ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

むなしい  






古代中国では、罪人に課す労働のなかに、
重い石を運ばせ積ませて建造物を造らせて
完成したらそれを壊させ、
また1からやり直させて積ませる、っちゅう、
想像しただけで鬱々としてくる刑罰がある。

ブラジルで自力で家屋の修理や工事を進めているオレも
同じようなやりきれなさと報われなさを感じて、
がっくりとうなだれることが多々ある。


今日また、そのような心境に陥って、
気持ち的には地面に埋まりこんで立ち上がれんくらい
へこたれておる。

今回は、井戸水を天井裏のタンクに汲み上げる
ボンバという装置が故障しそうなのだ。

これはとても高価な器機なので、
なんとかだましだまし使っている。
ボンバがオレにまんまとだまされて作動してくれるときには、
屋根裏のタンクに満タンに水を汲み上げとく。

ところがそうこうしよるうちに、
満タンの水の圧力により、
以前水漏れ修理をほどこしたタンクの裂けめ箇所から
ふたたび水漏れが始まった。

IMG_8293.jpg

IMG_8297.jpg


部屋はまた水びたしである。


こんなんでレストラン営業なんかできるわけがない。


泣きそうになる。
じっさい少しめそめそした。


どれだけがんばってもがんばっても、
すべてがガラガラと崩れていく。

「がんばっても成果が出なければ意味がない」
と、日本のサラリーマンは叱り飛ばされるんやろうな。
オレも甘ったれているのか!?
ばってん、こうも上手くいかないことばかりだと、
もうすべて放り出してやめたくなる。

成果がでないから評価してもらえず、
投げかけられてくるのは批判ばかり。

孤軍で針のむしろに裸で立たされている気持ち。



また、タンク修理のために
かけずりまわらねばならん。
前回は特殊ボンドを仲間から借りることができたが、
冷静に考えればボンドなんかで大量の水の圧力に
ヒビが耐えられるわけがないのだ。
しかし、そのように修理をかさねて道具を使い続けねばならぬのが
ブラジルという国。

カナブン号もまだまだ壊れたまま。
電気系統がほとんどすべてイカレており、
タイヤもつるつるのまま、
だましだまし走らせておる状態。
これが一般的な収入層に属するブラジル生活の現状。


どうかボンバが壊れませんように。
どうかタンクの裂け目が修理によってふさがりますように。


・・・なんだか完全なる愚痴まみれになってしもたな。



あばれたくなったので、
チン棒とひと暴れしてこよう。

IMG_8225.jpg





だーーーーーっ!!!



さぁ、仕切り直し。
負けんぞ。がんばる!





(=ΦωΦ=)


関連記事

AD

category: 工事

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1570-ee261ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)