FC2ブログ

ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

故郷のさくら  




パソコンが壊れ気味でブログを書けない、
と、投稿してはや4ヶ月。

ひさしぶりにブログを書くので緊張している。
昨今でのインターネット発信は
インスタグラムの写真投稿のみで
言葉をつむぐこともなく、ただ奇声を発してるだけの日々やけん
ますます言動が動物化しており、
ちゃくちゃくと脳みそのサビ化も進んでおるのだ。

ブログの更新がとどこおっとることを
気にかけてくださったかたもいらして、
ありがたく、うれしいことである。

オレら家族は如来さまの御力により、
おかげさまで家族3人生かされておるが、
このごろのオレは体の具合があまりよくなく、
しかし病院にかかる費用も薬を買う費用もなく、
指示された検査もまだ受けることが出来ない経済状態なので、
なんとか気力でがんばっておる次第だ。

サンパウロで会社員をやっとるときは、
会社が医療保険に入れてくれとったので
(ブラジルは雇用体制が労働者に優しいのだ)
診療費も検査費用も無料やった。
ばってん今は、会社員ではなくなり、
自分で選んだ道とはいえ、
組織に属さず異国で生きることの厳しい波を
ざぶざぶ浴びておるのだが、
まあすぐに生き死ににかかわる病状でもないようなので、
レストランの売上アップをがんばるのみだ。

オレの体と同様に
おいぼれカナブン号もいよいよ調子がわるいのだが、
これも修理費用が捻出できずにいる。
いつもどこかが壊れている家も、今回は重傷、
電気系統が故障しているのだが、
これまた工賃が捻出できずやむなく延期延期となっておる。

すべては試練と受けとめ、乗りこえるしかない。
『生き死ににかかわることじゃないし〜♫』が
このごろの自分へのなぐさめ唄となっとるんよ。


平成が終わりあたらしい年号となったようだが、
昭和が終わったときのことをつらつらと思い出してみた。
あの日、高校生やったオレは、学校が休みになったのをいいことに
ド田舎の田川から汽車にのって大都会・博多に遊びにでかけ、
高校生にもなってイエローサブマリンという店で
万引きまでして遊びまくったのだった。
ビートルズは悲しんだだろうが
PILを結成していたジョン犬ことジョニーは喜んだだろうよ。


そんな不良高校生も
三十数年の時を経て懲りないおばさんに成長、否、増長。

田舎の両親にはあたまがあがらんが、
両親はこんな娘には愛想をつかしとるようやが
孫かわいさは変わらぬようで、
うたに、と写真が届いた。

故郷・採銅所駅のさくら。
IMG_1531.jpg

 郷愁に胸をつかまれ見惚れる。




四季のないブラジルのNATALにも
『春』という名の花が年中咲いておる。
ブーゲンビリアなんやけどね。
IMG_0428.jpg




そういえば先日は、ブーゲンビリア枝切りよるときに
顔を思いっきりぶつけて、目から火花、
目の横にたんこぶができたんやった。
IMG_0646.jpg

 ヘタクソやったりケガしたりしつつも
 それでもオレは活きている。




期間限定こその桜の美しい尊さ、
年中咲き誇っているブーゲンビリアの力強い鮮やかさ。

花それぞれに、
人もそれぞれに
自分にしかできない生き方をすればよい。
これぞ、各々性(おのおのせい)よなぁ、
と、山本空外上人の知恵を思う。

そして、田中木叉上人の言葉も思い出す。

白は白 黄は黄のままに 野の小菊
とりかえられぬ 尊さを咲く



こげんして文章をつむいどるうちに
元気が出てきた。
たまには字を書こう。




(=ΦωΦ=)



AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4