ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

食うニバル…やな  






2017年、カーニバルが始まったぞ🎉

リオやサンパウロの
華やかな山車と衣装と羽飾りサンバダンサーでおなじみのカーニバルやが、
カーニバルとはもともとはCarne Vale (肉よ さらば)、
すなわち、キリスト教の『謝肉祭』のこと。
肉に別れをつげるまえのお祭り騒ぎなのだ。

来週の『灰の水曜日』からイースター(復活祭)までの40日間、
敬虔なクリスチャンは肉を断つけんね。

そこでオレも40日間肉を絶つので、
これが食べ納め、とばかりに肉肉しい食事を繰り広げておる。


3日に1度は朝ごはんに豚カツ定食を食べ、
DSC_0635 のコピー

IMG_9917 のコピー




2日に1度は朝は豚肉たっぷりのキューバサンドをいただく。
IMG_9989.jpg






昼めしは、ハンバーグごろごろ状態のボロネーゼや
DSC_0027 のコピー




脂身肉たっぷりのマルタイ棒ラーメンを昼食とする。
IMG_0401.jpg




もちろん、レストランゑんの主役料理のカレーも欠かさない。




にっぽんのカレーや、
DSC_0618 のコピー




インドのカレーもどっしりいただく。
IMG_0029.jpg




ブラジル庶民の強い味方・ピンガもどっさり箱買いしたし、
IMG_0229.jpg


 カーニバルを楽しむ準備は万端♪

・・・・カーニバルというより食うニバルやな。


こんなに食って飲んでばかりやったら
道に踊りにいけないではないかーーーっ!?




(=ΦωΦ=)




AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

礼拝堂でお食事を  








庭には、日々お念仏をする礼拝堂がある。
漆喰を塗り床板をはり、すべて手作りした麗しく神聖な場所だ。

その礼拝堂を、われわれ家族だけで独占しとってはもったいないので、
レストランの個室としても運営しようと考えていた。


仏教やインド・タイ、そして日本の文化に興味をお持ちのお客さんに
靴をぬいで板の間にあがってもらって、
座布団に座って食事をしていただく。
喜んでもらえるやろうなぁ・・・






板の間に必要なのは、座卓だ。

欲しい座卓はあるのだが、
もうお金をかけることはできない。
なので、廃材を使って、それをこしらえることにしたオレら。



好き放題・言いたい放題のアイデア係はオレだ。

こうしたい・ああしたい、と、
それが簡単なことなのか難しいことなのか
可か不可かも考えずに、次から次へと言うてみる。
IMG_7581.jpg





オレのアイデアでは、テーブル面は2段にして、
上はガラス、下は廃材の板を使う。
IMG_7577.jpg


下の段は飾りとして、本を置いたり季節の花を置いたり、
物販するお念珠を置いたりして使いたい。





夫・Welderとファビオが、
できる、とか、できん、とか判断して、作業をすすめる。
IMG_7585.jpg

IMG_7584.jpg






興が乗ってきたオレらは、
ベランダの長椅子用のサイドテーブルも作ったんに!
IMG_7545.jpg

IMG_7540 2


 えへへ、えへへ、うれしいなぁ♪






最後に、完成品をジャジャーーーンと載せたいのだが、
載せることはできん。

理由は、
この座卓のテーブル面は8ミリ厚のガラス板を置くつもりで
それをまだ購入できてないからだ。
ガラスを買うお金はいま捻出できない。

はよガラスを置いて使いたいなあ。
いつかガラスを買えたら、
礼拝堂の座卓の晴れ姿をお見せする。





(=ΦωΦ=)



AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

カリメロ快復とうちの動物たち  







カリメロのケガがどんどん治ってきた。
IMG_9790.jpg




つぶされた右目もすこし開くようになった。
IMG_9796.jpg


 ちびとたまの介抱のたまものであろう。




うちの猫たち、とくにちびは、こころが人間に近いようで、
鶏たちがひよこのときから庇護していたし、
巣から落ちた野鳥のひな・ジョジョのことも世話してくれていた。
たまを産んだ直後の授乳期には
親とはぐれたフクロネズミの赤んぼうにも
乳をあたえてくれたやさしい猫なのだ。

飼い猫だから食料に困っておらず、
野生の習性である狩りの本能をうなってしまっとるのかもしれん。





猫と正反対なのが、うちの犬たち。
やつらは、野生の本能から離れられないのか、
先日はついに
カリメロの親友であったプリシラを食べてしまった。


ケガが治るまで鶏小屋から隔離していたカリメロを探すために
プリシラは小屋の外にでてしまい、犬にやられたようなのだ。



朝、庭に数本の硬い羽根だけが散らばっていた。
ほかは跡形もない。
その羽根をにぎりしめジャージャー泣きながら犬どもを詰問した。

班長のボクは「ボクは知りませんよ〜」と目を合わそうとせん、
ハチは反抗的にバウワウと吠える、
ナナはルンルンとしっぽを振るばかり。。。

誰が犯人か判明せんかった。
連帯責任として、1日メシ抜きの刑に処した。






その次の日。
IMG_0668 のコピー





裏の砂丘に散歩に連れてったボクがしたウンチ💩のなかに。
16754699_1454343541265604_503522881_n.jpg

 鶏の羽根がびっしり入っとったんよ!!!!!






ナナとハチのウンコのなかには
含まれてなかったというのに!





ものすごく悲しい。
IMG_0870 のコピー






カリメロを攻撃して傷つけた鶏・ロケットは、
種類としては、シャモに属する。
漢字で書くと『軍鶏』。
字のごとく気性の激しい鶏なのだ。



メスのマリは種類がちがうのだが、
securedownload_201702192104570d7.jpeg




ロケットとマリの子・チャチャは、
軍鶏の姿に育ってきた。
FullSizeRender.jpg

 メスやった。
 ちいさい卵を産むようになってきとる。





ケガが治って元気になったカリメロが、
仲間といっしょにいたいようで鶏小屋に近づくと、
ロケットが激しく威嚇する。

カリメロのことを、ものすごくキライなようだ。


ロケットをもらってくれると言うファビオの家に連れていこうと、
捕まえようとしとるのだが今日も捕獲は失敗に終わった。
逃げ足が速い!








ケガの程度がこれくらいなら
鶏には治癒力があるぞ、ということを知らせたく、
カリメロが負ったキズを載せておく。
(※ クリックしたら大きくなるので見たい人のみクリック)
IMG_9488 のコピー


右目は開くようになったけれど
眼球が動かずにまだ見えないようだ。
見えるようになるといいな。
ほんとうにかわいそうなことをした。



カリメロの負傷、ボクの裏切り(苦笑)、
プリシラの死、と
どうぶつたちの動向に戦慄し
悪い夢ばかりみるつらい数日間やったなぁ。



そんなざわめく心をなだめてくれたのは猫たち。
IMG_9624 のコピー 2

IMG_8529 のコピー

 今週もがんばるぞ!
  ピース😊





(=ΦωΦ=)


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

アフリカからきた筏  







ある日。
いつものように浣腸の、じゃなくて、干潮のときに
食料を探しながら岩礁のうえを歩いていたら・・・




カッコいいイカダを発見!
securedownload_201702172051216ad.jpeg

IMG_9941.jpg


きっと、この海のむこうがわ、
母なるアフリカから流れ着いたのだろう。







 持って帰ろうとしたが、とても重くて
 押せども引けども、びくともせんかった。




数週間後。

そのイカダが岩礁を乗りこえ、
砂浜(野原状態になっとるが満潮時は海に浸かる)に漂着しとるのを発見!

IMG_9768.jpg





ふたたび拾って帰ろうとしたが、
重さは変わらず凹



よし。カナブン号で迎えにこよう♬




夫・Welderがちょちょいのちょいでロープをひっかけた。




IMG_9771_20170217212112a18.jpg





しゅっぱ〜〜つ、しんこ〜〜!

IMG_9769_20170217212154fc1.jpg





まずは、砂浜を脱出。







公道に出ると、集落の仲間たちが声をかけてくれる。



「だいじょうぶか〜? 手伝おっかぁ?」と。




上機嫌なオレら。るんるんだ♬







さぁ、家まであと30秒だぞ。






IMG_9777.jpg

ちょっとこわれたけど、無事到着!



門に立てかけてメニューの黒板をかけよっか、とか
いろいろな使い道を思案するのが楽しい。






さて。ちょっと仏教の話。
なかなか離れられない感情のひとつに『執着』というものがある。


お釈迦さまは
「イカダは川を渡るもの。
 渡りおわったら捨てなさい」とおっしゃった。

この意は、
用がすんだらとっとと捨てろ、ではなく、
目的に達するための手段であるイカダに執着するな 
の意。

今のご時世、断捨離とかゆうて、なんでもかんでも捨てる風潮が蔓延しとるが、
それは大きなまちがいだ。
と、申し添えく。




オレらはいま
五感と理性の世界に生きている。
音楽を楽しみ、
酒を楽しみ、読書を楽しみ、
花の香りを楽しみ、
猫をなでてそのやわらかさやさしさを楽しむ。

しかし五感と理性の楽しみだけに執着していると、
のちのち苦しむことになる。
なぜなら、その楽しみはつづかないから。
無常なのだ。

IMG_9940.jpg


健康をねがい健康な体を手に入れたとしても、
いつまでも健康ではいられない。
富をねがい富を手に入れたとしても、
富をたもつために苦労する。


いのちの器の体は、いつかほろびる。
富をふやしても、
ブッダになるためには、硬貨は一枚も必要ない。



自分がいま大切だと思っていることは、 
ちっとも頼りにならない。

執着を捨てたときに手に入るもの。
それが真実であり真理かもしれん。





(=ΦωΦ=)




AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

Força!カリメロ  







1 のコピー

 これはお正月に撮った写真だ。
 そう。今年は酉年。






友人からの年賀状がこないだ届いて、
トリ年、っちゅうことを思い出したのだ。
16736063_1452641201435838_2034431091_n.jpg





以前、ブログに
『飼っていた鶏のぴよが病気にかかって
 弱っているところを仲間の鶏がついばんで、
 ぴよを傷つけて肉を食べていた』
 っちゅう、やりきれん話を書いた。

あのとき、
かわいそうなぴよは、亡くなってしまった。





先日の朝。
鶏にエサをやりにいった娘・うたが
泣き叫びながらカリメロを抱えて鶏小屋から戻ってきた。


カリメロの頭をみて、戦慄が走る。

ぴよのときと同じく、首の後ろの肉がなまなましくめくれ削げ、
血が流れていた。片目もつぶれている。



このごろ、カリメロは急に大きく成長して、
ずいぶんとメス鶏っぽくなってきたので、
(カリメロと名づけたが女の子だったのだ)
オス鶏のロケットが交尾をせまり
カリメロを執拗に追いまわしとった。

しかし、まだ産卵の年頃を迎えてないのかカリメロは
必死で逃げ回りよる。


鶏は交尾の際、オス鶏がメス鶏の首に噛みつく。
猫の交尾と似ている。
ぴよもカリメロと同じ箇所・首のうしろがわに
大ケガを負っていた。





オレは解ってしまった。

ようやく霧が晴れるようにすべてが解った。







ぴよもカリメロも、
ロケットからのレイプにより
負傷したのだ!





・・・調べてみると、、、あった!!!


鶏の世界にもレイプがあった。



鶏を飼う際には、オスとメスの比率が大切で、
メス10羽にオス1羽っちゅうバランスが良し、と集落の仲間から学んだ。
もしオスのほうが多くなると、オス同士で殺し合いをする、とも教わった。

オレがインターネットで見つけた鶏のレイプの場合は、
10羽くらいのオスのなかにメスはたった1羽という比率やった。
メスを大勢のオスが代わる代わるレイプし、
やがてメスが首に重傷をおって死んでしまうのだが、
死んだあともオスどもはメスの首に齧りつき輪姦をやめなかった。

畜生といえども、なんとおぞましい。


それにしてもカリメロの傷のひどさは、
たった1羽の雄鶏・ロケットのしわざとは思えないほど酷い。
ロケットは気が狂っているのだろうか。

ファビオもあまりの残虐さにおののき、
ロケットを自分ちに持って帰ってくれることになった。
「俺んちのメス鶏に同じことをしたら絞めて食ってやる」と。





話を人間界にいきなり飛ばすが、
オレは性に暴力が介在することをはげしく忌む。
強姦した者は、強姦されて
同じ恐怖と苦痛を味わって死ねばいいと思うくらいだ。



それとはまたかなり論旨がずれるが、
性を金銭で売買することにも強い嫌悪を感じる。

かつてオレは風俗店の受付バニーガールとして働いたことがあり、
中で接客する女の子の涙も笑いも知っていたし、
ぎらぎらした客100人以上を毎日さばいていた。
彼らの賎しい目はわすれられない。

その経験が影響しておるんやろうか、
生理的に絶対的に性の売買を蔑んでしまう。

需要と供給で成り立っている売春の世界は、
売る側も合意のうえで成立しとる商いであることは解っちゃいるのだが、
解ってはいても、オレの個人的感情としては、
金で性を買う人間を卑しいと思う。




どうも最後まで暗暗たる内容となってしもた
今日のブログ。

吸いません。。

そう、オレはみずからはペニスを吸わんくせに、
吸う女の子が稼ぐお金で生計をたてていたことのある人間だ。
いちばん卑しいのは、
第一線では接客しないオレのような立場の風俗店従業員ともいえよう。
かさねがさね、吸いません。





カリメロは傷が癒えるまでは、
昼は庭で様子を見守り、夜は室内にて看護することにした。
DSC_0015 (6)




カリメロがひよこの時からいっしょにおったちびも
寄り添ってくれて危険がないか目を光らせとるし、
カリメロも元気をとりもどして歩いているので、
時間が経てば治るだろう。
IMG_9480.jpg


 がんばれ、カリメロ。




(=ΦωΦ=)

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

戒律をこえる碧い海の話  






ふたりの修行僧が旅をしていた。
大きな川を渡ろうとしていたらば
川を渡れずに困っている娘さんがおった。

すぐさま、1人の僧は彼女を抱きかかえ、その川を渡った。
向こう岸で女性は、その僧に感謝の言葉を述べ、去っていった。




何日かして、もう1人の僧が、こう口を開く。

「ずっと考えていたが、
 お前があの川で女性を抱いて運んだことは、
 僧侶としての戒をやぶったことになるんじゃねーか?」

雲水には『女性に触れてはならぬ』という戒がたしかにあった。



娘さんを抱えて川を渡してやった僧は、こう答えた。




「確かに女性を抱いて川を渡った。
 そして川を渡った後で
 俺は彼女をそこに置いてきた。
 しかしお前はまだあの娘を抱いておるんだなぁ」。
  




戒律にとらわれた僧は、不自由で苦しい。
形式に信念がぐるぐるに縛られておる。

娘さんを抱いて川をわたった僧は、自由だなあ。
信念が形式を超えて働いているではないか!






さて。
オレの観たい映画を、うどん県に暮らす友人・良太が
観に行ったようだ。
「ポップコーンほおばりながら観れる映画じゃなかった」と。
だろうな。



原作・遠藤周作の『沈黙』。







オレがこの小説を読んだのは十代後半やった。

遠藤周作作品で最初に読んだのが『海と毒薬』。
舞台が、オレの父の出身校・九州大学、っちゅうことも重なり、
内容にもますます大きなショックを受けた。

その次に読んだ、この『沈黙』にも大衝撃を受けた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

沈黙改版 [ 遠藤周作 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2017/2/12時点)





いまでもくっきりと思い出せる。
ぜったいに忘れることのできん小説。




マーティン・スコセッシが監督やし、
素晴らしい作品になっとることやろう。
あの小説のかなめであるキチジロウ役が、
窪塚洋介っちゅうのも最高だ。


踏み絵を踏んだカトリック宣教師。
キリスト教徒が踏み絵を踏めば棄教である。
しかし宣教師は踏み絵を踏んだ。

なぜか?!


信徒を救うために。



愛=慈悲は
形式の中にあるのではなく
形式から生まれ
形式を超えて働き出す。







『沈黙』の舞台のとなる長崎は島原は、
海がそれはそれは美しく、麺の美味い地域である。

いただきものの
とっておきの島原うどんを
うめーうめー、と、ありがたくいただいたオレら家族。

IMG_9443.jpg

IMG_9474.jpg




出津文化村にある『沈黙の碑』には、
遠藤周作が残した言葉が刻まれている。

IMG_9432.jpg


『人間がこんなに哀しいのに
 主よ、海があまりに碧いのです』。



うちのまえの海も今日もとても碧い。




(=ΦωΦ=)


AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

フォースと共にあれ  








娘・うたの予備校えらびに奔走しとる。

いままでにNATAL近郊の予備校4校を訪れ、
下見と説明を聞いてきた。

日本でも、
スンドメ予備校とか、よれよれゼミナールとか
有名な合格率も高いかもしれない予備校は多々あるが、
ナタールにも有名予備校があるのだ。


有名なだけに、そこいら中の道に立ててある
巨大看板がすごい。
IMG_9125.jpg


 合格の夏☀️ とデカデカ書いてあるのはいいが、

 写っとるのは全員その予備校の教師なのだ。




とくに、ビックショットのハゲが、
ビックマンの名物教師。
imagem_release_794657.jpg




学校の正面玄関にもこのとおり。
IMG_8704.jpg

IMG_8699.jpg


スターウォーズかぶれの強烈な学校なのである。


国公立大学の医学部への合格者を去年は95人出しとるげな。




さっそく中に入って説明を聞く。
IMG_8706.jpg

職員・スタッフのわざとらしいノリに
かるく吐き気を催すオレとWelder。



授業料の月額をきいて、ひっくり返った。

1000ヘアイス!!


どんぐらいの額かというと、
オレがサンパウロでOLをやりよったときの月収が
だいたいこれと同額やった。
ブラジルの法で定められている1ヶ月間の最低賃金が、
いま880ヘアイスくらい。

つまり、だいたい1ヶ月分の給料すべてが予備校の授業料となる。


くーーーっ。
なんちゅう高さ!!



 おどろいて、ひっくり返りそうになった。

ひっくり返ったあとは笑いがでてきた。

金さえ出せば医学部に入れるんやなぁ、と。




学校にたむろする生徒たちも、
iPhoneをいじってなよなよ白っちい
よわよわしいガキか、ぶよぶよ太ったガキばかりやった。

ちなみにiPhoneをブラジルで持とうとすると、
すさまじい金額が必要だ。
ブラジルは携帯電話の契約システムが日本とちがい、
機種を借りる、という形式ではなく、
各自で購入せねばならんのよ。

iPhone 6sで、3000ヘアイス。
つまりオレの月収の3倍。
iPhone 7 Plusで、4000ヘアイス。
OLだったオレの月収の4倍!
Samsung · アンドロイドでも、1000ヘアイスする。

そんな高価なスマートフォンを親の金で買ってもらい、
親の金で授業料が月に1000ヘアイスの予備校に
送り迎えつきで通わせてもらう。

女の子はぴかぴかな爪をしていて、
こいつら一枚も皿など洗ったこともないやろうな、と
想像できたし、
男どもも整えられた屋根付きのフィールドでしか
サッカーしたことないんやろうな、っちゅう
なよなさしさやった。

そういう金持ちの家庭に生まれたガキどもを見ていて、
こんな学校にうたを入れて医学部に合格したとしても
ひとつも誇らしくないな、と思った。


IMG_8709.jpg

うたも、この学校の授業料はもとより
雰囲気になじめず、入学したい、とは思わなかったのだが、
ひとつだけこの学校への未練が残ったのが、
教科書がすばらしかったこと。


「いいなぁ、あの教科書…」と、ずーーっと言いよった。







フォースとともにあれハゲ校のほかの学校でも、
うたは真っ先に教科書と教室を見せてもらった。
IMG_8698.jpg

IMG_8695.jpg

IMG_8691.jpg

IMG_8683.jpg


金額的に妥当な学校もあったのだが、
どうも教科書が気に入らんうた。

インターネットの通信教育のみで来年の受験に挑もうか、とも
考えたが、
やはりこの1年間に身をおく環境は大切だ、と思い、
オレとWelderもできることなら予備校に通わせてやりたい。


そうこう悩んでいたらば、
もう1校よさそうな学校をうたが探し出してきた。


説明会にさっそく出かける。


わざとらしいノリは少なからずあったが、
説明会に来ている学生たちもわりとまとも。
キラキラチャラチャラ度がかなり低い。
授業料も納得のいく範囲。
IMG_9097.jpg

IMG_9098.jpg

そして何よりもうたが喜んだのは、
教科書が、ハゲの学校と同じものだったこと!

この学校に入れてやろう、と
Wederと決めた。

うたの新生活がまもなく始まる。

IMG_8592.jpg

IMG_8596.jpg

ねばりねばりねばりにねばる1年間。
この初心をわすれるずに、がんばれよ!





(=ΦωΦ=)


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

こわれたらマタ直す  






屋根裏に設置しとる水タンクから
また水漏れがし始めたんよ。

部屋は水びたしである。

IMG_8297_20170207000843ac7.jpg

 ↑
前回の水漏れんときは、
このような特殊なボンドを使って修理をほどこした。



今回も知恵に知恵をしぼり、
お金はかけずに修繕する方法を練った。



で。
使う材料は、ねばねば特殊シール。

1_20170204015017202.jpg

2_201702040150198eb.jpg

6_201702040207170f5.jpg




丁寧に空気をぬいて、ぴったり貼りつける。
7_20170204015027946.jpg

 


ようやく貼り終えて、ブッシャを取り付けて、
11_20170204015029412.jpg




じょじょじょーーーーーっ、と水をあげる。
12_20170204015028f96.jpg





 ストーーーップッッ!





 まーーた水がもれてきたぞーーーーっ凹








せまい天井裏で、腕を組んでみなで考える。


・・・原因は外側じゃないか??





仕切り直しで、外側にも同じ加工をする。
15_2017020401502962e.jpg




念をいれて、ねばねばをオレのファイヤー砲で焼いて、
さらなる粘着度を期待する。
20160530234002a55_20170206233355581.jpg

16_20170204015031861.jpg

17_20170204015046ab1.jpg

18_20170204015048bde.jpg


今度こそ、もれんかった! 
ばんざーーいばんざーーいばんざーーーい!




さて。
一応、、、そう、一応このように水漏れは収まったのだが、
しろうとのオレにだってよく解る。


こんなのはただの一時しのぎであろう。



一難去ってまた一難、を地でゆくオレらのブラジルど田舎暮らし。


下水タンクあふれ問題、
井戸水汲みあげ装置故障問題、
つぎつぎと発生する問題を
かたっぱしからやっつけなならん!

わーーーっはっはっ、ふぉーーっほっほっ、
ふぁっくふぁっく!


しかし、だ。
ブラジル生活はオレにとって楽しい。
強がりではなく、つぎつぎ発生する問題ごと楽しもうと思う。


だって、たかが道具。
こわれたら直すことができるんやもん。
直らんやったらまた造ればいい。
こわれたのがオレや家族の心身やったら
そう簡単には直らんかもしれんし、替えもきかない。

それが解るからこそ、
ふぁっくふぁっく言いながらも
ニコニコがんばれる。ピース。




(=ΦωΦ=)



AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

トンピンはって…  







土曜日は、ブラジルNo.1イケテル大工・ファビオの誕生会やったので、
集落の子どもたちとファビオんがたに祝いに駆けつけたんよ。
DSCN9713.jpg

DSCN9674.jpg

ファビオのあだ名は『ワニ』。
オレが贈った高級ワニTシャツを来てゴキゲンなワニと夫。




オレは、とんぴんをはりすぎて、
子どもたちとの遊びにより
いちじるしく体をいためてしまった。

子どもたちがとんぼ返りとかするけん、
オレもできるぞ、と、
ブリッジしたり横回転したまでは良かったが、
逆立ちしたら
酔っとるもんやけん、いきおいあまって、
そのままバターリと向こう側へイッてしまい、
背中と腰を強打してしもた凹

痛い。。2日経つがまだとても痛い。






 この動画は逆立ち墜落直後に
 まだ子どもたちと遊びよる様子なのだが、
 酔い、とはおそろしいものよ。
 こんときはまだヨレヨレながらも体が動くのだ。







くるくる回りつづけたら
酔いもまわって、ヨレヨレになった。

すごすごとファビオんちの室内に引き上げる。
DSCN9709.jpg





室内ではギター演奏の宴会が繰り広げられておった。

わが溶接師匠のピンドゥッカの息子は
とても上手にギターを弾く。
DSCN9720.jpg




彼はレゲエのレパートリーもいっぱい持っとるので、
気持ちよくオレも歌わせてもらう。
IMG_0587.jpg





楽しい楽しい宴やった。
DSCN9744.jpg

ファビオ、誕生日おめでとう♪







それにしても腰が痛い。
DSCN0160 のコピー

とうぶんの間、逆立ちはおろか過酷な肉体労働ができんなぁ、と、
月曜日のきょう、仕事をなまけようと思ったら・・・











ガーーーーーーーーン!!!!!





下水タンクがあふれよるのを発見凹



いまから
どぶさらい せなならんやないかーーーっ!?


バケツリレー せなならんやないかーーーっ 涙




いためた腰にムチ打ってがんばりますけん凹凹凹





(=ΦωΦ=)




AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

春よ立て!  







立春だ。
春が立つ っちゅう字面をみると、
サカってもいいでちゅか!?💞 と、わくわくする。

売春、とか、買春、とか、春画、とかをまず思い浮かべ
ピンク色が脳内を飛び回り、
ワクワクもんもんドキドキする。


こないだは、そこいらの海で捕れた魚・サワラにありつけ、
ごきげんなオレ。
IMG_8821.jpg


 サワラは、 と書くもんなぁ。
 春のお魚なのだろうか。






もうすっかり廃れたであろうが、
オレにとっての日本時間は8年前で止まっておるので、
いつもどおり、恵方巻きにも食らいついたオレ。


春が立つんやけん、セクシーをイメージして、
太くて黒いもんをほおばればエッチな写真が撮れとるはず・・・
なのだが、
娘が20枚くらいシャッターをきった写真は
どれもこれも鬼の形相をしたオレであった凹








IMG_8334.jpg

IMG_8320.jpg

IMG_8317 のコピー

 くそーーーー。






ころんでもタダでは起きぬぞ、とばかりに、
インスタグラムにこの写真を投稿したら・・・





IMG_8916.png



オレが大ファンである、俳優でありラッパーの
アンドレ・ハミロ様の目にとまったようである凹凹凹

彼がいつのころからか
オレをフォローしてくださっとることを
すっかり失念しておった。嗚呼。。なんてバカなんだオレ。







日本のかたがたは、豆まきをしたんやろうな。
P1390259_201702032119290d7.jpg


今夜わが家は、東北ブラジルの郷土作物である
みどり豆(Feijão verde)を
神妙な気持ちでいただこうと思う。
日本でそろそろほころびかけた花たちを想いながら。。。





『春風にほころびにけり桃の花
 枝葉にわたる疑いもなし』
     (道元禅師)





『桃っちゅうのは疑いようもなく澄んでおるなぁ、
 無邪気で純粋でなんと素直なことか』ってな意かな。

桃のように無垢でありたいものである。

無垢、とは仏教では、
煩悩・欲望・執着にまみれておらず清浄な心であることをさす。




(=ΦωΦ=)


AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0