ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

カリメロ快復とうちの動物たち  







カリメロのケガがどんどん治ってきた。
IMG_9790.jpg




つぶされた右目もすこし開くようになった。
IMG_9796.jpg


 ちびとたまの介抱のたまものであろう。




うちの猫たち、とくにちびは、こころが人間に近いようで、
鶏たちがひよこのときから庇護していたし、
巣から落ちた野鳥のひな・ジョジョのことも世話してくれていた。
たまを産んだ直後の授乳期には
親とはぐれたフクロネズミの赤んぼうにも
乳をあたえてくれたやさしい猫なのだ。

飼い猫だから食料に困っておらず、
野生の習性である狩りの本能をうなってしまっとるのかもしれん。





猫と正反対なのが、うちの犬たち。
やつらは、野生の本能から離れられないのか、
先日はついに
カリメロの親友であったプリシラを食べてしまった。


ケガが治るまで鶏小屋から隔離していたカリメロを探すために
プリシラは小屋の外にでてしまい、犬にやられたようなのだ。



朝、庭に数本の硬い羽根だけが散らばっていた。
ほかは跡形もない。
その羽根をにぎりしめジャージャー泣きながら犬どもを詰問した。

班長のボクは「ボクは知りませんよ〜」と目を合わそうとせん、
ハチは反抗的にバウワウと吠える、
ナナはルンルンとしっぽを振るばかり。。。

誰が犯人か判明せんかった。
連帯責任として、1日メシ抜きの刑に処した。






その次の日。
IMG_0668 のコピー





裏の砂丘に散歩に連れてったボクがしたウンチ💩のなかに。
16754699_1454343541265604_503522881_n.jpg

 鶏の羽根がびっしり入っとったんよ!!!!!






ナナとハチのウンコのなかには
含まれてなかったというのに!





ものすごく悲しい。
IMG_0870 のコピー






カリメロを攻撃して傷つけた鶏・ロケットは、
種類としては、シャモに属する。
漢字で書くと『軍鶏』。
字のごとく気性の激しい鶏なのだ。



メスのマリは種類がちがうのだが、
securedownload_201702192104570d7.jpeg




ロケットとマリの子・チャチャは、
軍鶏の姿に育ってきた。
FullSizeRender.jpg

 メスやった。
 ちいさい卵を産むようになってきとる。





ケガが治って元気になったカリメロが、
仲間といっしょにいたいようで鶏小屋に近づくと、
ロケットが激しく威嚇する。

カリメロのことを、ものすごくキライなようだ。


ロケットをもらってくれると言うファビオの家に連れていこうと、
捕まえようとしとるのだが今日も捕獲は失敗に終わった。
逃げ足が速い!








ケガの程度がこれくらいなら
鶏には治癒力があるぞ、ということを知らせたく、
カリメロが負ったキズを載せておく。
(※ クリックしたら大きくなるので見たい人のみクリック)
IMG_9488 のコピー


右目は開くようになったけれど
眼球が動かずにまだ見えないようだ。
見えるようになるといいな。
ほんとうにかわいそうなことをした。



カリメロの負傷、ボクの裏切り(苦笑)、
プリシラの死、と
どうぶつたちの動向に戦慄し
悪い夢ばかりみるつらい数日間やったなぁ。



そんなざわめく心をなだめてくれたのは猫たち。
IMG_9624 のコピー 2

IMG_8529 のコピー

 今週もがんばるぞ!
  ピース😊





(=ΦωΦ=)


関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

カリメロちゃんの話を読んで「もう1羽の幼馴染みの子はどうしたかなぁ」と思い出していた矢先…
まさかの事件。
んー、ショッキングでした。

ボク君。
目の前に鳥がいると襲ってしまうんでしょうね。


我が家は犬(小型犬)と手のりインコ3羽を飼っています。
愛犬シータがインコを見る眼は…
獲物を狙う狼のような鋭い眼差しになります。ゲージの中じゃなければ襲ってくるかもしれない。


7年間一緒に過ごしてるのに、インコ達を家族・仲間として認識しておらず。
シータが理解するのは無理っぽい。



カリメロちゃん、はやく完治しますように!

URL | シータ #-
2017/02/21 01:37 | edit

シータさんへ

わんこシータちゃんも、インコちゃんと仲良し仲良し、っちゅうふうにはいかんのだな。
長いあいだずっと共に暮らしとるから、とか、犬だから、とか、猫だから、とかじゃなく、
個性のちがいなんかもしれんな、と昨今のオレは考えとるよ。
庭に落ちていたプリシラの羽根をみて、
猫が2匹ともぶわーーーっと大きくふくらんだんよ。
その羽根が何かを理解し、あるいはその羽根に宿った恐怖を感じ取り、戦慄したんだと思う。
うちの猫にとっては鶏は友だちやった。
でもうちの犬にとっては鶏は獲物やった。
おのおのの捉え方の違いなんやろうね。
カリメロは日に日に元気になってゆくよ。ありがとう。

URL | 金℠玉ゆきゑ #-
2017/02/22 04:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1579-d0a22337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)