ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

JOJO 大ケガ  



オレが最近、野鳥保護の家 をはじめたことを知っとるかたは、
このタイトル『JOJO大けが』を読んで、ヒヤッ、としたやもしれん。

ヒヤッとしたまま読み進んでいただき、
寿命をちぢませてもらおうか、と思ったばってん、
こころやさしいゆえにオレは、帰結からさきに述べておこう。


 ジョジョは元気に生きておる。



さて。
タイトルのとおり重傷を負ったオオハシカッコウのひな鳥・ジョジョ。
いきさつはこうだ。


とことこ歩いて猫・ちびについて回り、
ちびの庇護を得ながらベランダから木の枝に飛び移るなどして
飛翔の練習も始めたある朝。

窓から飛びたち、下りたさきにいたのが、犬・ボク。


 ひどい惨事となってしまった。



取り乱し泣き叫ぶ娘・Uの手から受け取ったジョジョは、
ひどいありさまになっていた。

両足両指は、ぐにゃりとあらぬ方向に折れ曲がり、
羽根も動かせず、
鳴き声もあげずにぐったりしとる。

毛布のうえに寝かせると、
ぺちゃんこになって、うつぶせたまま動かぬ。
しぼんだ体の胸だけが鼓動により上下しとる。

一目で、『これはもうダメだ。死んでしまうだろう』と
解ってしまった。

『とんでもないめに合わせてしまった。
 なんてわるいことをしてしまったんだ。』と、
ジョジョの様子と同じように胸がぐちゃぐちゃにつぶれて
息もできんくらい苦しくなったが、
悪いのは、オレだ。

巣から落ちたジョジョを、善行のように連れ帰り、
巣立たせようとした揚げ句、
飼い犬にひどく傷つけられるという、
もっともっと残酷な目に合わせてしもうた。

大ケガを負ったジョジョをみて、
苦しいで苦しいでたまらんやったが、
てめえが傷つくことでジョジョが治るもんでなし。
おろかな自分のせいで、取り返しのつかん目に合わせてしまった。


みずからをぶちのめし立ち上がり、
ひたするお念仏をつづけながら、
見守ること数時間。
くちばしに水をたらすと、口をあけて飲んだ。
さらに数時間後、
捕まえた小さな虫を口元にもっていくと、食べた。
すこし飲み、すこし食べ、
そうするうちに夕日が沈んだ。

ジョジョは日暮れとともに眠る習性だ。
眠る前のジョジョにあいさつをした。
「ごめんね、ジョジョ。
 あしたの朝、ジョジョにとっていちばんいい場所におってね」と。
その場所は、現世ではないかもしれぬ、と覚悟した。
ジョジョにとっていちばんいい場所に在ることだけを願った。
そのくせ、自分の両手両足と交換してでもジョジョを治したいとも願った。

ひとばんジョジョのことを念じながら、迎えた明け方。

おそるおそる開けたジョジョの部屋の引き戸。
黒いまんまるいきらきら光るジョジョの目がオレの顔を見上げていた。
ピーーィッ。



ようし。
生きるつもりなのだな。
それがジョジョの望むベストなのだな!

反省してうちひしがれとる場合じゃないぞ。とみずからを叱咤し、
ジョジョの生命力をまっすぐに信じて力を注ぐ決意をする。

さまざまな思いを胸のなかで去来させつつ、
まずはジョジョが食べたがるのなら何でも食べさせよう、と、
虫をあつめ口に運び見守りつづける。

足も羽根も動かせず、ただ毛布のうえに転がる小鳥をみて想った
いちばん暗い光景は、
映画『ジョニーは戦場に行った』。
次いでしんどいイメージは、これまた映画『海を飛ぶ夢』。

さまざまなことを考えた。
四肢の動かぬ鳥の行く末を。
たとえ命が助かったとしても
その先はジョジョにとって闇なのではないか、と。
四肢が動かせぬまま衰弱し時間をかけて死んでゆくのか、と。


一方、夫の言葉の数々により、
ジョジョの光り輝く未来の風景も見えるようになった。
青空を羽ばたくジョジョ。

夫いわく
「まだジョジョはヒナだ。
 成長過程での骨折は、かたちはいびつになるかもしれんが、
 羽根も足も動かせるようになるかもしれん。
 ジョジョが生きようとしよんやけん、大丈夫だ」と。


 くじけそうな心を鞭打ち、虫をあたえ、水を飲ませ、見守った。


1日1日の快復はめざましく、
数日で、折れ曲がっていた指が数本動くようになり、
その指で、オレの指をにぎりしめるようになり、
やがて全部の指で握るようになり、ぐらぐらしながらも
オレが指を持ち上げると体を支えしっかり掴まるようになった。

さらに数日を経ると、両足をふんばって立とうとするようになり、
よろめきながらも立てるようになった。
ちょんちょんと数歩だけ歩くようになり、
だらりとたれさがったままの羽根は、ほんの少しずつ動くようになり、
やがて、不安定ながらも
おそるおそると伸ばしたりたたんだりできるようになった。
DSC_0188.jpg



いま、ジョジョは、
朝になると、じょじょじょじょじょっとさわがしくさえずり、
「めしをくれーーーっ」と走ってオレにむかって突進してくるほど快復しとる。

昼間はオレの太ももに飛び乗って、メシだメシだメシをくれーーっ、と
ビキニのひもをつつく。

ちびを追いかけ、メシメシメシメシメシメシメシーーっ、と叫ぶ。
DSC_0183 のコピー

ごはんを食べたあとは、日なたに走ってゆき、ぱーっと羽根をひろげて日光浴。
羽根や骨を作っておるのだろう。
あみだ様の力のなんと大ききことよ。


まだ飛べぬ。
だが飛べるようになることを念じ、前に進もう。
羽根をひろげて、はやいスピードで走るさまは、
まるで、黒い袂をひるがえして走る落武者のようだ。
きっと腰には剣を隠し持っとることやろう。
その剣でみずから狩りができるようになることを念じよう。



 最大の名誉は決して倒れぬことではない。
 倒れるたびに起き上がることである。
                    ブッダ





  おっと、忘れとった。
  ばか犬ボクを心配してくれとるかたへ。
  ジョジョを傷つけた犬・ボクは、オレに殴り殺されることなくニコニコ生きとる。
  わが家では、仏の顔は3度どころか永遠たい。ピース。



クリック♪ 
関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

コメント

タイトルがタイトルだけに、マジで焦りました。
最初にJOJOちゃんが無事と書いてくださったので、最後まで読めました。
我が家にも、小型犬1匹とインコ3羽(手のりで溺愛してる)飼っているんで、ウチでも起こりうることなんです。

ボクちゃん、犬の本能が出てしまいましたね。


ウチの犬はインコを見ると、可愛いつぶらな瞳でなく、獲物を見る鋭い眼つきになります。





無事で良かった。
本当に良かったです。

JOJOちゃんの生命力の強さ、家族の愛情の深さに涙がでそうになりました。
ボクちゃんの立場も心配になりましたが、普段と変わらない生活を送れてて安心しました。


ゆきゑさんの家族になれたボクちゃんは、幸せもんです。


URL | シータ #-
2014/10/02 21:50 | edit

こんにちは☆

JOJO生きててよかった!
ボクも無事でよかった(笑)
犬、猫、鳥の共存は難しいですよね☆
ゆきゑ一家の三匹の珍道中はまだまだ続きそうですね(笑)☆

URL | nipul #m.hVXy4g
2014/10/03 03:58 | edit

シータさんへ

ドキッとさせて、ごめんなさい。
ボクのことを気にかけてくださっとるかた、のイメージの筆頭に、シータさんがおったよ。
インコちゃん3羽もおるんやなぁ。
オレはジョジョと近しくなって、小鳥がこんなにも情緒にあふれ
人間っぽいことに、おどろいた。かわいいでたまらんね。
ジョジョは少し飛ぶようになり行動範囲が広がったけん、
今からいよいよ気をつけなならん。気をひきしめて見守っていくけん!

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/10/05 04:56 | edit

nipulさんへ

今後もゆだんならんばってん、最善をつくすよ。
ボクもね、「食べよう」と思ってジョジョをつぶしたんじゃないように感じるんよ。
反射的に空から降ってきたジョジョに対して動いたんやろう。
そやけどボクはもうボクのままアホでいつづけるやろうけん、
ジョジョと肩をならべることはできん。
えらいのはちび。
まとわりつかれて、つっつかれて、とてもうっとおしいジョジョに
ジャブは出すけど、ちからいっぱいぶん殴らんのよ。ぽんぽんっと頭をなでとるみたい。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/10/05 05:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1088-b81f5e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)