ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

リオ五輪○○○○○を前に思う  






いよいよ数日後にせまった、リオ・オリンピック。
スポーツの観戦は大好きだ。
とくに陸上とサッカーが大好物なので、
とても観たいのだが、わが家にはテレビがない。
友人がたに押しかけていって観戦せなならんなぁ。

それ以上に、どうしても観たいのは開会式。
現地リオの時間では、8月5日の夜19:30に開会式が始まる。
日本時間だと、8月6日の朝、っちゅうことになる。

そして、だ。
開会式のなかで、
ヒロシマ原爆投下の時刻・8時15分に黙祷がなされるげな。
オリンピックにふわさしいではないか!?
そのシーンをオレはものすごく観たいのだ。
ファビオんちにテレビを乗っとりにいこう。




広島、ということで、思いついたことをつらつら書く。

先々月アメリカのオバマ大統領が、
キューバにつづいて広島を訪れたことには
なんともいやーーーな感じがした。

そして、わが母国の首相・安倍に対しては、
ますますいやーーーな匂いを感じた。

折しも沖縄で若い女性が軍関係者にレイプされ殺された直後。
オバマは岩国基地を訪れたのち広島に行っとる。
そしていまの沖縄、高江の機動隊。

高江については、山本太郎氏がブログに書かれている内容が
とても解りやすかったので、*ココ* ← にリンクを貼る。
山本氏も記事のなかで触れているが、
8月6日は要となるであろう、とオレも思う。



話を広島に戻す。
広島には、チェ・ゲバラもキューバ革命のすぐあと1959年に訪れとる。
そのときチェの抱いた日本への感想は、諸説あるが、
オレがいちばんしっくりきたのは、

「日本は原爆の悲劇から立ち直ったように見せかけている。
 痕跡をほとんど残さないように見せているだけ」。



ポツダム宣言後アメリカの懐にすっぽりと入れられ、
安心しきっている赤子のように、
あるいは記憶をすぐに無くす酔っぱらいのように、
忘れた演技をしている
 ・・・というのがオレの印象。


これは国民性かな。
フクシマ後も、福島の人を中心に
「もうだいじょうぶだ、もうほっといてくれ」という
『風評被害』という名の、記憶喪失のふり。


日本人は感情を殺しすぎる。
感情をあらわにするのが恐ろしい、っちゅうのは解る。
本気で悲しんだり心底から怒ったりすることは
莫大なエネルギーを要す。
感情的暴走は自らの力で抑えられないことがあるけん、
なるべく負の感情を表に出さない、という方法があることも確かだ。

しかし溜まったものは、ほとんどの場合、いつか外側にあふれでる。
貯めに貯めてギリギリのところでキレる、っちゅうのも、そのひとつ。
しかし、だ。
どうせなら、有効的にキレようではないか。
もっと一喜一憂しようではないか。
『心』の語源は
『ころころ転がるころころ動く』なのだから。



話がそれてきたが、
五輪マークの5つの輪っかは、五大陸をむすんどる意だ
世界が平和のゑんでつながるといいよな。

DSC_0385_201607290057446ee.jpg



スポーツ観戦は楽しい。
本気でいれあげて、一喜一憂する。




いい試合をみて、
こんなふうに大喜びしたいなあ。 ゑん○



(=ΦωΦ=)

関連記事

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1483-07a78eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)