ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

いい女にはなれなかったが  








きのう来てくださったお客さんは
とても上品なお三方で、
ビーチに遊びにいく装いとはちがう美しいドレスを
女性は身につけており、
くらくらするくらいいい香りもまとっていた。

ナタール市内から僻地のわがレストランに来るために
そのような品位あふれる装いをなさってくれることがとてもうれしく、
もともと接客好きなオレはどんどん奉仕したいのだが、
そこはぐっと堪えてうるさく世話を焼かず
適度な距離をこころがけておる。


オレは接客業が好きだ。
思い返せば、オレの接客業の歴史は長く、
高校生の時分の、レストランのウエイトレスが始まりだ。
何件ものレストラン・喫茶店でアルバイトをした。

よその店のママが引き抜きに来たこともあるのだ。
そのときは、そのママの個性に惚れて、
時給が安くなるのもかまわず、そっちのレストランに
ほいほい移ったオレ。
高校生のときから、
金より人、っちゅう考え方は変わってないようだ。



そのレストランのことで、鮮烈に覚えていることがある。

その店はマスターとママの人柄の魅力により、
退職した人もしょっちゅう遊びにきていた。
キッチンにいちばん近いテーブル席は
そんな人たちのたまり場になっとったんよ。

そのメンバーのなかに、
ひときわ異彩を放って輝くお兄さんがいた。
地元のバンドマンであり全国デビューも果たしたバンドの
サックス奏者だった。

その彼が、オレに言うた言葉が忘れられない。





















『ゆきゑちゃんはいい女になるよ』。









DSC_0154_20170731193749da1.jpg

モテる要素ゼロの
パンクバンドやりよるこーーんな高校生にとって
その言葉は青天の霹靂であった。
とても混乱したことを今も鮮明におぼえている。
ふざけんな!と、食ってかかりたい気持ちと共に、
うれしさも発生したのだ。


彼が言うてくれたようないい女にはなれんかったが、
高校卒業後に東京に移ったオレは
見てくれを女っぽく整えると男は親切になり
どんどん寄ってくる、ということを知ることになった。

自分が男性から恋されるようになるなんて
想像もつかんかった高校生のときにもらった
『いい女になるよ』の言葉の作用により、
いじけることなく胸を張って生きてこれたように思う。



昨日いらしてくれた上品なお客さんは、
帰りがけにウエイトレスの娘・うたに、
チップをはずんでくれた。

「とても美味しかったし、
 すばらしく気持ちのいい時間を過ごすことができたよ、
 ありがとう」
 っちゅう言葉とともにチップをいただき、
うたはとてもうれしかったと思う。

言葉は強烈に作用する。




IMG_9441.jpg





接客業が好きなオレは、
いつもウキウキと開店準備をする。

うたもいつかは
ルンルンで接客するようになるやろう。





(=ΦωΦ=)


AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ブラ尻・和尻比較  







ブラジル人は男も女も、お尻・命、だ。
ジムで鍛えたりシリコンを入れたり、
女性は特にお尻の増量に熱心。
P1430776.jpg


とくに運動もせずシリコンも入れなくとも、
ブラジル人のお尻はたいていモリモリっと丸く大きく
これはもともとの身体の構造からの形状なのだと思う。



8年前に初めてブラジルに来た当初は、
なんてデブで尻ばかり大きいんだ! と
びっくり仰天したブラジル女性の身体も、
いまや『この体こそが美しい』と見惚れるようになった。
臀部については特に!


日本女性のお尻の貧相さについて、
たった数行の記事で言い表しているブログ記事が、
ぷりけつマダムreturns
この記事 ↓

『日本人女性のお尻の平たさをつきつけられたひとこと』


記事のあたまの部分を引用させていただく。


 先日ヒスパニック系の男性と話していた時に
 こんなことを言われました。

 「日本人の女の子がthong(タンガ)をはくと、
 縦の部分の布が見えたままなんだ。
 あの部分の布が埋もれるほどの肉がないから、
 タンガをはく意味がないと思う」







その通りなのだ!

135 のコピー 2

 この状態になるならタンガを着る意味はないのだ!




ちなみに臀部がほとんどヒモ状態のタンガを着ても、
このように見事にT字型が見えてしまう悲しさ。
IMG_8377_20170726043013c9a.jpg


だから日本ではタンガのことを
勝手な和製英語で『Tバック』と呼ぶのだな、と
よーーーく解る。






自虐ネタは避けたいが、
ここに美しいブラ尻と貧相な和尻との
比較写真を載せる。
IMG_6714.jpg


 お尻の盛り上がりかたの美しさを見よ!






IMG_6709_20170725202225053.jpg




かなわんよなぁ、この尻には・・・

日本女性である己の尻の
ぺちゃんこ・四角形が
とても悲しくなる。




ちなみにブラジル在住8年のわが夫・Welderも
すっかりお尻狂に染まってしまい、
お尻をたたくのが大好きな男へと変貌をとげておる。
叩き甲斐・なでなで甲斐があるのは
やはりぷりんっと弾力のある丸い尻なのだ。





(=ΦωΦ=)


AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

礼拝堂の予約  







初めて、仏教講義の予約をいただいた。

レストランの予約が入るよりも実はうれしい。


板張りの床をみがきながら、
この礼拝堂ができるまで、を思い返した。
IMG_8766_20170721185008a06.jpg




この家にオレらが暮らしはじめたとき
庭には元の家主がこしらえた
キリスト教のお堂があった。
1_20170721174525dec.jpg




これを改造してお念仏道場にできないか、と計画をはじめたオレら。
2_20170721174526d70.jpg




三昧仏さまを掲げる床の間をこしらえ、
3_20170721174527535.jpg




天井や壁には漆喰を塗った。
33_201707211745421cc.jpg

4_20170721174528c19.jpg

 粉じんを吸い込みながらの作業は難航した。





自分たちで板張りした床。
5_2017072117453038b.jpg

6_20170721174531ddc.jpg

 本当に骨の折れる作業だった。




デザインした扉を設置し、
9_20170721174535e1d.jpg

7_201707211745323c0.jpg




建具の色やニスを塗る。
8_20170721174534006.jpg




丹精込めた作業の積み重ねにて、
想像以上に素晴らしい礼拝堂を完成させることができた。
DSC_0151_201707211745432f6.jpg





入居時、こんなに荒れ果ててた庭と礼拝堂が、
10_201707211745386ef.jpg




いまはこんなに活き活きしている。
11_20170721174539872.jpg




レストランとともに仏道の布教も始まった『ゑん』。
12_20170721181413516.jpg


ビキニ姿の僧侶の妻があなたをお待ちしている。




(=ΦωΦ=)



AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

見た目は大事  







うちはノーパンで給仕するシャブ中毒の店ではないので、
営業中はオレもビキニではなく服を着ることにしている。

このごろはお客さんがおらんときは
表に立って呼び込みをしているのだが、
ちびも大将・Welderの補佐として
呼び込みに立つようになった。

ベランダから下を見ると、こんな様子。
IMG_8467.jpg




門の外から見ると、こんな状態だ。
IMG_8447_20170719193428686.jpg



門の内側からはこんな感じ。
IMG_7827.jpg




とおりかかる車を止めるために
命がけの客引きをすることもある。
IMG_8461.jpg

 車のまえにちびが飛び出すのだ!

ちびの輝く黒毛は僧侶のころものように
威厳に満ちているので
車はちびを轢くことなく停まる。





たいていは、
だーーーれも通りませんね、っちゅうことがほとんどだが、
IMG_7831.jpg


見た目の珍妙さで目を引き、
通りかかる人びとは立ちどまって
メニューの説明などを聞いてくれる。



僧侶のころもをまとったようなちびと、
和の要素を前面にかもしだしたWelderに次ぎ、
オレはいったい何を着ればいいのだろうか・・・






キリスト復活の日には、うさぎに扮した。
ふ

 だーーーれも客は来んかった。





いつもは、ショートパンツにヘソだし、っちゅう
プッタ(ブッダじゃなくプッタ、プッタとは娼婦のこと)のような
格好をしている。
ぬ

あ





先日とまりにきた友・belleに熱心に勧められた。

「ゆきゑも浴衣とか甚兵衛とか着た方がいい!」と。




アドバイスに従いたいのだが、
オレは浴衣がひとつも似合わんので、
浴衣はうたに着せることにした。
securedownload_20170719193330000.jpeg




そしてオレは、
アジアの雰囲気がでる服装で立ちんぼしてみた。

意に沿わん着心地わるい格好だ凹
IMG_7841.jpg

 ヨガをやってて菜食主義で物静かに見えるだろう。



付け焼き刃、っちゅうことが見破られるのか、
通りかかる人々はだまされる危惧を感じてか
オレのそばには寄ってこないのだ凹




やっぱり着慣れた衣装がいちばん! と、
服をぬぎすてビキニで立つと、客はほいほい釣れる。
IMG_7867.jpg

 ただし、お金を持っとらん客ばかりだが。


レストランのユニフォームは、まだまだ定まらぬ。




(=ΦωΦ=)


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

半ケツに宿る反骨精神  







怒り、っちゅう大玉花火を抱えてしまっていて、
その花火を爆発させるための着火剤を
いろんなとこからわざわざ探している人がいる。

そういう人は、どんなことにも怒りたくて、
個人のブログやSNSの内容のなかにも
怒りの着火剤になりそうなもんを探しているので、
オレが何をしようと何を言おうと
すべてにおいて攻撃してくる。

それはもう、
話し合う、とか、解り合う、とかを目的としてなくて、
優位に立ってることを示して脅してるだけであり、
攻撃すること自体が目的となっていて、
意見の交換は、もはや出来ない状態になっている。

とくにそういう連中が得意なのは、
自分以外の誰それもあなたを批判・非難している、
と、援護射撃班が背後にいるのよ、と匂わせることだ。
「◯◯ちゃんも、そう言ってるのよ」
なんてガキのケンカじゃあるまいし。

特に日本人は、その場の情勢をみて、
自分の立ち位置をくるくる変えるのがとても上手い人種だ。
自分の心が決めたことではなく、
多勢が決めたことに従うのだ。



誰か、もしくは何かを
好きになる・きらいになる・
あるいは尊敬する・軽蔑する。
そんなことを、他人の意見に流されて決めるような者に、
一喜一憂していては、自分の心が疲弊するだけだ。

だからオレは、そういう輩は自分の内から追放する。


オレは、自分自身で考える。
自分自身で決める!
人にどう思われるか、で、行動や言葉を左右しない。


仏教徒だから、何をゆうてもかまわん、
と思うとる人も数多くいる。
自分には虫歯になるくらい甘いくせに
オレに対しては礫のような乱暴な発言をぶつけてくるのだ。
仏教徒であるから平和主義、イコール、怒らない、と思うとるのだ。

ちなみに書き添えれば、超徳の高い僧侶も、
飼っている小鳥が死ねば心を痛めて涙を流す。
非暴力を貫くチベット教徒も、
たましいを傷つけられれば戦う。
戦うべきときは、戦う。

『仏教徒』であるということは
どんな言動をうけても耐え忍ばねばならぬ、
ということではない。



135 のコピー 2

きょうの深夜が、福岡の祭り『博多祇園山笠』のフィナーレ、
っちゅうことだけで載せた写真。
『博多山笠』は別名・お尻祭り。



ゴミの掃き溜めも、悪意の掃き溜めも
経験したことはあるから、
それなりに強靭な精神は持っているつもりだ。

しかし心に受けた暴力に対しては、
断固オレは戦う。






(=ΦωΦ=)



AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

雨のあとは晴れだ  






九州北部の大雨と呼応するように、
ナタールも冷たい雨が続いている。
先週末は『台風級の嵐がやってくるぞ』との
気象情報に、
みなふるえあがって備えに追われた。
IMG_8096.jpg


さいわい瓦が飛ぶなどの被害はなかったのだが、
長雨と気温の低さには辟易している。
雨漏りと電気系統の故障など
雨によるトラブルはいろいろ発生しとる。



雨の合間をねらって掃除や害虫駆除をやる。
IMG_8219.jpg




やまんばのように髪ふりみだして焚き火をして
虫を焼く。
IMG_8120.jpg

IMG_8139.jpg






雨に打たれる故郷を思いながら、
さむい朝に
ソウルフードであるうどんとかしわめしをいただき、
IMG_8282.jpg




故郷で濡れているであろうあじさいを思いながら
明太子スパゲティを食べる。
IMG_8183.jpg

IMG_8194.jpg



そんな雨天つづきの昨今だが、
雨の中、おとずれてくれるお客さんもいて、
とてもありがたい。

IMG_0003_20170712194634e1e.jpg

とんこつロック魂で、
長雨と憂鬱を乗り切ろう。

止まない雨はない!!!!!




(=ΦωΦ=)




AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

カレーへの飽くなき探求  







半年前に挿し木をしたマカシェイラ。
DSCN9145_20170709041019910.jpg




ついに収穫の時期を迎えた!
う






このマカシェイラという芋、ブラジル全土で食べられている芋で、
サンパウロ地方では、マンジョッカと呼んでいる。

万能な芋で、フライにしたり、マッシュにしたりと、
副菜として大切な役割をもっとる芋なんよ。

タピオカとかファロッファとか
粉にしても常に食卓にある芋である。
IMG_7730.jpg

IMG_7732.jpg




わが家で初の収穫物であるマカシェイラ、
まずは地元のボス・ファビオにしたがって、皮をむく。
IMG_7789.jpg

IMG_7790.jpg


厚めに切れ目を入れると、するするっと剥げて楽しい。




圧力鍋で時間を短縮して茹でる。
圧力がかかってから5分で完成。
IMG_7792.jpg

IMG_7794.jpg

IMG_7793.jpg

バターをたっぷりかけて、そのまま食す。
気がはやって台所で立ち食いする。




IMG_7797.jpg

IMG_7804.jpg

IMG_7800.jpg

 フライにしてもとても美味い。

じゃがいもとさつまいもの中間くらいの味だが、
さつまいものように甘くはなく酒の肴としてもバッチリだ。




で、このマカシェイラ芋の葉っぱが、すごいんよ!

アマゾンの郷土料理に
『マニソバ(Maniçoba)』という
黒くてどろどろしたものがあり、
これはオレにとって、
見た目がサグワラカレーそのものなのだ。
manicoba_20170709041121ae8.jpg

maniçoba


この葉っぱをほうれん草の代わりに使うと
サグワラカレーができるのではないか!?
と、ほうれん草のない土地に暮らすオレは
ずっとずっと憧れとった。


以前、ブラジルでは一般的な野菜・ケールを使って
サグワラカレーを作ったことはあって、
それはそれで美味くできたんやけど、
さらに上ゆく味を探究したい、と
マニソバ好きのオレらは目論んどったんよ。


マカシェイラの葉も育ったいま、
ようやく夢がかなう!
う

IMG_7904.jpg


とっころがよ〜、
この葉っぱ、なっかなかに手強くて、
アマゾンのインディオたちは
7日間ゆで続けるというのを知ってはいたが、
圧力鍋を使って
ときどき水分を足し足ししつつ
まるまる1日かけて茹でて
ようやくようやくまともにやわらかくなった。
IMG_7908.jpg

IMG_7905.jpg



「たとえ美味しくできたとしても、
 とてもレストランでは提供できない」と、
ぐったり疲れるWelder。




それでも、とてもとてもいい香りが台所に満ち満ちて、
肉は羊肉を使ったマトンサグワラが完成した。
IMG_7965.jpg


見た目はわるいばってん、サグワラカレー好きな人には
味が想像できるのではなかろうか。



じっさいの味は・・・







FullSizeRender 2



どっかーーーん、と
美味い玉花火が打ち上がった!




うーーんうーーん・・・
今まで作ったサグワラカレーのなかでは最高の出来だ。
しかし時間がかかりすぎる。うう。




マトンサグワラの探究はまだまだ続く・・・

あ

ふ

ぬ

っちゅうわけで、
あらたにマカシェイラの挿し木を
じゃんじゃん畑にぶっ刺したのだ。




(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

そば日和  







1年365日のうち、2、3日あるかないか、の、
肌寒いつめたい雨の日。
毎日毎日暑いのが当たり前なので、
肌寒い日はとてもとても貴重な日なのだ!

きのうはまさにそんなしとしと雨の寒い日。
ベランダに出るとぶるっと冷たい空気に包まれた。



オレはうれしくなってぴちぴちの皮革ジャンを着込み
ばってん下はビキニぱんつ一丁というヘンタイ的服装をする。
ちびくろちゃんにも服を着せる。




IMG_8023.jpg




そして
「あさごはんはお蕎麦にします!」
 と高らかに湖に向かって宣言する。





ひっこしたわけでも大晦日でもないが、
こんな寒い日にこそ、
とっておきのごちそう・お蕎麦をいただくのだ!

そんな大切なごちそうだからこそ、
出汁も極上のとっておき・かつおぶしで丁寧にとる。




IMG_8007.jpg IMG_8009.jpg

賞味期限をいちじるしく過ぎているが
これまた極上のとっておきの七味や
利尻のとろろ昆布を用意して、
夫・Welderが丁寧にこころをこめた天ぷらを
添えるのだ!


















IMG_7999.jpg






ううう。美味い!

ふるえる美味さだ!!

あたたかい湯気で涙ぐむほどの美味!!





IMG_8019.jpg


出汁をとったあとのかつおぶしは
猫にごちそうしてあげた。
おいしいでちゅねっ!






(=ΦωΦ=)


AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ふとっちょでババアで何がわるい!?  







7月だ。
日本にもようやく短い夏がおとずれとることやろう。
日に焼けたくない女性もノースリーブを着てかろやかな薄着になり、
ビーチにはビキニの女性があふれる・・・いい季節やなぁ。

とっころがよぅ、日本という国は、
女性にとてもきびしいように感じる。

体型と年齢 にきびしく意地悪な国・日本。




太っていたり、
オレくらいの年齢だったりすると、
『公害だ』などと言われて、
ビキニを着ることを非難攻撃される国・日本。


こないだスーパーマーケットで計ったら
(ブラジルでは体重計を持ってる家などほとんどない)
ゴロのよい数字で、
「わ〜〜い、Go Goだ〜♬」と喜んだのだが、
50kgという体重は、身長160cmのオレだと
日本だと太めに分類されたよなぁ、と思い出した。

IMG_4121.jpg


ブラジルだとオレの体型は
やせすぎ・うすすぎ・不味そう、と分類される。

まあ昨今では日本でも筋トレが流行っとって、
ただのガリガリじゃかっこわるい風潮となっとるみたいやが。






その点ブラジルは、
女性の体型にも年齢にも寛大だ。

ばばあだろうがデブだろうが、
どうどうとビキニを着る。
4_20170705205308b23.jpg

3_20170705210534337.jpg



ブラジルの男性は、
つかむ肉がない女性はベッドのなかでつまらない、
と、やせた体を評価しないのだ。
胸やおなかやお尻の肉をむんずとつかめる女こそが、
価値ある女性だ、と賞賛してもらえる。

顔も体型もそっくりさんだらけの
日本の若い女の子なんて
オレにはちっとも面白くなく感じる。




若い子を中心に人気のブランド・FARMも、
ふとめのモデルを採用している。
222_20170705205218db9.png

 ぽっちゃり具合をふくめとても可愛いモデルだ。
 体型だってひとつの大切な個性。





FARMのサイトをみていたら、
おもしろい服を見つけたぞ。
2_2017070520522610f.png

1_201707052052216f6.png


 わはは〜。
 もうすぐ七夕やなぁ。




短冊には毎年恒例で『世界平和』と書くのだが、
世界の平和って、女性が笑顔でいることだと思う。
愛する女が笑顔だと男は争いごとを起こさず、
お母さんが笑顔だと子もニコニコするしね。

だから
四十代後半でぺちゃぱい・ずんどう・貧ケツのオレが
ビキニでどすどす逗子海岸やももち浜にいたとしても、
男性たちよ、どうか非難せんといてくれ。
オレを笑顔でいさせておくれ。





(=ΦωΦ=)



AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

つかのまの休息、猫の町へ  






ブラジルの学校は、
6月末から1ヶ月くらい冬休みに入るのが常だ。
その範疇に入れないのが『予備校』という学校のようで、
予備校生の娘・うたは1週間だけの休みの最中。

宿題も山のように課せられており、
あいかわらずカリカリした様相のうたであるが、
夫・Welderの誕生日前祝いをかねて、
1泊で隣町のビーチリゾート・PIPAに遊びにいった。

PIPAはオレら家族にとって別名『猫の町』である。
飼い猫も多ければ野良猫も多いんよ。


前日に愛車カナブン号が故障する、というトラブルがあったが
「バスでだって行ける」と強行突破。


到着したのは、ほとんど夕方、っちゅう時刻。
宿のベランダでは野良猫がくつろいでおった。
IMG_7743.jpg




さっそくビーチに出向く。
道みちにも、たくさんの猫たち。

話しかけたらいちいち答えてくれた黄色い野良。
IMG_7723.jpg



すりすり甘えてくる土産物屋の猫。
IMG_7727.jpg



すりすりすりよってきたくせに抱っこしたらガブガブしたモノクローム。
IMG_7735.jpg








猫たちに寄り道しながら到着したビーチでは、
ゆきかう行商人からさまざまなごちそうを買う。

まずは、大好物の牡蠣。
IMG_7496.jpg

IMG_7540.jpg




ラゴスタ(伊勢海老)もレストランで頼むと、
なんやらごちゃごちゃソースがのっかってるうえとても高額だが、
ビーチの行商人からいただくと、茹でただけでとても美味。
IMG_7581_201707022022230f4.jpg




値段も交渉次第。
IMG_7583.jpg




この日は特大2匹を40ヘアイスで手に入れた。
IMG_7584_20170702202226362.jpg




海の家レストランが、
「昨年のPIPAレストラン大会で受賞した」と薦める料理も食べてみた。
IMG_7587.jpg




海の家の料理とは思えぬほど凝っていて美味。
IMG_7593.jpg

 白身魚をロールした内側にマッシュポテトを仕込んであるフライ。



さっそく野良猫がやってくる。
IMG_7600.jpg



はさまっとるバナナをあげたら、フンッと食べんやった。
IMG_7580.jpg



賞を取った魚フライをあげたら、キラリんと食いついた。
IMG_7603.jpg




もっとくれよ。
IMG_7614.jpg




ぼくにもちょうだい。
IMG_7615.jpg




自撮りに慣れないので、背景に通話中男性が写ったり、
IMG_7642.jpg




ボインのおねえちゃんが写ったりする。
IMG_7640.jpg




なんとか3人で納まることのできた写真。
IMG_7647 のコピー

IMG_7648.jpg






夜の町にも猫。
IMG_2542.jpg



レストランにも猫がいて追い掛けたが逃げられた。
IMG_7692.jpg

IMG_7701.jpg





夕食をいただいたレストランが素晴らしかった。
IMG_7686.jpg




絶対にまた来よう、と3人で誓う。
IMG_7707.jpg






かわいいお姉ちゃんも猫とあそぶ町・PIPA。






IMG_3008_20170702202217eac.jpg

ちびとたまの太さ逆versionみたいな猫たち。



みじかい時間やったけど
充分に休息も栄養も満タンになったPIPA。
カリカリしとったうたの心も少しやわらかくほぐれたし、
Welder54才の前祝いにもなった。

さて、本物のちびとたまが待つ家に帰ろう。




(=ΦωΦ=)


AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0