ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

NATAL近郊、大炎上!   







うちから30分くらいの場所の砂丘地・Alcaçuz に
Rio Grande do Norte州のなかで1番大きな刑務所がある。

拙ブログにも、その話を何度か書いた。
 (☆ 刑務所内での暴動の話 ←リンクあり)



昨年そこで始まった大脱走は、
ちょくちょくと今現在も起こっておるのだが、
(砂地なので穴が掘りやすいのだ!)
数日前に囚人が求めたのは、
「WhatsApp(ワッツアップ)のブロックを解け!」



日本では馴染みがなかろうが、ワッツアップとは、LINEのようなもの。
ブラジルではほとんどコレである。


なぜかブラジルの囚人どもは、
服役中の身であるというのに携帯電話を持っておるのだ。
猫に運ばせるのだろう。
 (☆ 猫の手を借りる囚人の話 ←リンクあり)

その携帯電話でワッツアップもどんどんやっとる。
SNSもバッチリやっとる。
それを刑務所がブロックしたもんやけん、囚人が腹を立てた。



で。
刑務所の外におる仲間たちが、囚人の代わりに大暴れしとるんよ。



『WhatsAppのブロックを解くまで抵抗するぞ!』
  っちゅうて!!!




どんな大暴れか、っちゅうと、バスを燃やすなどしとる。
2_20160731055445c3d.png

3_2016073106073755c.png


娘・うたの学校のワッツアップグループの投稿にも
犯行声明が回っているげな。

きのうの夜の時点で、うたの学校のすぐ近くまで
犯人たちが移動していて、
ナタール周辺の市営バスは夕刻の時点ですべて運行休止。




これらの事件に便乗してか、
あるいは同じ仲間たちの仕業かわからんばってん、
ナタール近郊では、強盗やスリなどさまざまな事件が
ここ2、3日のあいだに勃発。
1_2016073105544343a.png

 友人・belleとラクダん家の近くでも頻発しとる。



belleん家からこの黒い煙はばっちり見えたやろうな。
4_201607310605132f8.png






そんでから犯人たちは、
きのうの深夜、犯行予告を出した。





















「つぎはカムルピンの別荘を燃やしに行くぞ!」




  カムルピンとはオレの暮らすビーチ。












    来んなーーーーっ!








仲間の大暴れに気をよくして、
Alcaçuz刑務所内では、パーティがおこなわれておる。

その様子をFacebookやYouTubeにバッチリ投稿しとる。






つまらんねーーー。
ホントこういう事件が起こるたびに
大好きなブラジルにがっかりする。



それにしてもブラジルはバスを燃やすのが好きだ。
20120627230247714_20160731055540ae0.jpg

サンパウロに暮らしとるときも、
近所でしょっちゅうバスが燃やされとった。


やれやれ・・・

事件が増長せずに速やかに終焉することを祈る。



(=ΦωΦ=)

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

リオ五輪○○○○○を前に思う  






いよいよ数日後にせまった、リオ・オリンピック。
スポーツの観戦は大好きだ。
とくに陸上とサッカーが大好物なので、
とても観たいのだが、わが家にはテレビがない。
友人がたに押しかけていって観戦せなならんなぁ。

それ以上に、どうしても観たいのは開会式。
現地リオの時間では、8月5日の夜19:30に開会式が始まる。
日本時間だと、8月6日の朝、っちゅうことになる。

そして、だ。
開会式のなかで、
ヒロシマ原爆投下の時刻・8時15分に黙祷がなされるげな。
オリンピックにふわさしいではないか!?
そのシーンをオレはものすごく観たいのだ。
ファビオんちにテレビを乗っとりにいこう。




広島、ということで、思いついたことをつらつら書く。

先々月アメリカのオバマ大統領が、
キューバにつづいて広島を訪れたことには
なんともいやーーーな感じがした。

そして、わが母国の首相・安倍に対しては、
ますますいやーーーな匂いを感じた。

折しも沖縄で若い女性が軍関係者にレイプされ殺された直後。
オバマは岩国基地を訪れたのち広島に行っとる。
そしていまの沖縄、高江の機動隊。

高江については、山本太郎氏がブログに書かれている内容が
とても解りやすかったので、*ココ* ← にリンクを貼る。
山本氏も記事のなかで触れているが、
8月6日は要となるであろう、とオレも思う。



話を広島に戻す。
広島には、チェ・ゲバラもキューバ革命のすぐあと1959年に訪れとる。
そのときチェの抱いた日本への感想は、諸説あるが、
オレがいちばんしっくりきたのは、

「日本は原爆の悲劇から立ち直ったように見せかけている。
 痕跡をほとんど残さないように見せているだけ」。



ポツダム宣言後アメリカの懐にすっぽりと入れられ、
安心しきっている赤子のように、
あるいは記憶をすぐに無くす酔っぱらいのように、
忘れた演技をしている
 ・・・というのがオレの印象。


これは国民性かな。
フクシマ後も、福島の人を中心に
「もうだいじょうぶだ、もうほっといてくれ」という
『風評被害』という名の、記憶喪失のふり。


日本人は感情を殺しすぎる。
感情をあらわにするのが恐ろしい、っちゅうのは解る。
本気で悲しんだり心底から怒ったりすることは
莫大なエネルギーを要す。
感情的暴走は自らの力で抑えられないことがあるけん、
なるべく負の感情を表に出さない、という方法があることも確かだ。

しかし溜まったものは、ほとんどの場合、いつか外側にあふれでる。
貯めに貯めてギリギリのところでキレる、っちゅうのも、そのひとつ。
しかし、だ。
どうせなら、有効的にキレようではないか。
もっと一喜一憂しようではないか。
『心』の語源は
『ころころ転がるころころ動く』なのだから。



話がそれてきたが、
五輪マークの5つの輪っかは、五大陸をむすんどる意だ
世界が平和のゑんでつながるといいよな。

DSC_0385_201607290057446ee.jpg



スポーツ観戦は楽しい。
本気でいれあげて、一喜一憂する。




いい試合をみて、
こんなふうに大喜びしたいなあ。 ゑん○



(=ΦωΦ=)

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

チン・ゴジラ  






映画『シン・ゴジラ』が、まもなく公開、っちゅうことで、
夫・Welderとわくわくわくわく
「観たいみたい見たい観たい!」大騒ぎしよる。







予告編を何度もみて、胸をぱんぱんにしとるのだが、
ここブラジルでは、たぶん公開はないやろうなぁ凹凹凹




で、求めよさらば与えられん、で、
シン・ゴジラに恋焦がれとるオレら家族のベランダに
ゴジラがやってきたのだ。

DSC_0392_201607262126491f8.jpg



かっこいいでちゅねっ!







ゴジラに、子どものころにぶんなぐられたトラウマをもつ猫・たま。







ようやくリベンジなるか!?




 行けーーっ、たま!






 なんだか足がすくんでびびっとるたま。





「ゴジラとは仲良くしまちゅよっ♪」
 と、戦意喪失しとるたまとちび。

igu.png




よしっ! 
オレがたまの雪辱を晴らしちゃろう!



背後から近づいて、


13_20160727021841fde.jpg





ガオーーーーーーーーーッ







  ・・・ひとっっつも動じないゴジラくん。






相手が戦闘的じゃなかったら、
こちらの戦意もすっと削がれるよなぁ。

DSC_0403_20160726212351a26.jpg


っちゅうわけで、
オレもゴジラと仲良くなって、
いっしょにお日様を食べてあそんだのだ。




(=ΦωΦ=)

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

時代遅れ  






インスタグラム、っちゅう
スマートフォン主体のSNSを始めて、1ヶ月。

『レストランゑん』『Oba! ゆきゑ』っちゅう
ふたつのアカウントで投稿しとるのだが、
おば! ビキニのほうにログインできない、とか、
タイマーかけたのに効かんでいっぺんに投稿されとる、など、
頭がわるいゆえの不具合が直らんままだ。

つまらんなぁ、世界中のビキニ好きたちと接点をもちたいのになあ。

まあよか。
いまは仕方がないのだ。
なぜならオレはスマホを持たんのやもん。
いま投稿はパソコンでやりよるんやもん。
来月には、日本の友からのお下がりのSIMフリーiPhoneたちが運ばれてくるけん
それまでの辛抱だ。




それにしても、だ。

みずからのアナログさと時代遅れさを
くっきり見せつけられとる昨今。

インスタグラムでは多くの人が、
加工をほどこした写真を投稿しとる。
その加工された画像をみて
『美しい』『かっこいい』と感じることがオレには少ない。
『独自加工による魅力ある写真』を
まだ多くは発見できとらん。

加工が写真を台無しにしとるのではないか、と感じることがいっぱいある。
台無しどころか、気持ち悪い、と感じることもいっぱいある。

素のままですっきり出したほうが美しいのにな、と。



このように感じるオレのほぼ素の投稿写真は、
ものすごダサいと形容されるんやろうなぁ。








この写真は、加工なし。

オレとちびの、気に入りのツーショット。
0 のコピー

 ちびくろちゃんのイヤそうな顔がたまらん。






で。
ちびくろちゃんのイヤそうな顔を強調して、オレは美魔女に見えるように、
Gramblrの画面で加工してみた。

8_20160725012136996.png


シワとかも写らんし、色白に見えるし、
日本人受けはこっちのほうが良いやろうな。うん、確かに。










ばってん、
食べ物の好き嫌いも人それぞれある、っちゅうのと同じく、
『嗜好』のひとつとして、オレはかけうどん派をつらぬこう。
たまにはとろろ昆布やらわかめやらゴボテンやら入れるが、
基本は素うどんだ。
肉うどんなんか大嫌いだ。
甘い肉など入れるともううどんじゃなくなろうもん。

子どものころからいままでのいつの時代も
マイノリティに属しとったオレにとって、
今後ますます世界は、
氷河期で針のむしろ状態になってゆくのだろうなぁ。




そんでから、ポケモン号っちゅうのが流行ってるらしく、
ブラジルにはまだ入ってきてないのだが、
家電売り場の店員までピカチュウのお面かぶったりして
ブラジルでもすでに大盛り上がりしとる。

しかしそれの面白さがオレにはひとっつもわからんのよ。
実際に、家の前の湖にピカチュウが泳いどったら
さぞかし楽しかろう、と思うばってん、
携帯電話のなかにピカチュウがおっても
なんも面白くないではないか!?

しかし、娘・うたなんかは、目をキラキラさせて
ピカチュウを捕まえたい! と、わくわくしとるのだ。
もうすっかり娘とは感性がずれてしまっとるんやろうなぁ。

時代の波に乗れんのはさみしいばってん、
こればかりは好みの問題やけんしょうがない。
オレはこのままアナログ道を突き進むぞ。








(=ΦωΦ=)


AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

せんこう花火  






夏やな・・・

 と、日本の夏を想う。




寒いのが苦手で夏が大大大好きなので、
いま暮らしとるNATALの常夏の気候がうれしいが、
四季があって待ちこがれる夏も、また恋しい。
夏がきたらうれしかったもんなぁ。

朝早くから鳴くセミのざわめきにわくわくし、
ひぐらしの声にきゅんと切なくなったもんだ。
海に行きたい海に行きたい海に行きたいそればかりを思う
日本の夏の日々・・・

蚊取り線香や花火の匂い・・・

 そうだ。花火をしよう。











夏の風物詩といえば、線香花火。
1_20160722115800a98.jpg




 ・・・なんだか、風流じゃないな。













そりゃそうだ。これは線香花火じゃなくて 閃光花火 やもん。




2_201607220644281ca.jpg






夜じゃなく真っ昼間にやりよるしな。
汗びっしょりになるけん浴衣も着れぬ。
3_20160722064427aa9.jpg






ぼとっ、と落ちたし凹
5_20160722064523941.jpg





チンコー、否、珍光花火、っちゅうおもむきやな。ばってんエロスゼロ。
4_20160722064444304.jpg







仕掛け花火もあるぞ。
6_20160722064716a1d.jpg






最後は、打ち上げ花火だ。
7_2016072206471892b.jpg



 きんた〜まや〜〜




っちゅうふうに、
換気扇フードを造ったり、床に側溝をこしらえたり、
台所の大工事のまっ最中のわが家。
DSC_0266.jpg


家の中がひっちゃんがっちゃんになっとるばってん、
キャンプ暮らしみたいで楽しーーい♬

FUJI ROCK FESTIVALに行きたいなぁ。
スクラッチペリー爺さんを観たいなぁ、と思いを日本に馳せながら、
どっかんどっかん花火を打つ。





(=ΦωΦ=)

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

誦月吟花  





昨夜の月は本当にきれいで、
まだ暗い早朝に、西の空に沈んでいった。

いまごろ日本の夜空に
ぼっかーーーん と、でっかく昇っていることやろう。






“誦月吟花”

月に誦し、花に吟ず。
月を見ては謡い、花を見ては詠う。


雑多な日常には、
いじわるやイヤミもいっぱいあるばってん、
それらによって自らのこころまで濁らせずに
こころの底にはいつでも『うた』が在りたいものだ、と
昨今は頓に感じる。

DSC_0402 2 のコピー


そういえば娘の名前も
『うれしいときも悲しいときもいつでも在るのがうた』
 っちゅう思いで命名したんやった。




さあ。
きょうも1日がんばろう。

DSC_0170_20160720181739d03.jpg


あんまり〜えんとつが〜高い〜ので〜
さ〜ぞや〜お月さ〜ん煙たかろ〜、サノヨイヨイ♪



(=ΦωΦ=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

Canário  






もうすぐやな、リオ五輪。

リオ・オリンピックの公式マスコットは、こいつら。
Vinicius_Tom_20160718072415dfb.jpg

 猫みたいなのが、ヴィニシウス(Vinicius)っちゅう名で、
 ねこ・とり・さるのミックスなのだとか!

 頭に葉っぱが張りついとる木みたいなのは、トム(Tom)。
 アマゾンの樹木をイメージしとるげな。

 かわいいような、かわいくないような・・・







オレが思う、これぞブラジル、っちゅうキャラクターは、
日本で『ホセ・カリオカ』として知られるこいつ。
ze_carioca_charuto.gif

彼はリオ・デ・ジャネイロ出身であるのだ。

カリオカ、の意は、リオ生まれ、っちゅうことなんよ。
ブラジルでは『ゼ・カリオカ(Zé Carioca)』っちゅう名で親しまれておる。



そんで、ゼ・カリオカの恋人・Rosinhaに、オレは似ていると言われ、
とても喜んで・・・おらん。
zecariocaerosinha4.jpg zecarioca_3.gif






そういえば、オレの中学生んときのあだ名は『ガチョウ』。




ガチョウやろうがアヒルやろうがカリメロやろうが、
オレは鳥が好きだ。

鳥を他人と思えんのよねぇ。
このごろでは、すくすくと育ちよるひよこたちに釘付けで、
長い時間を鶏小屋のなかで過ごしとるんよ。



オリンピックは、さほど盛り上がらないブラジルであるので、
ワールドカップんときほど町中が黄色いカナリアカラーであふれることはない。
P1510664 のコピー


しかしオレ個人としては楽しみな種目がいくつかある。
テレビ持たんけど、なんとか観ることができたらいいなぁ。

とくに開会式ではぜひとも観たい場面がある。
それについては股コンド書こうと思う。



(=ΦωΦ=)

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

キューリ  







ブラジルにも日本のキューリが売られておるが、
名前は『日本のキューリ(Pepino Japonês)』と称されており、
ブラジルのキューリとは太さがまるきり違う。

ブラジル人が『日本のキューリ』と言うとき、
なんだかうれしそうなニヤニヤ感をこめて発声する。

ファビオなんかオレの畑に実っておる『日本のキューリ』をみて
うれしそうにニヤニヤいうのだ。
「日本のは細い」と。

男性器を想像していることは瞭然なのだが、
ブラジルのキューリは中身が種だらけやし、皮も食べられんごと固いし、
じぇっっっったいに日本のキューリのほうが美味い!



しかし、ナタール近郊のスーパーマーケットに売られている日本キューリ、
なんだか年々、どんどん太くなってゆくのだ。
こないだは○○っちゅう店で、
『日本のキューリ○○スペシャル』っちゅう名で
ぶっとい日本キューリが売られておった。
スペシャルは、いらん。
古き良き日本のキューリでいてくれ。




オレの畑の日本キューリも、どんどん太くなってブラジル化しとる。
ブラジルで育つとブラジルサイズになる、っちゅうことかな。
DSC_0354_20160715214856359.jpg

困ったなぁ。




もう古いが、猫がキューリにびっくりすることが
ちまたで話題になった。




うちの猫はキューリもゴーヤもたいしておどろかん。




うちの犬・ハチは、キューリを食べる。
DSC_0043_20160715214854ec5.jpg

DSCN5788.jpg

DSCN5794_20160715214859d2b.jpg




キューリといえば博多山笠。
友人のSNS投稿をみて、山笠が終わったことを尻尻尻尻尻。








DSCN8003_201607152214530de.jpg

これは、尻ではなくオレの乳だ。

キスマークではなく傷がついておる。



家庭内暴力をふるわれたんよ。
ちびくろちゃんがオレをひっかいたのだ凹
DSCN4858 のコピー

 かわいいから許したばってん、
 子どもたちよ、親に暴力をふるってはいかん。
 戦争反対、暴力反対。



ああ、博多の夏が始まったのだな。

日本の友に、みじかい夏を腹一杯たのしんでほしい。





(=ΦωΦ=)

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

移民祭  








ブラジルにはたくさんの日本移民が暮らしておる。
ぬ

1908年に笠戸丸でサンパウロ州のサントス港にやってきた人々を皮切りに、
戦後も日本人はたくさんブラジルにやってきた。

ここRio Grande do Norte州にも日本人はいる。
オレの暮らすタバチンガ集落のちかくの集落・Pium(ピウン)にも
移民が暮らしていたのだ。
33_201607122259590c3.png



ピウンにいらっしゃったのは60年前!
IMG_2747.jpg



60周年の記念祭のオープニングパーティーが催される、っちゅうことで、
NATALサンバ、もといNATAL三婆で、
レセプションに行ってきた。
DSCN7925.jpg





浴衣で公式の祝いの席に参列するなんて、とても行儀わるいのだが、
ここはブラジル。
なんでもかんでも大目に見てもらえる。
P1490948_20160712221529bde_201607122303160d9.jpg

 日ごろがこんなふうだから、オレらにとっては浴衣も正装なのだ。



高僧・Welderに着付けしてもらって、
DSCN7884.jpg

unspecified-5.jpeg



ウキウキと出発♪
DSCN7895.jpg




ひろい会場にさまざまな展示がなされている。
DSCN7932.jpg



レシフェからは、領事とMr. ビーンもいらしておった。
unspecified-4.jpeg

unspecified-3.jpeg

DSCN7935.jpg




これが60年前のピウン到着時の写真。
DSCN7897_201607122306199d0.jpg


こんなにたくさんの人々が、
すぐそばのピウンに移民してきとった、っちゅうことに
大きく驚いた。




15年間ピウンで農業をなさっていたかた。
DSCN7904.jpg

 いまは、レシフェにお住まいだ。




いま現在、ピウンにまだ暮らしておられるのは、
お花や盆栽をなさっているファミリアのみだとか。
DSCN7919.jpg



NATAL市内のスーパーマーケットに売られている菊などの鉢植えは、
その一族が作られている。
DSCN7922.jpg




ケーキや寿司がふるまわれ、たくさんの人と知り合いになれた。
DSCN7969.jpg

DSCN7916.jpg

サンパウロに暮らしていたときにも、
たくさんの移民のかたと知り合いつき合わせてもろうてきたが、
ここナタール近郊にお住まいの日本人は、みなとても明るくやさしい。
気候がそうさせているのかもしれんが、
サンパウロにお住まいの日系人に多くみられた暗い雰囲気がまるでない。

あやかりたいなぁ。
オレもしわしわばあちゃんになっても、
げらげらとビキニで笑っていたい。



(=ΦωΦ=)

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

Don't give up the fight  






参議院選はオレののぞまない結果となり、
がくりとうなだれてしもうたばってん
ここで意気消沈しているばかりではいかん。

よく戦った有志たちへ心から感謝を捧げ、
彼らが今後も力を落とさないことを祈ろう。


今後の道は、ますます険しくなってしまったが、
道が暗く閉ざされたわけではなく、
一条の光がオレの目には見える。



なのでいま鳴り響いてるのは、これ。






でもさっきまでは、この曲もがんがん鳴りよった。








日本には美しい仏道・茶道・相撲道など『道』がたくさんある。
いずれもより高次な人間形成をめざすものだ。
柔道も茶帯から黒帯になるのは、強いだけではなれない。
ただ勝てばいい、っちゅうわけではなく、
まわりからの尊敬が必須だ。

国民をだまくらかしごまかすような腐れ根性の者が
美しい『道』の国・日本の長におることが残念であるが、
ひとりひとりがしっかりとした択法眼を持てば、
国政を変えることはかならずできる。
DSCN7970.jpg





Get up, stand up
Stand up for your rights (Don’t let em hold you down)
Get up, stand up
Don´t give up the fight

目覚めろ、起ちあがれ
起ちあがれ、権利のために(奴らの言いなりになるな)
目覚めろ、起ちあがれ
諦めるな、戦うことを




(=ΦωΦ=)


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

高級魚クエのフルコース  







本日は、高級魚・クエ(博多ではアラと呼ぶ)のフルコースをした。

この魚、ブラジルでもたまに手に入るんよ。
P1240492_20160706223855344.jpg

P1240504_201607062358198a4.jpg



ブラジル最高紙幣の100レアル札にも印刷されとる。
nova-cedula-real-100-reais.jpg

 ガロッパ(Garoupa)っちゅう名前だ。



まずは、お造り。
DSC_0219_201607062237545e0.jpg



日本酒をお燗にして、あぶったヒレを浮かべる。
DSC_0235_20160706223757644.jpg

DSC_0258.jpg



カマは塩焼きに。
DSC_0234_20160706223756525.jpg



あなた、おいしいでちゅねっ♥︎
DSC_0265.jpg





料理長は、いつもどおりWelderで助手はうた。
DSC_0279_20160706223821df6.jpg

 オレは大はしゃぎして料理がテーブルに届くのを待つだけだ。



酒蒸しが到着し、
DSC_0294.jpg



天ぷらと、
DSC_0281_20160706223834f4c.jpg



あら炊き、
DSC_0306_20160706225640409.jpg



唐揚げ、と続く。
DSC_0295_20160706223838db6.jpg


皮もぱりぱりに揚げてカリカリ食べる。



ごちそうの最後は、犬や猫や鶏にも渡る。
DSC_0206_201607062237538d6.jpg

すごいな。
残すところなんもない。
みーーんなおなかいっぱい。



(=ΦωΦ=)

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

こんにゃろーー  







オレら夫婦は食いしん坊だ。
1日3食、朝も昼も晩も、食事に命がけ。
なにを食べるか、どう調理するか、毎食について真剣に話し合う。
空腹をみたすためだけに好まないものを食べる、っちゅうことは
一切ない。


そんな食いしん坊のオレら家族のなかに、
隠れグルメがいたことが判明したんよ!



























ボク犬。

DSCN0407 のコピー


こいつが美食家だったとは大穴だ!!






だってこいつは、オレのビキニやら靴やら、
ほんとに何でも食べるのだ。
ビキニをやぶりちらした罰として、
朝ごはんの器にやぶれたビキニだけ入れてメシ抜きにしたら、
ビキニを食べてしまったこともある。

胃袋のなかが満たされとりゃOK、
っちゅう食い意地の張った犬なのだ。

そんなボク犬が、
オレらが留守のあいだに犬小屋の高い塀を乗りこえて
食ったのは・・・



























DSCN7442.jpg

にわとりのマリがあたため中の
残りのたまご全部凹







フィリピンにはバロット(Balut)っちゅう珍味がある。
孵化直前のアヒルの卵を茹でたものだが、
タイでは鶏卵でも似たような料理を食すらしい。
140125202401-balut-gallery-2-horizontal-large-gallery.jpg


さすがタイ料理屋の看板犬・ボク♥︎


 と、オレがほめたはずもなく、
 鶏小屋のなかで、ぼてぼてにくらしてやった。
 キャインキャインと娘さんのような鳴き声で逃げるボク。


 10個以上のたまごをぜんぶ食いやがって。
 もうすぐ産まれる命やったのに。
 今度こそジェニパブに捨てるぞ。
 否、目には目を、だ。
 中国みたいに料理してお前を食ってやる。
 生きたまま皮をはいでやる。

 しかし。
 鶏とひよこは無事やったけん、
 今回だけは食うのをやめちゃろう。


鶏たち、ボクに追いかけられて恐ろしかったやろうな、
かわいそうに。
どうしてボクは仲間と食べ物の区別がつかんのかな。
猫だって鶏を仲間として受け入れとるのに。




気をとりなおして、かわいい猫のおはなしを。



やあやあ、かわいい野良猫ちゃん、こにゃにゃちわ♪
1_20160707021233aeb.jpg



おっと! きみの背後で事件が勃発しそうだぞ!
2_20160707021234953.jpg



にゃんですって!? くるっ。
3_20160707021235736.jpg





4_20160707021237785.jpg

 やややっ!
 兄弟がおそわれているじゃないか!?












あわてなくてもだいじょうぶでちゅよっ。
お馬ちゃんはワタチたち猫を食べたりしませんよっ。


 と、ちびくろちゃん。

DSCN3735 のコピー




そうです、わたしたちは仲良しですよ。

 と、お馬ちゃん。

5_20160707021239588.jpg




 世界平和♪

DSCN7838.jpg

DSCN7857.jpg

DSCN7879_20160707065054ac7.jpg

娘・うたが現世利益をねがって100枚くらい書きよるし、
短冊はどんどん増えよるけん、掲載はここいらあたりにやめとこっと♪

そしてオレは『ボクが賢くなりますように』とは書かない。
ボクはボク道を生きてよか。



(=ΦωΦ=)


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

宝探し  







オレは数人の『師匠』をもっておるが、
そのなかのひとりが、溶接工のピンドゥッカだ。


へなちょこなオレが、
0 のコピー

3 のコピー




ここまで成長できたのも、
18 のコピー

24 のコピー

 ピンドゥッカのおかげである。





こんときは、門と窓柵を創ったのだが、
今回は、台所の換気扇周りとかの工事をやるのだ。

『良い物を安く手に入れる』は、つねに心がけとること。

ピンドゥッカと大工主任のファビオとともに、訪れたのは・・・


















廃材屋。
DSC_0280_20160626183503b64.jpg

DSC_0224.jpg



この宝の山んなかから、必要な材料を掘り出すのだ!
DSC_0226_20160626182727319.jpg



煙突に使えるものを熱心に探すオレ。
DSC_0235_20160626183334b98.jpg



この廃材屋は、
鉄・アルミ・ステンレス、と、種類別で量り売りしてくれる。
DSC_0252.jpg




みなで手分けして、汗びっしょりになって探す。
DSC_0253_201606261834289f9.jpg





なにか発見したファビオたち。イェイ♪
DSC_0241.jpg





ありとあらゆるもんが積み上げられとって、
DSC_0249_2016062618335871c.jpg




さまざまな機械もたくさんある。
DSC_0246.jpg





壁に貼る板、サイズが合うかなぁ・・・
DSC_0248.jpg




捜索能力の高いオレは、排水溝のフタを発見!
DSC_0244_20160626183338d04.jpg

DSC_0250_20160626183359309.jpg

 ステンレスぜ♪
 いいものを見つけた!


日本以上にブラジルはステンレスの値段が高い。
まして、ナタール近郊にステンレスを造る業者はなく、
ステンレス製品はサンパウロから送られてくるもんやけんますます高い。

台所にはできればステンレスを使いたかったけん、
使えるステンレスをみつけたことがものすごうれしい。




だんだんと飽きてきたオレは、
DSC_0263_201606261834297f4.jpg



厭世的な赤んぼうとともに男衆の捜索活動が終わるのを待つ。
DSC_0278.jpg



夫・Welderは、看板の材料になりそうなもんを見つけた。
DSC_0270.jpg

 コレにペイントして、道々の電柱にくくりつければ宣伝になるぞ!


33_20160704042842140.png




戦利品とともに帰宅。
DSC_0315_20160626185333fc6.jpg

DSC_0338 5 のコピー


さあて。どんな台所が完成するかな。
わくわくする!
腕が鳴る!




(=ΦωΦ=)

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

投票はこわくない  







選挙が近づくと、投票入場券が役所から送られてくる。
meisui.jpg

20_2016061603095171a.jpg



ペロッと開く葉書タイプの入場券もある。
30_20160616030953edd.jpg


まずこれを開封することから一歩がはじまる。

ちなみにこの立派な封筒も中身の入場券も郵送費も
全てあなたの納めた税金でできているので
間違ってもゴミ箱に入れてはいけない。




これが、投票所入場券だ。
40_2016061603095521b.jpg



投票日時や投票場所などの情報、
世帯の有権者ひとりひとりの入場券が入っている。

ちゃんと一人分が切り離せるようになっとるので
家族そろって投票所にいかねばならん、っちゅうことない。

もしも氏名など個人情報が間違っていたらラッキー。
晴れて役所へどなりこんでいって日頃のストレスを爆発させるのだ。

記載が間違いなければこの入場券を持って投票所に行くわけだが、
もしも送られてこなかったり、紛失したりして、
当日持っていかなくとも投票は出来るそうな。

過去にも郵送が間に合わなかったことがいくらでもあった。
その場合、身分を証明できるものをもっていくと手続きがスムーズだ。





さて。
いよいよ選挙当日。

入場券をもって指定された最寄の体育館やらの
指定された投票所へとお散歩してゆく。
建物に入るのに緊張することはない。
あなたの払った税金でできているのだから
わが家のように堂々と入場すればよい。

子供を連れて行ってもかまわないのだ、
と、思ったら、なんとこの2016年から子連れOKになるということ。
選挙区によって今まで対応はばらばらだったらしい。




投票所全体の雰囲気を予習しておこう。

これが、投票所だ。
50.jpg



全体の流れはこんな感じ。
60_201606160526078cc.gif




まず入場すると、受付にて本人確認してもらう。
交付係でついに投票用紙をゲット!

投票所内はBGMもなく何となく緊張感が漂うが
こっちが緊張することはひとつもない。

大勢の市民を迎えて滞りなく投票を進めるべく緊張しているのは公僕どもの方だ。
納税者をなめんなよ! と大船に乗った気分でどんどんゆくのだ!




前記事『最初の1歩』にて説明した、
選挙区と比例代表の2種類の投票用紙を渡される。
実際には2枚同時に渡されるわけではなく、1枚ずつだ。

まず選挙区を投票。
記入する場所は隣の人から見えないように板で区切られている。
80_20160616051041f9f.jpg




個人的に博多ラーメン『一蘭』を思い出す環境だ。
90.jpg

エンピツも置いてあれば候補者名の張り紙も前に貼ってあるけん大丈夫。
なんだか薄い樹脂のようなつるつるな用紙で書きにくいががんばろう。

もし書き損じてもあせることはない。消しゴムがあるぞ。
メモを持ってきたならば堂々と開こう。
テストのカンニングにくらべればちょろいものだ。



ちなみに先日オレが領事館で投票した場合は、
こんな雰囲気。
P1630863.jpg

 これが投票用紙でちゅよ。



これが鉛筆でちゅねっ♪
P1630869_20160701001607cdd.jpg



この領事館にはさまざまな選挙区の人が投票にくるので、
部厚い帳面が置いてあり、そのなかから自分の選挙区を探さなならんやったばってん、
日本で投票する場合は、紙が正面の壁に貼ってあると思う。
P1630870.jpg




さあ記入したらいよいよいよいよ投票だっ!
とうっ!!!!!

がっしりと立派な投票箱だがおそれることはない。
100_20160616031027c7f.jpg

ただの税金のカタマリだ。
あなたの意思を叩き込め。




同様に、比例区の用紙をもらい、同じように投票。
P1630878_2016070100174168c.jpg

P1630880.jpg


え? これでもう終わり?!

そう。超簡単。何もおそれることはないのだ。




必要があれば公僕のひとりをつかまえて、
「場の雰囲気がカタいのでレゲエでも流したらどうか?」
と、提案してあげるのもよき市民の姿であろう。


オレらは職員のかたといろいろと世間話をした。
P1630875_201607010028045f6.jpg

「投票に来る人は多いですか?」
「いんや。だーーれも来ません。」と!
「むかしはもっと来るかたがいたけれどこのごろは全く」と凹

レシフェ領事館の管轄区はとても広範囲だ。
北はオレの暮らすナタールよりさらに北のセアラ州・フォルタレーザから、
南はバイア州・サルヴァドールまでの広範囲にわたる。
なかなか投票に来れるもんじゃないのは解るばってん・・・と
ちぃとさみしくなった。


サンパウロに暮らしとるときは、投票所は職場の近くで便利やった。
駐在員のみなさんには、在外選挙認証を申請して
次回選挙には投票に出向いてほしいと願う。
ブラジルに永住するかたも、家族・友人は日本におられるだろう。
永遠の母国である日本の選挙に参加してほしい。




さて。
投票おしまい。
めでたしめでたし。

・・・と終わりたいが、もう一つ。

『期日前投票』について。
予定があって投票日当日に投票できない人のために設けられた制度。
選挙告示の翌日から投票日前日までの間でいつでも投票できる。
これは便利。

110.jpg



日本在住時、オレはこの制度で投票することが多かった。
投票場所は基本的に選挙区の市役所・区役所・役場内に設置してある。
あとは入場券を持っていけば普通の投票所と全く同じように投票できる。
今回もオレは期日前投票やったわけだ。


選挙当日は、飲みながら開票速報を待つ。

オレにとって、これまでのほとんどの選挙は、
開票と同時にヤケ酒となりよった。

が。
今回は久々にうまい酒を飲みたいもんやなあ。

P1630908_201607010022496c9.jpg

 と、投票を終えた達成感を胸にレシフェの潮風に吹かれた。



(=ΦωΦ=)

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2