ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

がんばれ土地なし農民  






熊本のことを思いながらも、きょうはブラジルのことを書く。
4月17日の本日は、
小農民の闘い国際デイ なのだ。

ブラジルでは20年前のこの日、
パラー州のEldorade dos Carajasで、
農地改革を求める土地なし農民たちが虐殺された日である。


土地なし農民というのにはいったいどういう人たちか、っちゅうと、
侵略によって土地を奪われたもともと先住民族であった人々、小農民だ。

ブラジルの農地の現実は、
たった1%の大地主が農地の50%ちかくを独占しとる。
労働党が主権をにぎってからの今のブラジルの法律では、
活用してない土地は農地改革の対象になる。
持ち主不在で土地をほったらかしにしとったらつまらんのだ。

なので、土地なし農民たちは、
農地として機能してない農地改革の対象となる土地に占拠し
住みついて土地改革を求めて戦っている。
mst.jpg

Conflitos-sem-terra-Paraguai-size-598.jpg

法律的にも彼らの行為は合法なのだ。
しかし政府は、法はかかげても農地の再分配などの実践に手が回らん状態にある。

したがって今も、地主と小農民との競り合いはつづいている。

土地なし農民を支援するアーティストはブラジルにもようけおる。
オレの好きなラッパー・エミシーダもそんなひとり。
emicida-jpg_063411.jpg

土地なし農民運動・MST(Movimento dos Trabalhadores Rurais Sem Terra)は、
ブラジル最大のNGOである。

MSTは、遺伝子組み換え作物栽培禁止の活動をおこなっておる。
いかなる農場であろうと、土を汚染する作物を栽培した場合、
農地は占拠される。
いい運動だと思う。どうかMSTと土地なし農民たちよ、がんばってくれ。




折しも同じ日である本日、
ブラジル大統領弾劾可否の投票が行われる。
176841.jpg


自分たちの手で自分たちが食べるものを作る社会を手放すな。
モンサント社をはじめとする多国籍企業からブラジルの農地を守りたい。

南米は、左翼が主体のいい国が多かった。
南米の本丸、ともいえるブラジルが、アメリカの手に落ちないことを祈る。
50億ドルをつぎ込んだアメリカの思うままに、
年金を廃止したウクライナをみよ。
TPPを容認すると、日本も同じことが起きるだろう。
経済力のない弱者はとっとと死ね、っちゅう社会が。






まだ4月の半ばの熊本。寒いやろうな。
大雨のなか、この星の反対側にある大地を思う。合掌。




(=ΦωΦ=)

関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1427-fb81cbc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)