ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ドライマティーニの夢、かなう!  







1ヶ月程まえに、
『ドライマティーニの夢』 っちゅうブログを書いた。


突如、マティーニへの焦げつくような恋慕の情に襲われて、
ジンとドライベルモットを探すも、
スイートベルモットしか売ってなくて泣く泣く諦めた。
 っちゅう悲しい内容。




先走って買ったマティーニグラスは、
花瓶になりさがっていた。
DSC_0165 のコピー


 そう。なりさがっていた、のだ!
 


 ばってん、こやつは昨夜、
 花瓶からマティーニグラスに
 昇格したのだ!!

IMG_4350.jpg





ベルモットをどうやって手に入れたか、
っちゅうと、

作ったったい!



参考にしたのは、
この(←リンクありクリック)記事。



まずベルモット、っちゅうのはそもそも何か、
っちゅうと、
白ワインに香草やスパイスを配合して作られる
フレーバードワインであるらしく。

主要なハーブを調べてみると、
ニガヨモギ、カモミール、ビターオレンジの果皮、
ナツメグ、セントーリー、コリアンダー、クローブ。


ニガヨモギ、ってポルトガル語で何ていうんかな、
と調べたら、なんと、アブサンやった!
なるほど、マティーニはあのアブサンに少し気配が似てる、
と思いよったオレの嗅覚味覚は素晴らしいではないか!?
オレはアブサンも大好きなのだ。




で、さっそくハーブを手に入れるために
路地裏のあやしい葉っぱ屋を訪れる。
IMG_4130.jpg





アブサンをくれ、と乞うと、
おじさんは「それはとてもむずかしい」とのたもうた。
IMG_4132_20170425211454c3d.jpg


 ブラジルで手に入れることは不可能であろう、
 とのこと。
 ちぇーーーーーっ。




仕方がないので、
ニガヨモギの代わりに、
ニガい系の葉っぱを使うことにした。
残りのスパイスはわがレストランに常備しとるものを。
ビターオレンジの皮の代わりに
ブラジルレモンとブラジルオレンジの皮を。
すべて乾燥させた。
ワインは安いチリ産の辛口を用意。

IMG_4262.jpg




ワインを5分ほど煮立たせる。
IMG_4265.jpg



火をとめて、ハーブとスパイスを投入。
IMG_4267.jpg




1時間ほど、そのままに。
IMG_4270.jpg




漉すと、ハーブやスパイスの味が沁みて
美味しそうな琥珀色に変身しとる。
IMG_4284.jpg




空き瓶に移して24時間ねかせる。
IMG_4290.jpg

 ハーブを捨ててしまうのに未練を感じて、
 ニガヨモギもどきの葉っぱだけ残した。








そして、24時間が経過した。
IMG_4299.jpg




ジン4:オレ製ベルモット1の割合で
一直線に作った。


口にもっていくと、
ふわっ、と懐かしいマティーニの香りが!




口に含むと、
まさに、まさに、
ほんとうにほんとうにマティーニの味が!!

IMG_4355.jpg

感動して涙ぐんでしまった。





(=ΦωΦ=)




AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

肉のちから  








わが家は魚介類が中心の食事編成になっておる。
娘・うたが肉を食べなくなってからは、
ますますその傾向になっとるのだが、
ここ数日は肉体的にでっかい力が必要な作業がつづいており、
体が牛肉を欲したので、
牛肉牛肉牛肉、な食事を続けている。



午前中でもう100%の力を使い果たした、
っちゅう感じの疲労度で食べる昼ごはんは、
牛ひき肉ひとり200グラムのスパゲティ。
IMG_4167.jpg

IMG_4170.jpg

 もりもり食べてちからを取り戻す。






この日は大規模な庭木の剪定をしたんよ。
IMG_4145.jpg

IMG_4147.jpg

IMG_1612.jpg




ファビオは惚れ惚れするような力を発揮する。
IMG_1608.jpg

 ぼろい鉈1本で、どんどん枝を切り落とす!
 かっこいいなぁ。






IMG_1617.jpg



どんどんと切り落とされる枝々が、
散らかり放題の庭。
アリンコや毛虫もいっぱい落ちてくる。


これらを片付けるのは下っ端のオレ凹





リヤカーで何往復もしてどんどん外に捨てに行く。
大きい枝はかついでゆく。
IMG_1640_201704240346134f4.jpg

IMG_1619.jpg


捨てた枝が積み上がって
ちょっとしたジャングル状態になった。

くたくた。
ばってん、疲労感が達成感を上回る。




夜は、ハンバーグと赤ワインで精をつける。
DSC_0100_20170424030249d60.jpg

 1回も目覚めずに元気いっぱいな朝がやってくる。
 やぁ、おなかがすいたなあ、っちゅうて起きる。





そして、朝ごはんもハンバーグ定食。
DSC_0121_20170424030253322.jpg


 きょうもいちにちがんばるぞ!
 




(=ΦωΦ=)


AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

絶品カイピリーニャ  







うちのメニューをみて、ファビオが言うのだ。
IMG_3698.jpg


「カイピリーニャが高すぎる」と。



ぜんぜん高くない!
むしろ安すぎるくらいだ!!

 と、反発するオレ。


ようし。オレ作カイピリーニャをファビオに飲ませようじゃないか!



レモンは1個半使う。
まんなかの白いとこを取り除く。
IMG_4049.jpg




こんくらいの大きさに切って、
IMG_4050.jpg




でっかいシェイカーに砂糖大さじ3杯と共に入れる。
IMG_4055.jpg




カイピリ棒でようくつぶす。
IMG_4063.jpg



ピンガと氷を投入。
IMG_4067_2017042119150642a.jpg




がんばって釈迦釈迦ふる!
IMG_3805.jpg




あーーっ。冷たいでちゅねーっ!
IMG_4069.jpg

IMG_3835.jpg




できあがり❤️
IMG_4072.jpg



 ファビオを倒してやったぜ!

「うめーーうめーーー」言うて大絶賛しよった。
「高くない。これでいい」って!





DSC_0091_20170421191249656.jpg

 
ところで、料理長・Welderは、
『味見は、一口二口ですまさず、
 一皿平らげてみることが大切』
っちゅう方針を持っている。

したがってわが家では、
毎日のようにカレーを食しているわけだが、
カクテルについても同じことがいえると思うのだ。
オレが毎日カイピリーニャを飲んでいるのは
こういう理由からだ。

メニューに載せてあるジントニックとカンパリオレンジも
毎日1杯ずつはたいらげている。
もうすぐマティーニもメニューに追加するので
マティーニも毎日飲まなならんくなるなぁ。






(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

驚異の果実! グラビオーラ  







いま、庭のグラビオーラの木に
たくさんの実がおおきく熟れてぶらさがっとる。
IMG_3866.jpg

IMG_3870.jpg



実の重みで木がずいぶんたわんどるくらい
いっぱい実っとる。

グラビオーラ(graviola)は、
ぱっ、と見、ドリアンにも似ている。
味は、
ヨーグルトのような酸味のある濃厚な味。



オレはこの実が大好物で、
熟れて木から落ちる直前をつねに気にかけている。
見逃して木から落ちてしまったらば
おなじくグリビオーラが大好物の犬のハチが食べてしまうので、
オレとハチとの戦いがここ数日くりひろげられておる。

ぶじ収穫しても油断はできない。
家内には、もうひとりグラビオーラが好きなやつがおる。
猫のたまだ。
IMG_3919.jpg


たまに見つからない場所に隠すか、
あるいはすぐにむいて食べる、
もしくはミキサーにかけて凍らせる、
かき氷にする、など処理をせなならんのだ!

ふたつに割るとこんな具合。
IMG_1556.jpg

手でも割れるし手で皮をむくこともできる。

袋状になっとる果肉のなかに
種が入っているのでひとつひとつ取り除かねばならん。
IMG_1557.jpg


そのまま口に入れて、たねをぷっぷっと出しながら食べるんも
とても楽しい。




この果物、美容に効果抜群、とのことで、
日本でもぼちぼち売られているようだ。







ブラジルでは、抗がん作用がある、っちゅうことで知られとる。

調べてみると、英語記事にもあった。

英文の元記事は ココ(←クリック)

『化学療法よりも10000倍強力な癌のキラー
(10000 times stronger killer of CANCER than Chemo)』
  っちゅうタイトルのこの記事には、
グラビオーラの効能が書かれている。

抜粋すると、

強い抗癌効果がある。
その他多くの病状に対して効果的であるが、
最も興味深いのは抗腫瘍効果である。
この植物は、すべてのタイプの癌に実績のある
癌治療薬です。

癌治療薬であることに加えて、
グラビオラは、細菌感染および真菌感染の広範な抗菌剤であり、
内部寄生虫および虫に対して有効であり、
高血圧を低下させ、
うつ病、ストレスおよび神経障害に使用される。

 げなよ!



以前、がんをわずらって闘病中の友・亜由美に
グラビオーラの粉末を送ったことがある。
到着の連絡をうけて数ヶ月経ったあと、
「ねえねえ、あの粉、どうやって食べればいいと〜?」
とのんきにたずねられ、ぶっちぎれたことがあったなぁ。

「はよ食え。いっぱい食え!
 ふりかけと思ってごはんに振りかけてでも食えーー!」言うて。


ガンに効くかどうかはともあれ、
オレはよく食す。
理由は、美味いから。
娘・うたはかき氷として食べるのが好きだ。
IMG_3932.jpg

オレはカイピリーニャにするのが好き。



美味いものを美味い美味いゆうて食すのは
とてもしあわせなこと。
体もそのことを喜んどるのが解る。


DSC_0033_20170414042118311.jpg


今回収穫した実は、生クリームと混ぜて
かき氷用に保存した。
冷凍庫からなくなるまで、お客さんに提供しようと思う。



ところでわが家のグラビオーラの根元には、
底なしの土管が埋まっとる。
その土管のなかに浸透式で垂れ流しておるのは
毎日のオレの糞尿なのだ。

オレのうんちで育ったグラビオーラ、
栄養満点! リサイクル率もバツグン!!




(=ΦωΦ=)




AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

復活バニー2017  








今日のブログは、


恒例の、
ここ5年ぐらい続いとる、

イースターやけん
イースターバニーに扮装しとるオレ

の図である。



 …っちゅうことを
まずことわっとく。わっはっはっ♪









オレの体調がわるいことを心配してくれた友に
「復活したよ、もうイースターバニーに変装もした」と
写真を送ったら、
レコードジャケットを作ってくれて
返送してくれた。



22_2017041601283557e.jpg

22_2017041601283557e.jpg



   復
   活
   祭
   
   /
   
   唄
   
   ゆ
   き
   ゑ







オレさまもNew Wave系で
いよいよシンガーデビューやな♪


そんでから
バック演奏陣は、、閑古鳥






イースター3連休、っちゅうのに
だーーーれも来んでから、閑古鳥ががんばって鳴いとるんよ。




道路まで出ていって
カクテル1杯無料券 を配ろうかね。

 と、いそいそと出かけようとすると、
 娘が必死に止めるのだ。











お母さん!
うちはカレー屋よっ、
ランジェリー婆じゃ
ないんやけん!!







ふんっ、何さっ。
せっかく復活バニーしたのに。




毎年、イースターには黒ウサギになりよったのを、
DSC_0006 10 のコピー




今年は心機一転で
白ウサギになったのだ。

DSC_0027 のコピー 2



ロンググローブの代わりに
軍手、っちゅうのは
少々いただけないが、
なかなかいい線いっとると思うのになぁ。

コスプレ大好きなブラジル人には
気に入ってもらえると
思うのになああ!





(=ΦωΦ=)



AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

復活のきざし  







なんやかやで体がガタガタしとるオレも、
今度の日曜日のキリスト復活祭に
キリストとともに復活しようと目論んでおる。
33_20170414054254577.jpg

ケミカルドラッグも鼻から吸い込んだし
バッチリだぜ!


このドラッグはちいさな友も愛用しとるのだ。
17918213_1513257145374243_30817773_n.jpg 効くぜ!




そう、今度の日曜日はキリストの復活祭・イースター。
ブラジル語では、パスコア(Páscoa)という。
日本におけるバレンタインデーのように、
チョコレートが一年でいちばん売れるのだ。
卵形のチョコレートがお店にずらずらぶらさがっとるんよ。


キリスト復活前の1週間は
『セマーナ・サンタ Semana Santa(受難の週)』と呼ばれて、
敬虔なキリスト教徒は、肉断ちなどを強化する風習がある。

とくに、聖木曜日からの3日間は重要。
木曜日:最後の晩餐。
金曜日:Sexta-feira da Paixão(キリスト磔刑)。
土曜日:いよいよ明日は復活だぞ、の前夜祭の日。
日曜日: Feliz Páscoa! ふっか〜〜つ♪




きのう、町に仕入れに行ったら、
たくさんの人が魚屋、海鮮類売り場にひしめいていた。

セマーナ・サンタ(受難の週)は、ブラジルの家庭では、
魚料理を食す習慣がある。
塩漬けにしたタラ(バカリャウ)を調理することが多い。
海老も人気だ。

レストランゑんでも、
金曜日には肉を使わないレッドカレーと、
動物性ゼロの完全ベジタブルの野菜カレーを作って
お客さんをお迎えする。


特に、うちのレッドカレーの海老の大きさといったら!!
DSC_0035 のコピー

 このふとっちょが1人前4匹から5匹はいっとる。
 冷凍物でない海の天然海老だ。ひょ〜!







仕入れで疲れて帰宅。
仕入れ食材の処理などでへろへろ。
だいぶん夜おそくなったのだが、
一食一食に命がけ、っちゅうくらい食事を重要視するオレら家族は、
つかれた体にムチうって、ピザをつくった。
肉を使わずに畑のルッコラとトマトとピーマンとチーズとで。
生地は、インドの全粒粉の小麦粉を使った。

IMG_3894.jpg


だって今日は『最後の晩餐の日』だもの。
われわれは仏教徒だが、西の聖者であるイエスキリストをおおいに敬っている。
パン(だけだとおなかがすくのでピザにしたのだ)と
赤ワインで、最後の晩餐だ。


今朝。
きょうはイエスがゴルゴダの丘ではりつけになる日やなぁ、と
起きると、うたがおらん。
予備校に行っとるったい。
・・・っちゅうことは、きょうは休日ではない。

あっ! いちにち勘違いしとった。

っちゅうわけで、最後の晩餐を今夜もやり直そう。





(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

青空にまっきっきの◯ゑん  





先週末オープンさせたレストランゑんは、
閑古鳥がしっかりと美声を響かせてくれた。

ばってん、開店の前日は、
深夜までオレはニスを塗っていたし
Welderは徹夜で仕込みをしていたし
うたは店中なめつくせるくらい掃除をしていて、
開店当日はみなふらふらで、午前中ギリギリまで、
粉ペンキぬったりの作業も終わらんやったやけん、
ようやく店を開けたときには
正直に申せば気持ちの余裕がぜんぜんなかった。

あの状態でお客さんが来ても、
平静な対応ができなかっただろう。
と振り返る。
なので来客ゼロは、よかったと思う。


一夜明けて日曜日は、3人とも心にゆとりが出てきて、
気力が体力をカバーできるようになって
やっとこ笑顔がでるようになったのだが、
お客さんはひとりも来んかった。




今週末はキリスト教の復活祭の3連休。
日本は遅咲きだった桜が散ったころかな。
うぐいすが上手に鳴けるようになったころかな。

今週末こそは、閑古鳥じゃなく
ホトトギスに鳴いてもらおうじゃないか!
否、オレは天下をおさめたいわけじゃないのだ。
ホトトギスも閑古鳥もウグイスもいらん、
オレはわがレストランの呼び鈴である
チベットの銅鑼の音が聞きたい。

おおくのお客さんがこの銅鑼をたたくお店にならんば!



チベットのどらをぶらさげた正面看板は、
まるで鳥居のよう!!
IMG_3684 のコピー


オレがそのとなりに立つと
白いキツネならぬ、
黒いシーサーみたいやなぁ、わっはっは。







道々に立てた看板をごらんいただきたい。
これは、開店の前日に立てた。


さぁ、看板をかついで、行ってきま〜す♪
DSCN9957_20170411030839586.jpg




どんどん埋める。
DSCN0002.jpg




どんどん立てる。
DSCN0060.jpg




どんどんくくりつける!
DSCN0071.jpg

DSCN0131.jpg




えへへ。
廃材しか使ってない、
金がないのがありありと解る
稚拙な看板!


ばってん、
これがオレらの身の丈でいまの全力だ。



DSCN0180_20170411044541062.jpg


澄んだ青空に
黄色をバックの一円相のなかの
ロゴ文字・ゑん。

ぐっ、とこみあげてくるものがあった。







(=ΦωΦ=)


AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

食は命  






十二光礼拝の歓喜光の説明のときに
河波先生がよく使った偈文。


愛楽仏法味
禅三昧為食



あいぎょうぶっぽうみ 
ぜんざんまいいじき

 と読む。



意は、

仏法の味を愛し
禅三昧は食なり








表ホワイトバージョン

メニューのしょっぱなに、

食は命

、と記したのは、このことだ。

これこそがオレら家族の心髄。






文字メニューの合間合間には、
オレらのメッセージを差し込んだ。
0001_2017041021160554d.jpg
0002_20170410211609d12.jpg
0003_2017041021160979e.jpg






Nós amamos o sabor dos ensinamentos do Buda.
Samadi da meditação é a comida do espírito.

われわれは仏法の味を愛す。
念仏三昧はこころの食である。


DSC_0151 のコピー

DSCN7909 のコピー


レストランゑんのシェフは、日本からきた僧侶。
Comida asiática verdadeira feito pelo chefe monge, diretamente do Japão.



4月8日。
釈尊の誕生日。
いまからレストランゑんの門を開く。





(=ΦωΦ=)


AD

category: Restaurante ゑん

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

ゑんの写真メニュー  






レゲエ友・sana嬢にすがりつくように頼んだ
レストランゑんのメニュー。

時差を乗りこえ、
(sana嬢の作業は毎日深夜にまで及んだ)
言語を乗りこえ、
(大学時代にスペイン語を学んだことがあったsanaは
 ポルトガル語の読解能力も秀逸だった)
美しい写真メニューが、完成した。



細かい打ち合わせと頻度の高いやりとり、
ほんとうにほんとうにsanaはよくやってくれた
(まだ文字メニューは、まっ最中なのだが)。






オレはオレで労働の合間や、
移動の最中もパソコンを携帯電話につないで
テザリングにてのやりとりをよくがんばったと思う。
掲載写真はすべてオレが撮ったものだ。

美味い料理を、美味そうなまま愛情こめて撮ったオレ。
その美味さと愛情をそのまま表現してくれたsana。
プロフェッショナルのちからを改めて知ったぞ。




納めてもらった作品をペンドライブに入れて
印刷所に持ってゆく。
万が一、印刷できない、とか
データが読み込めない場合にそなえて、
sanaは深夜なのにオレが印刷所にいく時間、
起きて待機してくれとった。

案の定、というか、やはりブラジル、というか、
持ち込んだHDからデータが読み込めんかった凹
日本時間の深夜2時、sanaに連絡すると、
印刷所にダウンロード用サイトを直接メールしてくれた。



日本から届いた日本語のメールに大はしゃぎするお姉ちゃん。
IMG_3537.jpg



ダウンロードしたデータをみて、
きらきら目を輝かせておった。
「これを創った日本人は誰なの?」って。



デザイナー・sanaのサイトは、
Feline Groovy(←リンクありクリック)

サイトをのぞくと彼女の作品を見ることができる。
まるで美術館。
一点一点のフライヤー作品を
鑑賞するのがとても楽しい。

時差をこえ言語をこえ作品をこしらえてくれるsana。
Web用バナーやブログデザインなども
請け負ってくれるぞ。




完成したメニューを大事に抱えて帰宅。
IMG_3571_20170407075117b84.jpg

 ちびも感動した!

 「かっこいいでちゅねっ♪」







2017040707591568c_20170410212039dde.jpg

201704070759268a0_20170410212049fff.jpg




壁紙は黄色系がものすご美味しそうに見えるのだが、
わがレストランのテーブルは黄味の強いブラウンなので
メニューを映えさせるために片面ホワイト調のも創ってもろうた。
表ホワイトバージョン





ファビオも大喜びで「かっこいい!」を連発。
IMG_3618_2017040708130989d.jpg




マテリアルはそろった。
あとは真髄の披露のみ!





(=ΦωΦ=)



AD

category: レストランゑんのメニュー

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

かぐわしき髪とTボーン!  







妹から
「あの公園でも桜が満開よ」と写真が届いた。

DSC_0649_201704051908247ae.jpg

DSC_0659_20170405190825da1.jpg

DSC_0660_2017040519082786a.jpg



ひゃーー。きれいだ!
よく桜を見に行った、
天神のど真ん中にあるあの公園。

古い写真も添えられとる。
うたも大きくなったもんだ。




sana嬢に依頼したメニューも
写真メニューのほうはほぼ完成した。
後日どーーんとここにてお魅せするので
楽しみにしとってくれ。

こういううれしいことが士気を高めてくれる。
士気が高まると具合がわるいのが少し治まる。
いい連鎖だ。



いま、10本の手指のうち3本を負傷しとるんよ。

10本もあるけん3本くらい休ませてやりゃいいのに、
たった3本が使えんととても不便だ。
指いっぽんいっぽんの日々のがんばりを
こういうときに知る。

なので、昨今のオレは、髪を洗えない。
こんなに日々汗だくなのにシャンプーできん。
汚いやつなのだ。

かぐわしい髪の香りが漂っとることやろう。
男らしい匂いかもしれん。

男らしいついでに、
滋養強壮のため、
マトン肉のTボーンステーキ部位を使って
マッサマンカレーをこしらえた!



どっかーーーーん!

DSC_0033 のコピー

DSC_0038 のコピー

 濃厚な力強い芳香がただよい、
 食欲がぐいぐい引っぱられる。





ゼーゼー息をつまらせながら
汗だくで食す。



美味い!
食は命だ!!




さぁ今日も全力でがんばろう。







(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ゼイゼイはぁはぁアッチッチ  





尻に火がついておる。

レストランを開ける日まで一週間をきってしもた。

『忙しい』という言葉は、
自分の仕事をさばけないバカが言う言葉だと思うので
言いたくないばってんオレはいま猛烈に忙しい。


もっともっと前もって準備を進めておればいいものを
尻に火がついてからでないと動けない性質なのだ。

むかしむかしショーダンスの仕事をしよるときも、
毎月SHOWを変えねばならぬことは解っているのに
月が変わる5日前くらいに尻がカチカチ山状態になって
やっと徹夜状態で取りかかる、という有様やった。

いまもそのおろかな性質は保たれているようで、
開店まで1週間をきった今、
南国暮らしで錆びついたエンジンをフル回転させよるもんやけん
体も脳みそもボロボロになっとるのだ凹



ブログなんぞ書く時間ねえだろ!? っちゅうフシもあるが、
このごろは疲労と工事の粉じんを吸い込んだことによる喘息発作がでて
苦しくて眠れんのよ。
なので夜中に苦しみながら書いて
ブログやSNSはタイマー投稿したりしよる。

ブログやSNSは、
息抜きと道草と疲労回復として
おおいにオレさまをなぐさめてくれるツールなのだ。



で。どんなふうに忙しいかというと、





頭脳労働系では、

ホームページをお願いしとる日本の友・Sana嬢に、
開店前10日をきった時点でようやく
「め、メニューを創っておくれよ〜」と泣きついた。

Sanaはサド要素の強い女性なので足蹴にされるかと思いきや、
足蹴にするのは男に対してだけのようで
老いた頭脳のサビ女に対しては、彼女はそこはかとなくやさしかった。

とても聡明なうえ、できのわるい生徒に教授する能力も高く、
なーーんもわからんアナログ頭脳のオレにも解りやすく教えてくれる。
おかげで、なんとかかんとか導いてもらえ、
メニューのデザインをこしらえとる最中だ。
きっと間に合うであろう。
(ブラジルの印刷屋さえクリアできれば、の話だが)。





肉体労働系では、

印刷屋からひきあげてきた看板のロゴを
赤ペンキでなぞって(印刷屋、茶色にしやがったのだ)
気に入る仕上がりに作り直した。
IMG_3244.jpg




いま、わがレストランは仕上げの大詰め工事のまっ最中。
ファビオたち大工は危険要素たっぷりの作業に取り組んでいるし、
Welderは台所でおおわらわしとるし、
予備校生はただのガリ勉化して役に立たんし、
オレにできることはオレがやるしかない!


なので、門の前にでーーんと立てる看板立てを
オレ様がこしらえることにする。

以前拾ったイカダを分解して、
IMG_9768_20170403062953fc2.jpg
IMG_9769_20170217212154fc1_2017040306295492f.jpg



看板を設置する台座を作るのだ!
IMG_3224 のコピー





おおいに張り切って、
マキタ(Boschのこともブラジル人はMakitaと呼ぶ)を
ぶんぶん使うオレ。

日本で竹を切った経験はないが、
竹っちゅうんはこんなにも硬かったのだなぁ。

また道具が折れてしまったぞ。
IMG_3304.jpg



それでも数日かけてなんとか出来上がったときには、
まだ乾いてない看板のペンキに
おがくずがふりかけのようにまぶさってくっついて、
ロゴがざらざらになってしもた凹
IMG_3250_20170403062946581.jpg


ばってん。





それでいいのだ。
IMG_3285 のコピー



おがくずを吸い込みすぎてゼーゼーいいながら、
看板オブジェを立てるための穴を
せっせと堀りながら、ひとり叫ぶ。
IMG_3294_2017040308250866c.jpg
IMG_3296.jpg

「日本のみなよ、元気かーーっ!?」




なんか弱ったりくじけそうになると
故郷・日本を念うんよ。
穴のむこうは母国だぞ。



もうすぐ。
お寺なのに神社の鳥居のようなオブジェが
レストランゑんの前にそびえたつぞ。

やるけん!





(=ΦωΦ=)


AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2