ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

宗教家だけは、どうか…  







釈尊の言葉。

 袈裟を頭から纒っていても
 たちが悪く、つつしみのない者が多い。
 かれら悪人は、悪いふるまいによって、
 悪いところに生まれる。

   (ダンマパダ 第22章 地獄)



坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、っちゅう諺もあるとおり、
残念ながら、わるい僧侶は、たくさんおる。


お経の声を聴くと、その僧侶が本物かどうかが判る。
経文の意味を解っているかどうかも判る。
だてに僧侶の妻をやっとるわけじゃないのだオレも。

これまた残念なことだが
お経の意味を知らずにただ読み上げているだけの僧侶はとても多い。
このことは
お経をとなえてお金を稼ぐ職業として『僧侶』を継ぐ
世襲制で葬祭仏教をやる寺院が多いことからも解るだろう。


オレの知っとる、とある寺院は、
檀家さんのお布施の金額によって法事の内容を変える。
たくさんお布施をくださる家の法事には、
住職を筆頭に僧侶が総出でお勤めをする。
本堂に飾るお花にも、異常なほど気を遣う。

金額が低い家の法事には、住職は出てこない。
「ふむ、きょうの3回忌は貧乏な石川家か…。
 ワシが出ていくまでもないな。
 ショーギョー(住職が気に入らん僧侶)がひとりでやっときなさい」っちゅうて。

お花もそのために買ったりしない。
先週から活けてあるまんま。



20090218 064 のコピー 2

20090218 067 のコピー 2

20090218 076 のコピー 2

    (写真は、数年前のサンパウロ・花祭りでの夫と娘)




作家の村上春樹さんは
「いくらがんばっても個人と組織が戦うと絶対に個人が負けてしまう」と
エッセイに書かれていた。
そのとおりやな、と、しみじみと解る。


正義は、正義っちゅうことのみでは勝てない。

このことは大企業が中心となって動いとる
いまの日本の政治をみれば一目瞭然だ。
ブラジルも今、その点で暗雲たれこめとる。


社会の仕組みは、そう簡単には変わらない。
悪がはびこり正義ははるかとおくに追いやられている。



しかし。


宗教家だけは
長いものに巻かれないでほしい。




このことはオレの切なる望みだ。





20090218 098 のコピー 2




現世利益祈願やボランティア活動
葬儀・法事屋さん・・・
僧侶の仕事はいろいろあるとは思う。


しかし。
僧侶のやるべき第一のことは、仏道の伝導


大樹のかげに寄るのではなく、
乾いた炎天下の砂漠にたたずみ
みずからが大樹となる。



いちばん大切な僧侶の勤めとはこれに尽きる。



(=ΦωΦ=)

関連記事

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1397-280bd980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)