ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

アフリカからきた筏  







ある日。
いつものように浣腸の、じゃなくて、干潮のときに
食料を探しながら岩礁のうえを歩いていたら・・・




カッコいいイカダを発見!
securedownload_201702172051216ad.jpeg

IMG_9941.jpg


きっと、この海のむこうがわ、
母なるアフリカから流れ着いたのだろう。







 持って帰ろうとしたが、とても重くて
 押せども引けども、びくともせんかった。




数週間後。

そのイカダが岩礁を乗りこえ、
砂浜(野原状態になっとるが満潮時は海に浸かる)に漂着しとるのを発見!

IMG_9768.jpg





ふたたび拾って帰ろうとしたが、
重さは変わらず凹



よし。カナブン号で迎えにこよう♬




夫・Welderがちょちょいのちょいでロープをひっかけた。




IMG_9771_20170217212112a18.jpg





しゅっぱ〜〜つ、しんこ〜〜!

IMG_9769_20170217212154fc1.jpg





まずは、砂浜を脱出。







公道に出ると、集落の仲間たちが声をかけてくれる。



「だいじょうぶか〜? 手伝おっかぁ?」と。




上機嫌なオレら。るんるんだ♬







さぁ、家まであと30秒だぞ。






IMG_9777.jpg

ちょっとこわれたけど、無事到着!



門に立てかけてメニューの黒板をかけよっか、とか
いろいろな使い道を思案するのが楽しい。






さて。ちょっと仏教の話。
なかなか離れられない感情のひとつに『執着』というものがある。


お釈迦さまは
「イカダは川を渡るもの。
 渡りおわったら捨てなさい」とおっしゃった。

この意は、
用がすんだらとっとと捨てろ、ではなく、
目的に達するための手段であるイカダに執着するな 
の意。

今のご時世、断捨離とかゆうて、なんでもかんでも捨てる風潮が蔓延しとるが、
それは大きなまちがいだ。
と、申し添えく。




オレらはいま
五感と理性の世界に生きている。
音楽を楽しみ、
酒を楽しみ、読書を楽しみ、
花の香りを楽しみ、
猫をなでてそのやわらかさやさしさを楽しむ。

しかし五感と理性の楽しみだけに執着していると、
のちのち苦しむことになる。
なぜなら、その楽しみはつづかないから。
無常なのだ。

IMG_9940.jpg


健康をねがい健康な体を手に入れたとしても、
いつまでも健康ではいられない。
富をねがい富を手に入れたとしても、
富をたもつために苦労する。


いのちの器の体は、いつかほろびる。
富をふやしても、
ブッダになるためには、硬貨は一枚も必要ない。



自分がいま大切だと思っていることは、 
ちっとも頼りにならない。

執着を捨てたときに手に入るもの。
それが真実であり真理かもしれん。





(=ΦωΦ=)




関連記事

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1578-0f9dac3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)