ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

どぶさらい終了  







台所の排水タンクがしょっちゅう溢れるけん、
3日とあけずにやりよった どぶさらい

いーーい匂いが漂う魅惑の作業である。



この匂いによる防犯効果はバッチリありそうやが、
この香りのよる集客効果はまったくなさそうやぞーーーーっ!!

 っと、自分の両頬をばちばち叩いて、



あらたに排水タンクを設置する決意をした。

DSCN1279.jpg



もう2度とどぶさらいせんですむように、でっかい土管をえいっ、と購入。
DSCN1302.jpg



大きくて深い穴を交代で掘って掘って、
DSCN1436.jpg

DSCN1438.jpg






いよいよ、筒をどーーーんと落とす。



まっすぐに落とさなならんし、重いけん4人がかりで。

DSCN1563.jpg





 やったーやったーやったーまん!





配水管を通して排水路を変えれば完了だ。
DSCN1576.jpg




ここいらあたりの集落では、排水タンクもトイレタンクも、
浸透式 だ。

すなわち、底のない筒状の管を埋めとるだけなので、
固形物以外の汚水は、どんどん砂に濾過され地中に浸透していく方式。

必然的に、残った固形物は少しずつタンク内に溜まってゆく。
それがタンク内に満ちたら、政府委託の汲み取り業者を呼ぶことになる。
ただし、汲み取りを呼べるのは、トイレのみ、だ。
その他の排水は、自分らでどぶさらいせなならん。

オーノー、と、のけぞる、集落の制度であるが、
郷に入れば郷に従え、だ。
静かに集落の浸透式タンクの様子を観察しとるオレ。
わが家ではまだ、トイレタンクの汲み取りを呼んだことがないので、
今後のために学ぶ必要がある。



集落の仲間ん家を観察しとって気づいたことがある。



 “大”以外はトイレの水を流さんのよ。





今となれば、その理由がわかる。


できるだけタンクの中身を貯めたくないので、
できうる限り流さないのだ。









さて。
ようやく排水タンクをあらたに設置して、どぶさらいから解放されたわが家。

ものすごうれしいばってん、
あのかぐわしい匂いとさらばするとなると、
ちぃとさみしい気もする。

あれは、生きてる、っちゅう匂いではあったもんなあ。



(=ΦωΦ=)


ココナッツエンジェル
 プロポリス
関連記事

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1352-5c3cce18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)