うわーーっっ!」っちゅうて大声出したもんやけん
店員さんがびっくりしてやってきたもんね。


こんなにくっきりと自分をみたのは初めてやった。
自分の知らない自分は、新型iPhoneのなかにあった!
もうみんな自分探しの旅にでらんでいいぞ。
迷ったり惑ったりしたときはiPhoneをのぞきこめ。


こげん鮮明に、残酷なまでに映し出されるけん、
経済が豊かな国に暮らす女性は
陶磁器のようにつるりんとした肌を望むのだな。

いったいぜんたいこれから世界はどうなってゆくんかいな。
どこまで進歩をとげれば気がすむんやろうか・・・
おっかないなぁ。


クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

ボクはやっぱりへなちょこだ  





よし。
たまにはボクを海に連れてっちゃろう。
P1630415_20150509043407c9a.jpg



そう思い立ち、車にボクを乗せたのだが、
P1630409_20150509043356476.jpg

 出発早々からびびってちびり、大暴れするのだ。



たった5分の場所のビーチに降りて、さあ、遊ぼう。
DSC_0755_20150509043354729_20150509044416c69.jpg



ウニをそのまま食べようとするボク。
DSC_0684_201505090433515f1.jpg

 やっぱりお前はアホやなぁ。




うたに、むりやり海に入れられ、
DSC_0746_2015050904335263b.jpg

 岸をめざして必死に逆走するボク。



ボク、泳げないんですよ! と、泣きが入っとる。
DSC_0865_20150509044416151.jpg

 どこに行っても笑わせてくれる
 粋でなく鯔背でないヘタレ犬ボクであった。
 


クリック♪ 

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

南無オカン♪  





すべての人は母親のおなかから産まれる。

5月の第二日曜日は、ブラジルでも母の日。

『母の日』のはじまりはアメリカ。
お母さんを亡くした娘がふかく悲しんで
支援者の協力を得ながら、母の日普及運動を始めた。
運動は次第に広がっていき
世界的に母の日が祝われるようになった。

この亡くなったお母さん(アン・ジャービス)が立派なかたで
南北戦争中に「母の仕事の日」(Mother's Work Days)と称して
味方の兵士だけでなく敵兵をもふくめ
負傷兵の衛生状態を改善するために
地域の女性を結束させた人物。



子どもを戦場に送りたくないぞ、とは、すべての母が思うことで
敵・味方関係なく怪我人を救いたいのも
命を生む性である「女」すべてが望むことであろう。

産まないひとも結婚しないひとも含め
女であることは偉大である。




オレの敬う僧侶・山崎弁栄聖者はこうおっしゃった。

 幾千万年を経て
 アミーバ底の単細胞から
 人間にまで進化して来たと進化論はいう。

 今その道程を
 人の子は母の胎内に一細胞として宿ってから
 わずかに10ヶ月間に
 その道程を経て人の子として生まれ出る。

 また過去1000年の間も続いていた暗でも
 ろうそく1本ともされる事によって
 一瞬にして消滅する。

 お念仏申せば
 み仏の胎内に宿るがゆえに
 このつまらぬ凡夫が
 仏の子として生まれる事が出来るのである。

 凡夫の無始の無明も
 如来の光明に照らさるれば
 即時明るい心になる。


P1580529_20150509203844ddd.jpg



死んだものは、輪廻転生のさい、
来世どこに宿るか、おなかを選ぶ・探すという。

オレもかつて、わが母のおなかを選んで宿ったのだ。
死んだジョジョはちびのおなかを選び、
タマとして生まれてきた。



ブッダを念ずれば
ブッダの体内に宿ることができ
ブッダの子となれる
       (ゆきゑぶし) 



すべての母に合掌。


クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

舌一本  




サンパウロの肉屋では、このように、
043_2015031720031867b.jpg

 皮をはいだ状態でも、牛タンが売られている。



ここナタールでも、牛タンは売っておるが、すべて皮付きだ。

皮をはぐのはとてもめんどくさい。
皮剝係は、娘・うた。
皮とともに、かならず指も2、3カ所削ぐというどんくさい16才である。

が、そのおかげで、
わが家はしょっちゅう牛タンを焼いて食べることができる。
P1630014.jpg

DSC_0026_20150323005926c39.jpg



あぶらっこ〜い根っこの箇所も、
DSC_0029_20150323005925767.jpg

P1630020.jpg



コリっと歯ごたえのある先っちょのほうも、
DSC_0031_201503230059257d9_201504040142340c6.jpg



日本ではこの箇所しか食卓にあがらない真ん中も、
P1610317_201504200003250ab.jpg

P1610308.jpg

 どこもここも、おいしーーくいただいておる。

食い意地のはったオレは、娘に取られてなるものか! と、
いつも立ち食い状態である。
そして夫はいつも焼き係。


アルゼンチン在住のブログ友だち・とんちゃんブログに、
洒落てて美味そうな牛タンレシピがあったぞ。
牛タンのマリネ - Lengua a la vinagreta(←リンクあり・クリック)

とても美味しそう♪
南米在住のかたは参考になるだろう。



最後に舌にまつわる言葉を。

舌はわざわいの根
賢者は長い耳と短い舌を持つ
駟も舌に及ばず
三寸の舌に五尺の身を滅ぼす・・・

 んーー、あんまりいい意味のがないねぇ。

えんま大王にひっこ抜かれぬよう、
すこやかな舌を持ちたいものである。


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

Coco de 手淫  




庭にはたくさんのココナッツの木がある。
DSC_0537 2



美味しいココナッツ水に子猫も夢中なのだ。
DSC_0631.jpg



刀で切り落とした実を、
DSC_0541_201504271800459de.jpg



飲み口を作って、ストローが注せるようにして飲む。
DSC_0554_201504271800444a0.jpg

DSC_0600_20150427180048dba.jpg

DSC_0101_20150427181209880.jpg



飲んだあと、かち割って、ミルクの層をそのまま食べたり、
DSC_0115_20150427181207481.jpg



カクテルにしたり。
DSC_0107_20141031192829468_201504271812063e1.jpg




飲んだあとのココナッツをまっぷたつに割らずに
外側だけ削ると、
P1600610_20150427183959851.jpg

 禁断の玉があらわれる。




この玉をつかって、禁断のミルクを・・・












 しぼって〜、オレのミルクを 
 あなたの〜、好きなだけ〜♪


P1600594.jpg

 恍惚とオナニーを・・・



P1600601_20150427184749b5f.jpg



・・・自慰にふけるごとく、
無心にココナッツミルク繊維を削り取るのだ。

P1600589.jpg

P1600614.jpg





ブラジリアに暮らす友・ニールちゃんも言っていたが、
 “ ニールブログ・自家製ココナッツミルク ” ←(リンクあり)


10327.jpg

市販のココナッツミルクではなく、
わが家の庭のココナッツからとるミルクは美味い!



レストランゑんのメニュー、
タイカレーにもインドカレーにもココナッツミルクは必須だ。
P1600600 2

 ねーっ、ちびくろちゃん♪



というわけで、きょうもせっせと手淫にふけるオレ。
無心、イコール、エクスタシーだ。
振動もFeels So Good♪





つぎなる挑戦は、
ミルクを取り出したあとのココナッツの殻で、
P1600638.jpg



かわいい汁碗を作ること。
P1600640.jpg

 ばってんこれはなかなか難しい。

 日々股股手淫精進やなぁ。


クリック♪ 

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

手遅れになるまえに  





オレは日本人だ。
5月3日は憲法記念日やんか。
日本国憲法、って、どげなんやったかなぁ。



 第十三条  

  すべて国民は、個人として尊重される。
  生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、
  公共の福祉に反しない限り、
  立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。






やっほーーぃ。

オレがオレとオレの周囲のすべてのしあわせを祈って
なんやらかんやらすることは、尊いことだ、と重んじられる、ったい。
ビキニ姿は、倫理に反するかもしれんばってん、
福祉には反せぬよなぁ。





そんでから、ノーベル賞候補にもなった憲法九条は、いかに♪




これは、第二章 戦争の放棄 のしょっぱなにあるぞ。



  第九条

  日本国民は、
  正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、
  武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、
  永久にこれを放棄する。

  ○2  前項の目的を達するため、
  陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。



これ、
ポツダム宣言を土台としとる憲法であるが、
非軍事国家を貫くすばらしき憲法だと思う。
「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と
広島に深く刻まれとるではないか。



先日は、安倍総理、アメリカに行っとったけど、
何を話してきたんかなぁ。

ふん。
キャロル・キングの歌詞を引用したりしとるぞ。
『You've Got a Friend』やな。
アメリカちゃんとオトモダチ、オトモダチしたいんやな。
遠くの友達も大切だが、近くの沖縄ちゃんという友達も大事ぞ。

安全保障法制を夏までに成立させる、とか言うてから、
国会の仲間たちを軽んじてやしまいか?
同胞を大切にしとらんくせに、
アメリカにはどこまでも媚び諂うてから。
そのくせアジアに対しては尊大でいばっとる。



耳ざわりのいい言葉や難しい言葉にごまかされ、
トリック満載の議論にまどわされて、
日本国民のオレら、いったいどこに連れてかれるのか。


どんぶらこどんぶらこちがう場所に流れてしもうて
面舵いっぱ〜いしても、軌道修正できんごとなるぞーー。


そういえば、先日娘・うたが、
ポルトガル語の教科書を読んでいて、
「お母さん、右のつばさ、って日本語で何ちゅうん?」
 て、言いよったな。

そのまんま右翼(うよく)たい。と答えたら、
読みを覚えきらんらしく、みぎつばさ、と言い出した。
漢字の勉強もしっかりせなならんなぁ。
脳みそがカチンカチンになるまえに覚えさせねば。
手遅れになるまえに。

DSC_0395_20150504221220a5d.jpg

 脳みそどころか体もがちがちになったオレは、
 いまさらサンバを覚えたくても覚えられん。踊りたくても踊れない。

ところでオレは
キャロル・キングの曲では、
『It's Too Late』が好きやん。

安倍政権にどんぶらこどんぶらこ運ばれよるオレら国民は、
もう遅すぎる、っちゅうとこまで流れんごとせななぁ。


クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

9ª Copa de Beach Soccer Litoral Sul Final  





わが集落から2つのチームが出場したビーチサッカー大会・
9ª Copa de Beach Soccer Litoral Sul。

2チームとも順調に勝ち進み、
なんとなんと、両チームとも決勝戦に勝ち残ったもんやけん、
優勝をかけて戦うことになった!

うっれしーーなぁ うっれしぃなーー♪


友人のファビオとキーニョが監督しとるのは、
赤さんチーム、ユニオン・タバチンガ(Union Tabatinga)。
DSC_0392_20150312021903901.jpg



オレの友人がたくさん所属しておる青さんチームは、
バッハ・ヂ・タバチンガ(Barra de Tabatinga)。
DSC_0404_2015031202190279f.jpg




どっちが勝ってもうれしいもんやけん、
みな、観戦のウキウキ度を最高潮にあげて、応援だ!
DSC_0312_201503120219315d3.jpg



日射しも容赦なく強いので、日焼け止めを顔に塗る。
DSC_0324.jpg



さあ、準備万端。
DSC_0329_20150312021907713.jpg



いざ、キックオーーーーーフ♪
DSC_0417_20150312021831773-1.jpg



どちらが勝ってもうれしいこの試合、
DSC_0458_2015031202183000a.jpg



いつシャッターを切っても名シーン。
DSC_0479.jpg

DSC_0522.jpg

DSC_0585.jpg

DSC_0587.jpg

DSC_0648.jpg


勝者は、どちらか、っちゅうと・・・・

















DSC_0649.jpg

DSC_0653.jpg


赤チーム・ユニオン!
DSC_0657.jpg

DSC_0663_20150312021710c3b.jpg

DSC_0668.jpg

DSC_0671.jpg

P1610620.jpg




1位の赤さんチームも2位の青さんチームも、
試合後に、感謝の祈りを欠かさない。
DSC_0732_20150312021706688.jpg




おめでとう、赤チーム!
DSC_0745_20150312021638b06.jpg

DSC_0752.jpg

DSC_0804.jpg

DSC_0817.jpg

DSC_0813.jpg

DSC_0834.jpg





シャンパンシャワーで優勝を祝うかと思いきや、、、


















DSC_0767.jpg

 アイスキャンディーで『おめでとう』。







ゴールキーパーはMVPも受賞した。
この試合も完封やったのだ。
DSC_0775.jpg


前代ゴールキーパーのボイもうれしそう。
DSC_0786.jpg





最後、ゴールネットを片付ける青さんチームのデブ。
DSC_0892.jpg

DSC_0895.jpg

DSC_0896.jpg

いい大会やったなぁ。
 と、じーーんとくる昼下がりのビーチの景色。


さあ、今から優勝パーティが始まるぞ。

パーティの様子は、また後日♪


クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

Barraca完成  





ヤシ葺き屋根の日除けができあがった庭。

 まずは、森に木を切りに行き、記事1
 次に、切った木を処理し骨組みをつくり、記事2
 屋根にヤシの葉を葺いて、記事3


テーブルと椅子を置くために、床を仕上げなならん。

砂とセメント粉をまぜて、
P1620964.jpg



マッサをこしらえる。
P1620809.jpg



白煉瓦を切って形をととのえ、
P1620806.jpg



マッサの上に並べる。
P1620805.jpg




並べた白煉瓦に間にもセメントを流し込んでゆく。
P1620953.jpg

P1620807.jpg
 
 地道な作業をこつこつ続けて、



完成!
DSC_0352.jpg

DSC_0349.jpg



ばんざ〜い、ばんざ〜い、っちゅうて乾杯した。
DSC_0370.jpg



かっこいい屋根やなぁ♪
DSC_0379_2015042522150641a.jpg



夕刻の風がふきぬけて気持ちいい。
DSC_0378_20150425221508fcc.jpg




電灯をつるして、
DSC_0384.jpg



暗〜くなるまで、しゃべり飲み、よろこびあった。
DSC_0386_2015042522150187f.jpg



猫は、家の中でいちばん居心地のいい場所におる、という。
DSC_0684_20150425221318f7d.jpg



このバハッカ、わが家でいちばん気持ちいい場所かもしれん。
DSC_0512_2015042522132276b.jpg

DSC_0523_2015042522131956b.jpg

 いつも猫たちが風にふかれて心地よさそうにしとるんよ。


きのうはbelleもあそびにきて、ここでしゃべり楽しんだ。
DSCN0663.jpg

快い空間を創れて大満足。


クリック♪ 


AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報