ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

網戸を作る  








デキル大工たち、今日は網戸を作るのだ。


窓のサイズに合わせて木を切り、
DSCN6796.jpg


 枠を組んで、窓にはめこむテストをすると・・・









DSCN6799.jpg


 ぜんぜんサイズちがうやんかーー!
 小さすぎやないかーー!!







DSCN6800.jpg

自分の書いた数字も読めんのか、こらーーっ。






デキル大工たち、
この後、一旦切った木をふたたびつなげる作業に2時間を要した。






そのくせ、
「昼飯は、やきそばが食べたい」などと、厚かましいのだ。




おまえら午前中は、木を切って失敗してその木をつなげただけだろ!?
要するに、午前中の作業はゼロ、っちゅうことぜ。



とはいえ、こころやさしいオレは焼そばをこしらえる。
DSCN6807.jpg

 ものすご喜んで食べるふたり。
 日本の一味唐辛子をふりかけて、午後の仕事への気合いを入れる。




午後。

やきそばの栄養でやる気満タンになったデキル大工たち。

ようやく木をつなぎおえ、網を張り始める。
DSCN6809_20160530234027cc8.jpg



網を張り終えたファビオたち、オレの大切な道具を貸せ、と言うのだ。



どんな道具かというと、これ ↓









DSCN5929 のコピー

 ファイア鉄砲を貸せ、と言うのだ。



木と木の間から飛び出している網をコレで焼き切りたい、とのこと。
オレがこの道具で、いつも豚足に焼き目つけよるのを
うらやましそうに見よるもんなぁ。
しかし。。。



 悪い予感で胸が満タンになったが、貸した。









そして、悪い予感は大当たりした。

DSCN6813.jpg



網にたくさんの大穴を開けた優秀な大工たち。

その大穴をつぎはぎすることで
午後のすべての時間を要したオレら凹






デキル大工の仕事の仕方は、
つきぬけて明快だ。



 より楽しく、
  できるだけ面白く、
   どーーんと派手に!





結果よりも工程が大切。


急ぐことやきれいに仕上げることなど二の次。



でもね。
それでいいように感じるようになってきたブラジル生活8年目。
わっはっはっは、と笑って暮らすありが玉。




(=ΦωΦ=)

関連記事

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1454-1c423404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)