ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

Força!カリメロ  







1 のコピー

 これはお正月に撮った写真だ。
 そう。今年は酉年。






友人からの年賀状がこないだ届いて、
トリ年、っちゅうことを思い出したのだ。
16736063_1452641201435838_2034431091_n.jpg





以前、ブログに
『飼っていた鶏のぴよが病気にかかって
 弱っているところを仲間の鶏がついばんで、
 ぴよを傷つけて肉を食べていた』
 っちゅう、やりきれん話を書いた。

あのとき、
かわいそうなぴよは、亡くなってしまった。





先日の朝。
鶏にエサをやりにいった娘・うたが
泣き叫びながらカリメロを抱えて鶏小屋から戻ってきた。


カリメロの頭をみて、戦慄が走る。

ぴよのときと同じく、首の後ろの肉がなまなましくめくれ削げ、
血が流れていた。片目もつぶれている。



このごろ、カリメロは急に大きく成長して、
ずいぶんとメス鶏っぽくなってきたので、
(カリメロと名づけたが女の子だったのだ)
オス鶏のロケットが交尾をせまり
カリメロを執拗に追いまわしとった。

しかし、まだ産卵の年頃を迎えてないのかカリメロは
必死で逃げ回りよる。


鶏は交尾の際、オス鶏がメス鶏の首に噛みつく。
猫の交尾と似ている。
ぴよもカリメロと同じ箇所・首のうしろがわに
大ケガを負っていた。





オレは解ってしまった。

ようやく霧が晴れるようにすべてが解った。







ぴよもカリメロも、
ロケットからのレイプにより
負傷したのだ!





・・・調べてみると、、、あった!!!


鶏の世界にもレイプがあった。



鶏を飼う際には、オスとメスの比率が大切で、
メス10羽にオス1羽っちゅうバランスが良し、と集落の仲間から学んだ。
もしオスのほうが多くなると、オス同士で殺し合いをする、とも教わった。

オレがインターネットで見つけた鶏のレイプの場合は、
10羽くらいのオスのなかにメスはたった1羽という比率やった。
メスを大勢のオスが代わる代わるレイプし、
やがてメスが首に重傷をおって死んでしまうのだが、
死んだあともオスどもはメスの首に齧りつき輪姦をやめなかった。

畜生といえども、なんとおぞましい。


それにしてもカリメロの傷のひどさは、
たった1羽の雄鶏・ロケットのしわざとは思えないほど酷い。
ロケットは気が狂っているのだろうか。

ファビオもあまりの残虐さにおののき、
ロケットを自分ちに持って帰ってくれることになった。
「俺んちのメス鶏に同じことをしたら絞めて食ってやる」と。





話を人間界にいきなり飛ばすが、
オレは性に暴力が介在することをはげしく忌む。
強姦した者は、強姦されて
同じ恐怖と苦痛を味わって死ねばいいと思うくらいだ。



それとはまたかなり論旨がずれるが、
性を金銭で売買することにも強い嫌悪を感じる。

かつてオレは風俗店の受付バニーガールとして働いたことがあり、
中で接客する女の子の涙も笑いも知っていたし、
ぎらぎらした客100人以上を毎日さばいていた。
彼らの賎しい目はわすれられない。

その経験が影響しておるんやろうか、
生理的に絶対的に性の売買を蔑んでしまう。

需要と供給で成り立っている売春の世界は、
売る側も合意のうえで成立しとる商いであることは解っちゃいるのだが、
解ってはいても、オレの個人的感情としては、
金で性を買う人間を卑しいと思う。




どうも最後まで暗暗たる内容となってしもた
今日のブログ。

吸いません。。

そう、オレはみずからはペニスを吸わんくせに、
吸う女の子が稼ぐお金で生計をたてていたことのある人間だ。
いちばん卑しいのは、
第一線では接客しないオレのような立場の風俗店従業員ともいえよう。
かさねがさね、吸いません。





カリメロは傷が癒えるまでは、
昼は庭で様子を見守り、夜は室内にて看護することにした。
DSC_0015 (6)




カリメロがひよこの時からいっしょにおったちびも
寄り添ってくれて危険がないか目を光らせとるし、
カリメロも元気をとりもどして歩いているので、
時間が経てば治るだろう。
IMG_9480.jpg


 がんばれ、カリメロ。




(=ΦωΦ=)

関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1576-c5e49828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)