ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

移民祭  








ブラジルにはたくさんの日本移民が暮らしておる。
ぬ

1908年に笠戸丸でサンパウロ州のサントス港にやってきた人々を皮切りに、
戦後も日本人はたくさんブラジルにやってきた。

ここRio Grande do Norte州にも日本人はいる。
オレの暮らすタバチンガ集落のちかくの集落・Pium(ピウン)にも
移民が暮らしていたのだ。
33_201607122259590c3.png



ピウンにいらっしゃったのは60年前!
IMG_2747.jpg



60周年の記念祭のオープニングパーティーが催される、っちゅうことで、
NATALサンバ、もといNATAL三婆で、
レセプションに行ってきた。
DSCN7925.jpg





浴衣で公式の祝いの席に参列するなんて、とても行儀わるいのだが、
ここはブラジル。
なんでもかんでも大目に見てもらえる。
P1490948_20160712221529bde_201607122303160d9.jpg

 日ごろがこんなふうだから、オレらにとっては浴衣も正装なのだ。



高僧・Welderに着付けしてもらって、
DSCN7884.jpg

unspecified-5.jpeg



ウキウキと出発♪
DSCN7895.jpg




ひろい会場にさまざまな展示がなされている。
DSCN7932.jpg



レシフェからは、領事とMr. ビーンもいらしておった。
unspecified-4.jpeg

unspecified-3.jpeg

DSCN7935.jpg




これが60年前のピウン到着時の写真。
DSCN7897_201607122306199d0.jpg


こんなにたくさんの人々が、
すぐそばのピウンに移民してきとった、っちゅうことに
大きく驚いた。




15年間ピウンで農業をなさっていたかた。
DSCN7904.jpg

 いまは、レシフェにお住まいだ。




いま現在、ピウンにまだ暮らしておられるのは、
お花や盆栽をなさっているファミリアのみだとか。
DSCN7919.jpg



NATAL市内のスーパーマーケットに売られている菊などの鉢植えは、
その一族が作られている。
DSCN7922.jpg




ケーキや寿司がふるまわれ、たくさんの人と知り合いになれた。
DSCN7969.jpg

DSCN7916.jpg

サンパウロに暮らしていたときにも、
たくさんの移民のかたと知り合いつき合わせてもろうてきたが、
ここナタール近郊にお住まいの日本人は、みなとても明るくやさしい。
気候がそうさせているのかもしれんが、
サンパウロにお住まいの日系人に多くみられた暗い雰囲気がまるでない。

あやかりたいなぁ。
オレもしわしわばあちゃんになっても、
げらげらとビキニで笑っていたい。



(=ΦωΦ=)

関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

いや〜浴衣の威力すごいですね〜
オニ婆アサマカワイラシイノカモシレナイ! と
懸念中

URL | 443 #-
2016/07/15 02:07 | edit

443へ

婆さんになればなるほど子どもがえりしてかわいらしくなるカモノハシ♪

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2016/07/18 08:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1476-cd703477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)