ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

生類あわれみの令  







朝6時。
毒を食わされて苦しんどる野良猫を抱えて家に帰ってきた。
仲間の一大事に、ちびがびっくりしている。

毒を仕込んだエサで猫をころす人が多くおることを知ってはいたが、
毒殺される猫を目の当たりのするのは初めてだった。

看取って、ちびとたまとともに
畑のココナッツの根元に埋葬した。7時。

土をかけながら人間であることにほとほと嫌気がさしてきた。
人間はほんとに勝手。


道に牛が飛び出してきて轢き殺しても、
とがめられるのは牛の飼い主。
「あんたがちゃんと牛を管理してないけん私の車が壊れたやないねっ」っちゅうて。
轢いた側は車の修理代までもらえるんばい。
牛をひき殺したことにより壊れた車の修理代を牛の飼い主からぶんどる。
そんな発想はオレには無い。
そんな社会、ヘンだ。そんな人間中心社会を忌む。

徳川綱吉みたいに『生類あわれみの令』だ!
否、あれは魚や貝すら殺してはいけない法令やったけん、だめだ。
食べる以外は殺したらつまらん。っちゅうことにせばいい。
否、それもダメだ。
こないだパンダを殺してパンダを食べてあまったパンダの肉を売った中国人どもがおったな。

ああやはり人間はどうしようもないな。






さて。ネゴシエートだ。

猫に毒を食わせた近所のあいつに、上手いこと話をせなならんぞ。
「きさま、野良猫をころしやがって」とつかみかかっていったらつまらん。

「ありがとーーん♪ うちもさぁ野良猫に困っとったけん
 野良猫が死んどるのみて、よかっなぁ、て思ったんよ。
 ああいう毒は、どうやって作ったん?」とかゆうて、
まずは毒殺を認めさせなならん。

認めたら、うちの猫を守るために交渉せなならん。
毒だんごを置くのを止めさせることができたら万々歳やけど、

やめん、言うなら、仕掛けたら知らせてもらうようにせなならん。
毒エサをしかけとる間は猫を外に出さんようにする。
しかしそうすると、ちびたま以外の野良猫は殺し放題やな。






今日は猫を埋めるために土を掘り、
きのうは、鶏小屋の柵を強化するために土を掘り。

土ばっかり掘りよるオレ。
DSCN6381.jpg

DSCN6376.jpg

DSCN6358.jpg



柵の下の隙き間から鶏小屋に侵入し、犬どもが鶏を追いかけ回すんよ。
犬どもはアホなのだが、鶏小屋侵入の術にだけは長けていて、
毎回意表をついた侵入方法で、鶏をねらっておる。

2羽の雌鳥は、かわいそうにお尻をかじられて
しっぽがなくなってしまった。



(=ΦωΦ=)


関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

コメント

はじめまして。

サンパウロ州在住のゅきンコです。
義実家のネコが毒を食わされたことがあり
本当に人間の身勝手さには嫌気がさしました。
元々動物が好きなので、歴史で生類憐みの令を習ったときは
今もこんな法律があれば良いのにと思いましたね。
単純なので…;

義実家のネコは早めに発見出来たので
すぐに動物病院(無料)へ連れて行って
そのときは一命を取り留めました。
結局元気になり出歩くようになったら
帰らぬネコとなってしまったんですが…
誰がやったのか分かってるならば、どうか守ってください。
いつもネコちゃん達の様子も楽しみにしています。

URL | ゅきンコ #-
2016/05/15 05:52 | edit

ゅきンコさんへ

こころやさしいコメントありがとうございます。
猫どころか、このごろでは身近におる動物ぜんぶが愛おしくて、
絞めるつもりの鶏さえもとても殺せなくなってしまい、
子牛や子豚をみると、動物の子はもう2度と食べぬぞ、と誓いをたて、
そんでから、牛がとくに愛おしくて、あの目が。
牛肉を食べることができんくなるかもしれん、と、
日に日に軟弱な人間になっとります。
オレが溺愛しとる猫の様子、また見にきてください。

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2016/05/16 05:08 | edit

技術は日々進歩しています。近いうちに肉や魚の旨み成分を人工的に作ることが可能になるそうです。野菜や穀物や果物や人工的うまみ成分の組み合わせで人間の味覚を満足させることが可能になります。そうなれば環境汚染の主要な原因の一つとされる家畜の糞尿がなくなります。人間にとっても動物にとっても地球の環境にとってもWIN-WINの環境が出来上がります。

URL | 高木。 #-
2016/05/17 13:05 | edit

高木さんへ

わっはっは。そんな環境、ぜったいに要らない!

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2016/05/17 18:46 | edit

テクノロジーの進歩に抗う人々が結局はそれを受け入れてきた歴史があります。
ブラジルと日本で討論ができるのもテクノロジーの進歩というやつでしょうか。
僕も昔は技術の進歩に警戒感を持つほうでした。勿論今でもそういう面もありますが軍事目的で開発されたインターネット(間違っていたらごめんなさい)は今や主婦も子供もご老人も楽しんで利用しているという現実があります。勿論ネットにもいい面も悪影響もあるでしょう。核技術も悪い面で使えば爆弾、良い面を見れば発電、自動車も人をはねる道具ともいえるし移動手段ともいえます。新しい技術の両面をみて短所を減らしながら長所を伸ばす行為を繰り返すしか前に進めない気がします。長文失礼しました。

URL | 高木。 #-
2016/05/17 21:19 | edit

んーーーーーごめんなさい
わたしは高木さんの意見に大反対です。
バックヤードが人それぞれ違うから考え方が違うのは当たり前です。わかってます。
だけど、動物だって人間と仲良く出来るんだから、そのエキスをーみたいな下にみる考え方は排除です。
利用したい人にはとても良い調味料になります。ともわかります。
Mas それは、ただの人間的暴走行為です。
そうゆうわたしも昔はそげな調味料に沢山お世話になりました。
が、今はいらないっす。
粉末みたいな調味料を使わないお料理は格別だーね!
手間もかかればガス代もかかるけどほんとに美味しい物が出来上がってツケの倍以上の得を得れるからね。そこはお金じゃないです。
なんでもいいですけど、生き物を飼ってきたらばわかると思いますけど、死に直面することは辛すぎる。
勝ちにいかなきゃという考え方は止めたいのよ。です。
お金儲けに走ってはいけません。でもお金は大事です。いまんところですね。
じきに崩壊していくことでしょう
マワシマワシマワシマクッテ人のために自分が出来ることをしながら動物を含めたみんなで楽しく過ごせることが1番大事だと思います
綺麗ごとじゃなくて本気で言ってるからー

URL | 443 #-
2016/05/17 22:53 | edit

高木さんへ

本当にその通りだ。
前のコメント、すぱっと書き捨てて申し訳なかった。
便利を享受しそれを当然とする生活の後、どこまでも不便なブラジルにやってきた身としては、
痛感しとります。
そしてこのように高木さんと話せるにもインターネットの恩恵のおかげやもんね。
そのうえで考察してみたことを次のブログに書いてみたけん、
よかったら読んじゃってください。

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2016/05/18 06:31 | edit

443へ

ややっ。このあんぽんたんブログがシンポジウムの場になっとる! うれしいなぁ。
回して回して、の発想はとても好きやなぁ。
あんまり回すもんも持たんけど、大金持ちになったときにやることは決めとるんよ。ふっふ。
そういえばブラジルで『ケチ』のことを『牛の手』って言うね。
牛のひづめはとても硬いけど、時間をかけて出汁をとったら極上のスープになる。
決して開かない硬い手を、やわらかーーく開かせる。そこをめざそう。

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2016/05/18 06:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1443-d2777b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)