ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

仏道も相撲道も人間形成である  


ふっふっふ。
みなが『良か♪』っちゅうたら、
本当に良いか?! と、ひねくれて考えるオレ。
こころが汚い、のか、根性が曲がっとるのか・・・・

いまから書く内容も、9割がたの人から、
スカンをくらうやろうなぁ。

でも、とんがらせた口から発せずにはいられない、けん、書こ〜っと。

先日、横綱になった白鵬力士のブログ記事についてだ。

第69代横綱
白鵬オフィシャルブログ
(←リンクあり・クリック)



日本全国が横綱・白鵬を賞賛しとるようだ。
各メディアのニュースにもなっており日本全国が感動に包まれとるのか?!

概要を述べると、
5月場所の最中に妻が流産をした白鵬力士。
その苦悩を乗り越え優勝を果たした。
ばってん直後の優勝会見には出席せんやった。
理由は、妊娠について言及されることを慮ったから。
流産を発表するには妻の心身状態を想うと時期尚早、
しかし隠し事はしたくない、との理由から。




さて。
白鵬のブログをみて、感じたのは、
「ちゃらちゃらしとるなぁ」だ。
妻に対して、「改めて愛してます」などと書くなよなぁ。
その言葉は妻本人の目をのぞきこんで言うべき言葉だ。

流産は重い悲しみをともなうことであり
その悲しさを腹のなかに措いて相撲をとらなきゃならんことは
つらかったやろうけど、
軽薄なブログなんぞで、数日後に発表しとるんやけんね。
数年後とかに、じつは、と発表するのはわかるけど、
たった数日後ぜ。

妻への思いやりもたいへん結構だが、
そんなことを公の場で、
ぼっとんぼっとん落とさんでもいいではないか。

オレが彼の妻なら、
ブログげな場で、「愛してるよ」とか言われるのはお断りだ。
さらにいえばオレが妻なら
「優勝会見をせ。妊娠に言及されたらニコニコ笑っとけ」と言う。

「あなたは力士ざますよ。ましてや横綱ぞ。
 ブログなんぞで語らず、相撲で語ればいいのだ。
 重いのは体重だけざますか? 精神ももっと重厚であってくれ」と言う。


しめ縄は、神道の神祭具である。
大相撲の最高位の大関の中でも
選ばれた特別な力士だけが締めることができる『横綱』も
しめ縄の一種である。

仏道と同じく、相撲には、『道』がつく。
相撲道なのだ。
柔道も茶帯から黒帯になるのは、強いだけでなく
まわりからの尊敬が必要だ。

『道』のつくものは、人間形成だとオレは思っている。
そして、人間形成にいちばん大切なことは、
勝つのは、相手に、ではなく、自分に勝つ、だ。


中嶋らも氏がエッセイで書いとった。
「力士をみたおばあさんは、なんと、合掌して力士を拝んだのだ!」


オレも願う。
力士には手をあわせて拝みたくなるほどの神秘性をもっててほしい。
P1490808.jpg

神秘的であるからこそ、尻丸出しでもまぬけでなくかっこいいのだ。


クリック♪ 
関連記事

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

コメント

ほな、おまえもブログで語らず、『道』で語れ。

あほか。

URL | 藤澤 良太 #-
2014/06/09 00:04 | edit

良太へ

オレはただの一般人で彼は横綱力士。
おまえのアホさ加減にはうんざりする。 Sai sai!!!!!!

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/06/09 00:12 | edit

それが分からないんだなー。語らない美学。。。ブラジルでは語ったほうがいいよね。日本的では語らないほうが美しい事があるんだね。なんとなく分かるようで分からない。(汗)
日本文化の深さを想うなー。。。

URL | ニール #l787VQ0.
2014/06/09 05:18 | edit

いつも愉しく拝見させてもらってます。
私も違和感を感じた1人です。
これ、はたして日本人ならこんなことするかな、と。もしかして国民性の違い?

URL | fofi #-
2014/06/09 10:30 | edit

ニールちゃんへ

『語らない美学』、は、オレもわからんのよ。
男はだまって云々、も、わからん。阿吽の呼吸、すらわからん。
白鵬力士の話は、それとは別個で、『露出しすぎとる』って感じたんよ。
力士がブログなんぞで、私生活をぺらぺらしゃべるもんじゃない、と感じた。
しかし、そのことを
「神秘的で遠い存在に感じられてた力士が身近に感じられるようになりとても良い」と感じる人々が
たくさんおるんやろうね。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/06/09 21:25 | edit

fofiさんへ

コメントありがとうございます。
なるほど、モンゴル人だから、という観点で考えたことはなかったなぁ。
ブログを読んで、
「日本語が母国語じゃない彼本人が本当に書いているのだろうか?」という疑問は生まれたけれど。
日本人魂、というのは、薄れてくるばかりなのかもしれませんね。
梨園の市川海老蔵もブログをもってて、大人気なのだとか。
角界も歌舞伎界も、すっかり庶民の下界におりてきなすったなぁ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/06/09 21:43 | edit

わたしもちょっと同じような印象を受けたというか、FBでシェアされてるの見る度になんとなく感じる違和感は何なんだろうと思ってました。
私はゆきゑさんみたいに神道や相撲道のような高尚な観点で考えてなかったから、会見を拒否したのもわざわざセンセーショナルな行動だなと思うし、触れて欲しくないようなとてもデリケートな理由も、自身のすばらしい人間像とともに言わずにはいられなかったのか、というようなものすごく意地の悪い見方をしました。黙ってても良かったんちゃうの?って。多分ゆきゑさんより根性ババ色です。
ゆきゑさんのブログを読んでわたしが感じた底意地悪い見解とは違ったけど、えらく腑に落ちた感じです。
“道”と捉えるか“アスリート”と捉えるかでも変わってくるのかな?と思ったし。余談ですが、朝青龍のときにも思ったんですけど、道を求めることが野暮な風潮にもなりましたよね。道とつく競技には心技体を望みたいですが、柔道なんかもズタボロですよね。

日本の(他の国はどうだか知らないけど)有名人のプライベートの切り売りや、その情報に執着する心理はほんとに下衆です。いずれ知れたら騒がれることだろうからという予防線でもあったかと思います。力士の前にひとりの男ということも充分わかりますが、横綱としては軽い印象でした。

ずっと考えてたことなんで長くなりましてすみません。

URL | くりば #-
2014/06/10 11:54 | edit

くりばへ

『マスコミにどんな言われ方するかわからんことを発表するより
 自分で言うてしまえ』と思うたんかもしれんね。
ばってん “ 道 ” の人間も、ただただ著名、っちゅうだけのテレビタレントと同じ場所におるなぁ、て
さみしく感じるね。その強さを誇り高く思ってほしい。
オレも十二分にクソ意地悪〜に気持ちでみたよ。

アスリートな立場の柔術は、
くりばも知ってのとおりブラジルで大人気やんか。
それが、流派によっては、“ 道 ” の要素を強く打ち出しとる道場が生まれとるよ。
『ただ強ければよい』ではなく『人格や礼儀を重んじ』とるんて。
それこそ、おととい知り合ったフォトグラファーは、柔術の先生で、
うちらと小一時間話したあと、合掌して去っていった。
お師匠さんは日本女性なんだと!
こんなんものすごくうれしいと思わん?!

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/06/11 09:25 | edit

強く且つ徳の高い人、体も精神も鍛錬された人、おばあさんみたいに拝みたいですよね。
わたしなんかは精神が軟弱なので、道に教えを請うべく極真の道場に通おうとしたことを以前書いたか書かずか忘れましたが、いやカポエィラもかっこいいなと初志すらぶれてどちらもやっていない筋金入りの軟弱者なので、特に思いますー… σ(^_^;) 選ばれし者の人となりや精神は特別な位置にあってほしいんですね。
日本はもともと人格や礼儀を重んじる文化と心が備わってる国なので、それが他国の人の心に影響を与えていたりすると、とても嬉しいと同時に自分を省みてしまいます。

ていうか、その中島らものエッセイ何でしたっけ…??
ついでに極真といえば、かのテイシェイラは中島らも原作の映画に出演してましたよ昔w

URL | くりば #-
2014/06/12 09:19 | edit

くりばへ

わが夫は、ひとから拝まれることが多いのだが、
それは彼の徳の高さもさることながら、ブラジル人が日本人の信仰を重んじてくれとるように感じるんよ。
わたしが合掌しても、ブラジル人は合掌を返してくれる。
オレもかっこよく胸の前で十字を切ってみたいものだ。
カポエィラは、かっこいいね。
かつて信仰やったものが禁止されたことにより形態を変えての信仰の表現、
っちゅうとこから始まったスポーツ、という説をオレは信じる。
きのうの開会式にもカポエイラちらっと出てたね。
それより何より、ブラジル料理のフェイジョンアーダが踊りよったことにオレは感動したが。
テイシェイラ夫婦はカポエイラの地・サルヴァドールからサンパウロに引っ越したよ。
サルヴァドールが似合ってたのになぁ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/06/13 21:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1006-10ec1133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)