ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

川で遊ぶ  





子どもの日(Dia das crianças)なんよ、10月12日は。
日本以上に盛り上がるブラジルのこの日。
今年は、SMSじゃなくて(SMSやったらSMスナイパーの略になってしまう)
FacebookとかのSNS上で、
自分のアイコンを子どもんときの写真にチェンジする、など、
おとなもおおいに盛り上がっとったブラジル。
子どもっぽい人間性は世界一のお国柄かもしれぬ。



さて、
日本に暮らしとる時分、娘が幼児やったころも、
子どもの日に何ひとつイベントをやらんかったオレ。

5月5日が近まり、娘に何かねだられれば、
「それは端午の節句、っちゅうて男の子の日なんよ」と逃げ、
ひな祭りとなれば
「折り紙つくって流そうや、もともとそういうもんやけん」っちゅうて
はぐらかしよったもんね。


ブラジルの子どもの日の本日、
わが家の前の湖には、大型貸し切りバスがずらーーーり!
すぐ近くのビーチでも、駐車場は満車で道に車がずらーーーーり。
その隣のプールでは、ガキどもが芋洗い状態であった。
おっかないな、子どもパワー。




で、オレらはファビオ一家と、山間部の川に遊びにでかけた。
地元の人しかおらん、しずか〜〜な集落である。
うちから車で30分。

カナブン号もうれしそうなこの集落の名前は・・・忘れた。
DSC_0453_20141013083800348.jpg


おとなたちは、右側のBARで心置きなく飲む。
DSC_0404_20141013083802d1a.jpg


子どもたちは思う存分、川で遊ぶ。
DSC_0425.jpg

 おとなと子どもがべつべつに楽しめる素敵な休日ではないか♪


何度でも飛び降りるビーニョ。
DSC_0428.jpg


飛び降りる妹・フラビアを、下から見守る兄・ビーニョ。
DSC_0432.jpg


大はしゃぎするガールズ。
DSC_0417.jpg


何度でも飛び込むわよっ。
DSC_0440_20141013072301b3c.jpg


1、2の3〜〜♪
DSC_0442_20141013072303e40.jpg




川魚の養殖をしながら、
レストランを営む家族が数組暮らしておる小さなこの集落。
DSC_0458.jpg


土と木のみでこしらえた家も素朴であたたかい。
DSC_0463.jpg


オレらは建築家なので、
これから庭に建築予定の日除け屋根も参考にする。
DSC_0456.jpg


魚を養殖しとる水は、美しく、
DSC_0465.jpg


ピラルクもおった。
DSC_0477.jpg

 水面に雨粒の波紋が美しく、ピラルクは上手く写らなかったのだが。


ピラルクは、淡水魚の王者だ。
南米のアマゾン川流域に分布し、沼地や川の流れのゆるい所に生息する。
先住民にとっては重要な食料源として古来から漁が行われ重宝されておる。
3メートルにも育つらしいぜ。


で、オレらがいただいた魚は、チラピア(Tilapia)。
DSC_0469_20141013072332516.jpg

 川魚のくせに、まるでタイのように美味。
 触感もぶりんとしとって、揚げると抜群やった。


集落の家族がこしらえる料理は奥ゆき深い味わいで美味い。
DSC_0468.jpg


それを近所の集落に暮らすオレらが家族でいただく。
DSC_0473.jpg

 休日の素晴らしいひとときを過ごさせてもろうた。
 この集落に訪れた日本人はオレらが初、であるそうだ。名誉やな。



場所を移し、もう一カ所ちがう川にも遊びにいった。
DSC_0494.jpg

 ここでも魚が養殖されとって、興味津々。

DSC_0516.jpg



ぽつぽつ雨が、
DSC_0499.jpg

DSC_0502.jpg


やがて、はげしくなり、橋の下で雨宿りする子どもたち。
DSC_0509.jpg

 ひゃーー。かわいいなぁ。胸がきゅんとする風景だ。




やがて、ワニも泳いできて、情緒あふれる川の光景は深まる。
DSC_0524_20141013085133d6b.jpg




川遊びに飽きたオレは、敷地内で素晴らしき光を見つけた。
DSC_0538.jpg

 たまごから孵って2日目のひよこ。


 ブラジルでは、出産のことを
 「光をあたえる(Dar a Luz)」っちゅう言語で形容するのだ。
 スペインも似たような言い回しするよね。いずれも素晴らしい。


「本日は、子どもの日、ざます。」

  と、おごそかに述べ、光をわしづかみにした菩薩・オレ。









DSC_0547.jpg





さぁ〜〜〜あ、連れて帰りますわよ、っと、
ビーニョと車に乗ろうとしたら、

DSC_0554.jpg


 「だめだ!」 と、ワニが言い、
 「これ以上扶養家族を増やすことはできん」と、森のクマさんが言うのだ。

子どもの日に、
子ども連れ去りを泣く泣くあきらめたオレである。


クリック♪ 
関連記事

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは☆

わぁ~、その集落いいなぁー♪
ゆきゑさんたちが初めて訪れた日本人ってことは集落の人たちはほとんど日本人を見たことないのかなー?
僕もぜひ行ってみたいですね☆

「光をあたえる(Dar a Luz)」っていい言葉ですね☆

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/10/14 02:34 | edit

nipulさんへ

「Dar a Luz」について、娘は、
「おかあさんが赤ちゃんに光の世界をあげる」と解釈しとった。
オレは、赤ちゃんに、じゃなく、母親が世界に、と漠然と思うとったけん
見解のちがいが面白いなぁ、と感じた。
いずれにせよ、光が増える、っちゅうことやけん、素晴らしいことだ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/10/16 04:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1096-cd40b48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)