ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

こころの目  






インターネットの普及により、
この世界はとても便利になった。
図書館に行かずとも、辞書をひかずとも、
すぐに情報を知ることができる。

しかし危険でもある。
ググってたくさんの情報を集めただけのくせに、
それを自らの意見であり知恵である、
と、履き違える者が多くなったからだ。


ただの『情報』には心がない。
情報のみをコンパクトに整理した脳みその中は、
想像力がなく、色彩に欠け、浅く狭い。




『心の目』というのでオレの想うのは、
サン・テグジュペリの『星の王子さま』だ。

羊を描いてくれ、王子さまに頼まれ、
羊を描いてみせる主人公。
しかし王子さまはその絵が気に入らない。
なんども描き直すのだがやはり気に入らない。
困った主人公は、ひつじを描くのをあきらめて、
ひとつの箱の絵を描く。
「この箱のなかに、きみのほしいひつじがいるよ」と。
王子さまは喜んだ。
「ぼくの欲しかったひつじはこういうのなんだ!」





夫が学んだ杉田善孝上人は、
『心の目で見ることができない人が増えた』
と、嘆かれていたそうだ。
心の目で見ることができない、ということは
肉眼で見えるものしか信じない、ということだ。
テレビやパソコンの普及も大きな要因となっているだろう。

心の目は閉じてしまい、
肉の目のみでモノゴトを見る。
目に見えぬモノは存在しない、と決めてしまう。
神はいない、
仏もいない、
おばけもいない、
サンタクロースもいない。



なにかよくわからない偉大なる存在を感じないようになると、
自然に対しての畏怖の念も抱かなくなる。
だからどんどんどんどん便利を求め、
罪のある行為を平気でする。
遺伝子を組み換え、
原子力発電所を作る。


サンパウロの友・ヒデヲさんは、しょっちゅう言っていた。
「わるいことをすると、鬼がやってきて、
 ドーーーーンと大きい石を落とされるんだな」と。


ガンジーはこうおっしゃった。
『見るためだけの目は世界にたいして盲目となる』。


星の王子さまは、いいことを教えてくれる。
「秘密を教えるよ。とてもシンプルなことなんだ。
 心で見るんだよ。大切なことは目に見えないんだ」。




・・・ということを考えたのは、
きのう、おととい、土日とも
お客さんがひとりも来んかったことについて
落ち着いた心で思ってみたからだ。


肉眼に見えるお客さんは来んかったばってん
心の眼には、見えるではないか。
なにか大きくてあたたかいモノが
いつもいつも一時も休まず
美しい水をたたえた聖地・ゑんを
訪れとるんが見えるではないか!




この大切なことを、
うっかり忘れそうになっとったなぁ。

IMG_0002.jpg

IMG_4469_20170828202020d6f.jpg


月曜日。
今週も素晴らしき日々でありますように。




(=ΦωΦ=)




AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

シロ・バチスタが熊本に来るぞ  







インスタグラムで知り合ったかたから、
もうすぐ熊本にブラジル人レゲエアーティストが来るよ、
と教えてもろた。

名をCyro Baptista(シロ・バチスタ)という。

2017年8月27日(日)
熊本 山鹿 天聴の蔵
開場 15:00 / 開演 19:00
前売 3,500円(税込 / 別途飲食代 / オールスタンディング)


ぬぬ


ニュー・ザイオン・トリオ、ウィズ
シロ・バチスタ、注目コラボの来日公演が決定











パーカッション・アーティストと思いきや、
なんでもやるマルチプレイヤーで、
日本に同行するバンド『ニュー・ザイオン・トリオ』とは、
ジャズ・ダブのほか、レゲエもやっている。



多彩にして多才。
ブラジル版リー・ペリー、とオレは呼ぼう。





Cyro Baptista - SOLOS: the jazz sessions








オレが日々作業で馴染みのある排水パイプを
これまたいつも履いておるビーチサンダルで叩いとる
変なアーティスト。
それが、シロだ。



今回の日本公演は、
8/25の東京と、
8/27の熊本の2カ所のみ。


オレはまだシロを生で観たことがない。
いつかは生で聴きたいブラジル人アーティスト・シロを
熊本で聴けるっちゅうのは最響やなぁ♫






(=ΦωΦ=)



AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

ブラジルで日食を観た  








毎日、西にしずみゆく太陽に合掌しとるが、
今日はいつにも増して特別の夕日になりそうだった。
日没時刻の直前17時ごろに、
オレの暮らす東北ブラジル地方で
日食が観られる、っちゅうんよ。

とても楽しみでわくわくしながら
準備を整え、現象の始まりを待つ。


どんなおおがかりな準備か、っちゅうと、

その1。

夫と娘はサングラスを用意し、
オレは 日食めがねを作った。
IMG_0985_20170822080736696.jpg

IMG_0980_20170822080734a6e.jpg


筒の片側にビニールを、もう片方にアルミホイルを
くっつけただけである。



その2。

IMG_1053.jpg


日食鑑賞しながら飲むカクテルをこしらえた。



キャンピャリオレンジばい♪
IMG_1069_20170822073536d81.jpg

 なんかパヤパヤするピャイ🎶





アメリカでは多くの場所で皆既日食が観られた、というが、
ブラジルは東北部のオレのおる辺りでは、
見ることができるかなぁ・・・


本日、日食観測ができるエリアの地図。
20170821a.jpg




オレの現在地はココ。
ゑんの位置 のコピー 2

観ることができたらとても幸せやけど、
観ることがかなわなくても
わくわくと心を動かすことができたけん
やっぱりしあわせやろうなぁ。




わぁ、とか、きゃー、とか、
まぶしいまぶしい何も見えん、とか、
3人で大騒ぎしながら観た夕日は、
沈みゆく直前には肉眼でも、
まーーるく月の形に欠けていた。




0_20170822073356a71.jpg
1 のコピー
2 のコピー
3 のコピー
4 のコピー


きれいな部分日食を観ることができ
胸がいっぱいになる。



偉大なる自然現象には、
見恍れ圧倒されるだけでなく、
如来さまの存在をゆるぎなく確信できる。

合掌し、きょうはいつも以上に特別に力をこめて
日本へ太陽を見送った。




(=ΦωΦ=)


AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

スプーンで旨旨  







友人・ファビオが
オレらの料理を食べてくれた回数は、
いったい何食になるだろうか・・・

ビーチで売り歩いた巻き寿司に始まり、
ポピュラーな日本料理・焼きそばも
数えきれんくらい食べてもろうた。


いまでは焼きそばはタバチンガ集落の人気の一品。
やきそば




タイの焼きそば・パッタイもファビオたちは好物だ。
パッタイ




ところで、写真をみてのとおり、
ブラジル人は焼きそばもスパゲティも、
フォークとナイフで食べる。

日本人のオレらがアメリカ式に
スプーンの上で麺をくるくる巻くのとちがって、
ナイフで麺を切って食べるん。

細かく切った麺をフォークの上に載せて口に運ぶ。
なんともまだるっこしい食べ方である。
ちなみにブラジル人は
ピザもフォークナイフで切って食べる。
食文化、っちゅうのは、ほんとさまざまやなあ。



わがレストランのメニューである
カレーの数々も、
最初のうちファビオたちはフォーク・ナイフで食べていた!

オレはすべての道具をテーブルに置いとくんよ、
スプーン・フォーク・ナイフ・お箸、ぜーーーんぶ。
使いたい道具で食べればいいと思うけん。


ばってん最近になってファビオたち、
スプーンで食べるようになった!
強制したわけでも提案したわけでもない。

ユッキがやってるようにスプーンのほうが食べやすいよなぁ、
と、感じたからだと思う。




スパゲティをズルズル音をたててすする、っちゅうような
行儀悪さはオレも大嫌いやし、
ブラジル人は特に、音をたてて食べることを忌む。
麺ズルズルも、噛み音くちゃくちゃも
ブラジル人と同じくオレもすかん。

そういうルールを外さず、
いっしょに食べる人を不快にさせない限りは、
食事、っちゅうもんは、好きな道具を使って食べればよか、
と、思うとるので、
ファビオたちが、スプーンだとカレーは楽だな、と
感じてスプーン食を実践してくれたことは
とてもうれしい。

グリーンカレー

インドカレー





インドカレーやタイカレーが好物のかたは
よくお解りと思うが、
カレーという食べ物は、辛さごと病みつきになる料理だ。

ブラジル人は一般的に唐辛子の辛さが苦手で、
ファビオも辛いのは好かん、と言っていたのだが、
昨今では、率先してWelder作成のホットソースを
がんがんかけるようになった。











インドカレー2

うっ、辛い!


 と、泣きながら、
 うめーうめー食べている。







DSC_0418_20170819051735e7e.jpg


うちにいらしてくれるお客さんたちもやがて、
スプーンを使い、
カライカライ言うて汗びっしょりになりながら
スプーンでカレーを食べてほしいなぁ・・・
 と、にこにこ夢想し、とても熱くしあわせな気持ちになる。

ナンを浸して食べる、というやりかたも
楽しんでもらえたらなぁ、と夢見とる。






(=ΦωΦ=)


AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

掘って掘って股ほって…エッ  







お盆やけん里帰りしとるかたも多いことやろう。
オレも2年ぶりの里帰りしたいなぁ。
と、日本のお盆を恋しく想っておる。

地獄の釜の蓋が開く、っちゅうことで
お盆のあいだは海に出てはいけん、っちゅう風習、
いまもあるんかな。

亡くなった人をお墓に迎えにいって
お墓に送りにいくという風習があるのがお盆やが、
もともと『お盆』とは『引っくり返る』の意。

何度も拙ブログにも書いたのでご記憶のかたもおられようが、
お盆、とは、

仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)を略したもの。

語源は梵語で、ウランバナ(Ullanbana)っちゅうて、

直訳すると『逆さに吊るす』の意味。

死後に餓鬼道におちて、

逆さに吊るされる苦しみを救う、というのが、
お盆の由来。

お坊さんがお盆にお参りにいらした際、
まっさきに唱えるのが破地獄偈(はじごくげ)っちゅうお経。

破地獄偈

若人欲了知(にゃくにんよくりょうち)
三世一切佛(さんぜいっさいぶつ)
応感法界性(おうかんほうかいしょう)
一切唯心造(いっさいゆいしんぞう)

簡単に訳せば、

あらゆる存在や
あらゆる現象は 
ぜんぶ自分の心が創っとる。

すなわち、実体がないまぼろしなのだ。
まぼろしならば、破れるはず、 
おそれることなかれ。の意。

恐怖も不安も、まぼろし、
特定の人を憎む心もまぼろし、
おばけもまぼろし、
すべて、じぶんのこころが創っとるだけ。
なので、破ることができる。
 
逆さに吊るされるぐらいしんどい境地に追い込まれたとき、
思い出して念じたい偈文だ。



さぁて。
いまから頭ドリルで土ほって、日本にお墓参りに行こう。

securedownload_20170814204817531.jpeg


掘って掘ってまた掘って〜♬






(=ΦωΦ=)




AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

黒髪ロング  






いま、オレの髪はものすご長い。
っちゅうのも、ナタールに暮らしはじめて3年半のなかで、
2回しか髪を切ってないないのだ。
DSC_0278_20170811223244ed4.jpg




1度目は、
サンパウロのカリスマ美容師・Ryoさまが
3年前に切ってくれた。
(Ryoさまのサロン・Tampopo ← リンクありクリック)
IMG_3856_201708112232460a1.jpg




2度目は、
大阪でサロン『Mae Alegria』(←リンクありクリック)を
経営しとるマダム・Mayu嬢が
1年半前に切ってくれた。
Mae Alegria(←リンクありクリック)
DSCN2806_2017081122251035c.jpg




おふたりとも
プロフェッショナルの美容師であらせられるというのに、
無償でオレの髪をカットしてくれたのだ。
ありがたいことである。
っちゅうか、オレが厚かましいことである凹




で、いま。
切ってくれる人がおらんもんやけん、
そのままぼうぼうに伸び放題にしとるのだが、
いよいよ重たくなってきたので切らねば
肩がこって仕方がない。


ところで、
ブラジル人は長い髪がとても好きなのだ。
女性はオレの髪をみて、必ず褒めてくれる。
こんなに大量でばさばさなのに、
「美しい」とあこがれてくれるのだ。
ストレートヘアは特に憧れのようで、
昨今では
「アニッタのスア・カーラのようだ」と褒められる。

アニッタというのは、ブラジルで大人気の歌手。
歌唱力はないし楽曲も好きではないが、
容姿がとても美しい。

そのアニッタが、
メジャー・レイザーのプロデュース曲『Sua Cara』の
ミュージック・ビデオにて、長い黒髪で歌い踊っている。
ブラジルでは今、この曲が爆発的にヒットしとる。
アニッタとともにフィーチャリングしとるのは、
これまたブラジルで人気のオカマ歌手・パブロ。
両者ともとてもセクシーで美しいことである。


Major Lazer - Sua Cara (feat. Anitta & Pabllo Vittar) (Official Music Video)




というわけで、オレもアニッタを真似て
裏の砂丘で撮影してきた。

DSC_0037_201708112242571fe.jpg





 撮影・夫/編集・娘






本当は、髪をざっくり切る前に記念として
ロン毛写真を撮っとこう、っちゅう目的やったのだが、
撮影したものを見たら、
長い髪もなかなか美しいじゃないか、と気をよくしたオレ。
このまま伸びるままほったらかしとこう。




(=ΦωΦ=)



AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

日本男子の性的嗜好  






ブラジルの親子は、
子が大きくなっても本当にいちゃいちゃベタベタしている。
母親は息子と、父親は娘と、
性別がちがっても体を寄せてくっいている。

今日はビーチで、
60くらいの母親が30くらいの息子の体中に
日焼け止めクリームを塗っているのを見た。
そのような光景は、日本では異様に見えるやろう。
「ぎゃっ、マザコン! 気色悪〜い」の声も聴こえてきそうやが
ここいらへんではよくある風景だ。
ちなみに日焼け止めを母に塗られていた息子は、
妻と3才くらいの子どもも伴っており、
夫婦もイチャイチャと仲良くしていた。

わが娘・うたも、すっかりブラジル人化していて、
オトン・Welderに対してあけっぴろげだ。
たった今もパンツいっちょで大股開きで眠っておる。
うたの寝ている部屋を通らねば
オレら夫婦の寝室へは入れない造りなので、
毎夜のように夫は
18才の娘のパンツいっちょの寝姿を見ることになる。

この程度のことはブラジルではふつうのことなんよ。
日本では、年頃の娘が父親の前で半裸に近い格好をすることは
あんまりなかろう。
父親にビキニ姿を見られたくないお嬢ちゃんも多いやろうと想う。
「お父さんのパンツとわたしのパンツをいっしょに洗わないで!」
という女子中学生がいっぱいおる国なんやけん。

父親の前でだらしない格好をしない、というのは、
おおいにお行儀がよく素晴らしい風習でもあるが、
反面、極端に若い女が好き、っちゅう
日本男性の多さの異様さが浮き彫りになっとるようにも感じる。

幼女趣味、というような病的な嗜好を別にしても、
日本の男性は若い女が好きだ。
オレと同年代の男のなかにも、
女子高生が好き、という輩は多いように見受けられる。

このごろネットニュースで目にしたアイドルの歌詞
「月曜日の朝、スカートを切られた」っちゅうのは、
いまの日本を一方面で象徴しとるとオレは感じた。
どの角度から見ても気持ち悪い。


以前、友人・ファビオに、
「日本には下着どろぼうがいる」
と話したら、ものすご仰天した。
ファビオの他のどの友人もびっくりしていた。

洗濯してないパンツが高額で売れることもある、
と教えると、もっとびっくりした。
電車のなかの痴漢についても、
何一つとして理解できないようやった。

まったくもって、性的に歪んでいることの多い日本。
団鬼六先生のようにハードに歪んどるのはオレ好みだが、
ぬぎたてパンツに興奮したり、
成熟した大人なのに十代の女の子を好む感覚は気持ち悪い。


IMG_8976.jpg



このようなことをふと思ったのは、
夏本番の日本を想って、思い出したことがあったからだ。

福岡ドーム裏の地味な海岸で、
その当時福岡ドームでアルバイトをしていたオレは、
空き時間によくビキニで日光浴をしていた。
そしたら、ビキニのオレをおかずに、自慰行為をするオッサンが
ときどき現れよったんよ。

となりの百道浜とちがい、
その当時のドーム裏ビーチはひとけもほとんどなかった。
そのオッサンはものすごく小さい海水パンツをはいていて、
それを足首まで降ろしたり上げたりを何度も繰り返したあと、
自慰していた。
自慰をみせたかったんだと思う。
何度か走って追い掛けたり、
隠しとった石を投げつけようとこれまた走って追ったりしたが、
ぴゅーーんと逃げる。

ああ気持ち悪い。
夏真っ盛りの日本で浜辺にはビキニがあふれとることやろうが、
陰気なヘンタイもいっぱいおるんやろうなぁ。
どうか正々堂々と女の子をくどいてほしいなぁ、
たとえ一夏限りの関係だとしても。




(=ΦωΦ=)



AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

三回忌🌻  






今年の日本は、とても暑い夏になっているようだ。
オレの暮らすこの土地は常夏なのだが
それでも6月末から7月いっぱいのあいだは
雨が多く肌寒い(といっても20℃を下回りはしないのだが)日がつづいており
8月に入ったいまも、まだまだ気候は安定してない。
今年は特に雨が多い。


オレにとっての8月とは
まずは子どものころの長い長い夏休みの記憶、
2度の原爆投下を想う月。
8月の熱い熱い大地には熱風がこもり、
息が出来ないくらいの暑さに目がかすむようなイメージ。
そしてもうひとつ、同い年の友人が亡くなった月。
ひまわりのような彼女が亡くなって2年が経つ。

生きたくて生きたくて苦しい闘病をがんばったあゆみ以上に
オレはきちんとこの2年間生きてきただろうか。
『それなりにがんばってきた』と振り返ることができたが、
1日1日を阻末に扱わず精一杯やってきたか、と問われると、
胸をはることができない気もする。

そのようなことを想いながら迎えた8月。
福岡の夏の風物詩・大濠公園の花火大会の様子を
友人がアップした動画で堪能させてもろうた良き日だったのだが、
悲しい事件が起こった。

わが集落の中心地、
イルカの像がありバス停があるバイクタクシー乗り場で、
バイクタクシー運転手のクッカが2人組に射殺されたのだ。
クッカは死亡、襲撃したふたりも追い掛けた仲間の警官が射殺。
オレら家族やファビオをはじめ
集落の全員が大きな衝撃を受けた。
温厚で安全運転、いつもにこにこしとったクッカが
なぜ殺されねばならなかったのかは
犯人亡き今はなぞのままだ。




IMG_9135_201708031300586b3.jpg



いつ死ぬかは自分で選べない、という
あたりまえのことを、このような突発的な悲劇により
まざまざと突きつけられる。
縁起により生かされていることを。

縁起 = 法 = 仏 。

これらは同義語であり、わかりにくいかもしれないが
簡単にあらわせば、

こころに仏様のお姿を
念じている(縁じている)状態のこと。

『おかげさま』を常に忘れないことなのだが、
ついつい日常の些事にかまけ
信念から離れてしまいがちになる。



クッカのこと、そしてあゆみの三回忌をまえに、
熱い風のなか呼吸困難に陥っていたのだが、
さきほど受け取ったメールで元気を取り戻した。

IMG_9635_2017080313083426e.png



ご縁やなぁ、と、
夫と娘とでニコニコしながら文面を読んだ。

里帰りやお盆のお墓参りなどで
たくさんの人が移動し心も改める8月。
故郷日本からはるか遠くに暮らしているけれど
同胞のかたと明日お逢いできることへのありがたさに、
手を合わせたいと思う。
そしてあゆみの三回忌に。
合掌。




(=ΦωΦ=)



AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0