ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

自然農法で野菜をつくる  



ゴミの収集日は、週に1度やけん、
生ゴミは、庭に埋めよるんよ。
DSC_0119_20140809034254c50.jpg

埋めたら必ずボク犬が掘り返すけん、
こげな状態で、散らかっとる庭である。


いずれは畑を、と思いつつ、まだ手つかずで、
ぼうぼうの草のび放題の荒れはてた庭。
DSC_0117.jpg

DSC_0052_2014080903415519a.jpg


ばってん、ひょっと、ようく見たら、
DSC_0120.jpg

 なんか、出てきとうぞ♪

DSC_0123.jpg

 これはスイカざますねっ♪ 捨てた種から発芽したんざますねっ♪


トマトや、パッションフルーツの芽も出てきとった。




それで思い出したのが、
肥料も農薬も使わんし草むしりもせんけりゃ耕しもせん『自然農法』。

[自然農法]わら一本の革命 福岡正信著(←リンクありクリック)


福岡氏の思想は、哲学的でもある。
「食の狂いが体を狂わす。考え方を狂わす。
 あらゆることに影響する。体の健康も食から来る。そして、体から思想も生まれる」
 (著書・『自然に還る』より抜粋)


具体的にどのような農法か、っちゅうと
複数の種を混ぜた粘土だんごを荒れ地に蒔く。
粘土だんごにする理由は、種がすぐに鳥に食べられないため。
その泥だんごは、やがて雨や夜露により水を含んで地面につぶれてゆき、
その土地と相性が合った種のみが発芽して成長してゆく、というもの。

そこの風土と適合したもののみが育てばいいので、
水も極力やらんでよか。
福岡氏のこの方法は世界各国で、
砂漠の緑化運動につながったほどの成果をあげとるのだ。




そもそも、なぜわれわれが土に科学肥料まぜたり、
農薬かけたり、周囲の雑草をひっこぬくか、っちゅうと、


見た目麗しき野菜を・速く・
100%の成長に・導きたい
 からだ。

 ただの、てめえの都合である。






先日、親しい友人が、
「子どもの成長が遅いごとある。クラスでいちばん背が低いし細い。
 成長をはやめる注射を受けさせようと思う」と話してきたので、即答した。

「大反対!」。


ゆっくり大きくなって何がわるい!? と思う。
小さいままでもいいやないか!? とも言うた。


そげな成長ホルモンげなもんを注入して、ちいさいうちから体を甘やかしたら、
大きくなろう強くなろうとする自らの力を出せんごとなる弱い体になるぞ。
だいたいちょっと熱がでた、ゆうて、すぐに病院に連れてゆくな。
はやく熱を下げよう、はやく風邪を治そう、と思うあまりの行為やろうばってん、
そげん速く治す必要はあるか?
ゆっくりたくさん熱を出して苦しんで、みずからの力で病気を治そうとする力が
生き物には在る。われわれ人間にもある。
だから、小さなわが子が苦しんでるのは見るに忍びなかろうけど、
オカンよ、そこはふんばって、わが子の体を応援してやろうぜ。


とはゆうても、
「わたくし働くオカンざますので、いつまでも仕事を休めないんですのよっ」とか
「風邪をこじらせて肺炎になったらたいへんざますっ」とか
「高熱で頭がイカれてあなたみたいになったらどげんしてくれるとねっ」とか
いろいろ反論したい事情があるのも解ることは解る。

ばってん、
子どもが虚弱体質に育つ責任の一端は親にあるぜ。
わが娘は、やせっぽちで頭もぼんくらだが、頑丈な心身を持っとる。




で、話をうちの荒れ果てた庭に戻そう。

水もやらんで野菜には気の毒ばってん、
厳しい条件のもとでの、野菜の成長を見守ってみようと思う。
今後もこの荒れ畑に、ぽいぽい種を放り投げ、生ゴミも放り投げよう。
たまにオレがゲロを吐きにいくことも続けよう。



肥料(病院での投薬)を最初っから知らぬ種(わが娘)なら、
きっと丈夫にたくましく、少ない水(わが家の粗食)から栄養を採って育ってゆくだろう。
大人だってそうやん。
ビタミン剤ばっかりに頼っとったら天然の食物からビタミンを取り込もうとせんくなる。






福岡氏が、よくおっしゃる言葉、「身土不二」

「からだ(身)と環境(土)とは、ふたつに分けられない(不二)」っちゅう意だ。

 人と風土は一体であり切り離せん。
 暮らしとる土地で季節季節に実るものを食すことで、
 体は土地と相俟って、すくすく健やかなのだ。




・・・っちゅうことは、
ゴボウだ、たけのこだ、じゅんさいだ、自然薯だ、銀杏だ、レンコンだ、椎茸だ・・・と
今オレが食べたがっとる欲望はわがままにすぎん、っちゅうことたい。

くそー。自分を窮地に追い込むことを書いてしもたな凹


クリック♪ 
関連記事

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは☆

土の中からひょっこり出てきたスイカに感動しました(笑)☆
肥料だなんだ、やんなくてもノルデスチの太陽と大地が食物を作り出してくれるんですね♪
やっぱりこれだけ生命に満ち溢れているノルデスチですからね~♪
前回のテレビの受信料の話も面白かったし、魅力でいっぱいだなぁ~☆

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/08/16 00:15 | edit

nipulさんへ

このスイカ、さと&belleが、土産に持ってきてくれたやつの種なんよ。
うち、スイカを買ったことないけん、
「なぜわが家にスイカの種があったのだろうろ」と考えよったら思い出した。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/08/18 20:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1054-f3e992ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)