ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ちゃいろ寿司  



われらがサッカーチーム・タバチンガ、
MAZAPAS杯の決勝戦へいよいよ進出である。

決勝戦やけん、特別に巻き寿司を持ってって、
みんなでわいわい飲みながら観戦しよう、と思いつき、
朝もはよからがんばる女将・ゆきゑ。

ばってんっ!

ぬかりなし、で進みよったはずの仕度に、
でっかい抜かりがあったことが判明。



 白砂糖を切らしとる!



て〜へんだ〜 て〜へんだ〜、
米はあと3分で炊きあがってしまうぞ〜。

しゅん巡すること1分。


 黒砂糖ですし酢をこしらえる ことに決めた。



く、黒いすし酢ができあがったけど、かまうものか。



炊きたてごはんに混ぜると、茶色くなったけど、かまうもんか。
P1540095.jpg

 もともと米は茶色いのだ! と、開き直る。

玄米をみろ!
こんがり色づいた皮ごと栄養満点やろうが。

だいたい『美白』なんて言葉が流行り出したのはいつからだ!?
白けりゃいい、っちゅうもんではあるまい。
精米した白い米も美味いばってん、
年中まっくろなオレさまだって美味いんぞ。
ブラウンシュガーと呼んでくれ。


そうだ。
この茶米寿司を『ちびくろ寿司』と名付けてビーチで売ろう。
ちびのイラストシールでもフタに貼っときゃ、
バカ売れ間違いなかろう。
ちびくろサンバなオレが踊りながら売り子をつとめれば
億万長者も夢じゃなかろう。


おっと、夢見よるひまはないのだった。はよ巻かな。
P1540094.jpg


あなた、お味はどうですか?

P1540109.jpg

「やっぱり入っとう物の味がするね。最終的には美味い。」などと
ようわからん感想を言う夫・Welder。

オレも食べてみた。
「・・・なるほど。黒砂糖の風味がちゃんとある。
 そして、こいつぁ美味いぞ!」

もともと白砂糖を日常でいっさい使わないオレら家族にとっては、
この巻き寿司は上出来に感じられる。

ぴかっと輝く銀シャリを見慣れた目には、
ちゃいろい米は奇異に映るが、ためらうなかれ、料理は味だ!
P1540103.jpg

 どんどん巻いて、さぁ出発だ。





Campoに到着して、仲間たちにさっそく寿司をふるまう。
P1540125.jpg


マウリシオは、四方八方から眺め回しよる。
P1540130.jpg


たくさんの迷いの末、マウリシオは、
P1540133.jpg


そのちゃいろ寿司を、ボイに手渡した。
P1540136.jpg


寿司バトンを受けたボイは、
P1540140.jpg


「唐辛子いれてない? 虫とか入れてない!?」とさんざん確認したあと、
P1540141.jpg


おそるおそる食べた。

「日本人は、つめたい米を食べるのか〜!」とおどろいとった。

P1540144.jpg

 「とても美味い!」と、食べてもないにマウリシオがしゃあしゃあと言う。




P1540149.jpg

「むかしの彼氏が日本人なの♪」というおねえちゃんは、気に入ったようだ。
今の彼氏は、寿司など食べたくもない、そうな。

P1540151.jpg

ホウジェーロは、飲み込むまで終始不思議そうな顔をして、
食べおわったら即ピンガをがぶ飲みしよった。


フラビアは、感想を言わんかったが、顔で語ってくれた。
P1540152.jpg

行動でも感想を示してくれた。

 食べ終わってすぐに駄菓子をほおばりよった。



くそ〜。ドイツもこいつも、じゃなくて、ブラジル人どもめ〜。
P1540154.jpg


オレはお前らがふるまってくれたヘビだって、ためらわずに食べたぞ。
そして美味かったぞ。
P1540115.jpg

P1540118.jpg

P1540117.jpg
 
 それなのに、
 ヘビを食べるオレの後ろで
 寿司にオエッとなっとるニュードめーーっ!
 




P1540121.jpg

 寿司をコカコーラで流しこむでない!! 







いくじなし、ろくでなし、ひとでなしどもめ。












「おかあさん、たかが寿司をすかんやったぐらいで、
 ひとでなし呼ばわりするとかさぁ・・・」
 と、娘・Uにいさめられニュードとは仲直りしたのだが、

DSC_0279.jpg


集落のみんなとの食文化のびっくりぎょうてん大会は
永遠に続きそうである。

酢飯が茶色い、ことに関しては、
なんのお咎めもなかったのは、
タバチンガの仲間たちにとって これが初めての寿司との出逢いであったからだろう。
彼らが今後、寿司と出逢った際にはさぞかし戸惑うやろうな、

えっ!? 米が茶色じゃないぜ、と。


クリック♪ 
関連記事

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは☆

ブラジル人が食に関してメッチャ奥手なの知ってます(笑)☆
フラビアちゃんの正直すぎる表情&行動いいなぁ(笑)♪

僕も蛇食べてみたいです☆

今回、ファビオ親方はシースー食べなかったんですか(笑)?

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/08/27 01:16 | edit

nipulさんへ

ファビオは、日本食もそうやけど、野菜全般がきらいなんよ。
こちらでは効果で市街地に行かなければ手に入らない日本キューリも、
ていねいに除けて食べるけん、
そのファビオがどかしたキューリをオレが片っ端から自分の皿に移して食べよる。
なのにパクチーはどんどこ食べるけんね〜、
味覚の文化っちゅうのも面白いね。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/09/01 03:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1066-637cf815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)