ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

沙門空海  


図書館から借りて、読み終えた本。
ハードカバーのごつい4冊。
なかなか読み応えのある物語やった。

kukai01[1]



唐の時代の中国を舞台に、遣唐史として密教の修行におもむいた空海が主人公である。

空海というひとは、これまでにも数々の物語の題材にされており
これほどまでに伝説・伝承の多い人物もめずらしかろう。
それほどの、すごい人物であったということだ。



 空海の言葉

 秘蔵の奥旨は文を得ることを貴しとせず
 ただ心をもって心に伝うるにあり
 文はこれ糟粕なり
 文はこれ瓦礫なり


   【オレ語訳】

  密教の奥義は
  文によって伝えることを貴いとはしない
  ただ心をもって心に伝えることにある
  文は、カスや瓦礫にすぎん



空海もまた、言葉のおそろしさ、無為さを知っているおかただったのだろう。
言葉や文章だけで伝えることのできる限界
   を知っていてこその、この言葉。


さて。本を読むのは楽しい。オレは読書が大好きだ。

カスやガレキに過ぎない言葉のなかから、
真理をみつけようとし、もしくは自分の解釈をし、
本の内容を心に棲まわすのはすばらしいことと思う。

P1240302.jpg


今度の日曜日は、ブラジル日本文化福祉協会(←リンクあり)にて、古本市が開催されるぞ。
古本が安価でたくさん売りに出されるのだ!
この建物のなかには、日本語の蔵書の多い図書館(←リンクあり)もある。
行こっかな~♪ それともベランダで読書しながらのんびりしよっかな~♪


        言葉や文章だけで伝わらない生身の肉の宴・
        うたげ@サンパウロ(仮称)の続報です。
        11月24日・土曜日という日にちに変更はありませんが
        時間が昼からになりました。
        現段階で参加確定人数は20人超。
        参加を迷われているおかたへ
        初対面に緊張なさっているのはみ~んな同じですぞ。
        いい縁となる出会いがあるかもしれませんよ。ぜひご決断を♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
クリックプリーズ 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

関連記事

AD

category: ブログ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

コメント

ゆきゑさん、宴@サンパウロは参加できないので、
Summereyesさんにドイツ土産預けておきました。

リアクションが楽しみですv-8

URL | ヨーコ #-
2012/10/25 02:57 | edit

おおっ

写真の撮り方がニクイわねぇーっ、あなた。
玉ちゃん写真撮るの下手くそそうで、
意外にうまいわねっ。
私も今度そうやって撮ってみよーっと。

その古本市、なんとか行くべくがんばってみるわぁーーー。
ってかね、最近ふと思ったのさ、
私結構古本市でお金使うからね、
もしや文協の会員になったほうがええんでないのって。
そしたら本借りれるわ、
ついでに友達の昼食カードでオレンジジュースも飲めるわで、
いっせきにちょーーー。


むむむ、検討の余地あり、ですなぁ。。。

URL | まりんこ #-
2012/10/25 03:13 | edit

こんにちは

お久しぶりです。
今日の記事もいつも以上に興味深いものでした。
僕もカスと瓦礫の中に埋れて生きています(笑)
カスと瓦礫でブラジルを探求している愚か者です。
どんなに多くのカスと瓦礫を読み漁っても、現地で体験できるものに勝るものはないというのに……。

ところで、ゆきゑさんは〝マルキ・ド・サド〟を読んだことはありますか?
日本語訳は渋澤龍彦が有名です。
サドもまた〝言葉の恐ろしさ〟を身を持って知っている人物だと思います。

僕の小説の原点はサドにあります。
サドの暗黒文学ももちろんですが、サドの人生自体にも魅力を感じている変わり者です。

今、僕が最も興味がある国ブラジルに住んでいるゆきゑさんがサドを知っているとしたら、ぜひ感想を聞かせて下さい。
(サドの小説でも、サド自体でもかまいません)

URL | nipul #Ya9ewGVs
2012/10/25 04:14 | edit

男の子を産むことがあったら、
“噺(はなし)”と名づけようとしていたのが
良し悪しは置いといて密やかな計画だったんだけど、
理由は、言葉の威力を知る子になるかな~という考えだった。
まぁ、お蔵入りのネタよ(笑)


言葉のチョイスに悩むが余り、書けないブログが続いてますが、
遡れば、受けるのも同じで、

あたし、音楽に歌詞が要らないのっ。

安っぽい言葉の羅列は心に響かず、むしろインストの方がイイ!

うざったい歌詞より、感情を露わに吠えてる方が耳にグビグビくるんだよね。


って、考えつつ掃除機かけてたところに開いたこの日記。
リンクしとるなと勝手に思ってる(笑)

URL | きゅ。 #-
2012/10/25 10:17 | edit

ヨーコちゃんへ

ええっ。オレごときにお土産をくださるとな!
しかもドドドドドドドドドドイツからのお土産! おそれおおいなあ。
ヨーコちゃんが宴@サンパウロに来れんのは残念で仕方ないけれど
summereyesちゃんが運んできてくれるヨーコ土産を楽しみに待っとこう♪
5年ほどのちにヨーコちゃんがブラジル戻ったあかつきには
サンパウロ宴も、第○弾目、とかになっとるといいね。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2012/10/25 20:29 | edit

まりんこへ

いんや。
これは写真の撮り方の問題ではなく、皿の中身と太陽の具合が良いのだ。
古本市、来るかどうか迷いよんやね。
しかし、買えばお金は出ていくけんね。たしかに。
オレ、文協の会員やけん、オレの名前で借りにいくといいよ。
あそこの蔵書の質はなかなかよ。うれしくなる。
うちの娘もオレの名前で本を借り放題しよるばい。
そしてまた、オレの昼食カードでジュースをおごってもらおうと思いよるんやねっ。
よし次回はミストケンチも付けちゃろう。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2012/10/25 20:46 | edit

nipulさんへ

こんにちわ。
カスと瓦礫で探求したあとにブラジルを体感したほうが、
より深く楽しめると思います! 
オレ、もっと知識を深めてから渡伯してくればよかった、と悔いること多々やん。
サド公爵ね。
いちばん最初に読んだのが、ソドムの120日間。
19歳のときやったかな。それはそれは衝撃を受けたなあ。
衝撃は受けたけれど、性的にも文学的にも楽しくなかったので、
そのほかの著書も読んだような記憶があるけど
内容覚えとらんなあ。
nipulさんが読み込んでいるカケラほども、オレはサドを理解できとらんぞ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2012/10/25 21:00 | edit

きゅっへ

イェイ♪ 長女のネーミング、素敵やったやん。
5歳になったいま、名は体をあらわしとるもんね~。
で、噺くんは、何年後に生まれてくるん~?
勝手に早々と蔵になど入れないでくれ。
かれこれ10年くらい昔になるんかなあ、Qの日記はとても面白かったのに。
言葉をつむぎだすんがめんどくさくなったん?
音楽はインストで充分なん?
英語の歌詞の内容ほとんどわからんほうが、耳に心地よい音楽も
世界にはあふれとるね。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2012/10/25 21:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/438-1d456200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)