ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

穴をふさげ!  






近隣の道路は、だいたいこんな感じで、穴ぼこだらけ。
P1620798_20160510091730435.jpg



 なぜ、こんなに穴ぼこだらけになるのか。


 理由は、
 『質のわるいセメントを使うから』


 っちゅうか、
 セメントと水と砂と小石を調合して、ソースをつくって道を塗り固めるんやけど、
 その調合の割合を政府がケチるから、強度が低い。
 やけん、すぐに道が壊れるんよ。

 わが家の工事をいっしょにしよるファビオも
 セメントの量をケチりたがるのでしょっちゅうケンカになるんよ。

 どうせなら、長持ちするように造ろう、っちゅう発想が、
 ブラジルにはあまりないように感じる。

 その場しのぎなんよ。
 『またこわれたらそのときに修理すればいい』と。





20160211120103.jpg

これは、オレらの住まいがあるタバチンガ集落と
うたの学校があるニシア集落をむすぶ道にあるオブジェだが、
『あなぼこだらけの道はもううんざりだ!』とラクガキされとる。


 しょうもないオブジェを造る税金を
 道路を整備することにまわしやがれ、


  っちゅうのは、すべての住民の考えだ。





で。
先日ようやく、穴ぼこを土で埋め始めたんよ!
DSCN6043 のコピー



 やったね♪ と、うれしくなる。

 「セメントをケチらずに塗ってね」と職員に声をかけながら通り過ぎる。
 「俺らは土入れ班やけん、セメント班にそれは言ってくれ」と笑う職員たち。







  数日後。。。




























DSCN6187 のコピー


 雨で、土は全部穴から流れ出しとった凹









また、土入れからやり直しやんか!



  バカなっっ! 



     


    こういうことがいつも繰り返されとるのがブラジル。





そんなわけなので、
オリンピックの工事が遅れとる、なんていうのは当然のことなのだ。







話変わって、
オレは先日ジカ熱にかかった。

ドミトリー『ゑん』には、
各ベッドに立派な蚊帳があるのに
なぜジカ熱に感染したか、っちゅうと、
オレは毎晩ネコといっしょに寝るので蚊帳を使わんのだʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

ネコの習性を知っとる人はお分かりだろう、
あいつらがつるした蚊帳にどんな反応を示すかが。
たとえ蚊帳をつるしてたとしても、ネコといっしょに寝ると
蚊帳は数分後には穴だらけになり、蚊帳としての機能を果たさなくなる。



ジカ熱は、
体のだるさ筋肉関節の痛さを伴い
ががっと発熱。39度超え。一晩苦しんだ。
しかし夕方から出だした熱は、朝方には下がり、
少々だるさは残るものの、日常の作業に支障なし。
病院にもかかっとらん。

よって、医者に診断されたわけではないのだが、
集落の友人たちにその症状を話すと
「それはジカ熱だ」と断定されたのだ。


 ジカ熱は楽勝ばい♪ と、述べとこう。


 ちなみに、デング熱は、
 インフルエンザよりは軽いが、だいぶしんどいらしい。



連日、在ブラジル日本国大使館から、
ジカ熱への注意喚起のメールが届いておるし、
厚生労働省も『ジカウイルス感染症について』っちゅうて
HPでこう述べているが ↑ 
リオ・オリンピックにブラジルにやってくるかたよ、
必要以上に神経質になる必要はない。

ドミトリー『ゑん』にいらっしゃるかたも、
穴のあいてない蚊帳があるから心配無用。



(=ΦωΦ=)

関連記事

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1442-2b36bfca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)