ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ほーーるもん  






人が死んだら、現世の名前とはべつに、
僧侶が戒名(かいみょう)をつける。
お位牌に書かれた漢字が何個か並んだやつ、あれが戒名。

  ・・・というのは大間違いで、


本来は、戒をさずかったひとがつけてもらう名前 のことである。


戒をさずかるということは
仏教徒としての戒めを守ることを誓うこと。
すなわち戒名とは、
仏の弟子 としての名前である。


受戒をしていない人の葬式では、
僧侶は儀式のなかで戒を授けて戒名をあたえる。(宗派による)

が、これすらも現代では行わない僧侶が多い。

お金をたくさん払ったら、
なにやらたくさんの漢字がいっぱいの長い戒名をつけてもらえる、っちゅう話も
まかりとおっとる。
ばかばかしい。





さて。
そのむかし
この戒名のつけかたにまで、差別があったそうな。

日本では江戸時代、
ひとびとに、身分をつけとった。
すなわち 士農工商 。

身分が下にいくほど、
年貢はおさめなならんし、労働は苛酷だ。
生活はきゅうきゅうで、
多大なイライラ、ストレスにさらされとったやろう。


なので、
お国は、
国民のイライラの矛先を
自分たちに向けられるんを避けるために、
もっと下の身分をこしらえた。

 エタ・ヒニン である。

  イライラ・ストレスは
  エタ・ヒニンに向けなさいね
  このひとたちを思う存分いじめていいばい。


そして彼らが亡くなったときには、
戒名にすら印をつけた。
それが、『差別戒名』と呼ばれるものだ。

部落のひとたちの戒名には
 『蓄』とか『皮』などの字を使ったのだ。





オレの出身地・福岡県の筑豊地方は、
牛や豚の内臓を好んで食べる地域だ。
もつ鍋も、ホルモン焼きもとてもおいしいが、
この『ホルモン』という名前の由来も、
『放るもん』すなわち、捨てるもん、から来ている。

食べずに捨てるもん(ほうるもん)やった部位、っちゅう意。


故郷の筑豊には部落も多くて、
オレが子どものころも、
「あのエリアの子どもと付き合ってはいけない」などと
大人が言うのを1度ならず聞いた。
 
  差別の歴史を子どもに受け継ごうとしとるんやね。
  歴史はつづく。



仏教発祥の地・インドにもカースト制度がある。
最下位の身分の人々は、
アンタッチャブルと呼ばれる。
触ることができない、っちゅう、ひどい意味だ。


   このような現実をみると、
   人間のどうしようもなさを感じる。
   キリスト教の考え方である『原罪』を想ってしまう。
   人間は生まれながらに罪があるのだ、と。 



しかし生まれながらに罪がある、っちゅう考え方は、しんどい。 
オレには仏教のほうがしっくりくる。





にんにくとニラがたっぷりのもつ鍋はないばってん、
豆と内臓に煮込み『フェイジョアーダ』っちゅうソウルフードがある国ブラジル。
Feijoada_alliance_20151130190149035.jpg



アフリカからつれてこられた奴隷が
雇い主に料理をつくった残りの豚肉の捨てる部位(内臓・耳・鼻・足)と
豆を煮込んだ料理。




オレの暮らす集落でも、内臓をみな好んで食べる。

安いうえに美味いもん!


みんなで集まって飲むときには、必ず煮る内臓。
DSCN0019.jpg



炭火焼でも、オレの好物の丸腸(Tripa)は、カリカリに焼く。
Chinchulines のコピー




こないだ青空市場にて、安価で羊の頭をゆずってもらった。
DSCN0929.jpg



とろっとろに炊くと脳みそがとけそうに美味い!
DSCN0935_20151130020348521.jpg




放るもんをおいしく食べる工夫や
しいたげられた悲しみ・怒りを知っとる人こそ
本当の幸福も知っとるかもしれん。

DSCN9361.jpg


ひとつ皿の上の料理をみなでつつき合い、まわし食べるのが、
ここいら集落のスタイルだ。
もつ鍋や鉄板焼きと通ずるあたたかい気楽さがある。



DSCN9335_20151130190753721.jpg

DSCN9336_2015113019075426c.jpg

DSCN9339_20151130190756a39.jpg




DSCN0049.jpg

最後は野良猫にほうってあげる。
うんめぇうんめぇと猫も大喜びする。


(=・ω・=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

あかあかやの影響  






あかあかや
 あかあかあかやあかあかや
  あかあかあかやあかあかや月



明恵上人(みょうえしょうにん)という僧侶が鎌倉時代に詠まれた詩だ。


 なんて素直な詩なんやろう。


川端康成がノーベル賞を取った時のスピーチの際この詩を紹介したことから
有名になったのだが
月の光からの感動をすっきりまっすぐに表した詩だ。


あかあか、とは、明るい明るい、っちゅう意味である。
DSC_0370_2015112822240129a.jpg




ここ数日、美しい月を楽しませてもろうとる。
DSC_0194_20151128223313496.jpg



のぼりたての月は大きくてまっきっ黄色で大迫力。
DSC_0019_20151128220142db6_20151128224432760.jpg




のぼりたての月がオレはいちばん好きなのだが、
ここ数日は、月が高くなるにつれて、海面がまっ白に輝く様子に
すっかり見惚れておる。
DSC_0455_20151128223133cb7.jpg

 まぶしくて、神々しい。
 白く輝く海面に、畏怖の念を抱く。



まっ白に澄んだ月光に照らされ輝く海。
波のひとつひとつが白く光り生きとるもののようにうごめく。
DSC_0456_20151128220155360_20151128223154003.jpg


 海中を泳ぐ魚もまぶしいな、と喜んどるやか。
 満月の夜には、カニや伊勢エビもたくさん岩場にくるもんね。

 月の影響を受けぬ生物はおらん。





そういえば先々月ブラジルでは、月食があったのだ。
DSC_0012_20151128220139156_2015112822392555c.jpg



夫と庭にねころんで観た欠けゆく月、きれいやった。
DSC_0004_201511282201361f4.jpg




オレも夫の影響を受けて生きている。
DSC_0217_20151128220143363_20151128223131c34.jpg

 ありがたいことだな、と、時々感謝をいだき、ドキドキする。



時々しか感謝しないのはろくでなしばってん、
月も1日の半分の時間は姿を隠しとるけんまあ許してもらおう。
DSC_0359_20151128222400240_201511282239278d5.jpg


オレをあかあかと照らしぬくめてくれる夫に感謝しつつ、
自分も誰かにとっての月でありたい、と、願いつつ、
きょうは昼から丸いカクテルを飲む○○ あかあかや♪


(=・ω・=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

海のカニとマングローブ林のカニ  






近所に暮らしとる友人とめったに会わないのは『いつでも会えるから』だろう。
それと同じく、毎日ベランダから眺めとる、っちゅうのに、ごぶさたしとったビーチに
ひさーーしぶりに行ってきた。
DSC_0405_2015112623353945a.jpg



常夏の地・ナタール(NATAL)ではあるが、一応四季がある。
日本は本日、とても冷え込んどるらしいが、地球の反対側の南半球のここは、
いまは真夏。

水温もどんどん上昇してきて、ぬるい海水がとても気持ちいい。




大潮やったけん、干潮時に天然の岩のうえで、小さいカニ(Aratu)を獲った。
Praia de Camurupim のコピー

LBJFCS_0007.jpg




茹でて食べる。
DSCN0126_20151119175857bce.jpg

DSCN0114_2015111917585412c.jpg

DSCN0125_20151119175856cfd.jpg


 ちいさいカニを食べるのには根気がいる。
 熱意をこめてカニを食べると、大潮の満潮のように心身が満たされた。




こないだは、友人・ファビオんちで、泥ガニをごちそうになったのだ。
マングローブ林で捕まえた泥ガニ(Caranguejo)に、
残り野菜をあたえてしばらく飼って太らせたファビオ。
DSCN0889.jpg


 さぁ、ぐっつぐつ炊いてカニをたらふく食べるぞーー。


ココナッツミルクで仕上げた泥ガニ。
DSCN0944.jpg



こりゃぁ酒がすすむぞぅ。
DSCN0956.jpg



うんめぇうんめぇ言うて食べた。
DSCN0964.jpg



あっ、ちゅうまになくなってしもた。
DSCN0970_20151127023250765.jpg

 ごっつぁんです!


ちいさいカニと中ぐらいのカニを食べたけん
大きいカニも食べたいな。タラバガニとか毛ガニとか食べたいなーー。



(=・ω・=) 

AD

-- 続きを読む --

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

どぶさらい  





股、なのだ凹

なにが股かというと、排水タンクがつまってあふれたのだ。


わが家の排水タンクの仕組みを説明しよう。



ここいら集落の排水タンクやうんこ壷には、
底がない


筒型の輪っかをいくつか重ねて埋め込んで
フタをするのみ、なのだ。
P1600119_20151122212603dbc.jpg




っちゅうことは、

固形物はタンク内に残り、液体は砂にろ過され
どんどん地中に沁みてゆくのだ。

固形物がいっぱいになったらば、
トイレ壷の場合は、汲み取り屋さんを呼ぶ。

台所タンクの場合は、自分でどぶさらいをする。



前回は7月に台所タンクがあふれた。
ちょうど肉体派の友人・良太が来とったけん手伝ってくれた。



つぼのなかに、紐でつった缶を入れ、どぶを掬う。
DSCN4919_20151119175706ad0.jpg



それをバケツに移して、
DSCN4922.jpg

DSCN4926.jpg




文字どおり、バケツリレー・・・
DSCN4920.jpg

 走れ! 良太!!




げろげろげろげろ〜〜〜。

DSCN4923.jpg




さて。
今回は良太がおらんぞ。

っちゅうことは・・・・オレも手伝わなならんのだ、オエーーっ Oh Yeah♬
DSCN0545.jpg



 うっ。いいにおいでちゅねっ!






DSCN0450.jpg


どぶさらい終わったら海に行くぞ。ぜったいぜったい行くぞー。




『そろそろ霜が降りるやろう』と父からメールが届いたんよ。
きんと冷えた空気を想像すると、むんとするどぶの匂いも軽減する。

ざくざく霜柱をふむ代わりにビーチの砂をキュッキュッ踏みに行くぞーー。



(=・ω・=)


 

AD


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1100578981532999"
data-ad-slot="3893165665"
data-ad-format="auto">



ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ほら、怖くない  






どうぶつを愛する心優しいオレ。


ひよことも、
DSCN0853.jpg



牛さんとも、
DSC_0608_20151123201123954.jpg



カエルとも、
P1470321_201511232013247de.jpg


 とっても仲良しなのだ。





昨日は、あたらしく野生のリスザルと仲良くなることにした。
DSCN0999.jpg




一発目、やつは噛みついてきやがった。
DSCN1005.jpg

DSCN0977.jpg





だからオレは、風の谷のナウシカになることにしたのだ。
o0462027010420946899_20151123203839e99.png

img_0_201511232040535cb.jpeg



血のでた指を差し出して、


 「おびえていただけなんだよね」っちゅうて仲良くなる。




DSCN1034.jpg














 結果・惨敗凹












DSCN0849_20151123204621c37.jpg

DSCN0848_20151123204619df9.jpg


 くそーーー。ひよこを食ったことがバレたんかな。




AD


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1100578981532999"
data-ad-slot="3893165665"
data-ad-format="auto">







AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

Mama Africa  





11月20日はブラジルでは「黒人意識の日」。
ポルトガル領だった時代、
奴隷制度に立ち向かった黒人たちのリーダーであった独立運動家・
ズンビ・ドス・パルマーレスの命日だ。
conciencia.jpg


この日(正確には『全国ズンビーと黒人の意識の日(Dia Nacional de Zumbi e da Consciencia Negra)』)
ブラジルは、自治体により休日となる。
オレの暮らすノルデスチ州は休日にならんやったが、
サンパウロやリオ、首都ブラジリアなどは休日になった。




いったいぜんたい、どうして同じ人間なのに黒人は多く奴隷にされたのだろう。

初めてアフリカ人をみたヨーロッパ人は、彼らは動物だ、と思ったそうだ。
かなりの知識層に位置する人すら、
「彼らには人格がない」と断定したのだ。
想像力の欠如している人間というのは、古今東西どこにでもおるんやな。

織田信長は、初めて黒人をみたときに、その黒さにおどろき
「えらい長い間、風呂に入っとらん人やな」と思ったそうな。
そんで汚れを落とすために行水したもろたあとの彼をみて
「なるほど、こういう肌の色の人なのだ」と理解し武士の身分を与えたのだ。





『黒人差別』と『奴隷制度』に話を掘れば、
ここブラジルから日本まで行き着くんじゃないか、っちゅうくらい
長く深い思いを抱えとる人々がたくさんいるだろう。

先日観たDVD映画には
『植民地』『民族紛争』っちゅうキーワードも含まれとった。
とてもいい作品やった。



映画『おじいさんと草原の小学校(THE FIRST GRADER)』。





いったい誰が邦題をつけたんだ、っちゅう不服は置いといて、
植民地だったケニアにて、マウマウ団としてイギリスからの独立を戦った
キクユ族の男性が主人公。

キマーニ・マルゲは実在する人物で、
この映画は実話に基づいて創られておる。
91425133bfeb6e1daf6c43360277674e.jpg

 ↑
こちらが本物のマルゲで、

   ↓ こちらが映画のマルゲ。

firstgrader.jpg

 先日みた『007スカイフォール』にも出演しとった女優・ナオミ・ハリスが、
 先生役で、あったかーーい旨味を出しとった。とても良い映画やった。


人類の故郷・アフリカでも、民族間の扮装は近年も続いておる。
ケニアには、10以上の民族がおるのだ。
ケンカも絶えんやろうなぁ、と想像する。









ところで、『黒人』ってなんだろうな。
人種ミックスのるつぼであるブラジルでは、
どんなルーツが混ざっているのか一見してまったくわからない。

1418192546vsfs-runway-2014-12.jpg

ブラジルが誇る世界的モデルのアドリアーナ・リマは、
フランス人、ポルトガル人、インディオ、日本、カリブ人の混血げな。
本人の主張によれば、日本人、黒人、および西インド人をルーツに持つんて。

オレの暮らす集落の友人たちにルーツを問うてみると、
イタリアやらオランダやら様々な国が挙がる。
ようわからん、と答える者も多くおる。
それくらい多種多様なミックスをルーツにもつブラジル人たち。

対する日本は、モンゴロイドではない顔を見慣れないためか、
日本で産まれた外国ルーツをもつ人に対して同胞という思いを抱かぬ者が多い。
ミスユニバース2015日本代表に選ばれた宮本エリアナちゃんをみても解るように、
日本の長崎出身だというのに日本人と認めない風潮も、日本人には、ある。


成田空港で、夫婦がこんな会話をしとったんを耳にしたことがある。
妻「さっきのスタッフ、すっごく日本語上手かったね、
  わたし思わず、日本人ですか? て聞きそうになっちゃった」
夫「目つぶって話したら絶対日本人とまちがえるね、でも、日本人ですか、とか聞いたら失礼だよ。
  だって外人じゃん。見りゃわかるじゃん。」
妻「でも、どこで日本語習ったのかな。留学だけじゃあんだけしゃべれないよ」
夫「日本で産まれたか、日本で育ったんじゃないの。」

オレ「日本に産まれたら日本人やろうが!?」


宮本エリアナちゃんについては
二重国籍がどうたらこうたら言うとるけどね、
ブラジルで出産した日本人は、自分の子どもをみんな二重国籍にしとるんぜ。
日本側には、日本国籍だけしか取りませんよぉ、と言うて取って、
ブラジルでも取る。
ブラジルという国は多重国籍を認める立派な国家なのだ。


P1550292_201511231924486ff.jpg



どんどんどんどんルーツが交ざって、
混ざって混ざって混ざって。
そうすると人類の平和に少し近づくようにオレは思う。



侵略した者とされた者、
差別した者とされた者、
奴隷にした側とされた側、
心身を殺された側と殺した側。

その両方のルーツをもつ人間というのは、
オレが想像もつかぬ高次な精魂を持ってるように感じるのだ。
きれいごとではすまん煮えたぎる思いを経てつながりつづける命。
そんな命が内包する力こそが、
人類の原点の大切さを知らしめる知恵をさずけてくれるように思う。


AD


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1100578981532999"
data-ad-slot="3893165665"
data-ad-format="auto">




クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

まだまだ続くベジタリアン  





オレは脂身至上主義者。
肉が大好きなのだ。
野菜ばかりの暮らしは、お肌がカサカサして体に良くない。

さいわいなことにわが家には、歩く動物性タンパク質が庭に4羽もおる。


「もうたまごも産まんくなったし、トコロザワ(老いた雌鳥の名)を絞めよう!」
  と、家族と話し合っとったら、
さすが老猾なトコロザワ、地獄耳!
その翌日から、たまごを毎日産み始めたのだ!


トコロザワは首のところに毛がはえてない。
DSC_0003_201511170157130fe.jpg

 (いちばん手前が二十歳くらいのピチピチ鶏・その下の段が八十歳のトコロザワ)



最初わが家にきたときは、その日に絞める予定で友人が持ってきたんよ。
なので、絞めやすいように羽根をむしられて連れてこられたのかと思いきや
そうではなく、こういう種類なのだ。
DSC_0020_201511170138575c3.jpg


このけったいな容姿と、ふぉーーっほっほっ、ふぁーーーっはっは、の奇怪な鳴き声で
化け鶏として生き抜いとるんやなぁ。




トコロザワは命拾いし、
オレは肉を食べるのが延期になった。
代わりにトコロザワの産んだたまごを食べよう、っちゅうことになって、
ならば、畑には三つ葉が芽を出しとったけん、茶碗蒸しをこしらえよう、と思いつく。




三つ葉を摘みにいったらば、


















DSC_0017_20151117013853e86.jpg


「まだ、ちいさいから摘んではならぬ!」と長老が番をしとった。




しかたがないので、これまたまだ小さいばってん、
春菊を少しだけいただいた。
DSC_0012_2015111701385275e.jpg





完成したのは、

DSC_0102_201511170203124d1.jpg


 どんぶり蒸し!



これまた、新メニューにしよっかなぁ♬
日本のスープ、っちゅうて。





トコロザワのたまごで、お好み焼きも作った。
キャベツがないので、畑のケールを代わりに入れる。
DSCN0729_201511170139253e6.jpg

 ケールはイグアナも大好物。ブラジル人もよく食べる野菜だ。




筑豊スタイルで、鉄板ごと、どーーーんと熱々で。
DSC_0125_201511170139224f2.jpg

DSC_0133_201511170203139be.jpg

DSCN9100_20151120175130937.jpg


 
 美味いでござるっ!





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1100578981532999"
data-ad-slot="9346431269">




クリック♪ 



ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

地球も人も水でできている  






ラゴア(湖)の水が少なくなってきとるんよ。

雨もずっと少ないし、
観光客がどんどん増えるもんやけん、水も汚れてきとる。
日焼け止めクリームをべたべた塗って水に入るやつや、
ゴミを散らかし放題していくやつがおるんよ。

魚の乱獲もめだってきて、
きのうは業者がきて、土産物のハンドバッグを編むのだ、っちゅうて
水草をトラックいっぱい持っていった。

雨が少ないもんやけん、湖回りの木々も枯れてきとる。
DSC_0061_2015111500354893f.jpg




オレらの湖を守ろう! と有志たちが立ち上がった。
DSCN0609.jpg


 わが家の裏に別荘をたてた、ハイムンドとその仲間たち。
 湖の回りに木を植えよう、っちゅう計画である。
 「こげなちっこい苗を植えてもすーーぐ枯れてしまおうもん」と言うと、
 「ユッキが毎日水をあげてね❤️」とウインクするハイムンド。
 彼の心は女の子。同性愛者である。



オレはレゲエが大好きだが、
同性愛者をディスるリリックが多いことには辟易する。
バティマンソング(ゲイを過激に罵る曲)は、大嫌いだ。

仏教徒のなかにも、ミャンマーには過激派がおって、
イスラム教徒に暴力をふるい迫害しておる。
仏道としては、怒り自体が煩悩であるから、
他宗派を排除しようとするこの襲撃は
仏教の教えを自分の都合のいいように解釈しとる行為だ。

そしてイスラム教徒を自称するISも、勘違い信者だ。
なにをやらかそうとも、アラーの神が罪は洗い流してくれる、と誤認しとる。
コーランの中には、「罪のない人を殺す者は全人類を殺したのと同じ」とある。
ISの行為がイスラム教の教えにそむいとることが解る。
イスラム教も仏教と同じく『非暴力』をつらぬいとる信仰である。

なのでオレらは、ISの行いをイスラム教にむすびつけて、
イスラム教徒排斥、っちゅうまちがった方向にむかわんようにせなならん。



誰しも相容れない存在がある。
これは同じ地球に生きるうえで当然のことなのだ。
暴力に暴力で応えて暴力の輪をひろげて
敵対する相手を屈伏させたとしても、心を征服することはできぬ。

白黒はっきり などと、思うんがいかん。
そんなことは不可能なのだ。
白と黒にくっきりわけることはできんのだ。
濃い灰色も薄い灰色もある。

いい香りのきれいな花もあれば、くっさいパクチーもある。
パクチーだけを排除しようとするなかれ。
パクチーをいい香りと感じる人もいれば、
オレの好きな花の匂いを、くさい、と感じる人もおる。
自分の好きな花のみを求める者がおる限り、
世界は平和になれぬ。



仏教は中道(ちゅうどう)の実践である。
中道とは
相互に対立する2つの概念に偏らず
しかも両方を包み込んだ
対立を絶した自由な心のこと。

真理はひとつじゃなくてもいいじゃないか。








オレんちから5分のカムルピン・ビーチ。




 心が洗われるように美しい海。




心の本質は、池の水のようなものです。
嵐で水がかき乱されれば、
池の底の泥が浮き上がって水をにごらせます。
しかし水の本質は汚いものではありません。
(ダライ・ラマ法王)





さあて。
ハイムンドの苗に、水やりに行ってこよっと。



クリック♪ 



ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

にわかベジタリアン  





「野菜が大好き」っちゅう女友だちを思い浮かべてみた。
ヘルシーでフレッシュでヨガ体型をした、みずみずしい彼女たちの姿が
ふわりと胸に浮かんだ。みんな活き活きしとる。

オレは「野菜はあまり好きじゃない」。
野菜嫌い、と聞いて思い浮かぶとおり、
健康を気遣わず、新鮮な体でもない、カサカサな女、がオレである。
日焼けして黒光りしとるけん昨今のあだ名は『ゴキブリ』ぜ、ふふん。


そしていま、オレにとって困ったことに、
うちには今、野菜しか食べるものがないんよ凹。


本当は、肉と魚だけ食べていたいのになぁ。




カナブン号が、入院しとるんよ。入院生活も3週間。
仲間であるゴキブリとしては、
カナブン入院中はオレも精進しよう、と殊勝な気持ちになって・・・
っちゅうのは、ウソで、
ただ単に、買い出しに行けんし、
寿司用の特殊食材(日本米や海苔など)も買いに行けず寿司も作れんくなって、
したがって稼ぎがなくなったので、
畑の野菜と、あるもので、しばらくは暮らしてみよう、っちゅう試み。




畑で収獲して、干した大根を調理した。
DSC_0001_201511142233434d1.jpg

 美味い。
 ばってん根っこは食べられないことが判明。
 ものすご硬いんよ。きざんで鶏たちにあげよう。




娘・うたが級友の家から、まだ青いバナナをもらってきたので、バナナカレーを作った。
DSCN0220_201511142233445c8.jpg



これは、鶏ガラスープも使わず、完全徹底したベジタブルカレーに仕上げた。
DSCN0233.jpg



美味い美味い! ゆうて、昼も夜ももりもり食べた。
DSCN0248.jpg





野菜は好きじゃない、と冒頭に書いたが、好きな野菜もあるのだ。

好きな野菜順位5本の指に入るのは、ゴーヤ。
南国産のこの野菜、ナタールにありそうやけど存在しない。


ずっと食べたくて食べたくて、
友人に種を買ってもらい、別の友人に日本からここまで運んでもらった。

たいせつに丁寧に育ててきて、ようやく実りを迎えた!
DSCN0498.jpg


 おおっと、興奮しすぎて近づきすぎたな。





DSCN0607_20151114230846858_201511170114338a2.jpg


 ほぉら。大きさも硬さも反り具合もちょうどいいやろ。
 そろそろパンツのなかに入れよう。



   じゃなくて、口の中に入れるのだった。






ごま和えにした。

DSCN0522.jpg

 酒がすすんですすんで困っちゃうまいっちゃう美味!




庭で収獲を迎えとるのは、カジュ。
1木にぶらさがるカジュの実



カジュの木は3本あって、黄色いのと赤いのと2種類みのる。
DSC_0113.jpg



収獲が追いつかんで、どんどん実が落ちる。
DSC_0046_20151117013920612.jpg

 そしたら、遊びにきた鳥や、飼っとる鶏が食べる。



まずは果実を、ジュースにしたり、スープにしたり。冷凍保存もたくさんする。
2収獲したカジュ。黄色と赤の実がある



ナッツの部分は、乾かして、
3へたの部分がカシューナッツ



焚き火で真っ黒に焼く。
4枯れ草を集めて焚き火する

5たき火で真っ黒に焼く



このように、鉄板のような上に載せて焼くとますます簡単。
P1570666_201511142253013d0.jpg


 いずれにしろ、びっくりするくらい炭化させるまで真っ黒に焼く。



殻を、石など固い物で叩いて剥く。
6真っ黒に焼けた殻を割ると




そうすると、おなじみのカシューナッツがあらわれる。
7中からカシューナッツが出てくる



これは、焼きたてがべらぼうに美味い!
EFBC98E784BCE3818DE3819FE381A6E381AFE7BE8EE591B3E38184_20151114234844a07.jpg


 塩やら味付けをなーーーーんもせんで美味い。
 食べ始めると、止まらんごとなる。

 まいっちゃう困っちゃう言いながら菜食をつづけられそうだ。




クリック♪ 



ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

テロの先  






世界中がトリコロールカラーで、悲しみと怒りを表しとる。
10ヶ月前のシャルリー・エブド社が銃撃された事件とちがい、
今回は完全な無差別テロ。おそろしい。

この3日前にはベイルートでも自爆テロがあってやはり多くの死傷者を出しておる。
レバノンで自爆テロ ← リンクありクリック)。


ヨーロッパの先進国でのテロはトップニュースになって
東京タワーもトリコロールカラーになるばってん
中東については地味な反応、
なにがあっても自業自得、みたいな受け止め方をする人が多いんかな。
西側至上主義は報道の世界にも現れとるな。

・・・とまあ、そんなイヤミはこのへんでやめて・・・




パリのテロ。極悪にして残忍である。
亡くなったかた、その近しい人たちを想うと、
そしてこれから起こることを想像すると、
悲しさと恐れはますます膨らんでくる。


これから起こることについては、
怒りの熱情に圧されずに、
広い視野をもって大きく、世界情勢を見らなならんなぁ、と
あらためて感じる。



世界平和は、ピンポイントの思考による一点のみの解決法で
手に入るものではない。

『シリアのパスポートが見つかったんですって!
 やっぱりシリアからの難民を受け入れるのは怖いわぁ』。

  こういうのが、いちばんいかん。



そんで、こげなもんを投稿する漫画家がおったが、
6370141f9a6114bba2e576d93c919811.jpg


こいつのようなぼんくらが同胞のなかにおる、っちゅうことを
オレら日本人は嘆かなければならん。



 怒りの矛先をどこに向けるかをまちがえんごとせないかん。



そして、
9.11やシャルリー・エブド襲撃事件に通ずる、
くっさいにおいがプンプンしとるように感じるのだオレは。




怒り、には、瞬発力がある。
その瞬発力で発射したが最後、止められない事柄も、ある。

オレらの瞬発力を利用するために、
怒りを煽ろうとする陰謀もあるかもしれんぞ。

いまの日本に無差別テロが起こったときの
オレら国民と安倍政権の反応を想像してみて。
『テロには屈せんぞ! 戦争だー、突撃ーーー!』
っちゅう空気が一瞬で広がるやろうな。

そして、国全体をそういう空気にしたい思考、
戦争をしたい思いが、
いまの日本国家の中枢にあるのだ。


後藤さんを殺害したとされるジョンを
アメリカが殺してしもたが、
これは報復の理由をIS側に与えた、っちゅうことであり
日本がターゲットになる危険も増した、っちゅうことでもある。

ジョン殺害はほんとに自衛目的か?
ISを復讐心に燃えさせ、報復してくるのを待ち構えとるんかもしれんぜ。
戦争したいのは一体誰で、理由は何?







ところで、うちのカナブン号ちゃんは長いこと入院しとるのだ。
こないだお見舞いに行ったら、内臓を抜かれて移植臓器の到着を待っとるとこやった。
DSCN0194.jpg

なにしろこのカナブンちゃん、娘・うたと同じ年に産まれとるけんもう17才。
老いぼれるはずよなぁ。







そんでから、ちょぃと古い画像やけど、
このずらーーり並んだハイラックスは、一体どこからもらったんやろうか。
オレにも1台わけてほしいなぁ。

ISIS_CIA_Convoy_2015111519253270f.jpg



ISは、自称世界ナンバーワン国家からの給料制なんかなぁ。
そうだ
転職しよう!



クリック♪ 



ココナッツエンジェル

プロポリス

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

言葉に気をつけろ  








口の悪いオレだが、言葉は大切、と、常日頃から気をつけておる。


耳にした最初の言葉の印象は、深く胸に残り、
のちのち、たとえ数分後でも
『あれは間違いでした』と、訂正されても、印象はなかなかぬぐえない。


たとえば、オレに会ったことのない人・Aに、
オレを知ってる(気取りの)人物が、『ゆきゑは駄目人間』と言うたとする。
Aにとってオレは、会うまえから『駄目人間』っちゅう前置詞がつく。

報道ニュースでも、同じことはよく起きる。
しょっぱなの報道のインパクトは強い。 
のちのち誤報でした、とメディアが詫びても、
あの女優は不倫しとる、っちゅうイメージはなかなか消えにくい。

女優の不倫ネタくらいならまだいいが、
もっとでかい政治ネタでも、この手法はわざと、そう、わざと、使われとるよなあ。

かつて民主党が政権をとったあとにも
この手法は多く使われたように感じるのだよオレは。



おっと、横道それた。



オレが、良かれ、と思って口にしとるその言葉は、
誰かの印象を損ない台無しにしとるかもしれない。
1度口から出た言葉は、2度とオレの口の中に戻ってこない。
やけん、ようと考えてからものは言わんといかん。


そしていまはインターネット時代。
言葉は口から飛び出すだけでなく、メールとしても行き来する。
オレのピンクのクマちゃんが相手の部屋に入ったが最後、
そのメールは2度と回収できないばかりか、
相手が読むたびに印象を変える。

そして、いくら客観的に述べられたような内容でも、
言葉には発する者の主観が多かれ少なかれ必ず含まれておる、っちゅうことを
受け取る側も肝に銘じて、
そのまんま受け取って傷ついたり怒ったりしてむだに心を乱さぬよう気をつけたほうがいい。


発するのも、受け取るのも、
言葉、っちゅうんはようと考えて使わなならんな。





ばってん、良い使い方をしたら、
言葉は、相手を、
気持ち良くさせ、やる気をみなぎらせ、やわらかい心にさせることができる。



DSCN0308_20151113014448f7d.jpg



 やきそば巻き寿司を営業するオレ。(カッコのなかは胸の中のみで口には出さん)。






これは(オレら家族に)大人気メニューで、
昨日は(作らんかったけど、作っとったら多分)ぜんぶ売り切れたんよ。
日本が世界に誇る(ようになるかもしれん)料理なんよ。
やきそば巻き寿司をブラジルで提供しとるのは
(たぶん)オレらだけ。
ブラジルでたったひとつの貴重な巻き寿司を
ぜひ食べてん!



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

プロ精魂  






レストランゑんに入ってすぐの壁には、
見事な曼荼羅をかけておる。
曼荼羅のまわりに竹の装飾をほどこしたく、
竹を扱うプロフェッショナルをずっと探し続けとったんよ。

ようやく見つけた職人。
ナタール近郊には竹の職人は彼しかおらず、
市場を独占しとるらしい。

入念な打ち合わせをおこなったあと、
彼が自分の工場であらかたの作業をすませたあと、
作品をわが家に運んできて最終設置をすることになった。
DSCN9924.jpg



当然のように、寸法をまちがえて持ってきたけん、
夫・Welderが道具と手を貸して、作り直す。
DSCN9927.jpg



どうにかこうにか壁に設置したのだが、
DSCN9932.jpg



Welderの顔は晴れない。
オレとファビオのほっぺたは、ぶすっと腫れとる。




竹を美しく使いたいやんか。
なのに、この職人は、竹に釘をだんだんだんだん打っとるんよ。
あたまのない釘を使って、めだたないように工夫することもしとらん。

竹を扱う職人のくせに、竹への愛情が感じられんのよ。


 自分の作品への情熱もまるでない。
 金のために仕事しとるだけ、っちゅうやる気のなさ。



オレの細かい注文にも、いやいや応えていやいや作業する彼。
しまいにゃ「子どもを迎えにいく時間だ、もう行かねば」と言うて、
最後まで作業せずに帰ろうとした。

オレはもう「翌日また出直して来い」とは言わんかった。
こんな腐れアマチュア根性のやつに、やってもらわんでよか。
おまけに彼は、作業に時間がかかったけん、っちゅうて追加料金はらえ、言うた。
バイバイキーーーン、と蹴っ飛ばして追い出した。




オレがこのような暴挙に出ると、WelderとFabioが忙しくなる、っちゅう寸法。

すまぬ、Welder、ファビオ。がんばってくれ。



彼らが少しずつ修正して、美しい竹の壁面が完成した。
DSCN9954.jpg

DSCN9957.jpg

DSCN9958.jpg


DSCN9959.jpg

DSCN9960.jpg

 っちゅうても、まだだいぶ問題点があるので、
 いろいろ知恵をしぼりながら修繕していかなならん。
 


なりわいとしとる仕事に手をぬいて得たお金で食べるごはんは
ずいぶんと不味かろうと思う。オレはそんなメシ食べたくない。

いんちきもせず、だまくらかしもせず、オレは一所懸命レストランをやるぞ。
そうやって得た稼ぎは、たとえ少なくても、
仕事のあとには、こころから美味い酒が飲めるはずだ。


クリック♪ 

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 7

たまのハートとちび  






ちびの愛を一身に受けて育っとるたま。
DSCN1226.jpg




こんなに大きくなったのに、まだおっぱいも吸っておる。
DSCN3676.jpg







そして、おっぱいを飲んどるくせに、このごろ初めてのサカリに突入した。

1度は赤ちゃんを産ませたいと思うとるのだが、
(ちびは3回出産し計11匹も赤ちゃんを産んだのだ)
たま、心臓病(はげしい頻脈)やけん、妊娠・出産は心臓に負担がかかる。

なので、今回のサカリ期は、部屋に閉じ込めてやりすごした。
DSCN0293.jpg



猫のサカリ、とても激しくて、外に出たい力が全身からみなぎっとる。
にゃんにゃんにゃんっと大声で大騒ぎする。
気がたっているたまにずっと付き添っていたのは、母猫・ちびやった。



第1回目のさかりを終えたたまだが、
心臓病は悪化しておる。

心臓発作の頻度がふえて、状態はわるくなっているようだ。
DSCN9688.jpg



薬をのませて治療しておるが、治るかどうかはわからない。
はげしい運動はひかえさせたほうがよいのだが、
たまは家の外も中も自由に動き回って育ってきたので
たまが外に出たいならば、部屋に閉じ込めておきたくはない。

ちびといっしょにお外で遊びたいたま。
とかげを狩りたいたま。
ねこ広場にほかの猫たちに会いに行きたいたま。
木登りしたいたま。

たまのやりたいようにやらせよう、と
思うのだ。
が。
ちょっと外を走っただけで、しょっちゅう頻脈発作がでるようになった。
激しく動く心臓と荒い口呼吸をみるのがものすごくつらい。


なので、
たまの行動を制限して、外にでるときはひもをつけて付き添うようにした。
すこし歩いただけで心臓発作が起きることもある。



そんなときも、ちびが、ずっと寄り添っている。
DSC_0041_2015102823081422c.jpg



だいじょうぶでちゅよっ。っちゅうて、
DSC_0002_201510282305042d7.jpg




ずっと、たまを、やさしくなめてあげている。
DSC_0023_20151028230812d6d.jpg



そうすると、たまは、安心したように体の力をぬく。
DSC_0028_201510282306328f6.jpg

 心臓の動きがおさまるのを静かに待つ。






 ※ この動画は心臓発作をおこしとるときのたまとちびの様子。
   猫の心臓病のパイオニアの目に留まることを願い貼ったので、
   心臓のよわいかた・心の繊細なかたは観ないでください。










・・・と、ここで、白状することがござる。

2年半前に『ちびくろと暮らしたいのはオレなのだ』っちゅう立派なことを書いた。

ばってん、その内容に反することをオレは数ヶ月前にやった。


 ちびに去勢手術を受けさせたのだ。



『ゑん』を猫カフェにしようと、夫と娘の説得をがんばったのだが、
ふたりは猛反対するんよね。
タイ料理レストランを猫の毛食堂にするわけにはいかない、と。
オレはちびに去勢手術をうけさせた。ごめんねちび。



いのちをつなげる、という種族保存の観点から見れば、
犬猫を去勢するのは、まちがった行為だ。
ペットに去勢手術をほどこさない飼い主は非常識だ、っちゅうて
日本では認識されとるが、オレはそうは思わない。

ゴミをあさるなどして人間にとって迷惑だから、っちゅう理由で
野良の犬猫は殺傷処分される。
ペットを去勢せずに産まれた子犬子猫を捨てる飼い主がいちばん悪い、っちゅうことになっとるが、
殺傷処分をする施設をこしらえた社会がいちばん悪いやないか!?



犬や猫からすれば、人間さえおらんけりゃ、
野生の小動物や爬虫類や昆虫を食べて生きていけた。
自動車をぶんぶん走らせて、自然を破壊して
生き物が連鎖して生きていけん環境をつくったのは人間だ。
そげなむちゃくちゃ身勝手し放題しとる地球上の生物は、人間だけだ。

申しわけありません、お犬さま、お猫さま。っちゅうて
野良を優遇せなならんのだ。
うちの近隣は、野良に対して寛容だ。
残飯を与えるし、店先で昼寝しとってもほったらかしとる。
そんな光景をみなれると、日本は特に野良に厳しい国ではないか!? と感じる。
ドイツは殺傷処分ゼロ ← リンクありクリック)


昨今の日本では、
殺傷処分ゼロをめざして自治体や個人団体ががんばっとる。
ペットをペットショップで買わない、という動きも盛んだ。
ばってん、ひねくれ者のオレは首を傾げてしまうんよ。
野良猫をペットにして避妊手術をほどこして・・・
みんながみんなそんなことしよったら、
犬も猫もやがてこの世からおらんくなるじゃないか!?

そうなるとまた、ブリーダーさまが登場して
がっぽがっぽ儲け始めるのか?!
世のなかは回る、繰り返す、というけど、
この循環は、悪なのではないか!?


オレ自身の答えも出ない。



聴こえてくるのは
「わたちたちは迷惑でちゅよっ」っちゅう、ちびとたまの声。

避妊手術も心臓病の治療もいりませんよっ、と
言うとるような気もする。



そして、たまをどうすればいいのか
いまものすご悩んでおる。


如来さまにすべてをおまかせするしかないのだが、
雨風によって揺れて濁る湖のようになんだか心が落ち着かずざわめく。




 たまがふたたび、畑で元気いっぱい駆け回れますように。
 ちび菩薩さま、たまを頼みますよ。

 


クリック♪ 

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

人は変わる  






人は変わるものだ。
当人の意志で変わることもあれば、意思とは無関係に変わることもある。
変わりたいと思うから、オレは修行をする。
そして変わりたくない箇所については、保とうと努力する。

自分自身が変わりたいと思ってない箇所でも、
抵抗むなしく変わってしまうこともある。
こころ部門では『理屈っぽくなった』とか、
からだ部門では『太っちょになった』とか。

好きだった人をきらいになることもあるだろう。
永遠の愛を誓った結婚生活が破綻するのも、
ものすご気に入って彫ったタトゥーを数年後に消したくなるのも、
ひとが変わるゆえの自然現象だ。

たとえ、たった1年で心変わりしてしまったとしても、それは
決してあなたがアホでバカたれ、っちゅうわけではない。
抵抗不可能な『変化』という名の事故にあったと受け止め、自分をあたたかく容認しよう。




かくゆうオレも、
決して変わってはならぬ箇所が、最近変わってしまったのだ!


ここでタイ・インド料理レストランを営んでいく上で
絶対にきらいになってはいけないモノを
嫌いになってしまった。





























P1430159_20151029005201658.jpg


 パクチーをすかんくなったったい凹






あんなに大好きだったのに。
畑のパクチーをどっさりちぎってきて
パクチーモヒートを作って飲むくらい好きだったのに。
P1580873_20151104014929831.jpg


 パクラーやったのになぁ・・・いまはこの写真みただけでオエーーーーーっ!




どげんしよう・・・


タイ料理に欠かせないパクチー。

わが畑に絶えることなく、わさわさいっぱい生えとるパクチー。
DSC_0304_20151104010555e56.jpg

 いまは新芽がかわいらしく葉をひろげておるパクチー。

 夫と娘が大好物のパクチー・・・・
 彼らはどんぶりいっぱいのパクチーをうばいあって自分の皿に散らすのだ。
 その横で、なんて臭いんだ、と顔をしかめるオレ。


こんな臭いもんを世界一美味いトムヤムクンに浮かべやがって。
ヤムウンセンに散らすでない! 料理が台無しになるやろうが。
ああっ。トートマンプラーに混ぜ込むのはやめてくだちゃいっ!


かめむし草なんかこの世から消えてしまえ、と心から思うとるオレ。



















   だが、















        人は変わるのだ!










いつの日か、また好きになるぞー、カメムシソー♪

 と、ブルースを歌うオレである。


クリック♪ 




AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

課題・女性に対する暴力について  





ENEM(エネン・Exame Nacional do Ensino Medio)、っちゅう
文部省の国家高等教育試験が今年もブラジル全国で催された。
昨年につづき、娘・うた、2回目の受験。
高校3年生になる来年の本番にむけての予行練習をかねての参加だ。


昨年は携帯電話でのカンニングが全国で報告されたので、
今年はトイレに行くため教室をでるときも、
教官が付き添って、教室を出入りする際には金属探知機で身体検査されたんて。


今年の作文試験の課題は、
『女性への暴力について』。

妻や恋人へ暴力的なブラジル男性はわりと多いのだ。

うた、どんな解答作文を書いたん? と、たずねたら
こんなふうに言うた。


 ここいらあたりの集落では、
 女は専業主婦で男が仕事をする家庭が多い。
 男は『自分の稼ぎで家族を養っている』自負が強く、いばっている。
 女は『夫の働きで得たお金で食べさせてもらってる』引け目を感じとる。
 したがって、男のほうが立場が上で女はだまって従っておる図式。


ふむ。
模範解答やな。
で? 
あんたはそのことについてどげん考える?
この先の未来はどのように変わっていくと想像する?
どんなふうになるといいと思う?
 と、先を促すのだが、解答はこれでおしまいげな。

DSCN0081_20151103075949cb9.jpg



ブラジルの試験っちゅうか、宿題などは、
自分の意見や考えなどを求められとらん内容が多い。
いまは日本もそうなんかな?

うたが今かかえとる宿題も
『ニシア・フロレスタについて調べろ』っちゅう課題なんよ。

ニシア・フロレスタっちゅうのは、うちらが暮らす郡の名にもなった女性の名前。
このNisiaさん、勉強したい、っちゅう熱意を強くもっていて、
その時代にはめずらしく、女性で初めてこの地で学業をがんばったのだとか。
女性にも学校教育を、と広く活動なさったかたである。
 
わたしたち女生徒が勉強できるようになったのはあなたのおかげ、素晴らしきニシアさん! とか、
学業なんか永遠にしなくてすむ土地でおりたかったけんニシアさんのしたことは愚行だ! とか、
彼女を調べたうえでの感想こそが宿題の主旨じゃなかろうか、と思うのだが、
感想など述べる必要は、宿題にはないげな。
ただ単にウィキペディアにて、ニシア・フロレスタさんのことを
そのまま書き写せば宿題は終了なのだ。



とはいえ、オレが子どもの時分に国語のテストに頻出しとった
小説をぬきだした箇所がクエスチョンになっとるやつ。
下線部の次郎の気持ちをABCのなかから選べ、などという問い。
あれは、いかん。

そげなん次郎にしか次郎の気持ちは解らんし、読み手がどんな解釈してもいいやんか。
それなのに、その正解のないはずの解答を○×で採点されとったガキ時代のオレも不幸やが、
次郎になったつもりであれこれ想像することができた点では
恵まれとったんかもしれん。
本を閉じたあとにも次郎がずーーと胸の中におるような。




話を、うたの宿題に戻すが、
インターネットを使う宿題がブラジルにはとても多い。
パソコンのない家庭やネット環境のない家庭の子はどげんするのだ? と娘に問うと、
LAN-House(ネットカフェ)に行ってやるのだ、と。
公立校は貧しい家庭の子も多く、うたの友人のオカンが
「お金を払ってネットカフェに行かなければならない宿題なんて!
 そんな宿題はおかしい。やめてくれ」と学校に抗議したのだが、
受け入れられずに、ウィキペディア宿題は続いておる。




宿題として提出する必要がなくとも、
解答用紙に書く必要がなくとも、
女性への暴力が多い社会は今後どうなるかな? とか、
共働き家庭が増えると妻に暴力ふるう男は減りそうやけど
そのさきはどんな社会になるやか、など、
想像する学生であってほしいな。

せっかくニシア・フロレスタさんが女の子が勉学する門戸を
開いてくれたっちゃけん。

12200723_698305840306218_1746214787_n_20151106182401d79.jpg



社会にでて実践しなければ培っていけない事柄もあるけれど、
たまごやひよこのうちに、想像力を肥やすことは、きっと役に立つ。
将来への栄養になる。

ウィキペディアを書き写して、ノートブックをぱたんと閉じたあとこそ、
頭の中をたくさん動かす。
娘よ、そうなってくれ。



クリック♪ 

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

おおおおおやぶん  






先日わが家にあそび来てくれたのは、
オレが「大親分」と呼んで一方的に慕っておるW師と、
これまたオレが勝手に人生の目標にしたい、と思うとる雲の上のような存在であるO夫妻。
・・・と、ちんぴら友だちのラクダ。
DSC_0025_201510222154096e4.jpg


大親分は、長い間NATAL近郊で農業のプロフェッショナルとして
地元民を助け手伝い地元の土と格闘してきた戦士である。
頭脳明晰で、地域資源利用研究者にして、
実践あるのみ、の、自称・百姓。
去年日本に帰国してしまい、とてもさみしく思っていたのだが、
今回仕事でブラジルにいらした折に、オレんちにも寄ってくれたのだ。

おおおやぶんとは、政治の話をあーだこーだ話すんもとても楽しい。
彼のツイッターのファンでもあるオレ。毎日のぞきにいく。

https://twitter.com/peacebuilder_nw


リツイートが2000件超え、っちゅう、すんごいことも多々。
11_201511052356079b6.png

1_201510222101247c4.png


 Oh!! おおおやぶんっ。えーらいこっちゃえーらいこっちゃよいよいよいよい♪





O夫妻は、NATAL近隣の町で、
たくさんの山をのりこえ谷を這い上がり事業を成功させとる大先輩だ。
自伝がまもなく書籍になるので、オレは本を手に取る日を楽しみに待っておる。

想像もつかんようなご苦労をなさってきたであろうのに、
すさんだ雰囲気は欠片もなく、ふたりともとても澄んだ心を持っておられる。
ひよっこのオレの言葉にも、深く耳を傾けてくださり、
的確かつ、こころやさしい助言をくださる。

家族のきずなに勝る力はない、この心が有る限り目的は達成できるぞ、と
背中をどしんと押してくださり、
失敗や苦境が人を強くしまた新たなアイデアも生まれてくるぞ、
慌てず冷静な判断をせよ、と、応援してもろうた。
うれしい。

初めて食べる、という、タイ料理も、
おもしがってくれ、美味しい、と気に入ってくださった。



この日の献立は、

● 生春巻き
● ガイヤーン(タイの鶏スパイス焼き)
● ヤムウンセン(タイの春雨サラダ)
● 巻き寿司(レタス巻きと納豆巻き)
● トムカーガイ(タイのこってりスープ)
● ポークビンダル(インドの豚料理)
● レッドカレー(タイのカレー)
● かき氷(抹茶・黒蜜)



DSC_0021 のコピー

DSC_0030 のコピー

 写真は最初の2品目しか撮ってないのだった凹





農業のプロフェッショナルであるおおおやぶんとOさんに
うちの畑をみてもらい、アドバイスを乞うた。
おふたりとも流石プロ!
畑に入ったとたん、顔つきが変わった。
DSC_0039_201510222154115d1.jpg

DSC_0037_20151022221746b67.jpg




対する女衆は、ビールを飲みながら、
DSC_0057_2015102222191434d.jpg



大根ひっこ抜いたり。
DSC_0047_20151022215414c31.jpg

 大根足でいつも態度のでかいラクダも、O夫人を前にすると行儀良い。
 ラクダにとっても、O夫妻は人生の大先輩である。




最後は、「さむいさむい」言いながらかき氷を食べた。
DSC_0103.jpg

DSC_0105.jpg

DSC_0111.jpg

DSC_0096_20151022215437899.jpg

 とーーーってもあったかい気持ちになれる時間をすごさせていただき
 ほっかほかにうれしい1日やった。

おおおやぶん・大先輩にこころから感謝。



クリック♪ 


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

かっこいい男優  





2007年公開のブラジル映画をDVDで観たんよ。
期待せずに観たばってん、とても面白かった。

『エリート・スクワッド』。
ブラジルでのタイトルは『Tropa de Elite』。
51OCZch8P+L.jpg


舞台は1997年のリオのファベーラ。
a7c6201b_20151018045509928.jpg

警察と麻薬組織の癒着のなか、特殊部隊BOPE(ボッピ)が
ギャングをやっつける、っちゅう、なかなかバイオレンスたっぷりの内容なのであるが、
金持ちの親をもつ大学生たちの描かれ方がオレの気に入った。
ファベイラでボランティアして功名心を満たし
親の金でマコーニャ買う学生なんかクソくらえだ。



面白かったもんやけん、つづけてパート2も観た。
Tropa_De_Elite_2_-_Custom_-_V3_por_artmaldox_[dvd]_80



 俳優もみな上手い!
 ブラジルにもいい役者はいっぱいおるぞ。

 


そして、好みの男優をみつけた。

André Ramiro(アンドレ・ハミロ)。
姿形がとても好ましく、役柄もかっこよかった。
セクシー。
バキュンバキュンとハートを射抜かれたぞ。


調べてみると、俳優であると同時に、Hip Hopミュージシャンであった。
とてもクールで、ますますファンになった。


数年前のPVで映画『エリート・スクワッド』のシーンも出てくる。
一昔前のありきたりな手法ばってん、かっこいい。






これまた8年も前のクラッシュ。
オレの大好きなラッパー・エミシーダと即興バトルでやりあっとる。




エミシーダ様にひけをとらないどころか、押せ押せの圧勝やん♪


すっかりアンドレ・ハミロにかぶれて、
日々エリート・スクワッドごっこばかりしよるオレ。
andre-ramiro-em-tropa-de-elite-2-1374614362429_956x500_201510300604499bf.jpg

DSC_0018_2015102302200953c_20151030060212224.jpg


 うたやボクをバキュンバキュン撃ってとても楽しい。




クリック♪ 

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

肉体がほろびたあと  





ブラジルでは、ハロウィーンは主に裕福層が関心をしめす催しで、
オレらの暮らすド田舎や、娘の公立高校では、
誰もジャックのカボチャに興味をもたず仮装もしない。

ばってん、仮装好きのブラジルの若人は、
その翌々日の11月2日の『死者の日』には、ゾンビの仮装で町に現れる。
fc2blog_20151101191055d6c.jpg

fc2blog_2015110119112606b.jpg



若者が扮したゾンビがあらわれるのは、都心部のみだが、
ブラジル人は全国区で、みなお墓参りにゆく。
『死者の日』は、日本の『お盆』に該当するのだ。
blog_import_4f4b7dccdd976_201511011908250f6.jpg

305937-finados_post.jpg




ブラジルは土葬だ。
亡くなったあとひとは棺にいれられ土に埋められる。
希望すれば火葬もできる。
「死んでもお墓にいれてくれるな。海に灰をまいてくれ」
っちゅう遺言はブラジルでも増えているそうだ。


以前、仏教に縁のある日系人のおじいさんが、墓地にて、
亡くなった妻の棺に土をかけながらこうおっしゃった。

「死んでしまえば虫にくわれておしまいじゃっ」。



死んだ肉体は
おじいさんの言うたとおり
虫に食われたり、木の養分になる。

虫の栄養になったり草木の栄養となったり、
自分以外の生命の役に立った、っちゅう観点で
死が終焉ではなく、いのちは連鎖していることが解る。

キリスト教には、
morte não tem a última palavra という言葉があり
『死がすべての終わりではない』という意。


そして、ほろびないいのちを育てるのが仏道。




さて。
亡くなった人はお墓にじっと眠っとるかな?
どこにおるかな。



きのうビーチでみつけたウミガメの屍は、どきっとする格好よさやった。
かぼちゃの提灯なんか目じゃないね。
DSCN0283.jpg

 大海原で長い年月いっしょけんめい生きた亀さんの魂はいま何処に。




一休禅師がこう謳うとる。


 死にはせぬ どこにも行かぬ ここにおる
 話しかけるな 答えんけんね 







クリック♪ 

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0