ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

食への執着  






せっかくの日本帰省やもん、一食一食が大切だ、
と、オレは考えていた。
実家におった2日間も、香春のたこ焼きが食べたい、とか、
温泉からの帰り道には
小石原の十割そばと地鶏が食べたい、とか言いよったんよ。

ばってん、父には、○○の、っちゅう前置詞の重要性がわからんけん、
「マルショク(地元のスーパーマーケット)にたこ焼きが売りよったけんそこで食べよう」
 とか、
「コンビニの惣菜に焼き鳥があるやろうけん買って行こう」とか
「道の駅に蕎麦があるけん寄っていくか?」とか言うのだ。

なにがうれしくて、コンビニの惣菜を食べにゃならんのだ!?
 と、がっくりくるオレ。
「たこ焼きなら何でもいいわけじゃなくで、『香春の』たこ焼きが食べたいとよ」と
伝えてみるも、理解できんようなのだ。

父とのそんな会話を横で聞いていた母がこう言った。

「あんた、食にものすごい執着があるね。やらしいね」と。

う。。と、詰まるオレ。

しかし、オレにとって食べるものはとても大切なのだ。
日本に住んどるときは、お金がないときも、
『カップヌードル食べるぐらいなら豆腐一丁食べるぞ、
 ショウガとネギも絶対添えるぞ』を実行しよった。
空腹だからといって、どうでもいいものをコンビニで買って食べたりしない。
コンビニを蔑視さえしとった。
食へこだわることを、胸を張って誇れる事柄である、と
思うとったんよ。


ばってん、母の言葉により、
ずいぶん考えさせられた。
「食へ執着しすぎるのは素敵なことではないな」と。
オレの食への執着は、餓鬼のように卑しくえげつない発想かもしれん。
これはとてもかっこわるいぞ。


どんな食物でも、ありがたく命の糧としていただく気持ちがないのは
良ろしくない。
お土産にもらったのが丸大ハムの詰め合わせだとしても、
「ちぇっ、こげな添加物だらけのもん、いらんわい」などと思うちゃいかんのだ。
ありがたくブラジルに持って帰って
Welderに炭火で焼いてもらえばいいのだ。


食べるものも大切だが
誰と食べるか、も大切だ、とも考えておるが、
これも一種の執着かもしれんなぁ。

きらいなやつを目の前にしての食卓でも
もりもりありがたく命の糧をいただくようでなくちゃならん。
それこそ、かっこいい、っちゅうもんだ。



ブラジルへの帰路は成田空港での寿司を最後に
機内食をぜんぶ断って帰宅しWelderのトムヤムクンを食べたのだが、
いくら夫の作るスープが大好物だからといって
そこまで食に執着した自分が恥ずかしい。




とはいえ、うちは一流の味を提供するレストランをやるのだ!
料理には化学調味料を使わん方針をとる。

オレらが食べるシュラスコは、天然塩と粗挽き胡椒をかけただけの肉だ。
DSCN4285.jpg




ブラジルのオレの友人は、手羽先と手羽元を切り離さずに
DSCN9606.jpg



このように折り畳んで、
DSCN9608.jpg

DSCN9609.jpg



ハート型に組んで、炭火で焼く。
DSCN9613.jpg






結加趺坐みたいな畳み方やけんオレらが『座禅焼き』と名付けたこの手羽焼き、
火が通りにくいかと思いきや、中はジューシーに外はパリっと
じつに美味く焼けるのだ。
DSCN4282.jpg

DSCN4293.jpg


こんなふうに、食べ物を美味しく調理する工夫は、やめるわけにはいかない。
命を敬っていただくために。
ハートフルで座禅な心意気で。


やっぱり、食にはほどほどにはこだわることにするよ、オカン。

この現世を生きるための命の器である体。
その体を丈夫に活き活きと保つための食。
一食一食を丁寧にいただきたいと思うんよ。

しかし、
かたくなに添加物を嫌悪することもやめるよ、オカン。
丸大ハムも伊藤ハムもどんと来い!
オレ、わんぱくでたくましく育つけん。



クリック♪ 

関連記事

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

コメント

私は、ゆきゑさんの100倍くらい
日本の食べ物に関して執着ありますよ。
里帰りチケット購入した日からすぐに
「日本で食べるものリスト」作成に
取り掛かりますから(笑)
そのリストを持って日本入り、制覇した
食べ物は赤ペンで消したりして(恥)
もちろん、ラーメンはどこどこの
味噌味(目標3回!)、たこ焼きは
あの店のプレーンなやつ、チーズ入りや
キムチ入はノーサンキュー!!
あの居酒屋ではアジのたたき、あっちの
居酒屋では牡蠣フライ等等、食欲の
オンパレードでございます。
いいじゃないですか!!
歳をとると行動範囲が狭くなり、食も
細くなります。だから年寄りは梅干と
漬物だけあれば生きていけるんです。
食に執着、若い証拠!上等です!
食べることは生きる事!
そう自分に言い聞かせながら今夜も
食べすぎて飲みすぎた自分を
慰めています...

座禅焼き、ブラジル行きのチケットが
購入出来たら「ブラジルで食べたいもの
リスト」の第一候補にします*\(^o^)/*
ちなみに、私も添加物は嫌です。
ピンクやオレンジ色のハムを見ても
ちっとも欲情しません。

URL | T子 #-
2015/10/05 06:30 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/10/05 17:21 | edit

Jさんへ

ありがとうございます。
クリスさんのブログをさきほどからよみふけっています。面白い。
誕生日ディナーを自分のために買って
ひとりで頂いて「美味しゅうございました」っちゅう清々しさ、
かっこいい!
Jさんのコメントにもずいぶんと考えさせられました、感謝します。
意に添わないものを食べて一食をむだにした、
会いたくない人と過ごして時間をむだにした、
と感じるのは自分の向き合い方、ほんとそうやなぁ。
ぜひブラジルにもいらしてください。座禅焼き、ともに食しましょう!

URL | 金玉ゆきゑ #-
2015/10/05 19:22 | edit

T子さんへ

わっはっは。日本で食べるものリスト作成!
オレもそのようなやる気と勢いに満ち満ちて日本行きを楽しみにしとった。
このごろ毎日朝食のとき、自分の胃袋におさまる適量と思って
ごはんをお椀によそうやんか。その量を食べきらんことが多いんよ。
胃がちいさくなったのか食欲がしぼんだのか、っちゅうか、これが年取った、っちゅうことやな! と。
ほんの少ししか食べる事ができんくなるんやけん、
やっぱり一口一口を丁寧にいただかねばならんなぁ。

URL | 金玉ゆきゑ #-
2015/10/06 20:15 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1309-4b078f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)