ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ぽかぽか春  



立春やなぁ。
『春』という文字をみれば、
売春、とか、買春、とか、春画、とかをまず思い浮かべ
もんもんドキドキするオレであるが、
日本の四季・春の花である、桃・梅・桜はとても恋しい。

前日の節分には、去年のように
恵方巻きをほお張るガキの写真をFacebookであまり見かけんかったなぁ。
もう流行らなくなったのか? 
それとも、ISに殺害された湯川さん・後藤さんを悼んで、
あほな投稿をみな控えておるのか…

殺害画像が合成だ、とか、後藤氏がまばたきでモールス信号を発しておる、とか
もう、どこまでも歯止めのきかない何がなんだかわからないネット情報であふれておる。
もろもろのなかでも愚の骨頂だとオレが感じたのは、
デヴィ夫人のブログ記事(←リンクありクリック)。

きらいな内容の記事のリンクを、溺愛しとる自分のブログに貼りたくはないが、
知らないかたもおりんしゃろうけん、貼ることにした。

このブログ記事には、3000件近くのイイネが押され、
Facebookでも、おそろしい数の好意的なシェアが増殖しておる。
そう、『増殖』だ。

気色わるい考え方の人間が、どんどんどんどん増殖しておるのだ。
養殖主は、自民党。親分は、安倍こと、アベーバ。
報道により人々をぬめぬめぬらぬら操っておる。


『日本を取り戻そう』の正体はコレか!?

『生きて虜囚のはずかしめを受けず』か!?


そんな危ないとこに行ったやつが悪いのよ。
国家・ニッポンに迷惑かけといて自業自得よ。
 と、思うとる、うようよアベーバどもに言いたい。

いいか、その論は、
レイプされたのはおまえがミニスカートをはいとったからだ、
っちゅうのと同じだ。
ぴちぴちの短パンだったら脱がせにくいけん大丈夫でしょうか、
ビキニやったら、強姦してください、と言いよるようなもんかいな…






おっと、話が『立春』から逸れてしもた。
節分・立春について書こうと思いよったのだ。


まずは、春を飛び越えて、夏のお嬢さん、の写真を。
DSC_0528_20150204061744818.jpg

DSC_0540_20150204062043e64.jpg

DSC_0541_201502040620416af.jpg

DSC_0548_20150204062332e85.jpg

 ガキどもに泥だんごを投げつけられるオレなのだ凹





さて。
節分には豆をまいて鬼を払う。なぜか。

お寺の屋根にはよく鬼瓦がおかれとるやろ、
あれは、鬼をもって鬼を制すためだ。

『鬼』とは何か、というと、諸説ある。
中国では、鬼=死者、とする。
死者は、陰の世界の住民であるからして、
『陰(おん)』っちゅう読みの音にも由来があるのかもしれん。

そして、
『陰』すなわち、『邪』である。


鬼に対抗するには、
鬼瓦を置くなど鬼と同じ武力をもって戦うという手もあろうばってん、
もうひとつ、素晴らしい方法もあるぞ。

それは、『桃』だ。

ほら、桃太郎が鬼を退治したやん。
あれは、桃の力を表現した物語なんよ。

禅宗のお寺には、鬼瓦でなく屋根に桃がのっかっていることもある。
これは、桃で鬼をふせごうとしとるのだ。
お寺や神社にあるお札も、もともとは桃の木からできておった。
あのお札は『桃符』っちゅう呼び名なのだ。
桃にはたいへんな力があるのだ。


道元禅師が詠まれた謳に
『春風にほころびにけり桃の花 枝葉にわたる疑いもなし』っちゅうのがある。

意は、
『桃っちゅうのは疑いようもなく澄んでおるなぁ、
 無邪気で純粋でなんと素直なことやなぁ』ってなもんかな。

桃の力とは、無垢、ということである。

邪気をもって邪気を制す、のではなく、
邪気をいちばん退治できるのは、
無邪気ではなかろうか
、とオレは思うんよ。





北風と太陽、というおはなしも然り。
びゅうびゅうびゅうびゅう寒い風でマントを脱がそうとしたって
敵は決して脱ぐものか! と、胸の前で必死でマントをかきあわせるだろう。
だか、風を止めて、ぽかぽかとあたたかいお日さまに照らされれば、
あ、っちゅうまに、マントを脱ぐのだ。
オレはこの童話が大好きだ。


やっつけよう、やっつけよう、ではなく、
追い払おう、追い払おう、でもない。


牙をむくのは外にむかって、ではなく、
自分のうちがわの『邪』を克服する。


豆まきによって、
自分や自分の家族や自国さえ安全ならよか、っちゅう心は悲しい。
ぬっくぬくでぽっかぽかな豊かな心をいだきたいものだ。


DSC_0536_201502040617454ae.jpg

P1610139_201502040617412b6.jpg

あったかい春が日本に来るといいなぁ。と、
子どもたちとの砂だんご合戦で惨敗したオレは願っておる。


クリック♪ 



関連記事

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/02/04 19:03 | edit

oi☆

今日の記事の写真、メッチャ好きです(笑)☆
ホントに子供は無邪気だなー♪
〝ゑん〟に辿り着けたら僕もこの子たちと砂だんご合戦できるかな(笑)?☆

URL | nipul #Ya9ewGVs
2015/02/05 03:30 | edit

Yさんへ

ふっふっふ。
怒ると血がにごるけん、あんまり怒らんごとしよう。
夫が失脚した途端にケツまくって逃げたやつが「自害しろ」やら言うなど
ちゃんちゃらおかしいよなあ。
で、機か器か? っちゅうことですが、
先端は筒なので銃器かなぁ。ばい菌と戦おうとしてるんだろうねぇ…

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2015/02/05 20:59 | edit

nipulさんへ

物心がついてから、無邪気でいられるのは稀少やな。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2015/02/05 21:00 | edit

!!!!

いや~やっぱりゆきえさんブログは話題の展開のしかたが
鮮やかで本当に関心します。
日本の行事、社会問題、仏の教えと・・・
行事も歴史や仏教から紐解くとても面白いですね。
中国なんかで旧正月に桃を飾る理由も分かりました。

アベーバも座布団1枚!!!よくアメーバと結びつけたなぁ。
発想力が素晴らしい!
デヴィ(もうこれから夫人なんてつけてやるもんかこれから
デビルと呼んでやる)のブログは私も読んで、
本当、気分が悪くなってました。
アベーバたちのコメントもね・・・・みたら気分悪くなりそう
って分かってたけど、それがイギリスでも話題になった
って聞いて見てみたんだけど・・・
一番許せなかったデヴィルの言葉は「自決なされたらよかった」
この人は何を発信していきたいんでしょうね。
ゆきゑさんのブログ、いつか本にしたい☆←って勝手に決めてる(笑)

URL | summereyes #-
2015/02/06 18:57 | edit

summereyesちゃんへ

このコメント、ものすごくうれしい。ありがとう!
そんで、さっき読んだ貴女の記事・『日本人に問う』 http://summereyes1983.blog9.fc2.com/blog-entry-398.html が、
なにひとつコメントする必要なく素晴らしかったので、
ますますうれしくなったよ。
同志よ!!

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2015/02/08 21:20 | edit

ゆきえさんありがとう。
ゆきえさんに褒めてもらえるなんて嬉しい^^
今回の記事は日本にいる母にも褒めてもらえたのですが、
ゆきえさんの記事もとても色々とためになる、と紹介させて頂きました。

URL | summereyes #-
2015/02/11 12:42 | edit

summereyeysちゃんへ

おかあさま、素晴らしいね。
オレは両親とこの件について話すことがこわいんよ。
両親だけでなく、友人とも。
彼らの意見を聞いてがっかりしたくないから、話をふれない。
IS関連のこの件について、友人でメールを含め話せたなぁ、て感じることができた人は、
summereyesちゃんを含めてたったの11人。
ほかの人には、話すことがこわいよ。がっかりしたくないん。
っちゅうように、オレも日本に暮らしているかたがたと少し違った立ち位置で
恐怖を抱いている。
しゃんと意志をしっかり持たねば、と心して思う。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2015/02/13 07:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1171-b5efed48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)