ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ほーーるもん  






人が死んだら、現世の名前とはべつに、
僧侶が戒名(かいみょう)をつける。
お位牌に書かれた漢字が何個か並んだやつ、あれが戒名。

  ・・・というのは大間違いで、


本来は、戒をさずかったひとがつけてもらう名前 のことである。


戒をさずかるということは
仏教徒としての戒めを守ることを誓うこと。
すなわち戒名とは、
仏の弟子 としての名前である。


受戒をしていない人の葬式では、
僧侶は儀式のなかで戒を授けて戒名をあたえる。(宗派による)

が、これすらも現代では行わない僧侶が多い。

お金をたくさん払ったら、
なにやらたくさんの漢字がいっぱいの長い戒名をつけてもらえる、っちゅう話も
まかりとおっとる。
ばかばかしい。





さて。
そのむかし
この戒名のつけかたにまで、差別があったそうな。

日本では江戸時代、
ひとびとに、身分をつけとった。
すなわち 士農工商 。

身分が下にいくほど、
年貢はおさめなならんし、労働は苛酷だ。
生活はきゅうきゅうで、
多大なイライラ、ストレスにさらされとったやろう。


なので、
お国は、
国民のイライラの矛先を
自分たちに向けられるんを避けるために、
もっと下の身分をこしらえた。

 エタ・ヒニン である。

  イライラ・ストレスは
  エタ・ヒニンに向けなさいね
  このひとたちを思う存分いじめていいばい。


そして彼らが亡くなったときには、
戒名にすら印をつけた。
それが、『差別戒名』と呼ばれるものだ。

部落のひとたちの戒名には
 『蓄』とか『皮』などの字を使ったのだ。





オレの出身地・福岡県の筑豊地方は、
牛や豚の内臓を好んで食べる地域だ。
もつ鍋も、ホルモン焼きもとてもおいしいが、
この『ホルモン』という名前の由来も、
『放るもん』すなわち、捨てるもん、から来ている。

食べずに捨てるもん(ほうるもん)やった部位、っちゅう意。


故郷の筑豊には部落も多くて、
オレが子どものころも、
「あのエリアの子どもと付き合ってはいけない」などと
大人が言うのを1度ならず聞いた。
 
  差別の歴史を子どもに受け継ごうとしとるんやね。
  歴史はつづく。



仏教発祥の地・インドにもカースト制度がある。
最下位の身分の人々は、
アンタッチャブルと呼ばれる。
触ることができない、っちゅう、ひどい意味だ。


   このような現実をみると、
   人間のどうしようもなさを感じる。
   キリスト教の考え方である『原罪』を想ってしまう。
   人間は生まれながらに罪があるのだ、と。 



しかし生まれながらに罪がある、っちゅう考え方は、しんどい。 
オレには仏教のほうがしっくりくる。





にんにくとニラがたっぷりのもつ鍋はないばってん、
豆と内臓に煮込み『フェイジョアーダ』っちゅうソウルフードがある国ブラジル。
Feijoada_alliance_20151130190149035.jpg



アフリカからつれてこられた奴隷が
雇い主に料理をつくった残りの豚肉の捨てる部位(内臓・耳・鼻・足)と
豆を煮込んだ料理。




オレの暮らす集落でも、内臓をみな好んで食べる。

安いうえに美味いもん!


みんなで集まって飲むときには、必ず煮る内臓。
DSCN0019.jpg



炭火焼でも、オレの好物の丸腸(Tripa)は、カリカリに焼く。
Chinchulines のコピー




こないだ青空市場にて、安価で羊の頭をゆずってもらった。
DSCN0929.jpg



とろっとろに炊くと脳みそがとけそうに美味い!
DSCN0935_20151130020348521.jpg




放るもんをおいしく食べる工夫や
しいたげられた悲しみ・怒りを知っとる人こそ
本当の幸福も知っとるかもしれん。

DSCN9361.jpg


ひとつ皿の上の料理をみなでつつき合い、まわし食べるのが、
ここいら集落のスタイルだ。
もつ鍋や鉄板焼きと通ずるあたたかい気楽さがある。



DSCN9335_20151130190753721.jpg

DSCN9336_2015113019075426c.jpg

DSCN9339_20151130190756a39.jpg




DSCN0049.jpg

最後は野良猫にほうってあげる。
うんめぇうんめぇと猫も大喜びする。


(=・ω・=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス
関連記事

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

コメント

あぁ〜ッたまらん!
美味しそう〜〜〜◎
羊の脳みそは食べたことがないけど、牛の脳みその刺身はそれはそれは美味しかったです!
煮込んだらこれまた美味いんだろなぁ…じゅるッ…

URL | YUMI #-
2015/11/30 19:44 | edit

ホルモン好き好きーって思い出したらわたすはミノ好きなのよ。
昔フェイラで買って臭みの抜き方はレモン汁でやるだよって教わってやってみたけど上手く出来なくて、泣く泣く捨て去るえなかった
まあ、自分のポルトガル語が不十分過ぎたのが説明感知不良だったってわかってるけど食べたくなるねー!
普通に安価で購入できるのに1から調理する時の手間は難しいのにあんなに美味しいホルモン様の食べ方教えてー
\(^o^)/
ファビオたちはブラジル料理からの日本人が好むものまで網羅してる先生よねー!! 習いたいでっす乙

URL | ホルモニスタ443号 #-
2015/11/30 22:30 | edit

YUMIへ

えっへっへっ。牛の脳みそを生で! うおーーーっ、やな。
オレゃぁ、三崎のまぐろのカマがものすご恋しいぞ。
YUMIがていねいにまぐろの頭に塩をすりこみよった風景が忘れられん。

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2015/12/02 03:56 | edit

443へ

オレは丸腸がいちばん好きやなぁ、ぞうきんみたいなセンマイも好き!
Tripaっちゅう部位がちょうど丸腸で、フェイラにもよく売っている。
ばってん処理はむずかしくて、塩抜きしすぎたらふぬけな味になるし、
やはりレモン汁でようくようく洗わなならん。
つぎは豚の足の調理に挑戦してみよう。

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2015/12/02 04:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1340-8b4ab6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)