ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

里芋の葉っぱに発射してはいけない  





オレの友人に卓越したギタリストがおる。  ギタリスト 小川榎也 


が 彼には 事情があり この6年間ギタリストでいられなかったため 苦しい思いを抱えている。


絶好調時の彼の演奏に触れたオレは知っている。


彼は一流の芸術家が達するある境地を知る演奏家であり
再びその境地を求めて葛藤している ということを。


現在ギターを弾くことができない彼を思い 思ったこと。




以下にあげるのは

日本画家の上村 松篁 (うえむら しょうこう) さんが至り得た境地 についてである

                         



昭和二十八年の夏 私は不思議な体験をした。

満五十一歳を目前にして 

初めて「自然の本体」に触れ 「自然の声」を聞くことができたのである。



奈良・平城の画室から四,五百メートル下におりた村道のわきに

里芋の畑があった。


私は一ヶ月ほど前から毎日、その畑へ通って

朝から晩まで大きな芋の葉を写生していた。


里芋の葉は形が単純なのに描くのは意外に難しいが

同じ所で一ヶ月も写生し続けていると目が洗練されてくる。

夾雑物が取り払われてエキスだけが見えてくるようになる。


邪魔なものは何も見えず

芋の葉の「美の構成」だけがピチッと見え始めた七月のある日のことだ。


カンカン照りだったその日も朝から芋畑の中に三脚をすえ

腰かけながら芋の葉をあかず写生した。


「もうこれで十分写生できたなあ」と思って腕時計を見ると

午後四時である。

日没までにはたっぷり時間もあるし

まだ帰るには早すぎる。


芋の葉のどこを見ても美しく感じられ

楽しいものだから再び写生を続けた。


ビキニcomブッダ@Brasil


そうしているうちに

かなり離れた所からサラサラ流れる水の音が聞こえてきた。

日照り続きだったので

農家の人が水路の堰から畑に水を入れているのかと思った。


ところがその水音はだんだん大きくなり

こちらに近づいてくるように聞こえるのに

実際に里芋の畑にまで水が流れてくる様子は全く見えない。


やがて 海の風のように量感のある風が吹いてきた。

分厚い感じの風である。


汗のにじんだシャツのボタンをはずし

その風を胸に受けながら写生しているうちに

気が遠くなっていった。


その時 夢うつつのうちに聞こえてきた水の音は

ザーッという風と波の音がまじったような大きな音になり

私の体を包み込んだ。


その忘我の状態が二十分ぐらい続いていただろうか。

ふと気がつくと私は芋の葉に向かって腰かけたまま合掌していた。


心から「ありがたいなあ」という気持ちが湧いてきて 涙が流れた。

今の今まで四十年近く絵の勉強にはげみ続けてきたのは

この境地にめぐりあうためだったのか――そんな満足感もあった。


ありがたくて うれしくて 

わくわくしながら私は三脚をたたんで脇にはさみ

村道を上がって家に帰った。


まるで恋人に出会ったような喜びに心を躍らせて

その道を歩いたのだ。



なぜあんなにうれしかったのだろう と考えてみた。

自然の生命がわかった喜び

自然の本体に触れた感動ではないかと思った。


「実在を知った喜び」とも

「霊気に触れた感動」とも言えるだろう。


体を包み込んだあの海鳴りのような音は

私を忘我の恍惚境に導く「自然の声」だったのに違いない

と自分では考えている。


奈良の丘陵のふもとにある芋畑での体験である。

本当の海鳴りが聞こえたり

海の風が届いたりするわけがない。


とにかく不思議な現象で 言葉ではうまく表現できないが

私はあの時 確かに自然の本体・実在に触れたのだ。


絵かきとしての私の人生にとっては この夏の里芋畑の体験は
大きなエポックを画する出来事として 
忘れることのできないものになった。 


その後も私はこの体験について何度も振り返り

どんな条件であのような恍惚境に到達できるのか考えた。


健康であって 精神が統一されていて 

静かに対象に打ち込む時間があって

という具合に条件がそろった時に

自然の中に没入する雰囲気になり

あの境地に達することができるようだ。


我々のような凡人は勉強を繰り返し修行を積んだうえ

体調を整えて努力をしなければできないが

天才と呼ばれる人たちは

私が一ヶ月間芋の葉を見つめて「実在」に触れたことを
一瞬のうちに感得するのだろう とも思った。


それから約三十年たって 私の修行も多少は進んだとみえて
最近では一ヶ月もかからず 

二日ほど対象をジーッと見つめていれば

三昧(さんまい)の境地に近づけるようになった。


条件のいい時には二、三時間も写生をしていると

似たような境地に入ることができるのである。








 


上村さんの文章を読んでいるだけで感化されてくるというか 
オレ
まで気持ちよくなってくる。



1カ月間も毎日飽きずに同じ場所でサトイモの葉を写生しつづける。


邪魔なものは何も見えず

芋の葉の「美の構成」だけがピチッと見え始めた


              というくだりに痛く感動し


芋の葉のどこを見ても美しく感じられ

楽しいものだから再び写生を続けた


              と読んで 彼に邪心がひとつもないことを知る。





芸術の極致は

現象の美の奥にある本体と一つになり

それを表現すること


           




「上手に写生したい」 とか 「間違えずに演奏したい」 とか


「美しく踊りたい」 と思っているあいだは とうてい至れない。



わたしはショーダンサーをしていた経験があるが


「踊りたくてたまらない」 「踊るのが好きで好きでたまらない」 というのとは程遠く


「美しい踊りだ と褒められたい」 「きれいだ と感心させたい」 「男性を 勃たせたい」 という


功名心(含む・エロス)ばかりが先立っていた。


これじゃあ どこにも達せられるはずもない。






健康であって 精神が統一されていて 

静かに対象に打ち込む時間があって

という具合に条件がそろった時に

自然の中に没入する雰囲気になり

あの境地に達することができるようだ 

                          と上村さんはおっしゃっておられるが



当然すべての芸術家にこの条件がそろうことは難しい。



ゆえに


オレの友人であるギタリストは苦しんでいる。       


しかし、それは彼の産みの苦しみであると信じる。




仏教の象徴でありインドの国花である蓮の花は

汚泥の中から美しく開く



ビキニcomブッダ@Brasil  上村しょうこう作 『蓮』 

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ    Open the Door♪  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
                                     


関連記事

AD

category: 音楽・アート・スポーツ

コメント

1 ■ぷ

サーフィンも似とる。


ま、ラベルがちがうけろ。


様はシラフでとぶってこった。



キモチいいぞ。

URL | ぷ良太 #79D/WHSg
2011/09/15 10:48 | edit

2 ■無題

蓮は日本の花だと思っていた。インドの国花やったと!!仏教から繋がってるけん、そうなんやねぇ。蓮の花は好き。

同じような事あった。昔は、アメリカナイズドされて、格好だけにハグとかを両親とかに一丁前にしよった。
でも、ブラジルに来て、両親、姉が愛おしいくて仕方がなくてハグをした・・・という事があった。
産まれて初めて体験した。格好やないって。
これもこの話と精通しとる気がしたばい。

URL | eminha #79D/WHSg
2011/09/15 22:00 | edit

3 ■あ、それと・・・

お誕生日おめでとう。

URL | eminha #79D/WHSg
2011/09/15 22:00 | edit

4 ■字ぃまちごーとるばい良太

そ。サーフィンもおなじやろね。
海やけんなおさら深く到達できそう。
ま、あんたのラベルは
サバの缶詰に3個100円激安っ て
ベタっと貼っとるシール程度やろ。

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/15 22:53 | edit

5 ■キンピラレンコンえみこ。

はー
家族に本気でハグをしたいと感じたとは恐れ入った。
オレはしきらんね。
格好だけですらできんばい。

わたしは形を頭で理解できてはおるけど
そこまで何かに入り込んだことがない・愛したことがないと
自らを省みる。
アホなあんたは邪心がない。よい。

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/15 23:13 | edit

6 ■ヤッパリオマエはアホじゃemico

オレの誕生日は


  あ し た ジャーーーーラスタファーーライ♪♪♪

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/15 23:28 | edit

7 ■どうも♪

お久しぶりです。うんちくんです。
またまたですが
うんちくタレてもよかですか???

上村画伯の体験は厳密に言えば、仏教で説く五眼のうちの天眼=世間の三昧、が明瞭に開かれた状態でしょうね。

芸術家の主客対絶経験については西田幾多郎が禅の見性体験を哲学的術語で言い表した「純粋経験」の定義に
「瞬間的経験であっても、そこに何らかの思想が働いていれば純粋経験とは呼べないのに対して、比較的長い時間に渡る経験であっても、そこに意識の厳密な統一が保たれているのならばそれは純粋経験である。」とあり

その具体例として

「一生懸命に断崖を攀ずる場合」や
「音楽家が熟練した曲を奏する時」

をあげています。

再び演奏できるか否かは別として
ギタリストの人生の無明闇痴の雲晴れんことを切に願います。

URL | うんちくん #79D/WHSg
2011/09/16 00:02 | edit

8 ■おひさしぶりです、うんちくん。

ご登場ひさしかったので
便秘でもなさっているのでは、と心配しておりました。

なるほど、上村さんの場合は
法眼ではなく、天眼ですね。

どのような思想すら働いてない状態をうみだすほどの演奏を思っただけで
鳥肌がたち興奮します。

ギタリストからの連絡によれば
本日 光明が少し見えてきた様子です。
コメントありがとう♪

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/16 00:14 | edit

9 ■いいことなんやー

あちこれよくなるよー。
昔は海と同化した感じになったり木と同化した感じになったりしよった・・・
今も石磨きよったりながめたりしたら同化するー。
キモイことかと思っとった・・・w

URL | ヘンリー #79D/WHSg
2011/09/16 00:35 | edit

10 ■はぴば

すでいとぅゆぅ。


お互いおめでとうございます!!!

URL | ゔぇ #79D/WHSg
2011/09/16 01:09 | edit

11 ■キモないっヘンリー

あんたはすごいっ。
石や木にもなってみたいけど
オレは海になってみたい。
外側も内側で
内側も外側で、を 身をもって体験しとるの。
天眼がひらけとるんや。
すごい。

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/16 01:42 | edit

12 ■そうだヴぇっ

3日違いのオレたち
顔つきあわせて3日酔い覚悟で飲みまくりたいねー。
お江戸はどうかい? たのしんどるかい?
住めば都やろー。
おたがい素晴らしい新しい年齢になりますように。

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/16 01:53 | edit

13 ■はて、

そういえば、
私もそんな畏れ多いことでないけど、
似たような感じはあるねんー。
私泳ぐの好きなんやけど、
ずーっとずーっと泳いでると、途中からフッっと
体がラクになって水と一緒になる気がするん。
同化というと大層な感じやけど、なんていうんやろ、魚になってる気がするねん。
すっごいきもち、いいねん。
プールよ、プール。
海だと浜辺に打ち上げられてまうわー、
そこまで体力なか。

プロの領域になるとまたむずかしいんやろうね。。。

URL | まり #79D/WHSg
2011/09/16 02:42 | edit

14 ■まり魚

ほお。まりちゃんは、海魚ではなくて川魚か?
鯉か?
来いっ。すぐに鯉こくにしてやる食ってやる。
オレもそういえばプールで泳ぐのが好きやった。
市民プールで2時間ぶっつづけで
ゆーーーっくり泳ぐんが好きやったのに
なのにブラジルには安い施設がないのだ。

海で泳ぐのってこわいよね?

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/16 03:10 | edit

15 ■ぷぷ

>菌玉ゆきゑ♪さん


要は要は要は要は要は要は様は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は要は。






覚えた。

完璧。

賢いな、オレ。

URL | ぷ良太 #79D/WHSg
2011/09/16 08:14 | edit

16 ■歯? 良太

早う早う早う早う早う早う早う早う早う

お前、祭りはまだね?
どんなラベルばデコに貼るとね。

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/16 18:22 | edit

17 ■ぷぷぷ

>菌玉ゆきゑ♪さん




「おとこ」

URL | ぷ良太 #79D/WHSg
2011/09/16 18:31 | edit

18 ■「男根」にしとき良太

酔う酔う、きょうはオレの誕生日ぜ。
ビービーキングと同じ日ぜ。
BB、アンプを選ばず、ぜ。
どのつまみも10。最大にひねる。
行け、おとこ良太。

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/16 21:51 | edit

19 ■あ~れ~

鯉こくだけはごめんあれ~~~。
大の苦手やねん。
できればシンプルなから揚げでこんがりと
願いたい。

海、泳ぐのこわいこわい。
泳いでるとフっと(また)どこまでいくかわからん
恐怖に陥れられる

URL | まり #79D/WHSg
2011/09/17 02:34 | edit

20 ■魚のようにピチピチまりちゃん

なんだとー。
鯉こくに文句あんのか!? 
顔のまえで屁ぇこくぞ。
と思ったけどオレも鯉こくやらスカン。
やけカリッと揚げてやらい。

海大好きやけど畏怖の念ちゅうか恐怖すらある。
シュノーケルしよってもおそろしかー。

URL | 菌玉ゆきゑ♪ #79D/WHSg
2011/09/17 02:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/47-c55d5d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)