ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ライブは体力勝負だ  



オレら夫婦の好きなバンド・O Rappaのライブ。
11_20140911022636abe_20140911024451f86.png

チケットをはやくから手に入れ、楽しみにしとったんよ。
1年半ぶりやん♪

しかも会場は、日本vsギリシャ戦が行われたスタジアムげな!
オレの故郷でいうならば、福岡ドームライブたい。
わくわく度が日に日にぱんぱんふくらむなかで迎えた当日。


スタジアムに着いたらば、

















ライブ会場は、スタジアム内ではなく、
スタジアム敷地内の駐車場だったのだーーー! おんどりゃーっ。
P1540691.jpg

福岡ドーム とチケットに印字されとるのに、
福岡ドームの駐車場での野外ライブっちゅうわけたい♪

P1540693.jpg


あっぱれブラジル、いい夢みせさてもろたわ〜。

気をとりなおして、会場に入る。
P1540687.jpg

P1540710.jpg

P1540708.jpg



VIP席は、ひとり350へアイス(1万7000円ぐらい)。
法でさだめられとる最低月収が800へアイス(4万円)っちゅうことを思えば、
そうとう高値だ。
VIPはステージの真ん前のエリアを与えられ、椅子も要所要所に設置してあり、
なによりうらやましいのは、なんでもかんでも飲み放題、っちゅう点。
P1540721.jpg


一方オレらの一般席はひとり35へアイス(1600円ぐらいやね)という安価であるがゆえ、
ひとびとでごったがえしており、
簡易トイレは長蛇の列であふれておる。

VIPエリアにはセカンドステージが設置されており、
そこでは前座のレゲエバンドが、いい音を出しとる。
ステージの前まで行けぬとも、十二分に演奏を楽しめた。
P1540717.jpg



メインステージのトップバッターは、
PolloっちゅうHip Hopバンド。
DJがスクラッチして、ラッパーがふたりいて、
コーラスがおる、っちゅう編成である。
P1540719.jpg




Pollo - Vagalumes


 この曲は青春ドラマの主題歌になったとかで、大ヒットチューンげな。


Polloは、
オレがブラジルにていちばん最初に暮らしたエリアの
ファベイラ・Pirituba出身のバンドだ。

Pollo - Piritubacity


 このPVはピリトゥーバのファベイラをバッグに撮られていて、
 風景がオレにとってたいへんなつかしい。

とはいえ、彼らの生演奏は、たいして引きこまれることなく、
午前0時をまわりオレはだんだん飽きてくる。


やがてまた、ステージはセカンドの名もなきレゲエバンドに回り、
午前1時にファーストステージ上にあらわれたのは、

ハードコアパンクバンドのRaimundos(ハイムンドス)。
P1540723.jpg


このバンドは、なんちゅうかだな、
30年前にタイムスリップしたような気分にさせてくれたぞ。

Raimundos - Baculejo


こげな古いタイプのバンドが、健在しとってなおかつ大人気、っちゅう箇所も
ブラジルについて愛しく思う点のひとつだ。


そんで、下に貼るのが、以前のボーカルんときのRaimundos。
このボーカルは、UKパンクっぽい洗練された気配を漂わせとって、
非常に人気があったのだ。
なのに、バンドを脱退してしもた。

Raimundos - Puteiro em João Pessoa



このボーカルが抜けたあと、
Raimundosは、彼に多大なる愛をこめて、はなむけの曲をつくっておる。

Virei crente raimundos


歌詞はこうだ。

 おまえは、黄色のカマロも家も売って教会に寄付するのだな。
 マリファナをやめロックをやめ信仰をがんばりやがれ。
 エヴァンジェリコのあのうるさい音楽を日々聴くのか。
 母ちゃんに金をせびりぜんぶ教会に吸い取られるのだな。


エヴァンジェリコというのは、ブラジルの新興宗教である。
元ボーカルはエヴァンジェリコ信者になるためにバンドを脱退したのだ。

X-JapanのボーカルToshiを彷彿とさせるなあ。

この皮肉っぷりも面白く、
ライブもこげんふうに元気いっぱいに飛び跳ねたオレ。
P1540732.jpg



PUNK ROCK少女の時代に戻った気分でルンルンで。





ぐわーーーーーっと人々を突き飛ばしながら駆け回り飛び回り・・・


 その結果、ひとつのことがようく解った。




























オレはもう16、17の若造ではないのだった凹


  足がガクガクになってしもたーーーー。












もう立っとられん、と地面に倒れこむ。
P1540735.jpg

P1540738.jpg

「あなた、わたくしもう立てませんわ。
 どうぞお気になさらずわたしを置いてってください」。












それでもどうにかこうにか、
目当てのバンド・O Rappaが登場したときには
最後のちからを振り絞って立ち上がったオレ。
P1540749.jpg

P1540742.jpg


かっこよかった。
最初から最後まで、ちからいっぱい楽しかった。





ヒットチューンの2013年リオでのライブ映像を。




前回同様、メンバー全員ならんでの最後のあいさつ。かっこいい。
P1540763.jpg






初めて深夜のライブに同行した娘・Uは、
最初から最後まで、最前列にかじりついとった。
P1540761.jpg


華奢な体でへたばりもせず、
会場で知り合った小さな男の子を守りながら、
全ての曲を声をはりあげて歌っておった。

この男の子は、歌詞に感極まり涙を流してもおった。
すれっからしの自分をちぃと恥じるオレ。
高校生んときはオレも、ライブで真底感動しとったなぁ、と。

そんなデガラシのオレら夫婦も、十二分にライブを堪能したのだ。
P1540767.jpg

ライブ終了後は、胸いっぱいさぁ。


胸はいっぱいばってん、腹をすかしたオレら家族は、
屋台の焼き鳥串に食らいつきながら帰路に着いた。
明るく白んできた空をながめながら。


クリック♪ 
関連記事

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは☆

ゆきゑさんグッドタイミング!
最近ずっとPolloの名前が思い出せずにモヤモヤしていた時にこの記事が出てきてよかった(笑)♪
バンドの顔と曲は頭の中で分かっているのにバンド名が出てこない!
年はとりたくないですね(笑)
Polloのメンバーとゆきゑさんが住んでいたPiritubaってサンパウロですか?
あのベランダの町じゃないですよね?

動画もいっぱい貼ってくれて嬉しい☆

O Rappaはマジでカッコよくて好きですね~☆
夜通しやるブラジルのライブ最高じゃないですか♪
僕もいつか体験してみたいですね☆

そうそう、この前の『山猫の夏』の話で思ったんですけど、ナタルに引っ越してからゆきゑさん読書ってしてますか?
ナタルの大自然&家&店造りで忙しくて読書の時間ないですか?
サンパウロ時代は結構本読んでたイメージだったのでどーかなーって思いました(笑)☆

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/09/15 03:55 | edit

nipulさんへ

毒死よ、ではなく、読書か〜。
とんとごぶさたやったのだが、先日ラクダがたくさんの文庫本をくれた。
この本たちは、大波小波をこえ日本から大昔にやってきて、
たくさんの人の手を渡り歩いた本たちやけん、
作風もさまざま。
きのう寝る前に広げた本の最初の3行はこうだ。
 ↓
「今夜もおそいの?」
毛利綾子は、車を出しながら、夫の武に声をかけた。朝寝坊の夫に代わって毎朝、車のエンジンをかけるのは、彼女の役目だったのである。
このろくでし臭ぷんぷん漂う小説を、オエオエ言いながら最後まで読んだもんやけん、
すっかり夜ふかしになったぱい。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/09/16 05:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1076-ac340864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)