ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

孫をたずねての裏  





孫をたずねて三千里、っちゅうタイトルの
祖父が単身はるばる遠くに暮らす孫をたずねてゆく、っちゅう
素晴らしき番組に出演させてもろうて、本当によかった。

この出来事は、うちら家族の永遠の良き思い出として、
そして家族の絆を再確認する貴重な出来事として、
安定した光を胸に灯しつづけてくれるやろう。


放映されなかったことなど含め、つらつらと振り返って、
ますます思い出を光あふれるものにしようと思う。




じいちゃんとうたのサプライズ再会シーンの前日。

うたの学校ちかくで撮影スタッフと逢瀬した。
P1620273_20150626055532fa4.jpg

 やあやあやあやあ、初めまして。よういらっしゃいました!
 気持ちのよい人たちで、オレも夫も一安心。
 
 ブラジル、とくにここノルデスチ地方は、のんびり屋さんだらけな土地だ。
 分刻みのスケジュールでスピーディーに動くすぐれた日本の方々には
 いらいらすることも多かろう土地である。
 
 ちゃきちゃきタイプの人たちやったら戸惑うやろうなぁ、と懸念しとったオレら夫婦は、
 彼らと会ってすぐに安心した。
 この人たちなら大丈夫だ、と。
 郷に入れば郷に従おうとする心とやさしい思いやりを持った人たちだ、と解ったんよ。




そのころ、ひとりホテルで待つじいちゃんは・・・




ひとり地鶏、タイマー撮影に何度も失敗しつつ、いそしんでおったようだ。
DSCN0147.jpg



ようやく上手く撮れたね。
DSCN0148.jpg







いよいよサプライズ再会の当日。
オレと夫は、撮影隊より早めに学校前に到着した。

バスで学校までやってくるわが父とオレとは、
うたとじいちゃんの再会が終わるまで顔をあわせてはならぬ、とのお達しがあったので、
オレは父がバスから降りてくるところを見ていない。


うたの学校前に、撮影隊の車が到着し、みんなが降りてくる。
DSC_0037_20150626054930f32.jpg



ん? 見おぼえのある四つ足動物が降りてきたぞ・・・

DSC_0040_20150626054931db2.jpg




ぎゃっ、ラクダやんか! 呼んどらんしーーー。
DSC_0042.jpg

 まるでオレの声が聞こえたかのように、ぎろっとこっちを睨んでおる。
 こわいよう、こわいよう、と、逃げるも、捕まるオレ。



さすがフレンチシェフのラクダ。嗅覚が良い。
DSC_0049.jpg

 楽しそうなことは決して見逃さん、っちゅうわけたい。



緊張しながら、学校に向かうオレら。
DSC_0051_20150626054935931.jpg



学校前では、撮影隊が準備と打ち合わせに忙しい。
DSC_0053_20150626055339c65.jpg




オレは、スパイの役を仰せつかったんよ。
ボンドガールとして、学校内に潜入するのだ。

うたが、エスケープして、終業時刻より早く学校を出ようとしたり、
授業が先生の都合で早く終わってしまったときに、
うたを引き止め、なんとか予定終業時刻まで校内にとどまらせるために、
教室のドアが見える場所で控えとることにしたんよ。


そうっ、と待つつもりやったのに、
校内をうろうろしよった先生が、わざわざうたの教室に行って
「うた、お母さんが来てるよ」と、呼んでしもた。授業中だというのに。
DSC_0061_20150626055342fbe.jpg

 やれやれ、授業の中断はブラジルの風物詩だ。


先日なんか、授業中に彼氏が彼女にむけて
誕生日おめでとう、愛してるよ、と歌い始め、
みんなで、ひゅうひゅうひょうひょう♪ と、大盛り上がりして、
カップルはぶちゅーっとディープキスをはじめたんて。
ますます盛り上がる生徒たち。

先生は『5分間外に出ていちゃいちゃしてきてよし』っちゅうて
カップルを教室から出してあげたんて。



おっと話がそれた。
うたに学校に来とることがバレたオレは、
しどろもどろになりながら、
授業が終わるまで学校の近くで待っとるけん、と言うて、うたを教室に戻した。
DSC_0066_2015062605534582b.jpg

 そこから持つこと、30分あまり。
 うたがどれだけ喜ぶかを想像するとにやにや笑いが止まらない。
 と、同時に、サプライズがうまくいくかが不安で、
 胸が二重の意味でドキドキする。



やがて、終業時刻がきて、
予定通りにうたが教室から出てきた。

オレと夫は物陰に隠れて様子をうかがっていたのだが、
うたは友人としばらく喋りよったばってん、やがて校門の外に出ていった。




そして、感動の再会シーンは、オレら夫婦は見ることができず、
校内で「外に出てきてよし」の連絡があるまで、
じっと待ったのだった。

「うた、じいちゃんに気づいたやか?」
「お父さんはうたを見逃さんかったやろうか?」
胸のばくばくがなかなかおさまらんままに、じっと待った。



校内の別門によじのぼり、再会の様子をさぐろうとしたが、
DSC_0071_20150626055344f4d.jpg

 じいちゃんとうたの姿は見えんかったーーー。





やがて、オレもようやく父と会うことができた。
DSC_0104.jpg

 が、父は、
 オレに対しては、とてもとても冷たい反応を示したのだ。

スタッフがびっくりして
「おじいちゃん、ゆきゑさんだよ。気づかなかった?」
と聞いてくれたのだが、
「わかっとる。こいつみたいなん見逃すはずがない」などとひどい言いようなのだ。
 照れとるのだろう、と、良いように解釈することにしよう。



サプライズ再会のあと、よろこびの涙が止まらないうた。
DSC_0109.jpg



からかわれても涙はなかなかとまらなかった。
DSC_0107_20150626055426b04.jpg


うちら夫婦も、やっと胸をなでおるすことができた。
いままで1ヶ月以上、
父が来訪することを隠しておくのはしんどかった。
ことあるごとに日常の会話で、ぽん、っと
「お父さんが来たら」などと口から飛び出しそうやった。

メールやスカイプで、テレビスタッフとも何度もやりとりしたのだが、
それをうたにばれないようにするのも大変やった。
隠しごとは難しい、うそつくんも難しい、っちゅうことを
身をもって知った。
父がたずねてくる喜びは、オレと夫の胸のなかだけにあった。
なんとしてでも、このサプライズを成功させたかった。



そんなこんなを経ての、コレ やけん、
E58699E79C9F-2_20150630172516f4c.jpg


感無量やった。



さあ、
うたの学校から、オトンといっしょにわが家に帰るぞ♪


帰路は、うたの行き着けのアイスクリーム屋に寄り道もした。
DSC_0136_201506260554290ee.jpg



家についたら、遅めの昼ごはんの準備を開始。
立ってるモノはラクダでも使うのだ。
DSC_0143.jpg

「はあっ!? なんでわたしが手伝わなならんとや〜っ?」
  などとラクダは一言もいわず、にこにことやさしく手伝ってくれた、と
 書くしかあるまい、包丁を持っとるけんね。



『ブラジルならではの食事を』っちゅうことやけん、気合いを入れろよ、ラクダめ。
DSC_0145_201506260554325df.jpg




ブラジルならでは、といえば外せないのが、シュラスコ。
DSC_0146_20150626055447648.jpg



立ってるスタッフ・K氏にじゃんじゃか焼いてもらう。
DSC_0148.jpg



みんな真っ赤に日焼けしてしもうて、ものすご痛そう。
DSC_0150.jpg



やがて撮影用の食事開始。
DSC_0151_20150626055451276.jpg



いちばん喜んだのはオレだ。わーーい、大ごちそうだーー!
DSC_0158_20150626055452992.jpg



やがて昼食の撮影が終わり、みんなでごはんを開始する。
DSC_0163_20150626055508d0c.jpg

 「あ、あんたまだおったん!?」
 最後まで台所で働きよったラクダの存在をすっかり忘れとったなぁ。
 ほら、ビールを1杯飲ませちゃるけん、とっとと帰りやがれ。



昼食のあとは、近くの海を見に行ったりした。
カメラマンたちは、
裏の砂丘や畑などで、ずーといろいろ撮りよった。
よく働く若人たちやったぞ。



夜ごはんは、ここぞとばかりに、
Welderのタイ料理をみんなに食べてもらう。
DSC_0174_20150626055511a13.jpg



ここでもいちばん楽しんだのはオレだろう。
DSC_0170.jpg



夕食後は、スカイプでばあちゃんと話せることになり、大喜びするうた。
P1620275.jpg

 父・Welderに浴衣を着せてもらって、
 じいちゃんと語り合いながら準備が整うのを待つ。
P1620296.jpg



ばあちゃんと話せる、とわくわくしてパソコンの前で待つ。
P1620285.jpg



みながホテルにひきあげたあとは、花札。
P1620313_20150626055538410.jpg

楽しい楽しい楽しいがふわーっとどこまでも広がっとるような1日やった。



クリック♪ 

関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

コメント

金玉一家にとって夢がひとつ叶った
ような素敵な時間でしたね。
お父様、本当に長旅お疲れ様でした。
日本でお元気に過ごされていますか?
きっと、お父様も時々ふとブラジルでの
時間を思い出して幸せな気持ちを感じて
おられるでしょうね。

URL | T子 #-
2015/07/01 00:18 | edit

T子さんへ

やさしい言葉、ありがとう。
オレらのこのよろこびはでっかくて、でっかさは小さくならんなぁ。
今もうきうきと思い出す。
日本で夫婦ともに元気にしとるようで、ますますうれしい。
ありがたいできごとやったなぁ。

URL | 金玉ゆきゑ #-
2015/07/02 08:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/07/07 21:45 | edit

Yさんへ

こころやさしいコメントありがとうございます。
今、池上栄一さんの『統ばる島』を読んでいて、沖縄への郷愁がつのりまくっています。
旦那さんおひとりでも遊びにきてくれたらいいのに〜、わはははは。

URL | 金玉ゆきゑ #-
2015/07/10 22:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1266-f529a4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)