ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

こころの目  






インターネットの普及により、
この世界はとても便利になった。
図書館に行かずとも、辞書をひかずとも、
すぐに情報を知ることができる。

しかし危険でもある。
ググってたくさんの情報を集めただけのくせに、
それを自らの意見であり知恵である、
と、履き違える者が多くなったからだ。


ただの『情報』には心がない。
情報のみをコンパクトに整理した脳みその中は、
想像力がなく、色彩に欠け、浅く狭い。




『心の目』というのでオレの想うのは、
サン・テグジュペリの『星の王子さま』だ。

羊を描いてくれ、王子さまに頼まれ、
羊を描いてみせる主人公。
しかし王子さまはその絵が気に入らない。
なんども描き直すのだがやはり気に入らない。
困った主人公は、ひつじを描くのをあきらめて、
ひとつの箱の絵を描く。
「この箱のなかに、きみのほしいひつじがいるよ」と。
王子さまは喜んだ。
「ぼくの欲しかったひつじはこういうのなんだ!」





夫が学んだ杉田善孝上人は、
『心の目で見ることができない人が増えた』
と、嘆かれていたそうだ。
心の目で見ることができない、ということは
肉眼で見えるものしか信じない、ということだ。
テレビやパソコンの普及も大きな要因となっているだろう。

心の目は閉じてしまい、
肉の目のみでモノゴトを見る。
目に見えぬモノは存在しない、と決めてしまう。
神はいない、
仏もいない、
おばけもいない、
サンタクロースもいない。



なにかよくわからない偉大なる存在を感じないようになると、
自然に対しての畏怖の念も抱かなくなる。
だからどんどんどんどん便利を求め、
罪のある行為を平気でする。
遺伝子を組み換え、
原子力発電所を作る。


サンパウロの友・ヒデヲさんは、しょっちゅう言っていた。
「わるいことをすると、鬼がやってきて、
 ドーーーーンと大きい石を落とされるんだな」と。


ガンジーはこうおっしゃった。
『見るためだけの目は世界にたいして盲目となる』。


星の王子さまは、いいことを教えてくれる。
「秘密を教えるよ。とてもシンプルなことなんだ。
 心で見るんだよ。大切なことは目に見えないんだ」。




・・・ということを考えたのは、
きのう、おととい、土日とも
お客さんがひとりも来んかったことについて
落ち着いた心で思ってみたからだ。


肉眼に見えるお客さんは来んかったばってん
心の眼には、見えるではないか。
なにか大きくてあたたかいモノが
いつもいつも一時も休まず
美しい水をたたえた聖地・ゑんを
訪れとるんが見えるではないか!




この大切なことを、
うっかり忘れそうになっとったなぁ。

IMG_0002.jpg

IMG_4469_20170828202020d6f.jpg


月曜日。
今週も素晴らしき日々でありますように。




(=ΦωΦ=)




関連記事

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/1651-958d2b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)