ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

勝ちぬけ菌玉カースト  




赤ちゃんをぞろぞろ引き連れて畑にやってきたちび。
9_20150407012222d1b.jpg



「いいでちゅかっ、うんちとしっこはここでしますよっ」。
7_201504070122237c9.jpg

 穴を掘っておしっこをして、手本を示すちび。




「し終わったら、ちゃんと土をかけるでちゅよっ」。
6_201504070122187a0.jpg

DSC_0536_20150407012034907.jpg





さっそくまねする赤ちゃんたち。
DSC_0543_20150407012031df4.jpg




きちんと土までかけておる!
DSC_0544.jpg




「えらいでちゅねっ。ごほうびにトカゲパーティしまちゅよっ」と母猫・ちび。
13_20150407012248515.jpg




ちょちょいのちょい、と、とかげを捕まえた。
12_201504070122447df.jpg



意気揚々と赤ちゃんをしたがえて室内に戻る。
11_20150407012245bd0.jpg

 とかげをこわがる赤ちゃん。


「さあ、捕まえてみなさい」と、赤ちゃんをうながすちび。
10_201504070137057c2.jpg

 長い時間をかけて、
 赤ちゃんたちに、トカゲ狩りを教え込む母猫・ちび。
 えらいでちゅねっ。








ところで、わが家には菌玉カースト制度がある。
トップは夫・Welder、
2番目がオレ、
3番目が娘・うた、
4番目、ちび、
最下位、犬のボク、 という順である。

なぜ、ちびのほうがボクより上か、というと、
以前、わるいことをしたボクを夫がこんなふうに叱っていたら、
P1570587_20150407014944675.jpg

 ちびがぴゅーーーんと走ってきて、
 ボクに飛びかかり、激しくぶん殴ったからだ。



ボクがベランダにおしっこをかけたときも、
ちびはボクをぶん殴った。

それ以来ちびは、ボクがベランダに入ってきただけでぶちのめす。
従って、ちびのほうが立場は上。



そして、おととい。
ちびがさらに順位をあげる出来事があった。

オレに叱られた娘・うたが反抗して、
母上であるオレにむかって声を荒げたけん、
ますます怒ったオレがうたをぶん殴ろうとしたら、

ちびがうーーっとうなりながらものすごい勢いでやってきて、
ギャオッッと叫びながら大ジャンプしてうたに飛びかかり、
めちゃめちゃに引っ掻きぶん殴り噛み付いた!

その攻撃をちびは、あらゆる方向と角度から3回繰り返した!


DSC_0741.jpg

 ふんっ、
 ざまあ味噌漬けタクワンぼりぼり、なめんなよ、うた。



DSC_0743_2015040702292925a.jpg


 打撲の跡まである。
 お尻と太ももにもひどい引っ搔き傷があった。

くそガキの分際でお母様に楯突くけん黒豹にやられたのだ。




まあ、そんな感じで、
菌玉カーストの順位に、さらなる変動があったんよ。

役にもたたぬ穀潰しのボクは最下位のままで、
番犬ならぬ番猫、否、凶暴な黒豹として活躍したちびが、
圧倒的な大差をつけて、うたを追い抜き、オレの下に君臨。


今後は
赤ちゃん猫たちとボクの順位争いが見ものだな。

・・・などと思いよったら、


さっき、うたの叫び声が聞こえたので駆けつけてみると・・・
P1630057.jpg

 うたの引き出しのなかに、
 赤ちゃん猫・たまが死んだトカゲを隠しとったーーー!


ショックを受けてさめざめと泣くうた。


ちび >
たま >
うた >
ボク   の順は確定したごたる。わっはっは。


クリック♪ 

関連記事

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

日本じゃ最近、「野良猫に餌付けするのは如何なものか?」つー議論が話題になってた。主には、ご近所糞尿被害とその繁殖から。

餌付け否定派の「餌を得られぬ者は自然淘汰」という発言に、
餌付け肯定派(※飼い主には決してならない)が「人間に置き換えて考えてみろ!」と憤慨しとったを見たのだが…
日本の猫たちも、もしや本来は、
ちびの様にたくましく餌を捕れるし、トイレの場所もキチンと出来るのかもね~!?
と、ちょっと嬉しく思った猫アレルギーです。

余談は、
餌付け肯定派(※飼い主には決してならない)の発言の中で、
「有志で去勢手術を受けさせているからいいでしょ」的なのがあって、それこそ自分に置き換えて考えるとゾッとした。
見知らぬ人に捕まえられて、目が覚めたら繁殖機能を失ってる!?ゾゾゾ~

猫もしっかりしなきゃ大変なのねー。
猫だって、親の背を見て子は育つ。
ちびが同志に思えたゆき絵ちゃんの日記なのでした。




URL | きゅー #-
2015/04/17 11:41 | edit

きゅーへ

わはは。かっこ、※飼い主には決してならない、が、最高に面白い。
うちのちびも、半野良、の状態やけん、
日本におったならば、近隣の住民に苦情をいわれる状態にあるな。
敷地内に入ってきてうんちしたぞ、とか、
庭で焼いていた魚を盗んでいきやがったぞ、とか。
そんなこと想像しただけで、気がめいるね。
ブラジルで本当によかった、と思う。
ブラジルは野良がとても多いが、保健所で殺したりせん。
そもそも、野良を捕まえて殺しはじめたくせに、
殺傷処分ゼロをめざせ、っちゅうのも矛盾しとるよなぁ。
まずは野良の存在を認めようではないか、と思うが、
人間っちゅうのは、自分たちがいちばん居心地よく、を大前提に考えとるけん、
たとえ心あたたかき人間も、動物が自分に迷惑をかけたら許せんのよねぇ。
しょせん、表面だけの慈善だよな。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2015/04/17 18:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1212-b0362694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)