ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

蜂の巣カイピリーニャ  



2日間、停電しとったわが家。

サンパウロのグアルーリョス国際空港ですら、
数時間停電するような国・ブラジル。
たかが一般家庭の停電で
ぎゃあぎゃあさわいで、どげんする、っちゅうのだ。


音楽が聴けんかったら、歌えばよいではないか。
インターネットできんなら、手紙を書けばいいのだ。
夜は6時になったら真っ暗。
ろうそくを灯して本を読めばよか♪
P1600258.jpg


ボンバが使えないので井戸から水をくみ上げることができぬ。
したがって水も出らん。
シャワーはできんけど、湖で水浴びすればすむことやし、
水が飲めないなら、ピンガを飲んで
庭の果物と野菜をかじっときゃいいのだ。

 ・・・と、るんるんで余裕しゃくしゃくだったのだが、




停電2日目になると、いらいらぎりぎりしてきた。


うんこしっこを外でするのもよか、
シャワーできんのもよか、
6時に就寝するのもよか、

ばってん、
冷蔵庫・冷凍庫のたべものが腐るんはつまらん!
オレは食べものを粗末にするのが大嫌い。



1日目、たくさんの氷を手に入れて冷蔵庫冷凍庫に突っ込んでいたが、
さすがに常夏のNATALで2日間食材を保たすのは不可能だ。
近隣の友人ちの冷蔵庫もどこも満杯で、
食材の預け先はない。
タイ食材に欠かせない自作ペイスト・ナムプルックパオとか、
丁寧に処理したエビとかイカなどの海鮮、
きれいに巻いて冷凍しとる春巻きとか凹
とても悲しかった。


そんで、
「すぐ行く」「すぐ行く」と安請け合いする電気会社も、
ひとっつも来んでから、いらだたしさは頂点に達する。


2日目の夕刻、
「イライラには甘いものだ」っちゅうことで、蜂の巣を捕った。
P1600274.jpg


はちみつたっぷり。
P1600266.jpg


気をつけんと、まだ巣の中にハチがおる。逃がさねば。
P1600289.jpg


はちみつカイピリーニャをこしらえて飲むうちに、
P1600286.jpg

P1600287.jpg


いらいらぎりぎりしとった気分もだらりと甘〜く落ち着いてくる。
P1600291_20150115054234b89.jpg

甘いもんが苦手なのでめったに食べんけん、
たまに食べる甘いもんは、ぐっと効くようだ。
猫・ちびもうっとりしとる。






そうこうしよるうちに、やっと電気職人がやってきた。
P1600309.jpg

復旧は深夜までかかったが、
作業員が帰るころには、はちみつピンガですっかり酔っぱらって、
気持ちよく眠った。

P1600338.jpg

残った蜂の巣は、ピンガに漬け込んだ。
いらいらぎりぎりしたときは、
薬膳酒・蜂の巣カイピリーニャで解消することにしよう。


クリック♪ 


関連記事

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

oi☆

一見、ストレスとは無縁に思える〝ゑん〟周辺でもこういうストレスがあるんですね(笑)
ブラジルで停電、断水は日常のことだと頭では分かっていても二日間は辛いですね(笑)

蜂の巣カイピリーニャ、日本だったらメッチャ高級品じゃないですか(笑)?

URL | nipul #Ya9ewGVs
2015/01/16 02:42 | edit

nipulさんへ

警察も、呼んでから1時間せな到着せん場所に暮らしとるけんね。
電気ぐらいどうっちゅうこともないのだが、
傷んだたべものは悲しかったよ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2015/01/17 23:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1153-e7f9de3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)